勇気を出す方法とは?誰でもできる人生を変える勇気の出し方11選

勇気を出す方法を知っているか知っていないかで、人生は大きく変わります。

なぜなら、恋愛、留学、仕事、転職、副業、起業など人生のあらゆるシーンで勇気が必要になることがあるからです。

勇気がないと現状維持してしまう。自分が傷つかないように守りに入ってしまう。そうすると、チャンスは掴めません。現状も変わりません。本当に望むものは手に入りません。

勇気があるかないかが、私たちの人生を左右していると言ってもいいかもしれません。

そこで、この記事では、

  1. 日頃、仕事や人生の相談を受けているコーチ(私)が
  2. 人生を変えていける人になるために
  3. 勇気を出すための心理術をご紹介します。

この記事の特徴は、誰にでもできる勇気の出し方をご紹介しています

なので、もしあなたが勇気が欲しいと思っているのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。必ず、勇気を出すことができるようになります。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

勇気とは

まずは、勇気とは何なのか?そこから解説させて下さい。なぜなら、勇気の仕組みを知っていることで、勇気を出すにはどうすればいいのかが理解できるようになるからです。

実は、勇気というのは、意図的に出すことが出来るようになるものです。

なので、生まれつき臆病な性格だからといって諦める必要はないということです。どんな人であっても勇気を身に着けることができるのです。

勇気の正体 ~勇気を表す公式~

では、勇気とは何なのでしょうか?

勇気とは、恐怖を感じる状況に立ち向かおうとする意思・態度のことです。

そして勇気には、「恐怖心」と「行動力」の2つの要素が関係しています。

つまり、恐怖心を強く感じるほどブレーキがかかりますし、一方で行動しようとする意思が強ければ強いほど勇気を出しやすくなります

勇気を式で表すなら、「勇気=行動力-恐怖心」と言えます。行動力が恐怖心よりも少しだけ上回っていれば、勇気を出すことができるとうわけです。

言い換えると、勇気とは行動力と恐怖心のバランスで決まる意思・態度のことだと言えます。

勇気を出してチャンスを掴む人、破滅する人

そして勇気にも、正しい勇気と、間違った勇気があります。

この違いを理解せずに、「勇気を出して一発逆転を狙うんだ!」と言って、身を滅ぼしてしまう人がいますので絶対に正しい勇気について理解しておいて欲しいと思います。

間違った勇気は、無駄に身を危険にさらし、大きな損害をもたらす可能性を高めてしまいます。つまり、間違った勇気は、ただの「無謀」だということです。

一方、正しい勇気は、人生にチャンスをもたらし、人生がより良くなる可能性を高めてくれます

では、勇気と無謀の違いは見極めるにはどうすればいいのでしょうか?

正しく勇気を出す方法

正しく勇気を出すためには、次の3つの条件について考えてみることです。

  1. リスクを把握しているか?
  2. 価値ある目的のためか?
  3. チャンスをもたらすか?

1つずつ解説していきます。

条件1:リスクを把握しているか

まず正しく勇気を出すための1つ目の条件は、リスクを把握していることです。リスクを把握していない行動は、無謀ということになります。無駄に自分の身を危険にさらし、失敗する可能性を高めてしまいます

例えば、リスクを把握せずに、いきなり川や海に飛び込むことを想像してみて下さい。かなり危険な行為だということが分かると思います。

そういった行為を誰も、勇気とは言わないでしょう。

勇気とは、リスクを把握した上で、恐怖を感じる状況に立ち向かおうとするからこそ勇気と言えます。

「どんなリスクがあるか?」と考えることで、勇気と無謀を見極めましょう。

条件2:価値ある目的のためか?

正しく勇気を出すための2つ目の条件は、価値ある目的のためかどうかです。

逆に言えば、価値ある目的がないのに危険を冒すことは、間違った勇気と言えます。まさに、ただの「無謀」「無茶」です。

なので、価値ある目的とは関係ないことなのに、自分には勇気がないと思っているのであれば、それは間違いだということです。

なぜなら、価値ある目的ではないことに勇気を出す必要はないからです。正しい勇気ではありません。

価値ある目的のための勇気かどうかを考えることで、勇気と無謀を見極めることが大切です。

条件3:チャンスをもたらすか?

正しく勇気を出すための3つ目の条件は、チャンスをもたらすかどうかです。チャンスをもたらさないことに勇気を出してしまうと、無駄に身を危険にさらし、失敗してしまう可能性を高めてしまいます

例えば、多額の借金をして起業するというケース。きちんとリスクを計算した上で、お金の使い道が明確で、事業にとってプラスになるという結論に至ったのであればいいでしょう。ですが、何となくたくさんお金が必要そうだからお金を借りたという場合は非常に危険です。

同じ行為でも、戦略や計画、勝算があるのであればチャンスを掴むための勇気と言えますが、なければ無謀と言えます。

このようにチャンスをもたらすかどうかで、勇気と無謀を見極めることができます。

 

いかがでしたでしょうか?つまり、正しい勇気とは、①きちんとリスクを計算し、②価値ある目的のために、③チャンスを掴みに行くことです。

これらの3つの条件が1つでも欠けてしまうと、危険性や失敗するリスクを無駄に高めてしまいます。なので、この3つの条件に当てはまっているかどうかを考えるクセを身に着けておきましょう。

勇気を出す方法11選

それでは、いよいよ勇気を出す方法について解説していきます。

  • 第一志望のあの人に告白するための勇気が欲しい!
  • 留学するための勇気が欲しい!
  • 嫌な仕事を断る勇気が欲しい!
  • 嫌な人間関係を断ち切る勇気が欲しい!
  • 転職する勇気が欲しい!
  • 起業するための勇気が欲しい!

「断る」「自分の本音に従う」といったことは人生の質を上げるためには必要なことだけど、勇気がいりますよね。

ですが、これから紹介する方法を1つでも多く実践すれば、勇気を出せるようになります。

なので、すべての勇気を出す方法をマスターするつもりで、読み進めて頂ければと思います。

【1】一瞬で臆病者から勇者になる方法

自分のことを臆病者だと思っていませんか?そんな人が、簡単に勇気のある人間になる方法をご紹介します。

その方法は、「自分は勇気がない」と思うことを辞めることです。

先ほども書いた通り、生まれつき臆病な性格であっても勇気を身に着けることは可能です。字や歌、スポーツ、ゲーム、コミュニケーションに上手い下手があるように、勇気を出すことにも上手い下手があるだけです。

なので、勇気の出し方を学ぶことで、勇気は身に着きます。勇気がないのではなく、勇気の出し方を知らないだけということです。

だからこの瞬間から「自分には勇気がない」「自分は臆病な性格だ」と思うのは止めましょう。

【2】どんどん勇気が育つシンプルな方法

勇気がなくても、頑張らずに行動できるようになる方法があります。その方法が、スモールステップ行動を行うことです。

スモールステップ行動とは、小さな行動に細分化して、ステップバイステップで行動していく方法です。

例えば、起業するのが怖いのであれば、まずは起業に関する本を読むといったことから始めてみてもいいかもしれません。

転職するのが怖いのであれば、とりあえず退職届を書くだけ書いてみることから始めてもいいかもしれません。

とにかく、いきなり大きな行動を起こそうとせずに、小さな小さな行動から1つ1つ「できた」を積み重ねていきます

現状において勇気を出すことができる範囲内で行動していけば、無理なく行動を起こせますし、勇気を育てていくことができます。

かなり強力なので、ぜひやってみて欲しいと思います。

恐怖心を勇気に変える裏ワザ

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事