仕事運を劇的に上げる11の方法!一生使える仕事運の上げ方とは?

仕事運を上げたい、そのように思いませんか?実は、仕事運は上げることができるんです。

そこで、仕事運を上げる方法についてご紹介したいと思います。ここで紹介する仕事運を上げる方法は、実用的で、一生使えます

もしあなたが仕事運を上げたいのであれば、この記事で紹介する方法を必ず取り入れて下さい。そうすれば占いで仕事運を診断する以上に、意図的に仕事運を高めることができます

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

そもそも仕事の運勢を診断する占いの効果は?

仕事の運勢を診断する占いは効果があるのでしょうか?まずは、占いについて説明しておきます。

結論から言ってしまうと、効果がある場合もあるし、逆効果になることもあると言えます。

後ほど、詳しく解説しますが、運が良い人の特徴として「自分は運が良いと思っている」というものがあります。

つまり、占いの運勢診断の結果が、良い内容であれば、その日は運が良い状態でいられます。反対に、占い運勢診断の結果が、悪い内容であれば、運が悪い状態になってしまう可能性があるということです。

特に、占いの結果を信じやすい人は、占いに強く影響を受けてしまうでしょう。

ですが、そのような占いによって自分の仕事運を左右されるのではなく、自分で自分の仕事運を上げられるようになれば嬉しいとは思いませんか?

実際、そのように自分の仕事運をコントロールできるようになった方が、あなたの仕事運は確実に上がっていくでしょう。

そのための方法をこの記事ではご紹介します。

なぜ、仕事運が良い人と、悪い人がいるの?

あなたが仕事運を上げたいと思っているということは、あなたは運の大切さを理解しているからだと思います。そうです、運はすごく重要です。なぜ、運が重要なのかについて説明したいと思います。

私たちは学生の頃に、数学の勉強で、コインの裏表を無限回投げると、表と裏が出る回数は同じになる。つまり、表と裏が出る確率はそれぞれ2分の1だということを習いましたよね。

ですが、無限回ではなく有限回である場合である場合は違ってきます。例えば、10回分、コインを投げるとどうなるでしょうか?恐らく、表か裏のどちかの方が多く出てしまうでしょう。つまり、表が5回、裏が5回というように、正確に、確率2分の1にはならないことの方が多いのです。実際は、表が7回、裏が3回といったように、偏りが生まれるんです。(本当?って思った方は、実際にやってみましょう。)

そして、私たちの人生でも、偏りが生まれるんです。なぜなら、私たちの人生は、あらゆることが「有限」だからです。

例えば、私たち人間は寿命があるので、何かを無限回行うというのは寿命的に不可能ですよね。仕事でも、お金や時間の問題で、成果が出るまで無限回やり続けるというのは、不可能ですよね。

なので、有限である以上、偏りが生じる可能性が高いということなんです。そして、運が良い人と、悪い人というのは、このような確率の偏りによって決まってしまうんです。

幸運が続く人と、不運が続く人の違い

しかも、人生においては、運が良い人と、悪い人には格差が生じてしまうことがあります。つまり、幸運が続く人と、不運が続く人がいるということです。

その理由は、私たちの人生では、幸運が幸運を呼び、不運が不運を呼ぶという現象が起きることがあるからです。

例えば、社会的評価の高い会社に入社できた人は、収入にも恵まれます。その結果、結婚もしやすくなります。

例えば、仕事で成果を出すことができれば、周囲からも評価され、信頼されるでしょう。そうなれば、次の大きな仕事を任せてもらえるようになります。さらに、仕事の成果が評価され、昇進すれば、部下が増えます。その部下を上手に動かすことで、さらに仕事をこなしていくことができます。その結果、収入も増えていきます。

このように、1つの幸運が起こると、次の幸運がもたらされる可能性が上がるのです。

あなたが仕事運をコントロールできる理由

運というのは、格差が生まれるもの。この事実から言えることは、私たちは決して運を軽視してはいけないということです。そして、嬉しいことに、私たちは、自分で自分の運気を高めることができます。

なぜなら、人生においては、様々な要因によって、未来(=結果)が決定されるからです。その様々な要因の中には、私たちがコントロールできる部分も多分に存在するということです。

例えば、先ほど例に出したコイン投げの場合。もしコントロールできるしたら、コインの投げ方で、表か裏かの狙った方を出しやすくすることはできるかもしれません。ですが、もしコントロールできるとしたら、その程度です。(あと、他にも方法があるとしたら、コインに細工するとかでしょうか…。)

一方、仕事というのは、あらゆる要因が関係していて、私たちがコントロール出来る部分も多いです。

では、具体的にどういう部分をコントロールすれば、仕事運が上がるのか?これから解説していきます。

仕事運が良い人ってどんな人?

ここで、これから具体的に仕事運を上げる方法について解説していくにあたって、その前に、仕事運が良いとはどういうことを指すのかを明確にしておきたいと思います。

仕事運が良い状態を明確に理解することで、意図的に仕事運をコントロールすることができるようになります。なぜなら、何が仕事運に影響を与えるのかを理解することができるようになるからです。

では、仕事運が良いとはどういうことなのでしょうか?例えば、次のようなことを仕事運が良いというのではないでしょうか?

  • 仕事が上手くいく。
  • トラブルが起こっても乗り越えられる。
  • 仕事が楽しいと思える。
  • 新しい仕事の依頼が来る。
  • 大きな仕事の依頼が来る。
  • 仕事仲間に恵まれる。
  • 仕事にプラスになる人との新しい出会いがある。

つまり、仕事運がいい人というのは、仕事で良い結果がもたらされる人の事を言うわけです。そして、意図的に仕事運を良くするということは、意図的に仕事で良い結果を出せるようにすることとも言い換えることができます。

ということで、いよいよ仕事運を上げることで、仕事で良い結果を出せるようになる方法についてご紹介していきたいと思います。

仕事運を上げる11の方法

これから仕事運を上げる11の方法をご紹介します。まずはすぐに取り入れられそうなことから実践するようにしてください。

そして、定期的にこの記事を見ながら、最終的にはすべての方法を取り入れられるようにして下さい。そうすれば、あなたの仕事運が上がっていきます。

仕事運を上げる方法1:自分は運が良いと信じる

仕事運を上げるには、自分は運が良い人間だと信じましょう。科学的な研究によって、運が良い人は、「自分のことを運が良い人間だと思っている」という特徴を持っていることが分かっています。

なぜ、自分は運が良いと信じることが、仕事運を上げるのでしょうか?

その理由は、自分は運が良いと思っていると、様々なことに挑戦しやすくなるからです。

新しいことに目を向け、新しいことにチャレンジすることによって、何も行動を起こさない人に比べて、成果を出しやすくなります。そして、成果が出ると、自信も育っていきます。そして自信が育つと、さらにチャレンジするようになります。そうやって、どんどんチャンスを掴んでいけるようになっていくというわけです。

なので、まずは「自分は仕事運が良い人間だ」と信じることです。

仕事運を上げる方法2:直観も信じる

仕事運を上げるには、直観も信じることです。直観も信じるとは、あなたの感覚や感情も大切にしましょうということです。

特に、仕事においては、論理性を重視してしまいがちです。もちろん、論理的に考えることは重要ですが、仕事運を上げるということに関して言えば、論理的に考えるだけでは仕事運が上がりません。

なぜなら、直観を無視ししてしまうと、あなたが仕事に対して感じるワクワクも無視してしまう可能性があるからです。

仕事へのワクワクは、あなたの創造性を高め、生産性を高めてくれます。その結果、仕事で成果が出しやすくなります。

特に、AIや機械化が加速していく現代では、創造性の高い人や、生産性の高い人は、会社にとって価値がある人材と見なされます。副業や起業においても、創造性と生産性は求められます。

ということで、仕事運を上げたいのであれば、直観も信じてみることです。自分の感覚や感情を無視してはいけません。

仕事運を上げる方法3:知識を増やす

仕事運を上げるには、知識を増やすのも有効です。なぜなら、知識を増やすことで、様々な視点で物事を見れるようになり、より正しい選択をしやすくなるからです。

反対に、知識が乏しいと、偏ったモノの見方しかできず、間違った選択をしてしまいやすくなります。その結果、仕事でミスをしたり、失敗しやすくなります。

まずは自分が関わる仕事の知識から日々、勉強していきましょう。そして余裕が出て来たら、その周辺の知識を勉強していきます。

そうやって自分の専門領域と、関連領域の知識を深く広く勉強していくのです。そしてさらに余裕がある方は、取引先の業界や業種についても勉強してみましょう。

そうやって知識を増やせば増やすほど、正しい判断をしやすくなります。これだけでも仕事運がかなり上がりますので、ぜひ今日から本格的に取り組んで欲しいと思います。

仕事運を上げる方法4:思考力を鍛える

仕事運を上げるなら、思考力を鍛えるのもおすすめです。思考が浅いと相手の言ったことを鵜呑みにしてしまい騙される可能性も高くなりますし、間違った判断をしてしまう可能性も高くなります

その結果、仕事でミスや失敗、損をすることが多くなってしまいます。やはり考えの浅い人には仕事運はやって来ないということです。思慮深い人に、仕事運が舞い込んでくるものです。

そのため、仕事運を上げたいなら思考力を鍛えましょう。

ロジカルシンキングクリティカルシンキングなどの思考法について学ぶのも1つの方法です。

そして手っ取り早く思考力を高める方法は、自分に質問する癖を付けることです。なぜなら、人間の思考は、「問い」と「答え」の繰り返しだからです。

つまり、自分に質問して、それに答える。質問して、答える。これを繰り返しているということです。「考えることは問うことだ」と言ってもいいかもしれません。

そこで実際に仕事で、どのように質問を使えばいいのか、例を挙げたいと思います。

例えば、何かプロジェクトを任されたとして、何かについて考える時には、ひたすら質問を出していきます。

  • プロジェクトの目的は何か?
  • プロジェクトの成功のキーポイントはどこか?
  • プロジェクトは失敗するとしたら何が原因で失敗するだろうか?
  • プロジェクトの成功に必要な知識やスキルは何だろうか?
  • どんな人をプロジェクトメンバーに加えるといいだろうか?

このようにとにかく思いつく質問を書き出していきます。こうするだけでも、自分の質問の偏りが見えてきますし、もっとより良い質問があることに気づけます。

仕事運を上げたいという方は、ぜひ思考力を高めるために質問する癖を身に着けてみて欲しいと思います。

仕事運を上げる方法5:チャレンジし続ける

仕事運を上げたいなら、チャレンジし続けることです。なぜなら、チャレンジし続けることで、成功確率が上がるからです。

運は、言い換えると、確率とも言えます。つまり、確率である以上、何回勝負したかも重要になってくるということです。

たった1回だけサイコロを振って、1の目を出すのは難しいかもしれません。ですが、2回、3回、4回、5回・・・と、サイコロを振り続けていれば、やがて1の目が出てきます。

それと同じで仕事を運を上げるには、単純に挑戦回数を増やさなければいけないということです。

そうすれば、いつかは大きなチャンスや成功を掴むことができるというわけです。

この事実は、一見すると挑戦回数を増やせばいいという単純なことのように思えるものの、実際には多くの人が途中で諦めてしまっているという難しいことでもあります。

なので、あなたはとにかく続ける。続けるだけで他の人達よりも仕事運を上げられるということです。

仕事運を上げる方法6:凹んでも何度でも立ち上がる

仕事運を上げるには、たとえミスや失敗によって凹んだとしても何度でも立ち上げることです。これができるかできないかで、仕事運が大きく変わります。

先ほども仕事運を上げるためには挑戦回数を増やすことだと書きました。そして多くの人が、挑戦回数を増やす過程で挫折してしまっていると書きました。

挑戦回数を増やすには、ミスや失敗をしてもいいだけど、とにかく凹んでも何度でも立ち上げることです。

凹んで諦めてしまう人がいますが、凹んだ時こそ勝負です。そこで凹んで諦めるか、凹んだままでも前を向いて再挑戦するかで仕事運のあるなしが大きく左右されます。

そして凹んでも立ち上げる力のことを、心理学ではレジリエンスと言います。レジリエンスを鍛えれば、凹んでも再び立ち上がれるようになります。

では、レジリエンスを鍛えるにはどうすればいいのでしょうか?

そのための最もシンプルな方法が、(1)まずはミスや失敗した自分を許すこと(2)そして誰しもミスをしたり、失敗したりした経験があることを理解すること(3)そしてそれを乗り越えてきた人達と同じように、自分も学習や工夫、改善によって成長していくことができることを理解することです。

仕事運を上げる方法7:新しさを受け入れる

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事