思考整理に役立つ方法5選!ノート術や思考を整理する技術

思考の整理はとても大切です。そこでこの記事では、プロコーチであり、コピーライターの著者が、思考を整理する方法についてご紹介します。

  • 考えすぎて動けない人
  • モヤモヤと悩むことが多い人
  • 思考力を高めたい人
  • 行動力を高めたい人

こういった人は、これから紹介する思考整理術を真似してみて下さい。それだけでも思考を整理することができるようになります。

その結果、頭も心もスッキリとし、やるべき事が明確になり、行動に繋げていくことができるようになります。

自分を動かすノート術

思考整理だけでは不十分です自分を動かすためには、感情にスイッチを入れ、思考を活性化し、行動を後押ししなければいけません

そこで、感情・思考・行動をいっきに変容させてしまう独自開発したセルフコーチングノート術のやり方を公開します。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

思考を整理するのに役立つ5つの方法

これから思考整理に役立つ5つの方法をご紹介します。全部の方法を実践する必要はありません。まずはできそうなものから取り組んでみて下さい。

きっと思考が整理される感覚を実感できると思います。

1.思考を整理するのに役立つノート術とは

ノートは思考整理にとても役立ちます。思考整理のノート術には、様々なやり方があります。ですが、ここでお伝えしたいのはとってもシンプルな方法です。

思い付いたことをすべて書き出してみる」という方法です。

この方法は本当におすすめです。なぜなら、感情と論理を整理することができるからです。

思考には、感情的なものや、論理的なものが含まれています。それらが複雑に入り乱れているから頭と心がゴチャゴチャになってしまうのです。

例えば、「ブラック企業から転職すべきだ」と論理的思考が働く一方で、「今の会社を辞めるのが怖い」という感情的思考が働いている時が、まさに感情と論理がゴチャゴチャになっている時です。

だからこそ、思い付いたことをすべて書き出してみることで、感情と論理を整理することがとても重要です。この方法はとても効果があるので、ぜひ実践してみて下さい。

自分を動かすノート術

感情と論理を整理だけでは不十分です自分を動かすためには、感情にスイッチを入れ、思考を活性化し、行動を後押ししなければいけません

そこで、感情・思考・行動をいっきに変容させてしまう独自開発したセルフコーチングノート術のやり方を公開します。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

2.思考を整理するには、○○を書き出すこと!

意外と知らない人も多いのですが、思考整理でもう1つおすすめな方法が、質問を書き出すことです。

思考は、自分の頭の中で「質問する→答える→質問する→答える→…」という作業の繰り返しによって成り立っています。例えば、「今日のランチは何を食べようかな?→うどん定食が食べたい!」といった感じです。

そして思考の性質として、自分自身に対してどんな質問をするかによって、答えも変わります

なので、思考整理では、質問を整理することも重要です。質問が整理されると、自ずと答えも整理されます。そうなると、思考も整理されていきます。

なので、質問を書き出すことで、そもそも自分がどんな質問に答えるべきかを整理してみてください。すると、自ずと自分の答えも変わります。思考整理が捗ります。

3.思考の整理に「表」を使うタイミングとは

思考整理で定番の方法が、表にまとめる方法です。表にまとめることで、(1)思考の全体像を把握しやすくなる(2)比較検討がしやすくなる、といった効果があります。よって、結論を導きやすくなります。

思考整理に表を使うタイミングは、意思決定に迷った時です。メリット・デメリット表を書くことで、比較検討がしやすくなります。

あるいは1つの選択肢に、検討対象となる複数の要素(パラメータ)が存在する場合です。

例えば、靴を購入する時を考えてみて下さい。材質、色、重さ、履き心地、ブランド、価格といった要素があります。そういった要素をまとめるのに表がおすすめです。

頭の中で考えるよりも、表にして全体像を見える化した方が考えやすくなるというわけです。

4.マインドマップの書き方・便利ツールとは?

思考整理の定番ツールに、マインドマップがあります。マインドマップとは、関連する要素を親と子という階層構造で表現していく思考整理法です。

例えば、「年収を増やすには?」という1階層目の親要素(=テーマ)を1つだけ書いたら、それに関連する2階層目の子要素として「出世する」「残業を増やす」「転職する」「副業する」といった要素を書き出します。

その次に2階層目の「出世する」を親要素だとしたら、「上司に気に入られる」「仕事で成果を出す」といった子要素を3階層目に書き出します。

このように親と子の階層構造で思考を整理することで、全体像を把握できる上に、細部まで整理されたマップが出来上がります。

マインドマップツールには以下のようなものがあります。

Mindmeister

MindMaster

Xmind

おすすめは、MindMasterです。クラウドで使える上に、無料で十分に使えます。一方、Mindmeisterは無料版だとマインドマップが3枚までしか描けないという制限があります。また、Xmindはローカルで使うのは便利ですが、無料だと制限制限もあります。

マインドマップよりノート術

マインドマップでは思考整理だけで行動力を引き出すことはできません自分を動かすためには、感情にスイッチを入れ、思考を活性化し、行動を後押ししなければいけません

そこで、感情・思考・行動をいっきに変容させてしまう独自開発したセルフコーチングノート術のやり方を公開します。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

5.図解で思考を整理するメリットとは?

最後に思考整理には図解も便利です。図解で思考整理するメリットは、パッとした見た目で理解できるという点です。

特に、人に伝えることを想定して思考を整理したい時は、図解を使うのがおすすめです。自分がプレゼンしやすい図解方法で描いておけば、それをそのまま実際のプレゼンで使うことができます。

図解と言っても難しい絵を書く必要はありません。ほとんどの図解方法が、「矢印」「四角(囲い)」「」「ピラミッド」といったパーツの組み合わせで成り立っています。

思考整理する時に絶対にすべき7つの事

ここからさらに思考整理をする際に役立つ考え方をお伝えしていきます。これから紹介する方法は、思考整理を行う際に絶対にやった方がいいことです。

思考を整理するのに非常に効果がありますので、必ずやってみて下さい。

思考整理では目的を明確にすること

思考を整理するためには、まずは目的の明確化から始めることです。これは当たり前のことだと思うかもしれませんが、悩んでいる精神状態においては意外とできていません

どこに行くのか目的が定まらないことには、先に進むことはできません。そして、「目的が何なのか?」によって今すべき事の優先順位が違ってくるはずです。

自分がどうなりたいのか?」「そもそも何を目指しているのか?」といった目的を考えることから思考の整理を始めましょう。

思考整理では事実と解釈を分けること

思考整理では事実と解釈を分けることです。つまり、客観的に起こった事(=事実)なのか、主観的に思っている事(=解釈)なのかを分類することが思考を整理する上で大切です。

悩んでいる時には、頭の中で事実と解釈が入り混じっていることが多いです。

例えば、気になる異性からのメールやLINEの返信が返ってこないとします。事実と解釈を分けられない人は、「返信が返ってこない(事実)=嫌われた(解釈)」と考えてしまいます。

ですがその時点では、「返信が返ってこない」という事実と、「嫌われたかもしれない」という解釈はイコールではありません

このように事実と解釈を分けて思考整理することで、無駄に感情的になったり、誤った考えをしてしまうことを防げます

思考整理では感情と論理を分けること

思考を整理する際には、感情と論理を分けることも大切です。

例えば、「転職するべきか否か」悩んでいるとします。その場合、「転職したいけど、収入が下がったりしないか不安だ…」という感情と、「自分のキャリアアップのためには転職すべきではないか」という論理を分けて考えてみることです。

このような思考整理ができると、感情面と論理面に対して、それぞれ思考を深めることができますし、それぞれの具体的な対策も見えてきます

感情と論理がぶつかってしまうと、なかなか決断できないということも起こります。その時は、以下の記事もご参考下さい。

思考整理ではコントロールできることを見極めること

思考を整理する際には、自分がコントロールできることと、コントロールできないことを分けることも大切です。

残念ながら。コントロールできないことは、コントロールできません。それなのに、無理やりコントロールしようとするとストレスを感じることになり、結局は徒労に終わることになります。

例えば、他人を完全にコントロールすることはできません。時間を過去に戻すことはできません。

思考を整理することで、自分がコントロールできることを見極め、どうしていくのかを考えることです。

思考整理では自分の考えと他人の意見を分けること

思考を整理する際には、自分の考えと、他人の意見を分けることです。他人に言われたアドバイスや批判に囚われてしまい、迷ったり、悩んだりすることがあると思います。

そういう時こそ思考を整理しないといけません。

自分の考えと、他人の意見を分けて紙に書き出してみるのがおすすめです。そうすると、それぞれの考えや意見の正しさを、「事実か」「解釈か」「論理的か」「感情的か」といった視点で吟味しやすくなります

そのような思考整理ができれば自ずと納得のいく答えに辿り着きやすくなります。

思考整理では他人の視点でも考えること

思考を整理するには、他人の視点でも考えてみることです。他人の視点で考えてみると、自分が気づいていなかったことに気づくかもしれません。また自分の考えが浅い部分に気づくことができることもあります。

自分が尊敬する人や、著名人や偉人を想像して、「もし○○さんだったらどう考えるか?」と考えてみましょう。

そうすれば迷いや悩みを他人の視点で考えるようになり、より思考が整理されていきます。

思考整理では行動まで考えること

思考を整理する上で絶対にすべきことが、行動まで考えることです。思考を整理しても、「結局、どうするのか?」という行動にまで落とし込めていないのであれば意味がありません

行動しなければ現状は変わりません。目的を達成することもできません。

なので、思考を整理したら、必ず何をするのか行動まで考えることです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、思考を整理するための方法についてご紹介してきました。

ぜひ1つでも多く実践してみて下さい。そうすれば必ず思考が整理されます。それだけではなく、普段の思考力も鍛えられます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます





※メルマガはいつでも解約できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事