仕事効率を上げる5つの戦略とテクニック21選!知らなきゃ損な仕事術

仕事の効率を上げたいと思っていませんか?

少し想像してみて下さい。

仕事の効率を上げることができれば、今よりも楽に、早く仕事を終わらせることができるようになります。

そして空いた時間で、さらに仕事をしてもいいし、スキルアップの時間にしてもいいし、副業を始めてもいいし、もっと趣味やプライベートの時間を楽しむことだってできるようになります。

もしあなたが仕事の効率を上げたいと思っているなら、ぜひこの記事を最後まで読んでみて下さい。

なぜなら、この記事では、

  1. 人の能力を引き出すコーチ(著者)が
  2. 仕事の効率を高める方法について
  3. 戦略とテクニックの数々をまとめて

ご紹介しているからです。

この記事だからこそ学べることは、仕事の効率を上げるための5つの戦略とテクニックの数々です。

ただテクニックを知っているだけでも仕事の効率は上がります。

ですが、そもそもどうすれば仕事の効率が上がるのか、その思考法(この記事では戦略と呼びます)を知っているだけで、自分の仕事やライフスタイルに合わせて、自分で仕事効率を上げるためのアイデアを思いつくことができるようになります。

というわけで、仕事の効率を上げたいなら、ぜひ最後までご覧ください。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

仕事効率が良い人、悪い人の発想の違い

まず仕事の効率を上げるために、そもそもどのように考えればいいのでしょうか?そのための思考法について解説します。

思考法を知っておくことで、自分の仕事やライフスタイルに合わせた効率化のアイデアが思いつけるようになります。

なぜ、あの人は頑張らずに成果を出せるのか?

では、どのような考え方を持てばいいのでしょうか?

仕事の効率化において基本となる考え方が「いかにコスト(時間、労力など)を減らし、成果を最大化するか」という発想です。

仕事の効率化において多くの人が「いかにたくさんこなすか」という発想をしてしまいがちです。もちろん、数を増やすことが目的であればその発想でも問題ありません。

ですが、売上を上げたり、自分の自由な時間を増やすというより大きな目的を考えれば、「いかにたくさんこなすか」という“量”を重視する発想ではなくて、「いかにコスト(時間、労力など)を減らし、成果を最大化するか」という“質と量の最適化”を重視した発想を持つべきです。

つまり、「いかに量をこなすか」という発想は、「いかに頑張るか」という頑張るための発想になってしまっています。ですが、本当の効率化は「いかに頑張るか」ではなく「いかに頑張らなくてもよくするか」です。

要するに、要領の良いヤツになることが効率化の目標だということです。

頑張らないヤツが上手くいく?

では、質と量の最適化を重視した発想とは、どういった発想なのか?具体例を用いて説明したいと思います。

例えば、最近ビジネスでも活用されているYoutubeですが、しっかりと編集した動画を作ったからと言って、必ずしもアクセス数が上がるとは限りません。

実際に、しっかりとした編集がされている動画であったとしても、閲覧数が少ないという動画はいくつもあります。

また閲覧数が少なくても、売上を上げているチャンネルも存在します。

つまり、時間や労力をたくさん費やしたり、量をこなしたからといって、必ずしも成果に繋がるとは言えないということです。

目的や手段、状況によって、「どこに力を注ぐべきか」「どの程度のクオリティが求められているのか」「どれくらいの量をこなすのがちょうど良いのか」が違ってくるということです。

その違いを見極めて、無駄な努力を失くすことが質と量の最適化を重視した発想だということです。

そのための考え方が「いかにコスト(時間、労力など)を減らし、成果を最大化するか」です。このように考えれば、自ずと質と量のバランスが最適化されていきます。

仕事効率を上げる5つの戦略

では、どうすればコストを減らし、成果を最大化できるのでしょうか?そのための戦略を5つ紹介します。

仕事を効率化するためのキーワードは次の5つです。

  1. 集中力
  2. 戦略
  3. 習慣化
  4. 仕組み化
  5. 自動化

1つずつ解説していきます。

仕事効率化戦略1:集中力

仕事を効率化するために、いかに集中力をマネジメントするかが重要になってきます。人間の心身のエネルギーには限界があります。

なので、エネルギーをマネジメントをする術を持っていないと、1日の中でどんどん集中力が落ちていってしまいます

それはつまり仕事の効率も悪くなっていくことを意味します。

そのため、集中力を維持するための人間の仕組みについて理解する必要があるということです。この記事でも集中力を維持するためのテクニックをご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

仕事効率化戦略2:戦略

仕事を効率化するためには、いかに計画的に仕事をこなしていくかも重要です。

仕事で「何でもやろう!」というのは非効率の典型的なパターンです。仕事には時間制限もあるし、私たち人間の心身のエネルギーも有限です。

なので、何が重要なことで、何から手をつけるべきか、何をしないのか、選択と集中を戦略的に行うことが仕事の効率化には欠かせません。

仕事効率化戦略3:習慣化

仕事を効率化するには、いかに自分を省エネ化するかも重要です。人間は、今日何をしようか?何からやろうか?と考えるだけでもエネルギーを消費します。脳が疲れてしまうのです。

そうやって1日の中で心身の疲労が蓄積されていくと、当然、仕事の作業効率も悪くなります。

なので習慣化によって、いちいち余計なことを考えずに、まるで歯を磨くように行動できるようにすることで、自分を省エネ化することが仕事の効率化に繋がります。

仕事効率化戦略4:仕組み化

仕事を効率化するためには、仕組み化が欠かせません。

仕組み化の例を挙げるなら、飲食店の業務マニュアルです。マニュアルがあるからこそ入社したばかりのアルバイトスタッフでも短期間のうちに効率的に働けます。

同じように自分の仕事をルール化・マニュアル化することです。

そうやって仕組み化することで、その都度あれやこれやと考えることを減らし、やるべきことを淡々と実行できるようにすることで、仕事の効率が上がります。

仕事効率化戦略5:自動化

仕事を効率化するためには、自動化も欠かせません。自動化というのは、誰かに任せるということです。

自分で何でもやろうとするのは非効率です。いかに他人に任すか、いかに他人に任せられるようにするかも重要です。

また任せるのは人だけでありません。効率化を実現するサービスやアプリを使うのも有効です。とにかく任せられることは任せる。これは仕事を効率化するうえで必要なことです。

 

いかがでしたでしょうか?このように仕事を効率化するには「集中力(人間理解)」「戦略(選択と集中)」「習慣化(自分の省エネ化)」「仕組み化(ルール化・マニュアル化)」「自動化(任せる)」という5つの戦略があります。

実際に働く中で、5つの戦略を使えないか考えてみて下さい。仕事を効率化するために改善できるところがたくさんあるはずです。

仕事効率を上げる21のテクニック

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事