仕事の自信がない人必見!仕事の自信がない時に実践したい10の方法

仕事の自信がないのであれば、この記事を読んで下さい。この記事では、あなたが仕事の自信がない本当の理由と、自信を高めるためにすぐに実践できる10の方法をご紹介します。

この記事で紹介するのは、人の能力を引き出すコーチとして活動している私がお伝えする心理術です。

後ほど、ご紹介しますが、自信というのはちょっとした心の使い方で変わってしまうものです。もちろん効果は人それぞれで、その瞬間に効果を実感する人もいますし、効果を実感するまでに時間がかかる方もいるでしょう。

ですが、大切なことは、自信を育てるトレーニングだと思って続けることです。そうすれば、心の使い方が上手になっていきます。

それでは、あなたが仕事の自信がない本当の理由から解説したいと思います。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

あなたが仕事の自信がない本当の理由

あなたは、仕事の自信がない理由を何だと思っていますか?

  • 実力がないから
  • 経験がないから
  • これまで失敗ばかりしてきたから
  • 成功体験がないから
  • 学歴がないから
  • 年齢が若いから(歳をとっているから)
  • 仕事が難しそうだから

いろいろと理由があるでしょう。

ですが、あなたが仕事の自信がない本当の理由は、まったく違います。たしかに上に挙げた理由は、自信がない理由としては正当なものです。そして一般的に自信がない理由として挙げられるものです。

ですが、あなたが仕事の自信がない本当の理由は、「あなたが自分のことを自信がない」と思っていることなんです。

つまり、自分で自分のことを「自信がないヤツだ」と思っていることが、あなたが仕事で自信がないと思ってしまう原因なんです。

ここで言いたいことは、要するに、「自信があるかないかは認識の問題」だということです。

実力や経験、成功体験、学歴…、こういったものは、あくまで認識を作る素材にしか過ぎないということです。

なぜ、そう言えるのか?

その理由は、実力があるのに自信がない人もいれば、実力がないのに自信満々の人もいるからです。実際に、当てはまる人が、あなたの周りにもいませんか?

身近な例を挙げてみましょう。例えば、恋愛。

明らかにイケメン・美女なのに、恋愛に対して奥手な人っていませんか?一方、それほどルックスが良くなくても、自信満々な人もいませんか?

これって、恋愛に限った話ではなくて、仕事においても言えますよね。

実力があるのに自信がない人、実力はないのになぜか自信満々な人。両者の違いは、認識だということです。

つまり、認識を変えることで、自信を手に入れることができるということです。そして、これから、そのための心理術をご紹介していきます。

仕事で大切なことは自信より○○!

これから仕事の自信がない方向けの心理術をご紹介していきたいのですが、その前に、仕事で大切なことは自信ではないということをお伝えしておきたいと思います。

仕事で大切なことは何でしょうか?

自信でしょうか?

違います。

仕事で大切なことは、自信よりも行動です。行動よりも成果です。

仕事では、自信がなくても行動した人が評価されます。そして、自信がなくても成果を出した人が評価されます。

つまり、「自信がないから行動できない」「自信がないから成果が出せない」といった認識を持っているなら間違いだということです。「自信がない人=行動できない人」「自信がない人=成果が出せない人」ではないということです。

自信がなくても行動できる人もいるし、自信がなくても成果を出す人もいます。

つまり、自信に縛られてはいけないということです。自信に縛られることによって、行動できなくなること、成果を出せないと思い込んでしまうことが問題です。

自信がないなら、ないなりにできることからやればいい。自信がないなら、ないなりに成果を出せるように工夫すればいい。そう考えれば、自信の呪縛から少し解放されるのではないでしょうか?

とは言うものの、自信がないからこそ高めたい。そう思っている方も多いと思います。そこで、そんなあなたはこれからご紹介する心理術をマスターしてください。そうすれば、自信を育てていくことができます。

仕事の自信がない人が実践したい10の方法

仕事の自信がないという方は、これから紹介する心理術の中から、できそうなものから取り入れてみて下さい。

仕事の自信がない時の心理術1:絶対に自信を下げない。

まず仕事の自信ない人にやって欲しいことは、絶対に自信を下げないことです。これは非常に重要です。

仕事の自信がない人は、自信を上げたいと思っています。ですが、自信というのは、上げるよりも下げないことの方が重要です。なぜなら、自信を上げても、下げてしまったら意味がないからです。

ですが、これは意外と多くの人がやってしまいがちです。

自信を上げたいなら、まずは絶対に自信を下げないことです。自信を下げない方法は、絶対に自分の自信を下げる言葉を使わないことです。

先ほど、自信は認識の問題だとお伝えしましたよね。では、何が認識を作るのでしょうか?人間の認識を作る1つが、言葉です。だから、自信を下げるような言葉は絶対に使わないことです。

具体的には、心の中で「自信がない」という言葉を使ってしまったら、「自信がないということは“ない”。可能性はある。」と言い換えましょう。

「できない」ではなく「できるかもしれない」と言い換えましょう。

仕事の自信がない時の心理術2:他人と比較しない。

次にマスターして欲しいことが、他人と比較しないことです。仕事の自信がないという人は、他人と比較してしまいがちです。

ですが、先ほどのお伝えしたように、自分で自分の自信を下げるようなことはしてはいけません。ほとんどの人が、他人と比較してしまうと、自信が下がってしまうと思います。だったら、他人と比較するのはやめましょう。

「でも、他人と比較することで、成長に繋がるんじゃないですか?」という意見もあると思います。そのご意見も正しいと思います。

ですが、他人と比較して自信を失して、あなたのパフォーマンスに悪影響があるのであれば、デメリットしかないので辞めるべきです。

他人と比較しても、自信を失くさないという方のみ、他人と比較しても構いません。もしそうでないなら、比較するのは辞めておきましょう。

比較したいなら、過去の自分と比較しましょう

過去の自分より成長しているか?
昨日の自分を超えられたか?

そうやって過去の自分と比較していけば、確実に成長していけます。

仕事の自信がない時の心理術3:できることにフォーカスする。

仕事の自信がない時にやって欲しいことは、できることにフォーカスするということです。

仕事の自信がない時、無意識に、できないことにフォーカスしてしまいがちです。「○○はできない。」「失敗したらどうしよう。」と。当然、できないことにフォーカスすると、自信が下がります。

何にフォーカスするかで、認識が変わります。つまり、何にフォーカスするかで、自信が変わるということです。実際、自信がない人は、できないことにばかりフォーカスし、自信がある人は、できることにもフォーカスしています。

なので、仕事の自信がない時ほど、意識的にできることにもフォーカスしましょう。そして、できることから手を片付けていきましょう。どうせ、できることしかできないのであれば、できることに集中するしかありません。必死にやるだけです。

仕事の自信がない時の心理術4:誰の声に耳を傾けるかを選ぶ。

仕事の自信がないという人の中には、上司や同僚、場合によっては家族から「君にはできない」「なんてできの悪い人間だ」と他人から自信を下げられている人もいるのではないでしょうか?

もしかすると、幼少期からそうやって他人から自信を下げられて生きてきたかもしれません。

そういう人は、「誰かの声に耳を傾けるかを選ぶ」ということを身に着けて下さい。これは非常に重要なスキルです。

わざわざ自分の自信を下げてくるような人の言葉を、素直に、律儀に聞いてやる必要はありません。もちろん、職場や家庭があって逃れられかもしれません。ですが、自信を下げる言葉を丁寧に受け取ってあげる必要はないということです。右から左へ流す感覚で、受け流しましょう。

「君はできない!」と言われたら、「私もそう思います。」と言っておけばいいです。他人の自信を下げる人は、他人の自信を下げることで優越感に浸りたいタイプの人間です。自分よりも成功したり、成長して欲しくないから、他人を下げることで、精神的に優位に立ちたいのです。

なので、そういう人には、「私もそう思います。」と同調してあげることで、悦に浸らせておきましょう。

仕事の自信がない時の心理術5:学習に意識を向ける。

仕事の自信がない時には、学習に意識を向けることをおすすめします。自信がなくなる1つの原因として、成果に意識が向いているからです。

成果に意識が向くと、成功するか失敗するかで考えてしまいます。そう考えると、失敗した時の不安や恐怖を感じるようになってしまいます。

そこで、成果から学習へとフォーカスする対象を変えるとどうなるでしょうか?仕事のプロセスのすべてが学習になります。もちろん、失敗でさえも学習、成長と捉えることができるようになります。

というわけで仕事の自信がない時は、成果から学習へと意識の焦点を切り替えてみて下さい。

仕事の自信がない時の心理術6:今に集中する。

仕事の自信がない時には、徹底的に今目の前のことに集中することです。目の前のことに集中している時は、自信があるかないかを考える余裕はなくなります。不安や恐怖といった感情もです。

とにかく目の前のやるべきことに集中しましょう。ポイントは、意識が途切れたら、そのことに気づいて、また意識を戻そうとする。それを繰り返すことです。

目の前のことに集中するといっても、どうしても集中は途切れるものです。大切なのは、意識を元に戻すという意識の操作ができるかどうかです。

コツは、目の前のことに集中できていないことに気づいたら、5分~10分だけでも時間を測って集中してみることです。そうやって一度、数分間だけでも集中し始めると、意識が元に戻って集中が続きます。

仕事の自信がない時の心理術7:ハードルを下げる。

仕事の自信がない時は、ハードルを下げるのも効果的です。具体的には、仕事や目標を分解して行います

例えば、新規契約を今月30件とるというノルマがあったとしたら、「まずは1件とろう」「次は3件とろう」とプロセスを分解します。

そうすると、心理的なハードルも下がるので、仕事に集中しやすくなります

このテクニックは簡単ですが、かなり効果がありますので、ぜひやってみて下さい。

仕事の自信がない時の心理術8:自信を捨てる。

仕事の自信がない時こそ、自信を捨てるという方法もおすすめです。自信を捨てるとは、自信があるかないかを無視するということです。

実際、仕事の自信があるかないかを気にし過ぎるなら、無視してしまった方がいいかもしれません。

なぜなら、自信があっても仕事が上手くいかない時もあるし、自信がなくても上手くいく時もあるからです。

つまり、自信があるかないかは、仕事の結果を決定する絶対的なものではないということです。

それよりも仕事の結果を決定する重要な要因があります。それは、やるべきことをやったかどうかです。つまり、行動が仕事の結果を作るということです。

なので、自信を忘れて、自信ではなく行動に意識を向けてみるのはいかがでしょうか。

仕事の自信がない時の心理術9:スキルアップする。

仕事の自信がない時は、その感情を利用するのがおすすめです。どうするかというと、スキルアップの原動力にするのです。

「自信がない」という感情を、「もっと実力を磨け!」という心のメッセージだと捉えましょう。

そうして、自信を感じられるくらい、圧倒的な努力をすればいいということです。

仕事の自信がない時の心理術10:戦う場所を変える。

仕事の自信がないのであれば、戦う場所を変えるというのも1つの選択肢です。

どうしても仕事の自信がないことで辛い思いをしているなら、そもそも戦う場所を変えることで、自分が最も頑張れそうなところに身を置くことを考えてみましょう。

どんな業界、職業、働き方をしても辛い部分はあるものです。

なので、そういった辛いことを避けようと考えるのではなくて、どんなことであれば辛い状況でも耐えぬくことができるだろうかと考えるのです。

自分が最も頑張れそうな環境であれば、どんな状況でも、一生懸命に働くことに意識がいきます。自信がないなら、なんとしても努力して、勉強して実力を身に着ける。そういう発想に切り替わるでしょう。
そうなれば自信で悩むこともなくなるのではないでしょうか。

自信を育てる以上に大切なこと

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事