やりたい仕事がない・・・」と悩んでいませんか?仕事選びは、人生を変えます。どんな仕事を選ぶかで、得られることや、毎日の充実度、ライフスタイル、自分の将来が違ってきます。

やりたい仕事を探すのは良いことです。「やりたいことをやるのが正解!成果と幸せをもたらす5つの思考法」でもお伝えしましたが、私たち人間はやりたいことを選んだ方が、成果と幸せを手に入れられます。

では、やりたい仕事にどうすれば出会えるのでしょうか?この記事では、あなたが人生を変える仕事と出合うための10個の方法を紹介します。

10個の方法を試してみて下さい。そうすれば、あなたはやりたい仕事に出会えるようになるでしょう。

そもそもやりたいことが分からないという人は…

やりたい仕事がないという方の中には、「人生の目的がない」「やりたいことが分からない」という方も多いです。そんな方のために、「自分と人生を変えるための目標設定シート」を用意しました!

LINE@に登録後、すぐに受け取れるので、まずは目標設定シートに取り組んでみて下さい。やりたい仕事を見つけるヒントになります♪

⇒LINE友達になって目標設定シートを受け取る!

出会い方1:やりたい仕事がない時は、まずはゴール設定をしよう!

やりたい仕事を見つけるには、「やりたい仕事を見つける」ということをゴールとして設定することから始まります。

今、やりたい仕事を見つけようとしているあなたは、やりたい仕事を見つけた時の理想の自分を思い描いているはずです。その”やりたい仕事をやっている自分”に対する期待感が楽しみだからこそ、やりたい仕事を探しているのでしょう。

であるならば、やりたい仕事がないからと言って、諦めてしまってはいけません。

「自分はやりたい仕事を見つけるんだ!」というゴールを設定し、その達成を目指しましょう。

ゴールを設定する際は、目標設定シートを使うとスムーズにゴールを設定できます。

⇒ゴールを設定するために目標設定シートを受け取る!

出会い方2:やりたい仕事がない時は、自分の本音と向き合ってみよう!

心理学の用語に「否認」という言葉があります。簡単に言うと、否認とは、自分が思っていることから目を背けようとする心の働きのことです。

どうせ自分にはできない・・・」と、本音ではやりたいと思っている仕事から目を背けていませんか?

本音ではやってみたいと思っているけれど、諦めてしまっている仕事について考えてみる。そうすると実は、やりたい仕事があったことに気づくかもしれません。

もし、やりたいけど諦めてしまっていた仕事があるなら、今一度、その仕事に就くために挑戦してみてはいかがでしょうか?あなたのやりたい仕事が、そこにあるのだから。

出会い方3:やりたい仕事がない時は、好きかどうかで仕事を選ばない!

仕事選びは、好きかどうかで仕事を選ぼうとしてはいけません。やりたいかどうかで仕事を選ぶようにする必要があります。なぜなら、やったことがない仕事に対して、好きかどうかなんて分からないからです。

自分の好きなことが分かっていて、好きなことを仕事にしたいという人は、自ずと仕事が決まってきます。自分の好きなことができる仕事が、やりたい仕事になるからです。

ですが、やりたい仕事がないという方の多くは、自分の好きなことが分かっていないことも多いですし、好きなことを仕事にしたいと考えているわけでもないのではないでしょうか。

なので、「好きかどうか」を判断基準にしてしまうと、やりたい仕事が見つかりにくくなってしまいます。なので、「やりたいかどうか(やってみたいかどうか)」を判断基準にして考えてみましょう。

好きなことを仕事にしたい方は、好きなことを仕事にするには?「好き」を「お金」に変える3つの手順を参考にして下さい。

出会い方4:やりたい仕事がない時は、将来のことから考えよう!

人生という大きな枠組みから考えてみることで、やりたい仕事も見えるようになってきます。

自分の理想の未来から逆算し、「理想の未来を実現するために、今、どんな仕事をやりたいか?」という発想を持つ。そうすると、どんな仕事をやりたいのかが分かってきます。

理想の未来を明確にするために、次のような質問について考えてみましょう。

  • どんな人生を生きたい?
  • どんな人生を生きられたなら、後悔しない?
  • どんな人生にだけは、なって欲しくない?
  • これからの人生でどんなことを経験したい?
  • これからの人生で得たいことは何?
  • これからの人生でやってみたいことは何?
  • どんな自分になっていきたい?
  • どんな自分にはなりたくない?
  • どんな働き方を望んでいる?
  • どんな働き方は望まない?
  • 自分の理想の人生を生きるのに、お金はいくら必要?

上記の質問について、考え続けていると、次第に、将来像が出来上がっていきます。その頃には、やりたい仕事についても分かってくるようになるでしょう。

 

どうしてもやりたいことが見つからない人は、「やりたいことが見つからない人がすべき、1年で夢が見つかる3つの方法」という記事も参考にして頂ければと思います。

出会い方5:やりたい仕事がない時は、仕事とお金を分けて考えてみよう!

「お金を稼げるかどうか」で仕事を選ぼうとして、やりたい仕事が見つからないなら、仕事とお金を分けて考えてみましょう。


お金を度外視して考えて、やりたいと思った仕事が、たまたまお金を稼げる仕事なら問題ないでしょう。ですが、やりたいと思った仕事が、お金を稼げない仕事の場合もあります。

そのような場合には、「お金を稼げないけど、やりたい仕事(上図の右下/青色)」を選んだ上で、必要なお金を「お金を稼げる、やりたい仕事(上図の右上/赤色)」で補うという選択肢もあります。


※「お金を稼げないけど、やりたい仕事(上図の右下/青色)」は、「お金を稼げるかどうか」は度外視して、純粋に「やりたいかどうか」という判断基準だけで選んだ仕事です。
※「お金を稼げる、やりたい仕事(上図の右上/赤色)」は、「お金を稼げるかどうか」という判断基準だけで選んだ仕事です。
⇒ポイントは、判断基準が違うだけで、どちらも「やりたい仕事」であることには変わりないということです。


お金を稼げないからと言って「やりたい仕事」としての選択肢から除外していた仕事もあるでしょう。そんな人は、「やりたいかどうか」を判断基準にした"やりたい仕事"を選びつつ、「お金を稼げるかどうか」を判断基準にした"やりたい仕事"も選ぶことを考えてみましょう。

出会い方6:やりたい仕事がない時は、世の中にある仕事を調べてみよう!

世の中には、たくさんの仕事があります。世の中にある仕事について転職エージェントや転職サイト、書籍、ネットを利用して調べてみるといでしょう。

やりたい仕事がないという場合、世の中にある仕事について知らないということが考えられます。どんな仕事があるのか、が分からなければ、やりたいかどうかも判断できません

なので、まずは世の中にある仕事について知ることから始めてみましょう。たくさんの仕事を知るようになると、1つ1つの仕事について評価することができるようになります。

出会い方7:やりたい仕事がない時は、「やりたくない仕事」を明確にしてみよう!

やりたい仕事が思い付かないなら、やりたくない仕事について考えてみることです。やりたくない仕事だと、意外とハッキリとしている方も多いものです。

あなたは、どんな仕事はやりたくないですか?

この質問に対して、しっかりと答えられるくらい、やりたくない仕事について明確にしておきましょう。そうすると、やりたい仕事が分かってきます。

なぜなら、「やりたくない仕事の反対が、"やりたい仕事"である」という発想もできるようになるからです。

やりたくない仕事を明確にした上で、その反対を考えてみる。そうすると、やりたい仕事が見えてきます。

出会い方8:「仕事に求めること」を明確にしてみよう!

自分が仕事に対して求めていることを知ることで、やりたい仕事と出会える可能性が高くなります。お金、やりがい、充実感、楽しさ、労働環境など、あなたが仕事に求めていることを考えてみましょう。

やりたい仕事がないという方は、自分が仕事に求めていることを理解していないこともあると考えられます。仕事に求めていることが分からなければ、やりたい仕事も見えてきません。

あなたは、仕事に何を求めていますか?

この質問に対する答えを、書き出してみましょう!

出会い方9:やりたい仕事がないなら、新しい仕事を作ってしまおう!

もし「今ある仕事は、どれもやりたくない」と思ったのなら、新しい仕事を作るという選択肢もあります。

やりたい仕事に就きたいという方は、新しい仕事を作るということを考えてみましょう。

「やりたい仕事」かつ「新しい仕事」を考えている中で、自分が仕事に求めていることが分かってきます。そうなってきたら、自分が仕事に求めていることが既存の仕事で満たされるなら、それで良し。

反対に、自分が仕事に求めていることが既存の仕事で満たされないなら、やはり新しい仕事作りにチャレンジする必要があるということが分かります。

「好きなことを仕事にするための4つのプロセス」では、好きなことを仕事にしていくための方法を動画で解説しています。LINE@登録後にすぐに受け取れるので、そちらも参考にして下さい。

⇒好きなことを仕事にするための方法を動画で学ぶ!

出会い方10:本当にやりたい仕事は、体験してみて初めて分かる!

"本当にやりたい仕事"を見つけるには、体験してみるしかありません。やったこともない仕事に対しては、「好きかどうか」で判断できないので、始めは「やりたいかどうか」で選びます。

ですが、この時の「やりたいかどうか」は、正確に言うと「やってみたいかどうか」です。

なので実際に、その仕事をやっていると、「やってみたいと思って選んだ仕事だけど、やってみると違った!」ということも起こる可能性があるわけです。

なので、「今後も続けていきたい」と思えるような"本当にやりたい仕事"というのは、体験してみないことには分からないのです。

なので、最もやってみたいと思った仕事から順番に体験していくことです。最もやってみたいと思った仕事を体験してみて、一発で「今後も続けていきたい」と思えるような"本当にやりたい仕事"だったなら、ラッキーです。

まとめ ~やりたい仕事がない原因とは?~

やりたい仕事がない原因として、「1.知っている仕事の数が少ない」「2.自分の本音と向き合えていない」「3.仕事選びの判断基準が定まっていない」「4.まだ経験したことのない仕事なので、ピンとこない(判断できない)」といったことが考えられます。

実は、この記事で紹介した10個の出合い方は、上記の問題を様々な角度から解決するための方法でした。なので、10個の出会い方を実践すれば、おのずと問題が解決され、やりたい仕事が分かってくるようになっています。

まずは、あなたが取り組んでみたいと思ったことから実践してみて下さい。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事