仕事のプレッシャーに強くなる12の方法!不安、ストレスで辛い方必読

あなたは仕事のプレッシャーによって、不安になり、ストレスを抱え、辛い毎日を過ごしていませんか?もしそうなのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

なぜなら、この記事に書いてあることを実践することで、仕事のプレッシャーに強くなることができるからです。

仕事では、プレッシャーを感じてしまうものです。仕事なので、当たり前と言えば当たり前です。

ですが、仕事のプレッシャーによってストレスを抱え、精神的に疲労してしまい、パフォーマンスが落ちてしまう人がいます。一方、仕事のプレッシャーを感じながらも、高いパフォーマンスを発揮し、大きな成果を出す人もいます。

両者は何が違うのか?その違いを知れば、あなたは仕事のプレッシャーに押し潰されてしまう人から、仕事のプレッシャーに強い人に変わることができます

それでは、これから、人の能力を引き出すコーチングの専門家である私が、あなたがプレッシャーに勝つための方法をご紹介していきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

仕事のプレッシャーを感じる理由

まず、仕事のプレッシャーを感じる理由について解説したいと思います。仕事のプレッシャーを感じる理由は、それは、「状況」と「思考」の2つです。

「プレッシャー=状況×思考」だということです。

状況というのは、仕事のプレッシャーを感じてしまう状況のことです。仕事でプレッシャーを感じるという方は、特定の状況がありませんか?

そのプレッシャーを引き起こす原因となっている状況を理解しておくことで、対処法が見えてきます。

そして、状況だけでなく思考によってプレッシャーを感じるかどうかが違ってきます。

思考というのは、思考傾向のことです。もともとの性格や、大人になるまでに獲得した思考のクセによって、どのような考え方をするかによってプレッシャーを感じるかどうかが違ってきます。

そして、状況と思考が組み合わさることによって、プレッシャーのストレスレベルが変わります

では、具体的にどのような状況でプレッシャーを感じるのか?どういう思考傾向を持つ人がプレッシャーを感じやすいのか?ということについてご紹介していきたいと思います。

仕事のプレッシャーのよくある原因5つ

仕事でプレッシャーを感じる理由の1つが、特定の状況がプレッシャーを感じさせているということをお伝えしました。

では、具体的にどのような状況でプレッシャーを感じやすくなるのか?

仕事でプレッシャーを感じるよくある原因をご紹介します。それが次の5つです。

  1. 上司からの期待
  2. 上司からの脅し
  3. 難易度の高い仕事
  4. 未経験の仕事
  5. 責任の重い仕事

それでは1つずつ解説していきます。

仕事のプレッシャーの原因1:上司からの期待

仕事でプレッシャーを感じる原因の1つに、上司からの期待があります。上司から「期待しているよ」といった期待の言葉を投げかけられることで、「期待に応えないと…」と思ってしまい、プレッシャーを感じるようになるケースがあります。

このケースの場合、上司には悪気がないことが多いです。そのため対処法としては、自分自信がプレッシャーに強くなっておくことです。そのための方法を後ほどご紹介していきます。

仕事のプレッシャーの原因2:上司からの脅し

仕事でプレッシャーを感じる原因の2つ目が、上司からの脅しです。「もし失敗したら評価を下げる」といったことを言われることによって、「失敗してはいけない…」という恐怖心に駆り立てられ、プレッシャーを感じてしまうケースがあります。

このケースの場合、プレッシャーを感じてしまうのも無理はありません。このケースの対処法は、自分がプレッシャーに強くなるか、上司に問題があるのであれば転職によって環境を変えてしまうかになります。いずれの対処法についても、後ほどご紹介していきます。

仕事のプレッシャーの原因3:難易度の高い仕事

仕事でプレッシャーを感じる原因の3つ目が、難易度の高い仕事です。自分の能力では対応できなさそうな難易度の高い仕事を与えられることで、自信を持てずにプレッシャーを感じてしまうケースです。

人間は、自分の能力以上の課題に取り組もうとする場合、精神的にストレスがかかります。なので、プレッシャーを感じてしまうのも無理はありません。ですが、対処法はありますのでご安心ください。

このケースの対処法は、自分がプレッシャーに強くなることと、難易度の高い仕事のさばき方を学ぶことです。この記事でも、ご紹介していますので、参考にして下さい。

仕事のプレッシャーの原因4:未経験の仕事

仕事でプレッシャーを感じる原因の4つ目が、未経験の仕事です。自分がやったことのない仕事を与えられることによって、「大丈夫かな」「できるかな」「難しそう」というようにプレッシャーを感じてしまうケースです。

人間は、新しいことに取り組もうとする時、心理的負担を感じてしまい、それが不安を引き起こし、プレッシャーを感じさせてしまいます。なので、このケースも人間の特性である以上、仕方がありません。

ですが、ご安心ください。このケースも対処法があります。

このケースの対処法は、自分がプレッシャーに強くなることと、未経験の仕事に取り組み方を学ぶことです。この記事でもご紹介していますので、参考にして下さい。

仕事のプレッシャーの原因5:責任の重い仕事

仕事でプレッシャーを感じる原因の5つ目が、責任の重い仕事です。例えば、命に関わる仕事や、ミスが許されない仕事をしている方は、プレッシャーを感じやすい状況にいるでしょう。

このようなケースの対処法は、自分がプレッシャーに強くなることで、ストレスレベルを下げることです。

 

同じ責任の重い仕事をしていても、プレッシャーを強く感じる人と、そうでない人がいます。その違いは、プレッシャーに強いかどうか。この記事で、プレッシャーに強くなる方法をご紹介しますので、参考にしてください。

仕事でプレッシャーを感じやすい人の特徴

続いて、仕事のプレッシャーを感じてしまうもう1つ理由である「思考」について解説していきます。

性格や思考のクセによって、仕事でプレッシャーを感じてしまいやすくなるということをお伝えしました。

では、具体的にどのような思考傾向があると、仕事のプレッシャーを感じやすくなるのか、その特徴をご紹介します。

次の5つの特徴がある人は、仕事のプレッシャーを感じやすくなります。

  1. 責任感が強い
  2. 自信がない
  3. プライドが高い
  4. 評価が気になる
  5. 完璧主義

それでは1つずつ解説していきます。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴1:責任感が強い

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴の1つが、責任感が強いという特徴です。責任感が強いと、「失敗してはいけない」「きちんとしなければいけない」と、仕事に対する心理的負担を高めてしまい、それがプレッシャーとして強く感じてしまいます。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴2:自信がない

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴の2つ目が、自信がないという特徴です。自信がないと、仕事に対する難易度を高く見積もってしまうことによって、プレッシャーを強く感じてしまいます。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴3:プライドが高い

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴の3つ目が、プライドが高いという特徴です。プライドが高いと、「自分を良く見せたい」「失敗して恥をかきたくない」という思いによって、プレッシャーを感じやすくなります。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴4:評価が気になる

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴の4つ目が、評価が気になるという特徴です。他人の目を気にしたり、評価を気にすることによって、「失敗してはいけない」「恥ずかしい思いをしたくない」という思いによって、プレッシャーを感じやすくなります。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴5:完璧主義

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴の5つ目が、完璧主義です。完璧を求めてしまいがちな人は、「上手くこなさないといけない」「成功させないといけない」と、自らハードルを高く設定してしまい、その結果としてプレッシャーを感じやすくなります。

 

これらの仕事のプレッシャーを感じやすい人が持つ特徴は、これからご紹介する方法で対処できます。ご安心ください。

仕事のプレッシャーに強くなる12の方法

それでは、仕事のプレッシャーに強くなるための具体的な方法についてご紹介していきます。

1つだけの方法ではなく、複数の方法を取り入れることによって、仕事のプレッシャーが軽減されます。

ぜひ、今日から実践してみて欲しいと思います。

【1】仕事のプレッシャーを感じている自分を許す。

仕事のプレッシャーを感じてはいけない。そういった思いが、余計にプレッシャーを強くします。

仕事のプレッシャーを受け入れましょう。仕事のプレッシャーを感じている自分を許しましょう。

仕事でプレッシャーを感じるのは当然。誰だって仕事のプレッシャーを感じているもの。」、そう思うことです。

実際、少なからず多くの人が仕事のプレッシャーを感じているものです。

ただ仕事のプレッシャーを毒にしないようにすることは大切です。仕事のプレッシャーによってうつ病になったりするのは避けるべきです。そこで次の項目から、プレッシャーを和らげるテクニックをご紹介していきます。

【2】妄想を止める。

仕事のプレッシャーを感じたら、不要な妄想を止めることです。具体的には、「もし失敗したらどうしよう…」といったネガティブな妄想を止めることです。

仕事のプレッシャーを感じる時というのは、妄想をしている時です。例えば、ライオンに追いかけられて、全力で走っている自分を想像してみて下さい。プレッシャーを感じていないはずです。逃げるのに必死なはずです。(死に対するプレッシャーは高まるでしょうが…。)

なので、まずは自分が不要な妄想をしてしまっていることに気づくことです。自分を客観視するだけでも十分です。

そして可能であれば、不要な妄想を止めることです。妄想を止める方法は、目の前のやるべきことに必死になるということです。

【3】今に集中する。

仕事のプレッシャーを感じたら、今に集中することです。前の項目でも「妄想を止めることは、目の前のやるべきことに必死になること」とご紹介しました。

仕事のプレッシャーを感じるということは、まだプレッシャーを感じるだけの中途半端な余裕があることが原因かもしれません。

だからこそ、そういう時は、今に集中することです。

【4】感情を書き出す。

仕事のプレッシャーを感じたら、感情を紙に書き出してみるのも効果的です。自分の感情を言葉にすることで、頭の中を見える化し、客観視できるようになります。

また感情を言葉としてアウトプットするには、言葉として表現するための論理的思考も働かせる必要があります。

そのため、感情優位の状態から抜け出すことができ、論理的に物事を考えられる状態に切り替えられるといった効果もあります。

なので、仕事のプレッシャーを感じたら、その感情を押し殺そうとするのではなくて、逆に外に出してみることです。

スマホのメモ帳に箇条書きで書いていくのでもいいでしょう。一度、やってみて下さい。

【5】学習にフォーカスする。

仕事のプレッシャーを感じている時は、結果にフォーカスしている可能性があります。結果にフォーカスすると、「上手くいくか、失敗するか」という現時点では答えのでない問いについて考えることになります。

そして大抵の場合が、ネガティブな答えに辿り着いてしまいます。

そこで仕事のプレッシャーを感じたら、結果ではなく学習(成長)にフォーカスしてください。つまり、「学ぼう!」という意識に切り替えることで、学習に重きをおくわけです。

そうすれば、仕事自体が成功しようが失敗しようが学びが得られるわけですから、学びとしては成功です。その学びが、次の仕事に繋がって、どんどん成果を出しやすくなっていくわけです。

【6】プレッシャーを力に変える。

仕事のプレッシャーを感じたら、それを力に変えられないかという発想をしてみることです。

「プレッシャー=心の重荷」と考えるのではなく「プレッシャー=活性剤」と考えるのもいいかもしれません。

あるいは「プレッシャーを感じている状態=集中力が高い状態」と考えるのもいいかもしれません。

そう考えると、プレッシャーは悪いものではなく、逆に良いものとして利用できるようになるというわけです。

実際、感情自体に良い悪いもありません。感情はあくまで人間の反応の1つです。その反応をどう使うかは、その人次第です。

【7】失敗を受け入れる。

仕事のプレッシャーを感じる時は、極端に失敗を避けようとしていることが原因かもしれません。

つまり、完璧主義になっているということです。

「絶対に失敗できない」「必ず成功しないと」と完璧主義になっていると、仕事のプレッシャーが高まるのは仕方がありません。

そんな時は完璧主義ではなく最善主義になることです。

最善主義とは、今できる範囲内で良しとする考え方です。自分が成果を出せるかどうかは分からないけど、今の自分に出せる力を出せれば良しと考えるのです。

そうすれば仕事のプレッシャーも少しは和らぐのではないでしょうか。

【8】プレッシャーから学ぶ。

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事