計画性がない人の改善法11選と計画力を高めるツール3選を一挙紹介!

計画性がないということで悩んでいませんか?また子供や部下が計画性がないということで悩んでいませんか?

この記事では、計画性がないを改善する方法をご紹介します。

この記事でご紹介する方法は、自分の計画性のなさを改善するのにも役立ちますし、他人の計画性のなさを改善するのにも役立ちます

ということで、計画性がないを改善する方法についてご紹介していきます。

計画性がない原因

まず、そもそも、なぜ計画性がないのでしょうか?その原因はいくつかあります。

  1. 経験が足りない。
  2. 知識が足りない。
  3. 想像が足りない。

人間は経験することで、どんな準備をして、各作業にどれくらいの時間がかかって、どんな障害が発生する可能性があるのかを学びます。

ですが、経験がないと自分の中にデータがないので、未来をシミュレーションして、計画を立てることができません

では、経験がないと計画できないのかというとそうではありません。人間は経験のなさを知識で補います。知識というデータによって、将来を予測するわけです。

では、経験も知識もないと計画できないのかというと、そうでもありません。人間は想像によって将来を予測しようとします。

ということは、計画性がない原因は、「経験不足」「知識不足」「想像不足」だということです。

では、計画性を向上させるにはどうすればいいのか?

知識を増やすこと、経験を増やすこと、十分に想像することです。では、具体的にどうすれば計画性がないのを改善できるのでしょうか?

計画性がない人の改善法11選

いよいよ、計画性がない人の改善法についてご紹介します。実は、計画を立てる際の考え方やコツを知るだけでも計画性を改善することができます

なので、どうすれば計画性が身に着くのかを理解しておくことで、自分の計画性がないのも改善できますし、他人の計画性がないのも改善する方法が分かります。

1.全体像を理解するために書く。

計画性がない人は、全体像を理解できていません。どれくらいの作業量があるのか、その全体像を把握できていないから、締切に間に合わなかったり、あとで慌ててやらないといけなくなります。

なので計画性がない人は、すべての作業をリストアップすることから始めてみましょう

面倒な作業かもしれませんが、ずっと続ける必要はありませんのでご安心ください。

すべき作業をリストアップすることで、全体像を想像するトレーニングになります。なので、全体の作業量を想像できるようになってきたら、わざわざすべての作業を書く必要はありません。

ですが、ある程度の全体像を想像できるようになるまでは、トレーニングとしてすべてを書き出しましょう。

そもそも目標が定まっていない方は、以下の記事を参考にして下さい。

2.各作業にかかる時間を見積もる。

計画性がない人は、各作業にかかる時間を見積もれていないことが多いです。なので、本当はもっと余裕をもって始めなければいけないのに、作業を先延ばししてまい、後々になって慌てるといったことが起こります。

なので、全体の作業をリストアップしたら、おおよそでいいので各作業にかかる時間を見積もって下さい

予測した時間と、実際にかかった時間がズレていても問題はありません。時間を見積るトレーニングを重ねていると、おおよその作業時間を予測する精度が上がっていきますし、自分の作業スピードの理解度も高まっていきます

ということで、各作業にかかる時間を見積もることを癖付けましょう。

3.締め切りを把握する。

計画性がない人は、締切を把握していないこともあります。計画性がある人にとっては意外かもしれませんが、計画性がない人はゴール地点を把握していないこともあります。

なので、計画性がない人は、意識的に締切を把握する必要があります。

具体的に、何月何日何時までに、どういう状態にすべきなのかを明確に言語化するトレーニングを行うことで、計画性がないのを改善していくことができます。

4.制約条件をリストアップする。

計画性がない人は、制約条件を把握していないことがあります。なので、期限に間に合わなかったり、不備があった時に対応できなかったりします。

制約条件とは、時間やお金、人などのリソース(資源=使えるもの)の条件です。

子供の勉でも、大人の仕事でも、使えるものに制約があります。

その制約条件を把握しておくことで、現実的な計画を立てられるようになります。

なので、使える時間、お金、人など、条件を書き出してみましょう。これもトレーニングの1つとして、制約条件を想像する力を養うことができます。

5.必要な準備をリストアップする。

計画性がない人は、必要な準備を把握していないことがあります。

例えば、子供であれば、夏休みの宿題をするのに、自由研究で必要な粘土を買うといった準備が必要だということを把握できていなくて、慌てて買いに行くといったケースがありますよね。

大人の場合も、プレゼンをするのに、プレゼンスライドを作るだけではなく、プレゼンの際に配布する資料やサンプル、アンケート用紙などの準備が必要なことを把握していなくて、あわてて準備するといったケースもしばしば起こり得ます。

このように計画性がない人は、準備段階があること、その段階ですべきことをイメージできていないことが多いです。

なので、まずは必要な準備をリストアップしてみることです。準備のリストアップを癖づけておくだけでも、かなり計画性が向上します。

6.ペースを考える。

計画性がない人は、作業ペースをしっかりとシミュレーションできていないケースがあります。

作業ペースをシミュレーションできていないと、実際に作業に着手した時に、次第に計画と現実のズレが生じ始めます。ズレが生じること自体は当然の事なので問題ありません。

ですが、計画性がない人はシミュレーションが甘いせいで、すぐに大きなズレが生じてしまい、それによってやる気と自信を失う可能性が高いです。そして、「もうどうにでもなれ!」というふうに挫折する可能性が高くなるのです。

実際にこのようなパターンで挫折してしまったことがあるのではないでしょうか?

それを防ぐためには、期限から逆算して、1ヶ月ペース、1週間ペース、1日ペースといった分割された作業量を割り出すことです。そして実際にそのシミュレーション通りにいきそうかどうかを吟味することです。

7.事前に失敗する原因やリスクを考えてみる。

計画性がない人は、予め失敗する原因やリスクを想定していないケースが多いです。何事もなく順調に進んだ時の理想的な計画を立ててしまっているのです。

ですが現実では、上手くいかないことの方が多いです。急な予定が入ったり、体調を崩したり、モチベーションが下がったり、計画通りに進まなかったりと様々なことが起こるものです。

計画性がない人は、予めそういった失敗する原因やリスクを徹底的に考えておくことです。どんなトラブルが生じる可能性があるか?それが起こったらどうするか?、具体的に対策まで考えておきましょう。

これをするとネガティブ思考に陥ってしまう方もいると思います。その場合は、以下の記事を参考にして下さい。

8.他人の失敗を調べる。

計画性がない人は、つまづきポイントを想定し切れていないことが多いです。特に知識や経験が足りないことにチャレンジする場合はそういう状態に陥ります。

一方、計画性がある人は、知識や経験によって、つまづきポイントをいくつも理解しています。なので予め、つまづくポイントを避けるための計画や対策を立てることができるのです。

計画性がない人が、つまづきポイントを知るには、他人の失敗を徹底的に調べることです。本やネットで調べるのです。

現代では情報が溢れています。必ず、「こんなことしたら失敗するよ」と教えてくれている情報があるはずです。事前につまづきポイントを知っているだけでも、計画性が高くなります。

9.他人の意見を聞く。

計画性がない人は、他人の意見を聞いてみるのも1つの方法です。他人の意見を聞いてみることで、自分にはなかった視点で計画の良し悪しを知ることができます

ですが、他人に意見を求める時にはリスクもあります。それはあなたがやろうとしていることを否定されるリスクです。そして、他人から否定されることによって、やる気と自信を失い、挑戦することを諦めてしまうリスクです。

こうならないために意見を求める人を慎重に選びましょう。また、批判的な意見を言われても、あくまでも思考を広げるトレーニングだと思って、冷静に論理的に計画性を高めるのに活用しましょう。

もし誰に聞けばいい分からない場合は、コーチなどプロに相談するのがおすすめです。なぜなら、コーチは対人支援のプロなので、あなたのやる気と自信を高めながら、より良い計画を練る手伝いをしてくれるはずです。

10.別のプランを考えておく。

計画性がない人は、1つの計画しか立てていないケースが多いです。なので、当初の計画が思い通りにいかなかったら、やる気と自信を失って挫折してしまうことが多いです。

ですが、計画性のある人は、複数の計画を立てています。なので、当初の計画が上手くいかなかったとしても、別のプランに切り替えて、前に進むことができます。

計画性がない人は、予め複数の計画を立てておきましょう。3つほどで構いません。「もしこうなったら、次はこうする」といったプランB、プランCを用意しておくのです。

これをするだけでも計画性が高くなり、挫折する可能性が下がります。

11.計画を作り込まない。

計画性がない人は、計画を細かく作り込み過ぎてしまうケースもあります。計画は細かく作り込まない方がいいです。

なぜなら、計画通りに進むことはないから。そして、細かく計画を作り込むことで、少しでも計画とのズレが生じたら、やる気と自信を失う事に繋がるからです。

もしあなたが、1日単位で計画を立てているなら注意が必要です。1日単位でシミュレーションをしてみるのはいいですが、「毎日、英単語を20個覚える」といった計画を立ててしまうのは注意が必要です。(できない日があると、次の日からやる気を失うからです。)

計画性がない人は、細かく計画を作るのではなくて、大まかに、ゆとりのある現実的な計画を立てることです。

計画性がないを改善するツール3選

ここでは、計画性がないを改善するツールを3つご紹介します。ツールを活用する最大のメリットは、自ずと計画的に考えることができるようになることです。

なので、計画性がないを手っ取り早く改善するならツールを使うことです。

計画性がないなら、○○を書くこと!

最初におすすめするのは、『時系列表』です。やり方は簡単です。

(1)紙とペンを用意します。(2)そして、目標と期限を書きます。(3)その後は、「その期限までに目標を達成するためには、その前にどうなっていなければいけないか?」を考えて、書いていくだけです。

つまり、目標から逆算して考えていくということです。

例えば、こんな感じです。

20××年11月20日までに英単語を1000個覚える。

20××年10月中には英単語700個覚えている。

・・・

このように時系列に書くと、計画に無理があるか、余裕があるか、ちょうどいいかが見える化されます。もちろん計画に無理があるなら目標の難易度を下げるか、別の方法を考えることになります。

この方法はシンプルですが強力なので、計画性がない人に非常におすすめです。

計画性がないなら、○○を作っておくこと!

次におすすめするのは、『チェックリスト』です。計画性がない人はチェックリストを作っておくことです。

なぜなら、チェックリストの作成段階で「何をチェックすべきか」という大事なポイントを見える化し、見落としがないかを確認することができるからです。

さらに「今何をすべきか」「次に何をすべきか」が明確になるので着実に実行に移すことができます。

昔からあるシンプルなツールですが、これも簡単で効果のある方法です。計画性がないなら、チェックリストを作っておくことです。

計画性がないなら、100円で○○を買おう!

最後におすすめするのは、『カレンダー』です。最近ではカレンダーアプリを使う人が多いかもしれませんが、ここで言うカレンダーとは書き込みのできる紙のカレンダーです。

おすすめは100円ショップでも販売されている、A4サイズの持ち運びやすいカレンダーです。このようなカレンダーを目標管理ノートとして使うのです。

使い方は簡単です。

  • 目標を達成期日に書き込みます。
  • その他、目標に関係するイベントを書き込みます。
  • さらに進捗を日々書き込んでいきます。

例えば、英語の試験があるのであれば、その試験日を書き込みます。模試があるなら、それも書き込みます。そして毎日の日課(習慣タスク)を書き込んで行きます。この場合は、「英単語記憶数10個、問題回答数20」といった感じです。

このように計画性がない人でもカレンダーに書き込でいくと、時間感覚を意識しながら、日々の行動を数字によって管理できるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

計画性がない人は、ちょっとしたコツを知るだけでも計画性が高まることを感じて頂けたのではないでしょうか?

まずは1つずつでいいので、この記事で紹介した方法を実践してみて下さい。計画性がないという悩みが解消されていくことでしょう。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事