セルフトークのやり方11選!人生を変える言葉の技術 セルフトークとは?

セルフトークとは、何なのか?セルフトークとは、人生を変える言葉の技術です。もし、あなたがビジネスパーソンやスポーツ選手、受験生であれば、セルフトークを身に着けておくべきです。

なぜなら、セルフトークは、ビジネスパーソンからスポーツ選手、受験生まで結果を出したいすべての人に知っておいて欲しい技術だからです。

この記事では、

  1. 人の能力を引き出す専門家の私(コーチ)が
  2. セルフトークの技術を使って
  3. 仕事やスポーツ、勉強で成果を出す方法を解説します。

セルフトークは、目標達成だけではなくて、人間関係や恋愛にも使える非常に優れた技術です。なので、セルフトークは人生を変える言葉の技術といっても過言ではありません。

それでは、セルフトークについて解説していきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

セルフトークとは~なぜ、人生が変わるのか?~

セルフトークとは、心の中のつぶやきのことです。私たち人間は、1日に4万回から6万回くらい心の中で呟いていると言われています。物凄い数ですよね。これだけの数のつぶやきが、ネガティブなものだったとしたら…。明らかに、良くないですよね。

なんとなく、セルフトークの重要性を実感して頂けたと思うのですが…。

なぜ、セルフトークが重要かというと、私たち人間は言葉によって感情や行動が影響を受けるからです。

どういうことかというと、人間は、ある刺激(=何かしらの出来事)に対して、言葉を使って認識し、思考します。その結果、どのような認識や思考かによって、感情と行動が違ってくるということです。

例えば、ミスをした時。ミスしたことをどう認識し、思考するかで、その後の感情と行動が変わります。

つまり、セルフトークをコントロールすることによって、認識や思考を変えることができれば、感情や行動も変わるということです。

セルフトークで人生が変わるメカニズム

セルフトークで人生が変わるメカニズムはこうです。

セルフトークを変える→感情と行動が変わる→結果が変わる→人生が変わる

もう少し簡略化すると、「セルフトーク→パフォーマンス→成果」というように影響が及ぼされていくということです。

セルフトークは、自分の能力を最大化してくれます。なので、仕事やスポーツ、勉強はもちろん、人間関係や恋愛でも非常に有効なスキルと言えます。

セルフトークのやり方11選

それでは、セルフトークの具体的なやり方についてご紹介していきます。これから紹介するのは、すぐに使えるセルフトークのやり方です。

かなり効果があるものを厳選しましたので、ぜひすべてをマスターして、仕事やスポーツ、勉強、人間関係、恋愛に活かしてほしいと思います。

セルフトーク技術1:まずセルフトークをメモする

まずは自分のセルフトークに気づくことです。自分のセルフトークに意識を向けることを日々の習慣にしてみて下さい。そのために、セルフトークをメモする習慣をつけましょう。

ネガティブなセルフトークや、気になったセルフトークをメモするだけで十分です。

そうやって、セルフトークに気づき、記録するのは、非常に非常に重要な技術です。

なぜなら、セルフトークに気づけないと、コントロールできないからです。

例えば、セルフトークに気づけないと、知らぬ間に、ネガティブなセルフトークが暴走し続けてしまいます。実際に、セルフトークというテクニックを知らないが故に、自分のセルフトークを暴走させている人は多いと思います。

なので、今、自分がどのようなセルフトークをしているのか?を常に意識しましょう。

自動的にセルフトークに意識を向けるコツとしては、冷蔵庫やスマホ、ドア、トイレ、PCなどの普段目にする場所に「今、どんなセルフトークしてる?」と張り紙やメッセージが出るようにしておくことです。そして、ネガティブなセルフトークであえれば、メモとして記録を残しておくようにしましょう。

そうすれば、自然と意識できるようになっていきます。

セルフトーク技術2:ネガティブからポジティブに変える

セルフトークに気づけるようになったら、ネガティブなセルフトークを、ポジティブなセルフトークに変えるように練習してみましょう。

やり方は、簡単です。

例えば、「失敗→経験」「ミス→改善機会」「しんどい→トレーニング」「不安→挑戦」「緊張→戦闘モード(集中モード)」というように言葉を言い換えます。

ここでは、単語単位で例を挙げましたが、文章単位で言い換えても構いません。

例えば、「失敗したらどうしよう。→失敗は経験になる。」「どうせ上手くいかないんじゃないか。→上手くいくかどうかは自分次第。」というように。

ここでのポイントは、ネガティブな感情が、フラットに、あるいはポジティブになるまで、自分にしっくりくるポジティブセルフトークを当てはめていくことです。

そのためにも、まずはネガティブなセルフトークをメモしておくことが大切です。

セルフトーク技術3:本当はどうしたいの?と自分に聞いてみる

私たちは時に、自分の方向性が分からなくなってしまったり、悩み続けてしまうことがあります。それは、「出口」が見えていないからです。

そんな時は、「本当はどうしたいの?」と自分に問いかけてみましょう。

自分がどうしたいのかを問うことで、自分が望んでいる方向性が明確になります。

セルフトーク技術4:セルフトークを増やす

ここから本格的なセルフトークの技術について解説していきます。その1つが、「セルフトークを増やす」です。

これはどういうことかというと、新しいセルフトークや、別視点のセルフトークを考えてみるということです。

これはあらゆるシーンで使えます。悩んでいる時、問題解決力を高めたい時、発想力を高めたい時、人間関係が上手くいかない時など。

人は、視点が凝り固まってしまうことが多いです。そのため、視野狭窄に陥ることで、柔軟な考え方ができずに、悩み続けてしまったり、アイデアが出てこなかったり、人間関係ですれ違いが起きやすくなります。

だからこそ、「セルフトーク=視点」を増やすことで、考え方を柔軟にします。

「そういう考え方があるんだぁ」「こういう考え方もあるよね」というように視点(=セルフトーク)をとにかくたくさん増やしていくことで頭を柔軟な状態にするのです。

セルフトーク技術5:客観的セルフトークをする

客観的セルフトークは、もし自分と同じような人がいた時に、自分が何と声をかけるかを想像しながら行うセルフトークです。

例えば、自分がミスをして失敗してしまった。そんな時に、自分だったら、その人にどういう声をかけるだろう?と客観的に考えてみます。

別の例を挙げるなら、恋愛が上手くいかない時。そんな時に、自分だったら、その人にどういう声をかけるだろうと客観的に考えてみます。

そうやって、自分を客観視することで、適切なセルフトークができるようになる技術が客観的セルフトークです。

まるで自分がカウンセラー、コーチ、コンサルタントになったつもりで、自分自身を客観的にみて、声掛けをしてみて下さい

セルフトーク技術6:偉人のセルフトークをコピーする

悩んでいる時や、問題解決力を高めたい時には、偉人のセルフトークをコピーするのもおすすめです。

偉人のセルフトークをコピーするというのは、「もし○○さんであればどう考えるだろうか?」と、周囲の優秀な人や著名人、偉人になったつもりで思考してみるということです。

そうすることで、新しい視点が得られます。

予め、模倣する人を5人くらい決めておいてもいいでしょう。自分の周囲で優秀な人、著名人、偉人など、それぞれ立場の違う人や、専門分野の違う人を複数人ピックアップしておいて、悩んだ時や、問題解決が必要な時に、彼らの思考を真似てみるのです。

セルフトーク技術7:不安や悩みを先延ばしにする

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事