自分らしさとは○○のこと!自分らしさで幸せに生きる10の方法まとめ

自分らしさとは、何なのでしょうか?自分らしさを正しく理解し、活かすことができれば、もっと人生をより良く生きられるようになります。

今、人生に生きづらさを感じている方、仕事や働き方で悩んでいる方、人間関係で悩んでいる方は、自分らしさについて理解を深めるべき時なのかもしれません。

そこで、この記事では、

  1. 普段、仕事や人生の相談を受けているコーチが
  2. 自分らしさとは何かを解説し、
  3. 自分らしさを明確にし、幸せな人生を生きるための方法

をご紹介します。

この記事だから学べることは、自分らしさという曖昧な言葉に対する明確な理解です。

自分らしさを明確に理解することができれば、自分らしさとは何で、自分らしさを明確にするために何をすべきで、自分らしく生きるとはどういうことなのかを理解できるようになります。

というわけで、自分らしさについて徹底解説してきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

自分らしさとは

自分らしさとは、何のでしょうか?この曖昧でよく分からない言葉を明確に理解することから始めましょう。

自分らしさとは、自分にとって対象が相応しいと感じている状態や、その状態になっている部分・特徴のことを言います。

簡単に言うと、「自分らしさとは自分と対象が調和している部分・状態のこと」です。

例えば、服。

私たちは自分に相応しいと感じている服を選び、着ます。まさにその時、自分にとって対象(=服)が相応しいと感じている状態になっているはずです。

一方で、自分に相応しくないと思うような服を着ている時には、違和感を感じてしまうのではないでしょう。そして、「その服を着ている自分を、自分らしい」とは思えないはずです。

自分らしさを式で表現するなら、「自分×対象=自分らしさ」と表現できます。

つまり、自分と対象との調和が自分らしさを生み出すということです。そして、自分と対象が調和している時に、人は心地よく居られます。

自分らしさとは自己調和性

自分らしさとは、自分と対象が調和している状態(相応しいと感じている状態)のことです。

そしてその状態のことを、ここでは「自己調和性」と呼びます。(※自己調和性は私の造語。)

自己調和性とは、自分と対象がどれだけ調和しているか(相応しいと感じているか)ということです。

この自己調和性が高い仕事や環境、人間関係を選択できれていれば、人は心地よく居られます。

ですが、自己調和性が低い場合は、違和感やストレスを感じ、生きづらさを感じてしまうようになります。

自分らしさを決める要素とは

では、自分らしさ、つまり自己調和性は何で決まるのでしょうか?

それは、自己調和基準によって決まります。

自己調和基準とは、自分と対象がどれだけ調和しているか(相応しいか)を判断するための基準です。

具体的には、

  1. 価値観
  2. 性格
  3. 嗜好
  4. 言動パターン
  5. 願望
  6. 強み・弱み

といったものが自己調和基準になります。

これらの要素をどれだけ理解しているかが、自分らしさの理解に繋がります。

なぜ、自分らしさが分からないのか?

では、自分らしさを知ることについて、さらに詳しく解説したいと思います。

自分らしさを知るには、自己調和基準を明確にすることだと書きました。

つまり、自分を知ることです。

自分と対象がどれくらい相応しいと感じられるのか、それは主観によって決まります。なので、自分が自分自身の事を知らないと、自分らしさは感じられないということです。

多くの人が自分らしさに悩むのは、自己調和基準、つまり自分と対象がどれくらい相応しいのかを感じるための自分の基準が明確になっていないからです。

これを簡単に表現するなら、自分自身の理解が足りないからということになります。

なので、自分らしさが分からないという方は安心してください。

それはこの記事でお伝えする方法によって、自分の理解を深め、何が自分らしいのかが分かるようになっていきます。

自分らしさの活かし方

自分らしさを理解し、上手に生かすことができれば、もっとより良く生きられるようになります。

ですが、自分らしさが分かっていないと生き辛く感じてしまうことが多くなるでしょう。

その理由は、自分に合わない物事や環境を選んでしまうからです。

例えば、自分が普段着ないような服を着ると、違和感を感じるでしょう。それと同じで、自分に合わない生き方、仕事、働き方、環境だと違和感を感じたり、ストレスを感じたりしやすくなります。

そうならないためには、自分らしさを活かすことです。

自分らしさを活かすとは、自分にとって心地の良いものを選び取っていくことです。そうやって人生をより良く生きていくことです。

自分らしさで幸せに生きる10の方法

では、いよいよ自分らしさを理解し、幸せに生きるための方法をご紹介していきます。これからご紹介する方法を実践していただければ、自分らしさを理解することができます。

そして仕事や人間関係、人生においてより良い選択をすることができるようになり、人生の満足度を高めることができるでしょう。

それでは1つずつご紹介していきます。

【1】自分らしさを理解する第一歩は…

まず自分らしさを理解するための第一歩は、自分を受け入れることです。自分を受け入れることができないと、自分らしさを理解し、活かすことはできません。

なぜなら、自分の嫌な部分から目を背けたり、自分を否定することをしてしまうと、ありのままの自分を理解できなくなるからです。

私たちは自分の嫌なところから目を背けがちです。性格の悪い部分、一般の人達とは違っている価値観の部分など。

他人と違うことに対する恥ずかしさや恐怖から自分から目を背けるために、自分のそういった部分に気づかないふりをしたり、自己否定をしがちです。

ですが、まずを自分を受け入れることです。自分を受け入れるからこそ、本当の自分らしさを理解できるようになります。

【2】自分らしさを知るなら○○を明確に

では、自分らしさを知るには、どうすればいいのでしょうか?その1つの方法が価値観を明確にすることです。

価値観とは、自分が大切にしていることです。自分が何に対して大切だと感じているのかを言語化することは、自分らしさ(自分と対象が調和しているか)を理解する判断基準となります。

例えば、あなたにとって人生で大切なことは何でしょうか?

あなたが人生に求めている事は何でしょうか?

仕事では何が大切だと感じているでしょうか?

人間関係では何が大切だと感じているでしょうか?

こういったことを考えてみて下さい。

【3】○○を知ると自分らしさが分かる!

自分らしさを理解するための別の方法があります。それは、自分の性格を理解することです。

自分の性格を理解することで、自分らしさ(自分と対象が調和しているか)を判断することができるようになります。

なので、自分の性格を言語化してみましょう。

例えば、子供の頃はどんな性格でしたか?

今はどんな性格ですか?

子供の頃と、今では、どんな性格の違いがありますか?逆に、どんな性格は変わっていないでしょうか?

あなたは内向的ですか、外交的ですか?

こういったことを考えてみましょう。自分の性格を知ることは、そのまま自分らしさの理解に繋がります。

【4】○○から自分らしさを知ろう!

自分らしさを知るには、自分の嗜好について知ることです。自分が何が好きなのかを知ることで、自分らしさ(自分と対象が調和しているか)が分かるようになります。

例えば、自分の好きなことは何ですか?反対に、嫌いなことは何ですか?

何をしている時が楽しいと感じますか?逆に何をしている時に退屈さを感じますか?ストレスを感じますか?

どんなことに興味がありますか?逆に、どんなことに興味を示しませんか?

こういった自分の嗜好傾向を知ることで、自分らしさが見えてきます。

【5】自分らしく生きるには○○知ること

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事