仕事のストレス解消法20選!仕事のストレスで潰されない働き方とは?

仕事のストレスで苦しい毎日を過ごしていませんか?もしあなたが、少しでも仕事のストレスを解消し、今よりもメンタルを安定させたいと思うのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

なぜなら、この記事で、仕事のストレスで潰されない働き方をするために必要なストレス解消法の数々を学ぶことができるからです。

私はコーチとして、人の能力を引き出す仕事をしている中で、仕事のストレスに悩む人のご相談も受けることがあります。そんな時にアドバイスしている方法も多数ご紹介しているのが、この記事です。

きっと、あなたにも役立つと思います。

この記事の特徴は、今すぐに実践できる仕事のストレス解消法から、根本的に仕事のストレスを解消する方法まで、様々な仕事のストレス解消法をご紹介している点です。

仕事のストレス解消法を1つだけ実践するのではなくて、いくつも組み合わせていくことで仕事のストレスを軽減させていくようにするのがおすすめです。

それでは、仕事のストレス解消法についてご紹介していきます。サクッと仕事のストレス解消法だけを知りたい方は、読み飛ばして、仕事のストレス解消法を参考にして下さい

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

仕事のストレスに潰されない働き方をするには

まず、非常に非常に重要なお話しをしたいと思います。それが、仕事のストレスに潰されない働き方をするにはどうすればいいのかということです。

今、仕事のストレスで悩んでいる方は、必ず知っておいた方がいいことです。

「仕事とストレスの関係」は非常に重要なテーマです。

仕事とストレスにおける結論は、現代人は、仕事のストレスをマネジメントするスキルを身に着けておくべきだということです。

一時的なストレス対策で終わるのではなく、一生使えるスキルとしてストレスマネジメントを身に着けるべきだということです。

なぜなら、仕事をしているストレスはあって当然だからです。ストレスゼロはあり得ません。それどころか、反対に、人間にはある程度のストレスが必要だと言えます。

仮に、100%自分のやりたいことをやっていたとして、本当にストレスがゼロであればどうでしょうか?恐らく、物足りなく感じてしまうはずです。張り合いがなくなるというか、人生の面白みが感じられなくなるというか…。実際に自分のやりたいことをやっていて、ストレスがないおかげで、自分の将来が分からなくなってしまい悩み始める人もいるくらいです。

30代、40代の方が、「会社から給料をもらって安定しているけど、本当にこのままこの会社にいていいのかな?」と思い始めるのと同じようなものです。

仕事のストレスマネジメントは防具であり武器

つまり、私たち人間には適度なストレスは必要だということです。ですが、過度なストレスは仕事のパフォーマンスはもちろん、心身に悪影響をもたらします。そのため、仕事のストレスをマネジメントするスキルが必要だということです。

仕事のストレスをマネジメントするスキルがない人は、仕事のストレスに潰されてしまい、心身を害してしまいます

一方、ストレスマネジメントのスキルがある日とは、仕事のストレスをコントロールし、自分の心身を守りながら、仕事のパフォーマンスを維持しながら、働くことができるようになります。

まさに、仕事のストレスマネジメントは、身を守る防具にもなり、武器にもなる重要なスキルを言えます。

ということで、仕事のストレスを解消する方法を1つのスキルとして身に着けましょう。この記事を読むだけで、十分にそのスキルを身に着けることができますので、ご安心ください。

【重要】仕事のストレス解消法20選

それでは、仕事のストレスを解消するための方法をご紹介していきます。ほとんどがすぐにでも実践できることなので、今日から実践していきましょう。

1つだけのストレス解消法ではなくて、複数のストレス解消法を組み合わせることで、効果を高めていくことをおすすめします。

それでは、まずは取り組めることからやってみて下さい。

仕事のストレス解消法1:ストレスの原因を特定する

仕事のストレス解消法の1つ目は、ストレスの原因を特定することです。仕事のストレスで苦しい時は、漠然と仕事のストレスを感じてしまっていることも多いです。

仕事のノルマ、職場環境、人間関係など、あらゆることがストレスの原因に感じられてしまうこともあります。

ですが、実際のところ、何にストレスを感じているのでしょうか?まずは、仕事のストレスを細かく細分化して明確にしてみましょう

  • 何にストレスを感じていますか?
  • それらのストレスレベルが高いものから順に並べるとどうなりますか?
  • 妥協できることと、妥協できないものを区別するとどうなりますか?
  • それらのストレスは自分が原因(=考え方、やり方、体調)ですか、自分以外(=仕事内容、環境、仕組み、人)ですか?
  • それらのストレスを解消できるとしたら、どうすればいいと思いますか?

ここでは仕事のストレスを具体的に知るというだけでも十分です。これからご紹介していくストレス解消法を学んでいくことで、解決策が見えてくる可能性がありますので、ご安心ください。

仕事のストレス解消法2:仕事の整理する

仕事のストレス解消法の2つ目は、仕事の整理をすることです。仕事を上手に捌いていくことができないと、負担や焦りを感じ、仕事でストレスを感じやすくなります

そのため、仕事の整理をしっかりと行いましょう。

具体的には、

  • 優先順位を決める
  • 断るべき時はしっかり断る
  • 他人に任せる仕事は任せる
  • 協力が必要な仕事は協力してもらう
  • 自動化や仕組み化ができる仕事はそうする

こういったことをやっていくことで、可能な限り、仕事の流れを整理していきましょう。そうするだけで、負担や焦りを減らし、仕事のストレスを軽減させることができます。

仕事のストレス解消法3:ストレス解消をゲーム化する

仕事のストレス解消法の3つ目は、ストレス解消をゲーム化することです。ストレスを乗り越えるというチャレンジをゲームだと思ってやってみる。これは非常に意味があります。

なぜなら、ストレスを乗り越えられたという成功体験を得ることができるからです。

やり抜く力に長けている人は、過去に辛い体験をした人も多いです。「過去にあんなに辛い状況を乗り越えることができたんだから、これくらい大丈夫」という根拠のある自信は、あなたの人生において武器となり、力になります。

もちろん、うつ病などの病気になってしまって、仕事のストレスに潰されてはいけません。そうなるくらいなら、さっさと今の会社を辞めるべきです。

ですが病気にならない範囲であれば、仕事のストレスを利用して、自分に根拠のある自信をつけてしまうのも1つの手です。

成功している経営者や、スポーツ選手は、過去に辛い経験(あるいは練習)を体験している事が多いです。だからこそ、やり抜く自信、くじけない自信を持って、果敢にチャレンジし続けます。

人はそれの姿をみて「根拠のない自信があるから」というかもしれませんが、彼ら・彼女らの過去を振り返ると「根拠のある自信」であることが分かります。

根拠のない自信とは、過去に作られた根拠のある自信だったりします。ぜひ、あなたも仕事のストレス解消をゲームだと思って、成功体験を身に着けてみてはいかがでしょうか?

仕事のストレス解消法4:妄想の世界ではなく現実の世界に集中する

仕事のストレス解消法の4つ目は、妄想の世界ではなく現実の世界に集中することです。悩んでいる時というのは妄想の世界にいます。これは面白可笑しい話をしようとしているのではなく、実際の話です。

どういうことかというと、頭であれやこれやと悩み事を思い浮かべている状態というのは、脳は妄想している状態と言えます。

なので、妄想の世界に浸るのではなく、現実の世界に戻ってくれば、悩むことを辞められます。具体的に言えば、あれやこれやと頭で考えるのを辞めて、目の前のやるべきことに集中するということです。

実際に悩んでいる時間を減らすだけで、仕事のストレスを減らすことができます。悩んでいる時間=ストレスを感じている時間だということです。もちろん、悩むべきこともあると思います。その場合は、悩む時間を設けて悩むことです。仕事時間には集中する。悩んでもいい時間に悩む。

もし悩みそうになったら、あちらの世界(妄想の世界)に行ってしまっている自分に気づいて、こちらの世界(現実の世界)に意識を戻しましょう。大切なことは、意識を戻すという感覚を持つことです。

仕事のストレス解消法5:一人で抱え込まない

仕事で悩んだ時、困った時には、誰かに相談してみるのも1つの方法です。

他人に話すことの目的は、(1)話すことで自分の頭と心を整理すること(2)他人から客観的に見てもらうことです。

注意したいのは、他人に話す目的は、日頃のストレスを吐き出すだめではないということです。

ストレス発散のため話すと、ついつい自分がたくさん話してしまいがちになります。それは他人にとっては、(1)聞く時間が長くなる、(2)話題によってはコメント(発言)しにくい、(3)だから結局は聞き役に徹するしかなくなる、といった状況になってしまいストレスになることが多いです。

なので、話をしている当の本人は「お話しできてすっきりした。また聞いてね!」となるかもしれませんが、聞き手の方は「あなただけ何時間も話して…。私(俺)は疲れた…。」と思わせてしまう可能性が高くなります。

そのため、ストレスを吐き出すために話すのではなく、客観的に意見をもらうための“相談”という形で会話をするのが理想です。相談である以上、聞き手も相談相手として「私はこう思う」「私ならこうする」と話すことができ、またあなたの役に立ってあげられてるという実感も得られやすくなります。

そうすれば、人間関係を壊さずに、今後も快く相談相手になってくれる可能性が高くなります。

仕事のストレス解消法6:時には悩んでいることをアピールしてみる

仕事のストレスを抱え込んでしまうと、「自分一人だけがどうしてこんな辛い思いをしているんだろう…」と悲しみや苛立ちを感じてしまうことがありませんか。

ですが、自分一人だけが辛くなってしまうのは、周囲の人達に伝わっていないことが原因かもしれません。

伝えることと、伝わることはイコールではありません。伝えても、伝わっていないことがあるからです。伝えているつもりになってしまっているかもしれません。

何度も言っているのに分かってくれない…。そう感じることもあるでしょう。なので時には、相手の性格や、相手の状況を考えて、相手に合わせた伝え方を工夫しなければいけないかもしれません。

それでも「どうせ分かってくれない…」と感じてしまうこともあるでしょう。ですが、本当に伝える努力をしてもダメなのであれば、そもそもその環境(会社)にいることや、その上司や同僚との働き方について真剣に考え直す良いきっかけになるのではないでしょうか。

仕事のストレス解消法7:気にし過ぎを止める

仕事のストレスを減らすには、気にし過ぎを止めることです。気にし過ぎを止めるコツは、ストレスの種を取捨選択することです。

不安に思うことや、辛いことのすべてを悩み事にするのではなくて、どれを悩んで、どれは悩まないかを決めるということです。

例えば、

  • それについて気にすることは人生においてどれくらい重要でだろうか?
  • それについてまだ悩んだ方がいいのか、何か解決に向けて行動を起こした方がいいのか、そもそも悩んでも答えのでないことか?
  • そのことについて10年後も悩んでいるだろうか?
  • 例えば、10人の生い立ちや立場、年齢、性別が異なる人がいたとして、その人達が自分と同じ状況であればどのような考え方をするだろうか?

こういったことを考えてみることです。

悩みについて様々な角度から改めて考えてみると、「悩んでも仕方がないことだな」と気づいたりします。

そうやって悩むことを取捨選択するように心掛けるだけでも、仕事のストレスを減らすことができます。

仕事のストレス解消法8:完璧主義を止める

仕事のストレスを減らすには、完璧主義を止めることです。完璧主義の傾向が強ければ強いほど、理想と現実のギャップに敏感になり、ストレスを感じやすくなります

仕事の場合は、時間や人、お金などのリソースも限られているケースがほとんどなので、完璧を目指すのは理想ではあるものの、現実的には難しいものです。

そこで仕事のストレスを解消する方法として、完璧主義ではなく最善主義になることをおすすめします。

最善主義とは、完璧を目指すのではなく現状でできる範囲までやれれば良しとして、先に進んで行こうとする考え方です。

この考え方を持つことで、理想と現実のギャップを感じて、仕事でストレスを抱えることを減らすことができます。

仕事のストレス解消法9:自己否定をやめる

仕事のストレスを感じている時、自己否定もしてしまっていませんか?自己否定は、仕事のストレスを増やすだけでなく、最悪はうつ病を招く危険性があります。

なぜなら、自分の外側からストレスがやってくるだけでなく、自己否定をすることで自分の内側からもストレスを発生させることになるからです。

なので、自己否定ではなく自己改善に切り替えることです。

自己否定は、自分のダメなところを見つけて、自分を否定し続ける行為です。一方、自己改善は、自分のダメなところを見つけたら、それを改善するための具体的な行動を起こしていく行為です。

つまり、自分のダメなところに目を向けてから、改善行動がないままなのが自己否定、改善行動を起こしていくのが自己改善というわけです。

自己否定を止める訓練をするだけでも、かなり仕事のストレスを解消できます。ぜひ、今日から自己否定から自己改善への切り替えを練習してみて下さい。

最後にコツをお伝えしておくと、「あぁ、○○ができない自分ってなんてダメなんだろう…」と自己否定をしてしまったら、すぐに「じゃあ、どうしよっか?3つ対策を挙げるとすると…」と具体的な対策や解決に繋がる質問を自分に投げかけてみることです。

仕事のストレス解消法10:ノルマを自分目標で上書きする

仕事では、会社や上司などの他人から目標を与えられることが多いと思います。それが仕事のストレスになっているケースもあります。

人間の基本的欲求の1つに、自律性という欲求があります。自律性とは、自由に物事を決めたいという欲求です。つまり、自分で物事を選択している感覚が高ければ満足感が高まり、低ければストレスを感じるということです。

実際、仕事においては、会社からノルマとして目標を与えられます。そのため、自分で選択している感覚を持てないわけです。それが仕事のストレスになっているということです。

そんな時には、会社から与えられた目標を自分目標で上書きすることです。そうすることで、自分で選択している感覚を持てるようになります。

具体的には、会社から与えられている目標を参考に、自分の目標を設定します。

例えば、「新規契約を今月10件取ってくる」というノルマ目標を与えられているとしたら、「営業力を高めるために新規契約を今月10件取る」とか「将来、独立するために新規契約を今月15件取る」といったように自分なりの目標を立て直すということです。

これだけでも自分で選択している感覚が得られるので、仕事のストレスを減少させることができます。

仕事のストレス解消法11:言葉を変える

仕事のストレスを解消するテクニックとして、言葉を変えるのもおすすめです。人は、言葉によって認識し、意味付けをしています

例えば、大勢の人前でプレゼンをするとなると、ついつい失敗しないか不安になってしまう人もいるのはないでしょうか。

その時、失敗という言葉を使うことで「怖い」「大変なことが起きる」「恥をかく」といったイメージを思い浮かべ、意味付けをしてしまっています。だから、余計にストレスを感じてしまいます。

なので、言葉を変えることで、意味付けを変え、ストレスを減らすことです。

具体的には、「失敗→経験」「つらい→成長痛」「嫌なヤツ→面白いヤツ」という具合にネガティブな言葉をポジティブな言葉に変えることです。

自分にとってポジティブな意味付けになるのであれば、どのように変換しても構いません。

仕事のストレスを感じた時は、何かネガティブな言葉を使って意味付けしていないかを考えてみましょう。そして、どんな言葉に変えれば、ポジティブな意味付けになるかを考えてみましょう。

仕事のストレス解消法12:紙に感情を書き出す

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事