自分に自信がない人がやりたい自信のつけ方15選!【実は簡単です!】

自分に自信がないことで悩んでいませんか?もし、恋愛や仕事、人間関係、夢実現において自分に自信がないことで悩んでいるのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

なぜなら、この記事では、自分に自信がない方向けの“簡単にできる自信のつけ方”を解説しているからです。

この記事の特徴は、

  1. 人の能力を引き出す専門家(コーチ)である私が
  2. 恋愛や仕事、人間関係、夢実現などで自分に自信がない人向けに
  3. 簡単にできる自信のつけ方を多数まとめて

解説していることです。

自分に自信がないという方は、この記事さえ読めば十分です。

それでは自信のつけ方について一緒に学んでいきましょう。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

自分に自信がない人が知っておくべき3つの事

自分に自信がないという方に、知っておいて欲しいことが3つあります。自信について正しい理解をすることで、「自信とは何か」「自信をつけるために何をすべきか」「自信をつける注意点は何か」が分かり、間違いを防ぐことができます。

では、自分に自信がない人に知っておいて欲しいこととは何か?それは、次の3つです。

  1. 自信は錯覚
  2. 自信を下げないことが重要
  3. 過信は失敗を招く

1つずつ解説していきます。

自信は錯覚~自信がつかない原因とは~

まず自分に自信がない人に知っておいて欲しいことは、自信とは錯覚であるということです。正確に言うなら、「自信とは自己認識の仕方」です。

つまり、どういう自己認識をしているかが、自信を決めているということになります。

そして、私たち人間の認識というのは、時に、あっさりと変わってしまうものです。

例えば、「自分のことをモテる」と思っていても、自分が本当に好きになった人から連続でフラれてしまうと、「あれ?自分ってモテないのか?」と思ってしまうでしょう。

仕事であれば、「自分は優秀だ」という自信を持って起業したものの、失敗ばかり繰り返していれば「あれ?自分って優秀じゃなかったのかな?」と思ってしまうでしょう。

このように自信というのは、自己認識の状態であり、変わるものなのです。なので今、自分に自信がないと思っている人も、自分の自己認識を変えることで、自信をつけることができるということです。

言い方を換えると、「自分に自信がない」という錯覚を変えてやれば、自信が得られるということです。

自信を下げないことが重要~自信がないもう1つの原因~

自分に自信がない人に知っておいて欲しい2つ目のことが、自信は上げるようりも下げないことの方が重要だということです。

むしろ、自信は上げなくてもいいから、とにかく下げないことです。

なぜなら、自分に自信がない人は、自信を上げる以前に、自信を下げていることが多いからです。

例えば、「自己否定をする」「他人と比較する」といったことをやっていませんか?

そういったことをやっていれば、自信が下がってしまいます。

なので、実は、自信を下げないようにするだけでも、自然と自信は上げることができます

「自信は上げるよりも下げないこと」。この言葉をしっかりと覚えておいて下さい。

過信は失敗を招く~自信が原因で失敗することも~

自分に自信がない人に知っておいて欲しい3つ目のことが、過信は失敗を招くということです。先ほど、「むしろ、自信は上げなくてもいいから、とにかく下げないこと」と書きました。

その理由が、自信はあり過ぎると、逆にデメリットになるからです。

心理学的研究によって、過信は失敗を招くことが分かっています。具体的には、自信があることで、「他人のアドバイスを聞かない」「客観性が失われ、考えが甘くなる」「リスクを軽視しがちになる」といったことが原因で、失敗しやすくなると言われています。

過信はむしろ害悪というわけです。

自分に自信がない人は、世の中の自信満々な人を羨ましく思うかもしれません。ですが、理想的な自信というのは、ほどほどがちょうど良いのです。

ですが、「自信がほどほどだと成功できないんじゃないの?」と心配になってしまう方もいると思います。そんな方は安心して下さい。大丈夫です。

これから自信を高めることはもちろん、自信を成功に繋げる方法についてご紹介していきます。なので、最後までしっかりと読んで、自信を身に着けて欲しいと思います。

自分に自信がない人がやりたい自信のつけ方15選

自分に自信がない人がやりたい自信のつけ方については、これから解説していきます。

1つずつきちんと実践していくことで、自分に自信がついていくでしょう。そのためには、しばらくの期間は、この記事をチェックリストのように活用し、何度も復習してください

そうやって「記憶→実践→確認」を繰り返すことによって、確実に自信が育っていきます。

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

自分に自信がない人向けの方法1:完璧主義を止める

自分に自信がない原因の1つに、完璧主義があります。完璧主義は、完璧を求めるあまり、理想と現実のギャップにストレスを感じさせ、自信を下げてしまいます

なので、完璧主義は止めましょう。代わりに、最善主義を取り入れましょう。

最善主義とは、今できる範囲で良しとして、前に進んで行くという考え方です。

いきなり完璧を追い求めるのではなく、最善主義の考え方で、今できる範囲で良しとして、少しずつ理想に向かっていくことです。

今日から、自分に自信がない人は、完璧主義ではなく最善主義に切り替えましょう。

自分に自信がない人向けの方法2:自己否定をやめる

自分に自信がない原因の1つは、自己否定です。自己否定とは、自分のダメなところを見つけて、自分を責めることです。

自己否定をすると、当然、自信が下がります。先ほど、自信は上げるよりも下げないことの方が大切だと説明しました。まさに、自己否定は自信を下げる原因となっています。

自分に自信がない人は、自己否定をやめて、自己改善を行いましょう。自己否定と自己改善の違いはどう違うのか?

自己否定は自分を責め続けているだけなのに対して、自己改善は自分を責めるのを止めて、改善するための思考と行動を行うことです。

自分に自信がない人向けの方法3:「自信がない」と言わない

自分に自信がない人の原因の1つが、「自信がない」と言うことです。先ほど、自信とは自己認識の状態だと説明しました。

つまり、自分のことを「自信がない」と自分で言うことによって、「自分は自信がないヤツ」だという自己認識を維持・強化してしまっています。

「自信がないと言う→自信がないヤツだという自己認識が強化される→何かあると自信のせいにする→自分がないと言う→自信がないヤツだという自己認識が強化される→…」、こういった負のスパイラルが発生してしまいます。

なので、自分に自信がない人は、「自信がない」を禁句にすることです。

自分に自信がない人向けの方法4:誰の言葉に耳を傾けるかを選択する

自分に自信がない人の原因、他人の言葉であることもあります。自分に自信がない人には、親や先生、友達などの周囲の人達から自信を下げるような言葉を言われて育ってきた人もいるでしょう。

他人の言葉は、自分の自信(=自己認識)に影響してしまいます。

ですが、安心して下さい。自分の自信を取り戻すことができます。

その方法が、誰の言葉に耳を傾けるかを自分で選ぶことです。他人の言葉が自分の自信に影響を与えるのであれば、誰の言葉に耳を傾けるかを自分で選択することで、影響をなくせばいいのです。

実際、自信のある人は、他人から憧れられると同時に、批判されているケースもあります。

それでも自分の自信を保っていられるのは、誰の言葉に耳を傾けるのかを選択しているからです。

自分に自信がない人は、他人から言葉をまともに受け取ってはいけません。聞き流しましょう。そうやって、誰の言葉に耳を傾けるのかを選択していきましょう。その権利があなたにはあります。

自分に自信がない人向けの方法5:他人と比較しない

自分に自信がない人の原因の1つに、他人との比較があります。外見、能力、収入などを比較することで、自分の自信を下げてしまっていることがあります。

では、誰が比較しているのでしょうか?

比較しているのは、自分です。

なので、自分が比較することを止めればいいだけです。自分の頭の中で、わざわざ自分が用意した土俵のうえに、他人を引っ張ってきて比較しても意味はありません。勝手に比較して、勝手に自信をなくしているだけになってしまいます。

なので、自分に自信がない人は、比較するのは止めましょう。「自分は自分」を心に刻みましょう。比較したいのであれば、比較するのではなく、その人から学びましょう。良いところを盗むのです。

自分に自信がない人向けの方法6:今の自分を認める

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事