文章構成おすすめ10選!用途別に真似て書くだけの文章の構成を解説!

文章構成を学びたいと思っていませんか?もし、あなたが文章の構成について知りたいのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

なぜなら、この記事では、

  1. コピーライター(私)が
  2. 用途に合わせて使えるように
  3. 多くの文章構成をまとめて
  4. 解説しているからです。

この記事の特徴は、文章構成について、「どうやって使えばいいのか」使い方と、「どの文章構成を使えばいいのか」選び方とを解説しているところです。

文章構成の学び方として絶対にやってはいけないことは、文章の構成だけを学んで、その使い方と、選び方を学ばないことです。なぜなら、「いつ(選び方)」「どのように(使い方)」、文章構成を活用すればいいのかが分からなければ、文章構成を使いこなせないからです。

ということで、この記事では、使い方はもちろん選び方もきちんと解説していきます。なので、この記事を文章作成の際のアイデア集として活用して頂ければと思います。

(さっさと、文章構成だけを知りたいという方は、第2章の『絶対に覚えておきたい文章構成10選』からお読みください。)

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

文章の構成を学ぶ3つのメリット

さて、これから文章の構成について学んでいくわけですが、文章構成を学ぶメリットを理解しているでしょうか?

念のため、文章の構成を学ぶメリットについて解説させてください。

さっさと、文章構成が知りたいという方は、第2章の『絶対に覚えておきたい文章構成10選』からお読みください。

文章の構成を学ぶメリットは3つあります。

  1. 文章力が上がる
  2. 早く書ける
  3. 成果が出る

【1】文章力が上がる~文章力を上げたい人必見~

もっと文章力を上げたい!そんな方こそ文章構成を学んで下さい。なぜなら、文章構成を学ぶことで、読みやすい文章の流れを再現できるからです。

ゼロから自分で文章構成を考えるよりも、すでに効果的だとされている文章構成に当てはめて書くことによって、良い文章が書きやすくなります。

読ませたい!
説得力を高めたい!
行動させたい!
商品・サービスを売りたい!

そんなふうに思うなら、適切な文章構成を選び、適切な使い方をすれば、実現できます。

【2】早く書ける~文章を早く書きたい人必見~

文章をもっと早く書きたい!そんな人は、文章構成について学びましょう。なぜなら、文章構成に当てはめていくことで、文章をスラスラ書けるようになるからです。

文章を書くのに時間がかかってしまうのは、「何を」「どんな順番で」書けばいいかを考えなくてはいけないからです。

ですが、文章構成を学んでおけば、あとはその文章構成に必要なパーツを集めていくだけです。そして、パズルのように適切な箇所にパーツを入れていくことで、より早く文章を書けるにようになります。

【3】成果が出る~人を動かしたい人必見~

人を動かしたい!そう思う人は、絶対に文章構成を学んでおきましょう。なぜなら、文章構成を学ぶことで、人の心を動かす文章が書けるようになるからです。

人を動かすには、人の心を動かす必要があります。そのためには、人の心を動かすためのルール(=心理法則)があります。そのルールを考慮して、パターン化したものが文章構成です。なので、文章構成を真似ることで、人の心を動かす文章が書けるようになります。

説得したい!
行動させたい!
売りたい!

そんな時こそ、文章構成が役立ちます。

 

いかがでしたか?ライティングスキルとして文章構成を学んでおくことは、ビジネスパーソンにとっては武器になることがご理解頂けたかと思います。

この機会に、より早く、より効果的な文章を書くために、文章構成を頭に入れておきましょう。

絶対に覚えておきたい文章構成10選

ここから文章構成をご紹介していきます。文章構成の使い方はもちろんですが、どんな時に使えばいいのかが分かるように「目的」「シーン例」「メディア例」「選定基準」という4つの項目を設けています。

目的は、「伝える」「誘導する」「売る」という3つに分類しています。

ご自身の目的や用途に合わせて、適切な文章を選び活用頂ければと思います。

それでは、1つずつ解説してきます。

SDS法

SDS法は、最もシンプルな文章構成です。そのため、文章を簡潔にまとめることができます。非常にシンプルな構成なので、結論(主張)が読み手の記憶に残りやすい文章が作れます。

SDS法は、「概要(Summary)」「詳細(Details reason)」「まとめ(Summary)」の英語頭文字を取ってきた表記です。

概要
(Summary)
最初に、内容の概要や主張を書きます。

例)文章を簡潔に書きたいならSDS法を使うべきです。

詳細
(Details reason)
次に、概要や主張の詳細について書きます。

例)なぜなら、SDS法が最もシンプルな文章構成だからです。

まとめ
(Summary)
最後に、もう一度、主張を書きます。

例)なので、結論を相手の記憶に残したいならSDS法を使ってください。

参考
■目的
伝える
■シーン例
文章で情報を伝える
ブログやSNSを書く
プレゼンする
■メディア例
ブログ
HP
SNS
プレゼン
資料

メール

■選定基準
簡潔に伝えたい時や、相手の頭の中に1つのメッセージを残したい時に使用するのがおすすめです。

PREP法

PREP法は、ビジネス文章として鉄板の文章構成です。シンプルな構成で、説得力の高い文章を書くことができます

PREP法は、「結論(Point)」「理由(Reason)」「具体例(Example)」「再結論(Point)」のそれぞれの英語頭文字を取ってきた表記です。

結論
(Point)
最初に結論を伝えます。

例)説得力の高い文章を書きたいなら、PREP法を使ってください。

理由
(Reason)
次に、結論の理由を書きます。理由を書くことで、結論の説得力を高めます。

例)なぜなら、PREP法は、説得力の高い文章を書けることで有名な文章構成の1つだからです。

具体例
(Example)
続いて、具体例を示します。具体例を書くことで説得力をさらに強めます。

例)例えば、ある有名ニュースサイトでは文章構成の基本パターンとしてPREP法を使うことをライターに推奨しています。

再結論
(Point)
最後に、結論をもう一度書いてまとめます。最後にもう一度、結論を頭に入れてもらいます。

例)なので、文章の基本構成として、PREP法を使うことをおすすめします。

参考
■目的
伝える
■シーン例
文章で情報を伝える
ブログやSNSを書く
プレゼンする
■メディア例
ブログ
HP
SNS
プレゼン
資料
■選定基準
簡潔で説得力の高い文章が必要な時におすすめの文章構成です。話をまとめるのが苦手な方や、ライター初心者にもおすすめです。ビジネス文章の基本として覚えておくといいでしょう。

Whole Part法

Whole Part法は、並列する項目が複数ある時に分かりやすく伝える文章構成です。実際によく使われている文章構成なので、書籍やテレビなど、様々なところで目にすることがあると思います。

Whole
(全体像)
まずは、全体像について書きます。

例)文章構成について学ぶメリットは3つあります。

Part
(各パート)
次に、並列する項目を1つずつ書いていきます。ちなみに、この記事の第1章『文章の構成を学ぶ3つのメリット』もWhole Part法を用いて書いています。

例)その理由の1つ目が、~です。2つ目の理由が、~です。3つ目の理由が、~です。

Whole
(結論)
最後は、結論を書きます。

例)この3つの理由から、ビジネスパーソンは文章構成について学ぶべきです。

参考
■目的
伝える
■シーン例
文章やプレゼンで複数ある項目を分かりやすく伝える
■メディア例
ブログ
HP
プレゼン
資料
LP
メール
■選定基準
言いたいことが複数ある時におすすめです。「3つ理由があります」「3つポイントがあります」「言いたいことが3つあります」など、いろいろな言い方ができます。

PARLの法則

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事