計画性がない人の改善法11選と計画力を高めるツール3選を一挙紹介!

計画性がないということで悩んでいませんか?また子供や部下が計画性がないということで悩んでいませんか?

この記事では、計画性がないを改善する方法をご紹介します。

この記事でご紹介する方法は、自分の計画性のなさを改善するのにも役立ちますし、他人の計画性のなさを改善するのにも役立ちます

ということで、計画性がないを改善する方法についてご紹介していきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

なぜ、計画性がないのか?

まず、そもそも、なぜ計画性がないのでしょうか?
その原因はいくつかあります。

  1. 経験が足りない。
  2. 知識が足りない。
  3. 想像が足りない。

人間は経験することで、どんな準備をして、各作業にどれくらいの時間がかかって、どんな障害が発生する可能性があるのかを学びます。

ですが、経験がないと自分の中にデータがないので、未来をシミュレーションして、計画を立てることができません

では、経験がないと計画できないのかというとそうではありません。人間は経験のなさを知識で補います。知識というデータによって、将来を予測するわけです。

では、経験も知識もないと計画できないのかというと、そうでもありません。人間は想像によって将来を予測しようとします。

ということは、計画性がない原因は、「経験不足」「知識不足」「想像不足」だということです。

では、計画性を向上させるにはどうすればいいのか?

知識を増やすこと、経験を増やすこと、十分に想像することです。では、具体的にどうすれば計画性がないのを改善できるのでしょうか?

計画性がない人の改善法12選

いよいよ、計画性がない人の改善法についてご紹介します。実は、計画を立てる際の考え方やコツを知るだけでも計画性を改善することができます

なので、どうすれば計画性が身に着くのかを理解しておくことで、自分の計画性がないのも改善できますし、他人の計画性がないのも改善する方法が分かります。

1.全体像を理解するために書く。

計画性がない人は、全体像を理解できていません。どれくらいの作業量があるのか、その全体像を把握できていないから、締切に間に合わなかったり、あとで慌ててやらないといけなくなります。

なので計画性がない人は、すべての作業をリストアップすることから始めてみましょう

面倒な作業かもしれませんが、ずっと続ける必要はありませんのでご安心ください。

すべき作業をリストアップすることで、全体像を想像するトレーニングになります。なので、全体の作業量を想像できるようになってきたら、わざわざすべての作業を書く必要はありません。

ですが、ある程度の全体像を想像できるようになるまでは、トレーニングとしてすべてを書き出しましょう。

2.各作業にかかる時間を見積もる。

計画性がない人は、各作業にかかる時間を見積もれていないことが多いです。なので、本当はもっと余裕をもって始めなければいけないのに、作業を先延ばししてまい、後々になって慌てるといったことが起こります。

なので、全体の作業をリストアップしたら、おおよそでいいので各作業にかかる時間を見積もって下さい

予測した時間と、実際にかかった時間がズレていても問題はありません。時間を見積るトレーニングを重ねていると、おおよその作業時間を予測する精度が上がっていきますし、自分の作業スピードの理解度も高まっていきます

ということで、各作業にかかる時間を見積もることを癖付けましょう。

3.締め切りを把握する。

計画性がない人は、締切を把握していないこともあります。計画性がある人にとっては意外かもしれませんが、計画性がない人はゴール地点を把握していないこともあります。

なので、計画性がない人は、意識的に締切を把握する必要があります。

具体的に、何月何日何時までに、どういう状態にすべきなのかを明確に言語化するトレーニングを行うことで、計画性がないのを改善していくことができます。

4.制約条件をリストアップする。

計画性がない人は、制約条件を把握していないことがあります。なので、期限に間に合わなかったり、不備があった時に対応できなかったりします。

制約条件とは、時間やお金、人などのリソース(資源=使えるもの)の条件です。

子供の勉でも、大人の仕事でも、使えるものに制約があります。

その制約条件を把握しておくことで、現実的な計画を立てられるようになります。

なので、使える時間、お金、人など、条件を書き出してみましょう。これもトレーニングの1つとして、制約条件を想像する力を養うことができます。

5.必要な準備をリストアップする。

計画性がない人は、必要な準備を把握していないことがあります。

例えば、子供であれば、夏休みの宿題をするのに、自由研究で必要な粘土を買うといった準備が必要だということを把握できていなくて、慌てて買いに行くといったケースがありますよね。

大人の場合も、プレゼンをするのに、プレゼンスライドを作るだけではなく、プレゼンの際に配布する資料やサンプル、アンケート用紙などの準備が必要なことを把握していなくて、あわてて準備するといったケースもしばしば起こり得ます。

このように計画性がない人は、準備段階があること、その段階ですべきことをイメージできていないことが多いです。

なので、まずは必要な準備をリストアップしてみることです。準備のリストアップを癖づけておくだけでも、かなり計画性が向上します。

6.ペースを考える。

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事