チャンスを掴む12の方法!チャンスを掴む人、逃す人の違いとは?

チャンスを掴むにはどうすればいいのか?この記事では、プロのコーチがチャンスを掴む方法について解説します。

世の中には、チャンスを掴む人と、いつもチャンスを逃してしまう人がいます。

チャンスを掴めるかどうかは、仕事、恋愛、結婚、人間関係、転職、収入など、様々なところに影響を与えます

チャンスを逃してしまう人は、いつも知らず知らずのうちに損してしまいます。重要なポイントは、“知らず知らずのうちに”というところです。

チャンスを逃してしまう人というのは、チャンスを逃していることにも気づけていないことが多いです。だから、チャンスを掴めない人と比べると、大きな差になってしまいます。

この記事を読むことで、“チャンスを逃す人”から“チャンスを掴む人”に変わるためのヒントを得て欲しいと思います。

チャンスを掴む人、逃す人の特徴とは?

まずはチャンスを掴む人と、逃す人の特徴について解説します。特徴を知っておくことで、チャンスを逃す行動を避け、チャンスを掴むことができるようになります。

特徴1:チャンスを掴む人は、種蒔きをしている。

恋愛でも仕事でもチャンスを掴む人は、日頃からチャンスを呼び込むための種蒔きをしています。一方、チャンスを逃す人は、自分が求めている時に都合よくチャンスがやってくることを期待します。

チャンスを掴むには、待ちの姿勢ではいけません。チャンスを掴むという言葉の通り、自ら掴み取っていくしかありません。

掴み取るには、日頃からチャンスを呼び込むための種蒔きをしておくことです。

自分に舞い込んでくるチャンスの数が多ければ、その中から1つでも掴むことができたら得します。

ですが、そもそも舞い込んでくるチャンスの数が少なければ、その限られたチャンスを掴み取るのは難しくなります

というわけで、チャンスを掴むなら、日頃から舞い込むチャンスの量を増やすための種蒔きをしておきましょう。

特徴2:チャンスを掴む人は、ビビることをする。

恋愛でも仕事でもチャンスを掴む人は、ビビることをします。一方、チャンスを逃す人は、ビビってチャンスを逃します。

ビビるというのは、恐怖を感じるということです。

チャンスは、自分が現状の外へと飛び出すかどうかを選択する“機会”と言い換えることもできます。

なので、いざチャンスがやってきたら、ほとんどの人が、現状から抜け出ることに不安や恐怖を感じてしまうものです。

ですが、そこでチャンスを掴む人は、ビビながら行動します。一方、チャンスを逃す人は、ビビって行動を止めてしまいます。

チャンスを掴むには、ビビりながら前に進むことです。なぜなら、恐怖を感じるということは、現状の外に出ようとしていることを意味しているからです。

特徴3:チャンスを掴む人は、消費期限を知っている。

恋愛でも仕事でもチャンスを掴む人は、チャンスの消費期限を知っています。一方、チャンスを逃す人は、自分の都合ばかり考えてしまいます。

チャンスには消費期限があります。消費期限が、一瞬のものもあれば、1ヶ月くらいのものもあります。

例えば、起業した同僚から「エンジニアが足りなくて、一緒に仕事をやらないか?」と言われた場合。こういったケースであれば、返答を返すのに1週間くらいは猶予があるかもしれません。ですが、1ヶ月後となると手遅れかもしれません。

このようにチャンスには消費期限があります。もちろん、早ければ早い方がいいでしょう。

ですが、チャンスを逃す人は、チャンスの消費期限を考えず、自分の都合のことばかり考えてしまいます

先ほどの例で言えば、「会社を辞めても食っていけるのか?」「本当にやりたいことなのか?」など。そうやって考えているうちに、チャンスの鮮度が落ちていって、手遅れになるというわけです。

先ほどの例の場合であれば、1ヶ月後に返答したとしたら、「あっ、ごめん!もう別のエンジニアに入ってもらった!」と言われてしまう可能性が高いでしょう。

もちろん、自分のことを考えてしまうのは当然のことです。考えるべき事は、考えておくべきです。ですが、チャンスを掴むということを考えると、チャンスにも鮮度があることを意識しておく必要があります。

 

いかがでしょうか?

恋愛でも仕事でもチャンスを掴む人と、逃す人には特徴があります。ここでは、「チャンスの総量(種蒔き)」「ビビりながら行動」「チャンスの鮮度(消費期限)」といったキーワードを覚えておいて下さい。

これだけを頭に入れておくだけでも、チャンスを掴めるようになります。

チャンスを掴む12の方法

チャンスを掴むためには、何をすればいいのでしょうか?その方法をご紹介していきます。

1つでもいいので実践してみて下さい。ほんの少しの差で、チャンスを掴めるかどうかが違ってきます。

チャンスを掴む方法1:目的や理想を明確にしておくこと

チャンスを掴むためには、自分が望みを明確にしておく必要があります。なぜなら、自分が望みが明確になっていないと、チャンスに気づけないからです。言い換えるなら、アンテナを張っておくということです。

そのためには、自分の「こうなりたい」「こうしたい」「これが欲しい」といった目的や理想が明確になっている必要があります。

目的や理想が明確になっているほど、脳が「何がチャンスなのか」を判断してくれるようになります。ですが、目的や理想が不明確だと、何がチャンスなのか認識できないのです。

チャンスを掴むために「アンテナを張っておきましょう」と言われることがあります。ですが、アンテナを張るとはどういうことでしょうか?それが、目的や理想を明確にするということなのです。

なので、チャンスを掴むために、まずは目的や理想を明確にすることから始めましょう

チャンスを掴む方法2:「とにかくやってみる」を習慣にすること

恋愛でも仕事でもチャンスを掴むなら、とにかくやってみることです。やってみないと分からないことなのに、「やろうかな、やめておこうかな」と考えているとチャンスを逃します。

チャンスは現状の外にあります。同じことを繰り返していても、なかなかチャンスは訪れません。そして、チャンスは自ら掴みに行かないといけません。

そのためには、「とにかくやってみる」ということも必要です。特に、迷った挙句、「やっぱり止めておこう」といつも現状に戻ってしまう方は、こういった考え方が必要です。

今日から「とにかくやってみる」を習慣にしてみてみましょう。やってみてダメだと分かったならすぐに辞めればいいだけです。

とにかくやってみようとすると、メンタルブロックが行動を邪魔するかもしれません。そんな時は、『メンタルブロックの外し方11選』をご覧ください。

チャンスを掴む方法3:実力と実績を手に入れること

恋愛でも仕事でもチャンスを掴むためには、チャンスを掴める自分になっている必要があります。そのためには、自分の実力を高め、実績を積み重ねていくことです。

実力があり、実績もある人には、人が集まってきます。チャンスの方から来てくれるようなものです。そして、そのチャンスをものにしたら、さらなるチャンスがやってきます。

自分の実力を高め、実績を積むこと。これはチャンスを掴むための本質でもあります。

もちろん、簡単にすぐにできることではありません。ですが、実力と実績がチャンスを呼ぶという原理原則を理解し、日々どう過ごしてきたかで差が生まれてしまう以上、安易に逃げない方がいいと言えるでしょう。

チャンスを掴む方法4:人に会うこと

恋愛でも仕事でもチャンスはどこからやってくるのか?それは多くの場合、人からです。誰かからチャンスはもたらされます。なので、人に会うということが大切です。

自分から人に会いに行っているでしょうか?毎月どれだけの人に会っているでしょうか?どんな人に会っているでしょうか?

ただ闇雲にたくさんの人に会うだけでチャンスを掴めるというわけではありません。どれだけ深い関係を築けているかも重要です。

例えば、1000人と繋がっても、あなたのことを応援してくれる人が0人であれば、全く意味がありません。

量と質の2つの観点で考える必要があります。量とは、どれだけの人と繋がっているか。質とは、どれだけの人と親密な関係を築いているかです。「量×質」を意識しながら、人に会うこと、仲良くなることを日々やっておくことです。

やはりチャンスを掴めるかどうかは、人とのご縁によるところもありますから。

チャンスを掴む方法5:定期的に連絡をする習慣をつけること

自宅に居てもチャンスを掴む方法があります。それが、誰かに連絡してみることです。簡単な方法なのに、実際にやってみると、それがきっかけでご縁が広がったり、仕事に繋がったりすることがあります。

新しい人に会うことばかり考えるのではなく、すでに繋がった人との関係性を維持することも大切です。

人は、「信頼していない人と、信頼している人」あるいは「まったく連絡を取っていない人と、たまに連絡を取っている人」であれば、どちらの場合も後者を選ぶものです。自分に当てはめても同じことが言えるかと思います。

そういった人間心理を理解すると、せっかくこれまでに出会った人達と疎遠になるということは、チャンスの数が減ることに繋がると言えます。

最近では、LINE、メール、電話、SNSなど連絡できる手段がたくさんあります。恋愛でも仕事でもチャンスを掴むなら、定期的に連絡を取る習慣を身に着けることです。

最近、疎遠になっている人は誰ですか?最近連絡をとっていない人は誰ですか?お世話になった人は誰ですか?

チャンスを掴む方法6:新しいことを試すこと

恋愛でも仕事でもチャンスを掴む人がやっていることがあります。それが工夫です。要するに、上手くいかなかったことは止めて、新しいことを試してみるのです。

チャンスを掴めない人は、上手くいっていないのに、同じことをやり続けてしまいがちです。残念ながら、上手くいっていないのであれば、何かを変えないといけません。

一方、恋愛でも仕事でもチャンスを掴む人は、いつも工夫して、新しいことを試しています。なので、恋愛でも仕事でもチャンスを掴み、上手くいくようになります。

新しい工夫をするとしたらどんなことができるでしょうか?他の人がやっていることを取り入れられないでしょうか?どんなことをしたらもっと面白くなるでしょうか?

チャンスを掴む方法7:とにかく継続すること

恋愛でも仕事でもチャンスを掴むためには条件があります。それが、継続することです。なぜ、継続しないといけないのか?

それは、辞めた時点で、チャンスを掴む可能性がゼロになるからです。確率がゼロになってしまうとチャンスを掴むことは絶対にできません。

なので、チャンスを掴むためには継続することによって、確率をゼロよりも高くしておかないといけないのです。

例えて言うなら、打席に立ってバットを振り続けていれば、いつか球を打つことができる可能性があるということです。

恋愛でも仕事でもチャンスを掴むなら、継続し、勝負し続けることです。

継続するには、習慣化のスキルが必須です。習慣化については『習慣化を成功させる最短方法』という記事をご覧ください。

チャンスを掴む方法8:応援される人になること

恋愛でも仕事でもチャンスを掴みやすい人と、なかなかチャンスに恵まれない人がいます。その違いは、応援される人かどうかです。

応援される人は、この人のために「協力してあげよう」「人を紹介してあげよう」と応援してもらえます。なので、チャンスを掴みやすくなります。

応援される人になるためには、「素直さ」「愛嬌」「笑顔」といった人としてのコミュニケーションのあり方が大切です。あなた自身も「頑固」「不愛想」な人と仲良くなりたいとは思わないのではないでしょうか。

そして、「助けて下さい」「応援して下さい」と自らお願いすることも大切です。

応援される人になるためには、難しいことをする必要はありません。ここで紹介したように、少し意識と行動を変えるだけでも、応援されやすくなります。

チャンスを掴むなら、応援される人になることです。

チャンスを掴む方法9:自分から先に応援すること

チャンスを掴む人は、応援される人だと書きました。そこで、応援されるためにはすべきことがあります。それが、自分から応援することです。

チャンスを掴む人は、自分から応援する人です。だからこそ、他人からも応援されるようになります。他人からも応援されると、よりチャンスを掴むことができるようになります。

もちろん、応援する人は選ばないといけません。自分がこの人を応援したいと思える人を応援することです。無理に応援したくない人を応援する必要はありません。

そして、自分を犠牲にする応援は止めておきましょう。自分に負担のない範囲で小さな応援をし続けるのがおすすめです。

チャンスを掴む方法10:環境を変えてみること

恋愛でも仕事でも、どうしてもチャンスを掴むことができない場合は、環境を変えてみることです。つまり、戦う場所、頑張る場所を変えるということです。

同じ能力だったとしても、どこの場所を選ぶかで評価が違ってきます。例えば、野球選手が水泳大会に参加しても評価されないでしょう。なぜなら、戦う場所を間違えているからです。

恋愛でも、仕事でも同じです。どんな環境にいるかで、自分が評価されるか(モテるかどうか)が違ってきます。

なので、自分が最も評価される場所はどこなのか?どういう環境で最も評価されるのか?この機会に考えてみましょう。

そして今いる環境ではチャンスを掴むことは難しいと思ったなら、新しい環境に飛び込んでみることです。

チャンスを掴む方法11:自分を知ってもらうこと

恋愛でも仕事でもチャンスを掴むためには、自分を知ってもらうことです。なぜなら、自分のことを知ってもらえないことには、恋愛でも仕事でもチャンスはやってこないからです。

学校や職場であれば、新しい人に自分を知ってもらえる機会となるイベントなどに参加することです。

最近では、SNSやYoutubeなど、個人が気軽に情報発信ができるツールもあります。なので、個人でも情報発信をしている人が増えてきています。

仕事で言えば、実際に情報発信によって、何かの専門家として認知されるようになったり、収入に繋がったりしている人は増えています。チャンスを掴むなら受け身ではいけません。

自分を知ってもらうために情報発信をすることです。

チャンスを掴む方法12:他人にチャンスを与えること

恋愛でも仕事でもチャンスを掴むためには、他人にチャンスを与えることも重要です。自ら他の人にチャンスを作ってあげるのです。例えば、人と人とを繋げてあげることです。

自分の知り合い同士を繋げる。そうすると、人のネットワークが出来上がっていきます。そうすると、間接的にあなたと繋がる人も増えていきます。

すると、人との出会いが増えるわけですから、知り合いの知り合いなどを通じて、チャンスが舞い込んでくる可能性が高くなります。

実際、チャンスに恵まれている人は、たくさんの人と繋がっていることが多いです。チャンスを掴むなら、人と人とを繋げてみることで、チャンスを与えることです。

チャンスを掴むなら最後は“決断力”

ここまで読んできて、様々なチャンスを掴む方法を学んだと思います。ですが、チャンスを掴むために知っておくべきことがあります。

それが、チャンスを掴むなら最後は決断力だということです。

チャンスを掴むためには、きちんとチャンスを見極め、適切なタイミングで、選択する力が欠かせません。つまり、決断力が必要です。

決断力がある人はチャンスを掴みやすいですが、決断力がない人はチャンスを逃しやすいでしょう。

もし自分に決断力が足りないなと感じているのあれば、決断力を鍛えておくことをおすすめします。

本ブログでも、決断できない人のために『決断できない時の解決法』をまとめた記事を用意しています。そちらも読んでみて下さい。

チャンスを掴む勇気が欲しい人へ

これまでに様々なことを学んできましたが、自分には勇気がなくてチャンスを掴むことができないと悩んでいる人もいるかと思います。

ですが、安心して下さい。

勇気を出す方法を学ぶことで、今よりも勇気を出せるようになります。

今よりも勇気があれば、決断力があればと思っているなら、勇気に関する記事も読んでみて下さい。

勇気を出す方法とは?恋愛や仕事、人間関係を変える勇気の出し方11選』という記事で解説しています。

頑張ってもチャンスが訪れない場合

頑張ってもチャンスが訪れないという方もいるかもしれません。そういった方は、もう一度、この記事の内容を読み返してみてください。まだ実践できていないことがあるかもしれません。

そして、「頑張っても報われない原因と解決方法」についての記事がありますので、そちらもご参考ください。チャンスを掴むためのヒントが得られるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1つでも実践してみると、チャンスを掴む可能性があがるはずです。

復習としてまとめておくと。

チャンスを掴むための原則として

  1. チャンスの総量を増やすために種を蒔くこと。
  2. ビビりながら行動すること。
  3. チャンスの鮮度(消費期限)を理解し、決断すること。

そのために、具体的なアクションとして様々な方法をご紹介しました。まずは1つ、実践してみてください。

チャンスは行動する人だけが掴むことができます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事