チャンスをつかむ10の方法!チャンスをつかむ人、逃す人の違いとは?

チャンスをつかむにはどうすればいいのか?この記事では、プロコーチがチャンスをつかむ方法について解説します。

世の中には、チャンスをつかむ人と、いつもチャンスを逃してしまう人がいます。

チャンスをつかめるかどうかは、仕事、恋愛、結婚、人間関係、転職、収入など、様々なところに影響を与えます

チャンスを逃してしまう人は、いつも知らず知らずのうちに損してしまいます。重要なポイントは、“知らず知らずのうちに”というところです。

チャンスを逃してしまう人というのは、チャンスを逃していることにも気づけていないことが多いです。だから、チャンスをつかめる人と比べると、大きな差になってしまいます。

この記事を読むことで、“チャンスを逃す人”から“チャンスをつかむ人”に変わるためのヒントを得て欲しいと思います。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

チャンスをつかむ人、逃す人の違いとは?

まずはチャンスをつかむ人と、逃す人の違いについて解説します。違いを知っておくことで、チャンスを逃す行動を避け、チャンスをつかむことができるようになります。

【1】チャンスをつかむ人は、種蒔きをしている。

チャンスをつかむ人は、日頃からチャンスを呼び込むための種蒔きをしています。一方、チャンスを逃す人は、自分が求めている時に都合よくチャンスがやってくることを期待します。

チャンスをつかむには、待ちの姿勢ではいけません。チャンスをつかむという言葉の通り、自ら掴み取っていくしかありません。

掴み取るには、日頃からチャンスを呼び込むための種蒔きをしておくことです。

自分に舞い込んでくるチャンスの数が多ければ、その中から1つでもつかむことができたら得します。

ですが、そもそも舞い込んでくるチャンスの数が少なければ、その限られたチャンスを掴み取るのは難しくなります

というわけで、チャンスをつかむなら、日頃から舞い込むチャンスの量を増やすための種蒔きをしておきましょう。

【2】チャンスをつかむ人は、ビビることをする。

チャンスをつかむ人は、ビビることをします。一方、チャンスを逃す人は、ビビってチャンスを逃します。

ビビるというのは、恐怖を感じるということです。

ですが、チャンスというのは、自分がコンフォートゾーンの外へと飛び出すことができる“可能性”です。

コンフォートゾーンとは、コーチング用語で、慣れ親しんだ領域や空間のことを言います。簡単にいうと、“現状”です。

つまり、いざチャンスがやってきたら、ほとんどの人が、現状から抜け出る不安や恐怖を感じてしまうということです。

そこで、チャンスをつまむ人は、ビビながら行動します。一方、チャンスを逃す人は、ビビて行動を止めてしまいます。

チャンスをつかむには、ビビりながら前に進むことです。なぜなら、恐怖を感じるということは、現状の外に出ようとしていることを意味しているからです。

【3】チャンスをつかむ人は、消費期限を知っている。

チャンスをつかむ人は、チャンスの消費期限を知っています。一方、チャンスを逃す人は、自分の都合ばかり考えてしまいます。

チャンスには消費期限があります。消費期限が、一瞬のものもあれば、1ヶ月くらいのものもあります。

例えば、起業した同僚から「エンジニアが足りなくて、一緒に仕事をやらないか?」と言われた場合。こういったケースであれば、返答を返すのに1週間くらいは猶予があるかもしれません。

このようにチャンスには消費期限があります。もちろん、早ければ早い方がいいでしょう。

ですが、チャンスを逃す人は、チャンスの消費期限を考えず、自分の都合のことばかり考えてしまいます

先ほどの例で言えば、「会社を辞めても食っていけるのか?」「本当にやりたいことなのか?」など。そうやって考えているうちに、チャンスの鮮度が落ちていって、手遅れになるというわけです。

先ほどの例の場合であれば、1ヶ月後に返答したとしたら、「あっ、ごめん!もう別のエンジニアに入ってもらった!」と言われてしまう可能性が高いでしょう。

(もちろん、自分のことを考えてしまうのは当然のことです。考えるべき事は、考えておくべきです。ですが、チャンスをつかむということを考えると、チャンスにも鮮度があることを意識しておく必要があります。)

 

いかがでしょうか?

チャンスをつかむ人と、逃す人には違いがあります。ここでは、「チャンスの総量(種蒔き)」「ビビりながら行動」「チャンスの鮮度(消費期限)」といったキーワードを覚えておいて下さい。

これだけを頭に入れておくだけでも、チャンスをつかめるようになります。

チャンスをつかむ12の方法

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事