仕事を辞めたい時の12の理由別に対処法解説!正しい仕事の選び方とは

仕事を辞めたいと思った時に読んで欲しい、12の理由別の対処法をご紹介します。なので今、仕事を辞めたいと思っているのなら、ぜひ読んで欲しいと思います。

この記事で学べることは、

  • 仕事を辞めたい理由別の対処法
  • 仕事を辞めたい時の判断基準
  • 正しい仕事の選び方

こういったことが学べます。

この記事は『やりたいことを見つける学校』の講師が書いているので、きっとあなたにも参考になることがあると思います。

仕事を辞めたいと思った時の12の理由

仕事を辞めたいと思った時、どんな理由があるのでしょうか?まずは、あなたが該当する仕事を辞めたい理由があるか確認してみて下さい。人によっては複数あると思います。

  1. お金:給料が安いなど。
  2. 労働時間:残業や休日出勤が多いなど。
  3. その他の待遇:福利厚生や手当など。
  4. 評価:頑張っても評価してもらえないなど。
  5. 上司:社長を含む上司や先輩が厳しい、合わないなど。
  6. 人間関係:職場の人間関係が辛い、合わないなど。
  7. 社風:会社の方針についていけないなど。
  8. 仕事内容:つまらない、合わないなど。
  9. クレーム:お客様対応がストレスなど。
  10. プレッシャー:ノルマや責任感に耐えられないなど。
  11. 将来性:今の会社や今の職業、業界でやっていけるのかなど。
  12. 自己実現:人生このままでいいのか、やりたいことが分からないなど。

いかがでしょうか?仕事を辞めたい12の理由のうち、いくつ当てはまりましたか?次章では、仕事を辞めたい理由別に対処法を解説していきますので、該当箇所を読み進めてください。

仕事を辞めたい理由別の対処方法

この章では、仕事を辞めたい理由別に対処法を解説していきます。あなたに該当する箇所をしっかりと読み、どうすればいいのかアイデアを参考にして欲しいと思います。

また、仕事を辞めたい理由の対処法を紹介した後には、アドバイスも記載しています。「結局、どうしたらいいのぉ?」という方は、そのアドバイスも参考にして下さい。

【理由1】仕事を辞めたい理由が、お金の場合

給料が安いというのは、仕事を辞めたい理由の中でも多い理由です。給料というのは、会社や部署、ポジション(役割、担当する業務)で決まってしまいます。例えば、美容師は一般的に給料が低い職業と言われています。

では、どうすればいいのか?次のような対処法が考えられます。

  1. 部署異動(役割を変える)を交渉をする。
  2. 転職をする。
  3. スキルアップする。
  4. 副業をする。

仕事を辞めたい時の対処法①:部署異動(役割を変える)を交渉をする。

部署異動の交渉や、役割(業務内容)の変更を交渉するのが1つの方法です。企業によって部署間で給料の差があります。

一般的には、売上に直結し、成果を見える化しやすい(数値などで評価しやすい)業務を担う部署であればあるほど、給料が高くなります。例えば、営業部署は給料が高い傾向にあります。

もし仕事を辞めたいと思ったのであれば、まずは部署異動ができないかを考えてみてはいかがでしょうか?とは言うものの、部署異動を簡単に受け入れもらえないケースが多いと思います。その場合は、次の対処方法を検討してみましょう。

仕事を辞めたい時の対処法②:転職をする。

その会社に居続けても給料が上がる見込みがないのであれば、転職も検討しなければいけません。ただし、逃げ出すようにいきなり転職するのではなくて、しっかりと準備をしながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

そして実際に転職するかどうかは別として、仕事を辞めたいと思っているのであれば、いつでも転職できるように転職先の企業などをリサーチしておくことが大切です。

この記事でも、自己分析のやり方、転職サイトや転職エージェントの活用法なども解説しますので、そちらも参考に転職活動を進めていってください。

仕事を辞めたい時の対処法③:スキルアップをする。

仕事を辞めたい時に、部署異動の交渉や転職を行うのであれば、いずれにしてもスキルアップが欠かせません。会社員として働くのであれば、業界、会社、役職、業務内容などによって給料の相場が決まっています

なので、あなたが部署異動できない、あるいは転職をしても前職と変わらない役職や仕事内容であるならば、給料もそれほど変わらない可能性が高いです。

給料アップの選択肢が限られているのであれば、スキルアップすることで、選択肢を増やし、自分の市場価値を高めるしかありません。

例えば、あなたが美容師としての給料の低さに不満があるのであれば、「場所(会社や業界)」を変えるか、「能力(役職や仕事内容=できること)」を変えるかです。

仕事を辞めたい時の対処法④:副業をする。

給料が原因で仕事を辞めたいのであれば、副業をするのも1つの方法です。もちろん、副業をやってもきちんとお金を稼げるようになるまで時間がかかるでしょう。人によっては、稼げないかもしれません。

ですが、副業によって得られることがあります。それが、スキルビジネス経験値です。

まず、副業をすることで、今の仕事では身に着けられなかった、新しいスキルを習得することができます。さらに、自分で商売をすることで、ビジネス経験値が得られます。

その結果、自分の市場価値を高めることに繋がります。そして、副業が上手くいったなら、独立起業するという選択肢も得られます。

例えば、美容師としての給料が低くて不満があるのであれば、会社員として一定の安定収入を獲得しながら、副業によってスキルアップと、別のキャッシュポイント(収入の入口)を作ることを目的に活動してはいかがでしょうか?

給料が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

給料が理由で仕事を辞めたいのであれば、すぐにできるアクションとしては、部署異動です。そして即効性はないけれども、あなたにとってプラスになるのが、副業だと考えます。なぜなら、副業することで、新しいスキルと別の収入口を得られる可能性があるからです。その上で、転職を検討すれば、さらに選択肢が広がるのでありませんか?

まとめると、①部署異動の交渉をしてみる。②副業を通じてスキルアップする(必要があれば副業を始める前にスクールなどでスキルアップをしておく。あるいは同時進行で。)。③既存のスキルと新しいスキルを加味して、転職の選択肢も広げておく。こうすれば、様々な立ち回りができるのではないでしょうか?

もちろん楽して簡単にできるわけではないですが…。もし副業にチャレンジしたい、あるいは転職も考えているけど何をしたいのか分からないというのであれば、『やりたいことを見つける学校』でやりたいことを見つけることから始めてみてはいかがでしょうか?

【理由2】仕事を辞めたい理由が、労働時間の場合

残業や休日出勤が多いといった労働時間の悩みも、仕事を辞めたい理由で多いです。労働時間は、会社や役職、職種、仕事内容で決まってしまいます。なので、どうこうしようとしても難しいのが一般的です。

では、どうすればいいのかでしょうか?対処法のアイデアを紹介します。

  1. 転職をする。
  2. 複業を始める。
  3. 起業する。

仕事を辞めたい時の対処法①:転職をする。

労働時間が理由で仕事を辞めたい時は、転職を検討しましょう。例えば、残業時間があまりに多い場合。また、休日出勤をしても、割増賃金や代休といった対価がもらえない場合。こういった場合は、会社の体質や仕組みに問題があると考えらえるので、別の会社に転職をした方がいいでしょう。

この記事では、正しい仕事の選び方として、転職サイトや転職エージェントの活用法なども紹介しているので、そちらも参考にして下さい。

仕事を辞めたい時の対処法②:複業をする。

労働時間を自分の都合の合うようにしたいのであれば、複業という選択肢もあります。給料は低いけど、残業時間や休日出勤がない仕事(会社員もしくはアルバイト)をしつつ、他にもアルバイトや副業で収入を補填するという方法です。

この方法であれば、安定した収入を得ながら、自分の時間も比較的コントロールしやすくなります。

仕事を辞めたい時の対処法③:起業する。

もし完全に自分で労働時間をコントロールできるようになりたいのであれば、フリーランスから始めるなど起業という選択肢もあります。

もちろん、簡単ではないです。ですが、フリーランスでも働けるようになることを意識して実力をつけ、準備しておくことは重要です。

なぜなら、これからの時代は、企業が社員を保証をしてくれないからです。企業自体が余裕がなくなっている時代なので、今後、給料の低下や、リストラのリスクも高くなっていくでしょう。またAI(人工知能)をはじめとする技術進歩によって、なくなる仕事も出てきます。

そう考えると、雇われる働き方から、自分で稼ぐ働き方へといつでもシフトできるようにしておくことは人生においてリスクヘッジ(リスクに対する対策)になります。

労働時間が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

残業や休日出勤など労働時間の問題は、あなたの心身を疲弊させる可能性が高いです。なので今、仕事を辞めたい理由として、労働時間が大きいのであれば、転職を検討するのが良いかと思います。

複業や起業といっても、「自分は何がしたいのか?」「何ができるのか?」といった自分と向き合う時間や、それを実行するための時間が必要です。ですが、労働時間が多いと、なかなかそれができません。なので、現状を変えられずに、疲弊していきます。現状を変える対策を考える余裕がなくなる、これが大きな問題です。

なので、まずは休暇を取り、自分の心身に余裕を作ることが必要かもしれません。その上で、転職などについて考えてみてはいかがでしょうか?もし休暇も取り辛いのであれば、それは会社の体質や仕組みに問題がありますので、今の会社に居続けても労働時間の問題が解決しないことは明らかだということになります。

【理由3】仕事を辞めたい理由が、その他の待遇の場合

仕事を辞めたい理由が、福利厚生や手当などの待遇に不満があるからというケースもあるでしょう。待遇は、会社によって様々です。そこで、次のような対策法を検討してみましょう。

  1. 他社を調べる。
  2. 優先順位を決める。
  3. 転職する。

仕事を辞めたい時の対処法①:他社を調べる。

まずは他社の待遇を調べてみましょう。なぜなら、実は、自分の会社の待遇はそれほど悪くなかったということもあるからです。会社によって待遇の違いがあり、自分にとって良いところもあれば、悪いところもあるものです。

なので、まずは他社の待遇について調べることで、自社の待遇との違いを認識しておきましょう。この作業を怠って、感情的に急いで転職活動をしてしまうと、「結局、前の会社と同じだった」ということにもなりかねません。

他社の待遇を調べる方法として簡単にできるのは、求人サイトを調べてみることです。

仕事を辞めたい時の対処法②:優先順位を決める。

自分が何を重要とするのか、その優先順位を決めておくことも大切です。待遇は会社によって異なるもので、自分にとって良いところもあれば、悪いところもあるものです。パーフェクトに良い条件が揃っている会社は少なく、またそういった会社に入社できるかどうかは分かりません

だからこそ、自分が納得・妥協できるライン(基準)を明確にするためにも、求める条件に優先順位を付けておく必要があります。

あなたの求める条件は何でしょうか?また、各条件の優先順位はどうなるでしょうか?まずは今すぐにこれを書き出してみましょう。

仕事を辞めたい時の対処法③:転職する。

他社の待遇を調べて、自分が求める条件に優先順位を付けた。その上で、やっぱりもっと待遇の良い会社に転職したいと思ったのであれば、転職を検討しましょう。

その際は、よりスムーズに転職するためにも、この記事でも紹介している転職サイトや転職エージェントを活用してみましょう。また、自分が何をしたいのか分からないという場合は、『やりたいことを見つける学校』で、自己欲求の理解を深めるところから始めてみましょう。

その他の待遇が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

福利厚生や手当などの待遇が理由で仕事を辞めたいと思った時には、まずは他社を調べることで、自分の認識を正しく調整しましょう。というのも、「自分の会社は待遇が悪い」という思い込みを持って、感情的にいきなり会社を飛び出してしまっても、「転職先も同じような会社だった」「良い待遇の会社に入社できなかった」といったことも起こる可能性があるからです。

また、自分が求める条件を明確にし、優先順位を付けておくことも大切です。なぜなら、パーフェクトに条件が揃った会社を見つけたり、そこに入社できるかどうかは分からないので、どこかで納得・妥協しなけれいけない可能性が高いからです。

ということで、まずは、他社の調査と、条件の明確化の2つから始めてみましょう。

【理由4】仕事を辞めたい理由が、評価の場合

仕事を辞めたい理由が、評価してもらえないからというケースも多いです。評価されないと、仕事に対するモチベーションも下がりますし、ストレスになります。また、評価は収入やキャリアにも影響してきますので、この問題は非常に重要です。

そんな時、どんな対処法があるのでしょうか?

  1. 評価基準を知る。
  2. 店舗異動する。
  3. 部署異動する。
  4. 転職する。

仕事を辞めたい時の対処法①:評価基準を知る。

評価が理由で仕事を辞めたいと思った時に、まずやってみたいのは、上司や会社に評価基準を聞くことです。

これをすると次のことが分かります。

  • どこを見て評価するのか?その基準は?
  • そもそも上司は評価基準をきちんと持っているのか?
  • そもそも上司は部下を評価しようとしているのか?
  • そもそも会社に評価するための明確な指針があるのか?

まずは上司や会社に評価基準を聞くことで、これらを確認しましょう。

仕事を辞めたい時の対処法②:店舗異動する。

もし上司が部下を見ようとしない、評価しようとしない場合、他店舗に異動できるのであれば、それを検討してもいいかもしれません。

上司が変わらない限り、あなたは評価をされないわけなので、上司を変えることは現実的には厳しいと思いますので、自分がきちんと評価してくれる上司の元で働くというふうにした方がいいでしょう。

仕事を辞めたい時の対処法③:部署異動する。

部署異動も検討してみましょう。評価は仕事内容によって決まってしまいます。なぜなら、評価しやすい仕事と、評価しにく仕事があるからです。例えば、数値で見える化できる営業職は評価がしやすいです。一方、数値ができない事務職は評価がしづらいです。

なので、営業職は数字で客観的に評価されますが、事務職の場合は上司の主観による評価に委ねられているところが多いです。そうなると主観的な評価はあってないようなものになってしまうことがほとんどなので、社員からすると「評価されない」となってしまいまです。

なので、客観的に評価されやすい仕事に就くために、部署異動を検討してみてもいいかもしれません。

仕事を辞めたい時の対処法④:転職する。

そもそも評価制度の仕組みが甘い会社の場合は、転職を検討しなければいけません。そういった会社で頑張っても報われることはありません。

なので、自分の会社がそもそも評価する仕組みがないのであれば、きちんとした評価制度を持った会社に転職した方がいいでしょう。

評価が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

あなたが、評価が理由で仕事を辞めたいのであれば、まずは上司や会社の評価の仕方について理解を深めましょう。上司の評価の仕方、会社の評価制度など、そういったところに問題があるのであれば、店舗異動や部署異動、転職によって、評価してもらえる場所に自分が移動する必要があります。

評価は収入やキャリアなどにも影響してきますので、しっかりと見極めて、勇気を持って、評価してもらえる環境に身を置くようにしたいですね。

【理由5】仕事を辞めたい理由が、上司の場合

仕事を辞めたい理由が上司のケースも非常に多いです。このケースは非常に厄介です。なぜなら、部下は上司を選べないからです。

では、どうすればいいのでしょうか?その対処法についてアイデアをご紹介します。

  1. 自分にとってのメリットを考える。
  2. 上司を分析してみる。
  3. 店舗異動する。
  4. 部署異動する。
  5. 転職する。

仕事を辞めたい時の対処法①:自分にとってのメリットを考える。

上司が理由で仕事を辞めたいと思った時、悪いところばかりに目がいってしまい、感情的な状態になりがちです。それでは、冷静な判断ができず、自分の意思決定を間違えてしまう可能性が高いです。

そこで、まずは視野を広げるために、その環境にいることのメリットについて考えてみましょう。

例えば、「きついけど、成長やゴール(将来、起業したいなど)にプラスになる」「上司は嫌いだけど、反面教師として学べることが多い」といったことです。

今の環境にいることのメリットがあるとしたら、それは何でしょうか?

仕事を辞めたい時の対処法②:上司を分析してみる。

上司が理由で仕事を辞めたいと思った時、ぜひやってみて欲しいのが、上司を分析してみることです。

  • なぜ、上司はあのような発言をするのか?
  • なぜ、上司はあのような行動をするのか?
  • なぜ、上司はあのような考え方をするのか?
  • どのような背景、事情があるのか?
  • どのような思いがあるのか?

こういったことを考えてみることで、自分の視野が広がります。すると、部下を育てるためなのか、ただ単に荒い性格なのか、ストレスを抱えていて八つ当たりをしているのかなどが見えてくるかもしれません。

そしてそうやって自分の視野を広げた上で、次の対処法を検討してみましょう。

仕事を辞めたい時の対処法③:店舗異動する。

部下は上司を選べません。なので、環境を受け入れるか、環境を変えるかです。そこで、今の環境にいることにメリットがないのであれば、店舗異動も検討してみましょう。(もちろん、別店舗がある企業の場合。)

上司が変われば、問題も解決するかもしれません。

仕事を辞めたい時の対処法④:部署異動する。

部署異動も環境を変える1つの方法です。もし可能であれば、そこで新しい仕事を経験してみるのもいいでしょう。その経験を持って、転職を検討するのも1つの手です。

仕事を辞めたい時の対処法⑤:転職する。

やはり、店舗異動も部署異動も難しければ、転職を考えるしかありません。

この記事でも転職サイトや転職エージェントをご紹介しています。また、転職といっても自分のやりたいことが分からないという場合は、まずはやりたいことを見つけてから転職を検討するのもいいかもしれません。

上司が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

上司は選べないので、上司と合わないとストレスになりますよね。この問題を解決するには、環境を受け入れるか、環境を変えるしかありません。どちらも勇気がいることです。

まずは転職サイトや転職エージェントでどのような企業求人があるのか、常に調べておくことから始めてもいいかもしれませんね。

それと同時並行で、自分のやりたい事を明確にしておくことです。

【理由6】仕事を辞めたい理由が、人間関係の場合

職場の人間関係が辛い、合わないなど、人間関係が理由で仕事を辞めたいというケースは非常に多いでしょう。人間関係の悩みは、非常に辛く、苦しいものです。人と場合によっては、仕事がままならなくなります。

なので、まだ心身に余裕があるうちに対処しておいた方がいいでしょう。

  1. 応、自分にも非がないか確認する。
  2. 店舗異動する。
  3. 部署異動する。
  4. 転職する。

仕事を辞めたい時の対処法①:一応、自分にも非がないか確認する。

人間関係で仕事を辞めたいと思った時には、一応、自分にも非がないか分析しておきましょう。例えば、いじめられているといった場合は、災害のようなものなので、自分には非がないと言えます。

ですが、仮に自分にも非があったのであれば、他の会社に転職しても、また同じようなことで悩む可能性があります。

なので一応、自分にも非がないかを分析しておきましょう。

よく人間関係で悩むという方は、もしかすると自分が問題発生源となっている可能性がありますので、なお自己分析が欠かせません。

仕事を辞めたい時の対処法②:店舗異動する。

他に店舗があるのであれば、店舗異動も検討してみましょう。人間関係の問題は、人間関係の修復ができなければ、やはり環境を変えるしかありません。

そう考えると、店舗異動も1つの手です。

仕事を辞めたい時の対処法③:部署異動する。

部署異動も1つの手です。人間関係の問題で、最も辛いのは、自分に味方がいない環境です。周りは敵だらけ。こういう環境は、精神的にきついと思います。

なので、部署異動をすることで、フラットに接してくれたり、味方になってくれる人ができそうなのであれば、部署異動も1つの方法です。

一度、関係性が悪くなると、双方が色眼鏡をかけて、思い込みを持って、接してしまいます。なので、関係性が悪くなるばかり。

だからこそ、フラットな関係性の人達がいるところに身を置くことで、人間関係の構築をやり直すことができないかも検討してみましょう。

仕事を辞めたい時の対処法④:転職する。

どうしてもその会社内での人間関係の構築が難しい場合は、環境を変えるしかありません。転職を検討しましょう。

他人という自分がコントロールできないことをなんとかしようとしても、徒労に終わるだけです。

まずは転職サイトや転職エージェントを活用して、どんな企業があるのかを知るところから始めてみてはいかがでしょうか?

人間関係が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

人間関係の悩みは、非常にストレスになりますし、精神的ダメージも多いです。逆に、社内の人間関係が良好であれば、業務が大変でもなんとか乗り越えられたりするものです。

もしあなたが人間関係が理由で仕事を辞めたいのであれば、まずは自己分析によって、自分が問題発生源になっていないかどうかをしっかりと見極めること。特に、人間関係で悩むことが多い人は、この機会に自己分析をしっかり行いましょう。

その上で、いかに環境を変えるのかを検討して、勇気を出してあっさりと環境を変えてしまった方が幸せになれるのではないかと思います。

【理由7】仕事を辞めたい理由が、社風の場合

仕事を辞めたい理由が、社風というケースもあります。この場合は、どのようにすればいいのでしょうか?

その対処法は、次のようなものです。

  1. 社風を分析する。
  2. 転職する。
  3. 起業する。

仕事を辞めたい時の対処法①:社風を分析する。

まずは社風を分析してください。必ず、これをやってください。

なぜなら、社風といっても、様々な要素が含まれているので、本当は何が問題なのかを細分化して具体的に考えなければ、正しい判断ができないからです。

社風とは、企業がこれまでに培ってきた文化や価値観のことです。そして、その文化や価値観が、人間関係や評価、仕事の進め方などさまざまなところに現れます。

なので、どこが自分には合わないのかを具体的に特定しておく必要があります。

例えば、この記事で紹介している「お金」「労働時間」「その他の待遇」「評価」「上司」「人間関係」「社風」「仕事内容」「クレーム」「プレッシャー」「将来性」「自己実現」といった仕事を辞めたい理由に該当するものはないでしょうか?

仕事を辞めたい時の対処法②:転職する。

どう考えても社風が合わないと思う場合は、転職を考えてもいいかもしれません。

ただし、社風を分解してどこが嫌なのかを明確にした上で、転職してください。そうしないと、どこが嫌なのかが明確でないまま、転職活動を行っても、また同じような企業に就職してしまうリスクもあるからです。

そして、いきなり会社を辞めるのではなく、まずは転職サイトや転職エージェントを利用することで、徐々に転職を進めていきましょう。

仕事を辞めたい時の対処法③:起業する。

なかなか社風に合う企業がないという方は、起業も1つの選択肢です。ただし、いきなり起業するのではなく、まずは副業から始めましょう。

賢くリスクを管理しながら、現状を変えていくことをおすすめします。副業から始めて、上手くいけば辞めればいいと思います。そうすれば、リスクがほとんどなくできます。

起業は嫌だと思っている方も、副業を通じて、スキルアップして自分の市場価値を高めたり、自分の選択肢を増やしたりしておくことは、これからの時代には必須です。なので、現段階で、社風が合わないと感じているのであれば、副業も始めてみてはいかがでしょうか。

社風が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

社風が理由で仕事を辞めたいという場合は、まずは社風という漠然とした言葉を、具体的な言葉で言語化してみましょう。

具体的に「どういう時に、何が、嫌だと感じるのか?」を言語化しておくことは、問題解決や今後の仕事選びにおいて必須です。

その上で、転職や副業、起業などの様々な選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?

【理由8】仕事を辞めたい理由が、仕事内容の場合

仕事内容がつまらない、合わないといった理由で、仕事を辞めたいというケースもあるでしょう。特に30代、40代で、「このままでいいのか」と悩み始める人は多いです。

では、仕事内容がつまらない、合わないといった場合は、どうすればいいのでしょうか?

  1. 自己分析をする。
  2. 部署異動する。
  3. 複業する。
  4. 転職する。

仕事を辞めたい時の対処法①:自己分析をする。

まず仕事内容が合わないと感じた時は、自己分析をしてみましょう。

例えば、具体的に何が嫌ななのでしょうか?本当に仕事内容が嫌なのか、仕事内容ではなくて人間関係やノルマといった外部要因に対して嫌だと感じているケースもあります。まずは嫌なことを具体的に言語化してみましょう。

そして、WCM分析をやってみましょう。WCM分析とは、Will(やりたいこと)Can(できること)Must(やるべきこと)をそれぞれ明確にすることです。

自分の「嫌だと感じること」「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」が明確になれば、どうすべきか答えが出てきやすくなります。

仕事を辞めたい時の対処法②:異動願いを出す。

自己分析によって、この部署に居ても現状が変わらないことが分かったのなら、部署異動を検討するのも1つの手です。

同じ環境に居ても現状が変わらないのであれば、自ら環境を変えるしかありません

仕事を辞めたい時の対処法③:複業する。

今の環境を変えるのが難しいのであれば、今の環境に居ながら副業を始めることで、複業するのも1つの手です。

副業が上手くいけば、独立するという選択肢も出てきます。また、副業で稼げなかったとしても、スキルアップに繋がりますので、転職などの幅も広がる可能性もあります。

なので、仕事内容が合わない、つまらないなと感じたのであれば、副業を通じてスキルアップを行うことから始めてもいいかもしれません。

仕事を辞めたい時の対処法④:転職する。

どうしても今すぐに仕事を変えたいと思うのであれば、転職するのも選択肢の1つです。

ただし、転職するにしても、いきなり会社を退職してはいけません。まずは、転職サイトや転職エージェントを活用して慎重に転職活動を進めていくことをおすすめします。

そしてスムーズに転職ができそうであれば、転職に踏み切ってもいいでしょう。

仕事内容が理由で仕事を辞めたいあなたへのアドバイス

仕事内容が合わない、つまらないというのはストレスを感じますよね。そして、そういったことをこれからも続けていくということを考えるとゾッとする人も多いと思います。

なので、仕事内容が理由で仕事を辞めたい場合は、まずは自己分析によって、何が嫌なのかを具体的に言語化しておくこと。そして、それと同時に、学習や副業などを通じて、スキルアップをしておくこともやっておくと、いざという時の選択肢が増えるでしょう。

そして、どうしても今すぐ転職したいという方は、感情的に勢いで会社を退職するのではなくて、慎重に転職活動をやっていきましょう。

仕事を辞めたい時に決断する判断基準

※今後、更新予定。お楽しみに!

正しい仕事の見つけ方

※今後、更新予定。お楽しみに!

辞めたいけど辞められない時の対処法

※今後、更新予定。お楽しみに!

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
オンライン体験講座が無料!

就活仕事転職副業起業結婚目標人生など…。自分が何をやりたいのか分からなくなっていませんか?

やりたいことを見つける学校のオンライン体験講座では、

  • なぜ、やりたいことが見つからないのか?
  • やりたいことを見つける3ステップとは?
  • 就活や転職の面接で説得力を高めるには?
  • やりたいことでお金を生み出すメカニズムとは?

といったことが無料で学べます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事