仕事が続かない人の特徴とは?天職の見つけ方と仕事が続かない対策12選

仕事が続かないと悩んでいませんか?もし、あなたが仕事が続かないことで悩んでいるのであれば、この記事を最後まで下さい。

なぜなら、この記事で、仕事が続けない原因はもちろん、続けていくための対策や天職の見つけ方まで学ぶことができるからです。

この記事の特徴は、仕事が続かない人向けに、これを実践すれば仕事が続かないという悩みを解消できるという方法を集めていることです。

仕事が続かないことのデメリットは、実は、非常に深刻です。

例えば、仕事が続かない人は、スキルや経験が蓄積されにくく市場価値が上がりにくいです。市場価値が上がらないということは、年齢とともに転職が難しくなる可能性がありますし、自分で副業や起業をしようと思っても武器(知識、スキル、経験といった強み)がないので、ライバルとの差別化ができずに、成功確率も下がってしまいます。

そのため、仕事が続かないことで、年齢とともに収入が落ちていくといった状態に陥る可能性が高くなります。

ですが、安心して下さい。この記事で、仕事が続かないという悩みを解消するための方法をご紹介していきます。

それでは一緒に、学んでいきましょう。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

仕事が続かない人の10の特徴

仕事が続かない人には特徴があります。その特徴を知ることで、仕事が続かない原因を知り、自己改善することができるようになります。

では、あなたは次の項目のうち、いくつ当てはまっているでしょうか?数えてみてください。

  1. 仕事は情熱が重要
  2. 人間関係が苦手
  3. 他人のせいにしがち
  4. 目的意識がない
  5. 自己否定しがち
  6. 給料に満足できていない
  7. 生活が乱れている
  8. 自分に合わない仕事に就いている
  9. 職場が合わない
  10. 働き方が合わない

いくつ当てはまったでしょうか?あなたが当てはまった項目から詳細な解説を読んで欲しいと思います。

そして、1つも当てはまらなかった方は、この章は読み飛ばして、次章からご覧ください。次章では、「仕事が続かない対策」「天職の見つけ方」などを解説しています。これらビジネスパーソンであれば、知っておいて損はない知識です。

それでは、仕事が続かない人の特徴を1つずつ解説していきます。

仕事が続かない人の特徴1:仕事は情熱が重要

仕事が続かない人の特徴の1つ目は、仕事は情熱が重要だと思っていることです。あなたは、仕事に情熱が必要だと思いますか?

もし、あなたがそう思うのであれば、仕事が続かない人の特徴を持っていることになります。

なぜなら、仕事への情熱を追い求める人は、仕事が続かない傾向があることが分かっているからです。

その理由は、仕事への情熱を追い求めることで、理想と現実のギャップに敏感になり、理想を追い求めて、すぐに次へと転職してしまうからです。

ですが、人間はすぐには情熱を感じないことが分かっています。人間は、時間をかけ、経験を積み重ねる中で、情熱を育てていく生き物だと分かっています。

なので、短期間に情熱を追い求めてしまうと、情熱が育たないので、いつまでも情熱を感じる仕事に出会えない“負のスパイラル”に陥ってしまうのです。

情熱ははじめから“あるもの”ではなく、“育つもの”だということです。

仕事が続かない人の特徴2:人間関係が苦手

仕事が続かない人の特徴の2つ目は、人間関係が苦手です。人間関係が苦手で、職場で助けてくれる人がいなかったり、敵を作ってしまうと、その環境での居心地が悪くなってしまいます。その結果、会社を辞めてしまうといったことに繋がりやすくなります。

実際に、職場に友人がいることで、仕事の満足度が高まると言われています。なので、職場で働く場合は、人間関係を軽視してはいけません。

ですが最近では働き方も多様化しているので、仕事や会社によっては、在宅ワークが許可されていることもあります。

なので、どうしても人間関係が苦手という方は、在宅ワークなどができる仕事や会社を選ぶのも1つの選択肢かもしれません。

仕事が続かない人の特徴3:他人のせいにしがち

仕事が続かない人の特徴の3つ目が、他人のせいにしがちということです。原因を他人のせいしてしまうことで、上司が悪い、職場が悪い、会社が悪い、社長が悪い…、「だから辞める」と離職に繋がりやすくなります。

もちろん原因は他人にあるかもしれません。ですが、自分にも原因があることも多いのが現実です。むしろ、自分にも原因がないかを考えて、自己改善の機会を自ら作らないと、理想に近づくことは難しいでしょう。なぜなら、理想は他人が与えてくれるものではなく、自分で実現するしかないからです。

なので、仕事の理想を実現したければ、理想に相応しい自分になる必要があります。そのためには、すべてを他人のせいにしてはいけないということです。

仕事が続かない人の特徴4:目的意識がない

仕事が続かない人の特徴の4つ目は、目的意識がないことです。「お金を稼ぐ」「お金持ちになる」「やりたいことをやる」「家族を支える」「親孝行する」「将来、起業する」など、何でもいいので目的意識があるかどうかが、仕事を続けられるかどうかに影響します。

なぜなら、目的を持っているかどうかで、仕事の意味付けが変わるからです。人は、物事に対して意味付けをします。そして、意味がある事に取り組み、意味がない事は避けてしまいます。

そのため、目的を持っていないと、仕事に対する意味が見出せません。例えば、「この仕事は面白くないし、仕事をやっていても意味がない」と感じてしまい、仕事が続かないことが多くなります。

ですが、目的を持っている人は違います。「この仕事は面白くない」と感じても、「お金のため」「家族のため」「将来のため」「自分のため」と仕事を続けられます。

仕事が続かない人の特徴5:自己否定しがち

仕事が続かない人の特徴の5つ目は、自己否定しがちなことです。「仕事が上手くいかない」「仕事でミスをした」「上司から叱られた」といった出来事が起こった時に、「なんんて自分はダメなんだ」と自己否定を繰り返していると、自信をなくし、仕事が続かない可能性が高くなります

自己否定しがちな人は、自分の悪い部分にばかり目を向ける認識の癖が身に着いていたり、「自分を責められばもっと頑張れる」という間違った考え方を持っていることが多いです。

まず、自分の悪い部分にばかり目を向けるのではなく、良い所にも目を向ける必要があります。そうやって、ポジティブとネガティブを、視野を広く保って、目を向けることが大切です。

そして、自分を責めても頑張れるという勘違いは辞めましょう。頑張りたいなら、自己否定ではなく自己改善をしましょう。

自己否定と自己改善の違いは、自己否定は「自分はダメだ」と自分を否定しているだけで、自己改善では「改善するために何をすべきか」と具体的なアクションまで考えられているかどうかです。

仕事が続かない人の特徴6:給料に満足できていない

仕事が続かない人の特徴の6つ目は、給料に満足できていないことです。給料を重要視すればするほど、給料が満足のいかないものであれば、仕事を辞めてしまう可能性が高くなります。

給料は、自分の市場価値(≒能力)と、業界、職業、会社、役職などで決まります。

高い給料が欲しいのであれば、自分の市場価値(≒能力)を高めた上で、業界、職業、会社を選択する必要があります。そもそも給料の少ない業界、職業、会社を選んでしまうと、給料は上がりません。

ですが最近では、副業をしてもいいという会社も増えているので、今の会社に勤めながら副業によって収入を増やすという選択肢もあります。

仕事が続かない人の特徴7:生活が乱れている

仕事が続かない人の特徴の7つ目は、生活が乱れているということです。具体的には、睡眠が不足していると、ストレスを感じやすくなります

そのため、仕事に対してネガティブな感情を感じることが多くなります。また心に余裕がないので、人間関係でもストレスを感じやすくなり、トラブルも起こりやすくなります。

さらに睡眠不足によって認知機能が低下しているので、仕事でミスをすることも多くなります。そのため、仕事がうまくいかないことが多くなるので、やはり仕事に対する満足度も下がります

なので生活が乱れていることによって、仕事が嫌になってしまいます。仕事が続かないことと、睡眠不足は関係しているというのは意外かもしれません。

ですが上記で説明した通り、生活と仕事は繋がっています。もし仕事が続かないと感じている方は、生活を見直してみましょう

仕事が続かない人の特徴8:自分に合わない仕事に就いている

仕事が続かない人の8つ目の特徴は、自分に合わない仕事に就いているということが挙げられます。

自分に合う仕事かどうかは、経験してみないことには分かりません。さらに、仕事に就いただけでなく、自らその仕事の魅力を発見していかなければいけません

ですが、仕事を経験し、その仕事の魅力を発見しようと頑張っても、どうしても自分に合わないなと感じてしまう仕事もあるものです。

なので仕事が自分に合わないなと感じた時には、その理由を徹底的に考えてみることです。そうしないと、結局、どんな仕事が自分に合うのかが分からないまま、仕事を転々としてしまいます。

仕事が続かない人は、自分に合う仕事とはどんなものなのか?自分の事、仕事の事が分かっていません。だからどんな仕事をしても続かないのです。

仕事が続かない人の特徴9:職場が合わない

仕事が続かない人の特徴の9つ目が、職場が合わないことが挙げられます。職場の雰囲気や社風などが合わないと、仕事自体には満足しているものの、会社の退職に繋がります。

なので仕事が続かない人は、仕事自体に原因があるのか、職場などの仕事以外に原因があるのかをきちんと切り分けて明確にすべきです。

そしてもし職場が合わないのであれば、自分と同じ趣味を持っている人や、自分に似たような雰囲気、服装をしているような人達が働いている会社かどうかを、会社選びの判断基準の1つとして持っておきましょう。

なぜなら、自分と類似しているかどうかは、自分の価値観とも類似しているかどうかを知る手がかりになるからです。同じ価値観や考え方を持っている人達が働いている職場ということは、あなたにとっても働きやすい職場である可能性があるということです。

仕事が続かない人の特徴10:働き方が合わない

仕事が続かない人の十個目の特徴として、働き方が合わないというのも挙げられます。働き方が合わないと、その仕事を続けるのは当然難しくなります。

なので、働き方が合わないのであれば、仕方がないと言えます。

そこで、自分に合った働き方とはどのようなものなのか?それを言語化して明確にしておく必要があります。そうしないと、なんとなく働き方が合わないからと言って、仕事を転々としてしまうことになります。

そして、自分が求めている働き方を言語化したら、優先順位をつけておきましょう。なぜなら、自分の理想に100%合致した働き方ができる会社はほぼほぼ存在しないからです。なので、どこは妥協できなくて、どこは妥協できるというのを明確にしておく必要があります。

天職の見つけ方と仕事が続かない対策12選

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事