メンタルを強くする技術17選!本気でメンタルを強くするならコレ!

メンタルを強くするというのは、実はちょっとした脳と心の使い方を知り、日頃から意識するだけで十分に可能です。なので、もしあなたが本気でメンタルを強くするための方法を学びたいと思っているので、この記事を最後まで読んでください。

なぜなら、この記事では、

  1. 仕事や人生の相談を受けているコーチ(著者)が
  2. 仕事やスポーツ、人間関係などで
  3. メンタルを強くする方法をたくさん紹介している

からです。

この記事だからこそ学べることは、実際にプロコーチが実践しているメンタルを強くする方法です。

プロコーチがやっているからと言って難しいことではありません。実は今日から誰でも始められる簡単な方法ばかりです。

もちろんこれから紹介する技術を習慣化すれば、よりメンタルを強くすることが可能です。

ということで、メンタルを強くする方法について解説していきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

そもそもメンタルを強くするのは可能か?

まずそもそもメンタルを強くするのは可能かどうか。あなたもこの疑問を持っていませんか?

その答えは、メンタルを強くすることは可能だということです。

なぜなら、脳と心の特性を理解し、ちょっとしたコツや習慣を身に着けるだけで、メンタルを変えることが可能だからです。

メンタルを強くする方法を知っているか知らないか、たったそれだけの違いでメンタルの強さ・弱さが決まるとも言えます。

なので、もしあなたが不安を感じやすい怖がり凹みやすいストレスを抱えがちといったメンタルの弱さを自覚していたとしても安心して下さい。問題ありません。

これから紹介する技術を身に着けていくことで、メンタルを強くすることができます。

メンタルを強くする技術17選

これからメンタルを強くするための技術をご紹介していきます。これから紹介する方法は、実際に私も実践している方法です。

なので、これから紹介する技術を1つでも多く取り入れてもらえたなら、あなたのメンタルはどんどん強くなっていくでしょう。

ということで、さっそく1つずつご紹介していきます。

メンタルを強くする技術1:ストレスでメンタルを強くする

実は、ストレスにはメンタルを強くする効果があります。つまり、ストレスを感じるとメンタルが強くなるということです。なので、ストレスを感じている時は、「メンタルが強くなっているぞ!」と思うことです。

筋肉を強くするにも筋肉痛というストレスがあります。メンタルを強くするにも不安や恐怖、緊張といったストレスがあるということです。

この考え方は心理学では「ストレス免疫」と呼ばれています。ストレス免疫とは、ストレスを感じると、脳と心がその経験を学習し、次に同じようなストレスを感じた時に対処する方法を学ぶ心理機能のことです。

実際、ストレス免疫をつけるために、宇宙飛行士や救急隊員などは強いストレス環境下で任務を果たす訓練を行っています。

不安や恐怖、焦りといったストレスを感じる経験を積むことで、ストレス免疫がつき、同じ状況下でも本来のパフォーマンスを発揮できるようになるというわけです。

なので、不安を感じたら、緊張したら、凹んだら、「メンタルが強くなっている!」と思いましょう。実際に強くなっていますから!

メンタルを強くする技術2:可能性に目を向ける

不安になったり、焦ったり、落ち込んでいる時は、ネガティブな部分にばかり意識がいきがちです。どこに意識を向けるかによってメンタルは変わります。

不安や焦りを感じたり、落ち込んだ時こそ、可能性に目を向けましょう。つまり、ネガティブなところばかり見るのは不公平なので、ポジティブな部分にも目を向けましょうということです。

そうすると意外と、ポジティブな要素も多いことに気づけます。

ネガティブになったらポジティブにも意識を向ける。そうして、ただ自分の頭や心がスポットライトを当てているところを少し変えるだけです。たったこれだけのことですが、習慣化すると、メンタルを強くすることができます。

メンタルを強くする技術3:コントロールできることに集中する

メンタルを強くするには、コントロールできることに集中することです。人生には、コントロールできることと、コントロールできないことがあります。

コントロールできることは、自分です。自分の考え方、選択、行動はコントロールできます。一方、コントロールできないことの代表例は、他人です。他人はコントロールできません

なので、コントロールできないことをコントロールしようとするとストレスを感じてしまいます。なぜならどうにもできないからです。

なので常に、「それはコントロールできることか、コントロールできないことか」を見極めて生きることです。

メンタルが強い人は、コントロールできることにだけ集中しています。一方、メンタルが弱い人は、コントロールできないことに必死になって、不安や怒りを感じ、一喜一憂して疲弊してしまっています。

ということで、今日からコントロールできることを見極め、そこにあなたの時間と労力を集中させましょう。それだけでメンタルを強くすることができます。

メンタルを強くする技術4:妄想を止める

メンタルを強くするには、妄想を止めることです。妄想を止めることで、不安や劣等感などの感情を鎮めることができます。

なぜなら、不安や劣等感は妄想によって生み出される感情だからです。

不安は、ネガティブな未来を妄想するから不安を感じます。劣等感は、頭の中で誰かと比較勝負を挑み、妄想しているからこそ劣等感を感じます。どちらも頭の中の妄想を止めてしまえば、不安も劣等感も感じなくなります。

このように「プレゼンが上手くいくだろうか」「あの人からLINEの返信が来ないのは嫌われてしまったからなんじゃないだろうか」「失敗したらどうしよう」というように妄想し続けるのは止めましょう。

妄想はほどほどにしておいて、途中で止めることです。そして今自分ができることに集中することです。

(1)まずネガティブな感情になったら妄想している自分に気づく(2)妄想を止めて今自分ができる行動に一生懸命になること。これを練習すると、本当にメンタルを強くすることができるのでおすすめです。

不安や劣等感については、以下の記事にも記載しているので、ぜひそちらも参考にして下さい。

メンタルを強くする技術5:最悪を想定する

簡単にメンタルを強くするなら、最悪を想定することです。不安や緊張、恐怖、焦りを感じた時に、あえて最悪の未来を想像してみるのです。

そして、もしその最悪な未来が本当に起こったとしたらどう対処するか考えるのです。できれば、できるだけ多くの選択肢を書き出してみることです。

これは非常に効果があります。

なぜなら最悪の事態を想定して、それに備えておくことで、それ以下の悪い事態を許容する力が高まるからです。

なので、ネガティブな感情を感じた時はもちろん、何か計画を立てる時も、最悪もケースを想定しておきましょう。たったそれだけでも十分にメンタルを強くすることができます。

そして最後にこれだけは覚えておいて下さい。

「もしも・・・」が起こることはほとんどないということです。特に最悪のケースが本当に実現する可能性は低いでしょう。

例えば、あなたの人生の中で、自分が思っていた最悪の事態が現実に起こったことがいったい何回あるでしょうか。あったとしても数回程度ではないでしょうか。

むしろ想定していなかった悪い事態が起こったケースの方が多いのではないでしょうか。あるいは想定していなかった良い事態が起こったケースの方が多いのではないでしょうか。

そうです。やっぱり妄想は妄想で終わることの方が多いんです。

メンタルを強くする技術6:完璧主義をやめる

メンタルを強くするには、完璧主義をやめることです。完璧主義は、理想と現実のギャップに敏感に反応し、ストレスを感じさせやすくなります。

なので、仕事でもスポーツでも完璧主義の人は、思い通りにいかないとすぐにイライラしたり、不安になったり、メンタルを崩してしまいがちです。

そうならないためには、完璧主義を止めるだけです。

完璧主義ではなく最善主義になりましょう。最善主義とは、目の前のことに集中し、今できるベストを尽くせれば良しとする考え方です。

仕事でも、スポーツでも、恋愛でも、とにかく今できるベストを尽くせればそれで良しとしましょう。そうやって目の前のできることに集中することです。

完璧主義になって理想が実現していないからといってメンタルを不安定にするよりもずっとずっと生産的ですし、理想に近づけます。

ということで今日から完璧主義を止めて、最善主義になりましょう。それだけでもメンタルを強くすることができます。

メンタルを強くする技術7:自己否定をやめる

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事