メンタルブロックの外し方は?潜在能力を引き出す解除法11選

メンタルブロックとは行動を妨げてしまう考えや思い込みのことです。上手くいかない原因が、実はメンタルブロックのせいだというケースも多いです。

メンタルブロックは、恋愛、人間関係、勉強、仕事、転職、副業、起業など人生のあらゆるシーンで私たちを制限しています。

そこで、この記事では、メンタルブロックの意味から、メンタルブロックの外し方までを徹底的に学習します。

またこの記事の読了後は、この記事をマニュアルのように役立てて下さい。行動できないと思った時は、すぐにこのぺージを開いて、メンタルブロックを外すのです。

そうやって1つ1つメンタルブロックを外す毎に、自分と人生が変わっていくはずです。

それではさっそく学んでいきましょう!

メンタルブロック解除術

メンタルブロックを解除するためには、①メンタルブロックの特定、②解除という2ステップが必要です

そこで、メンタルブロックを特定し、解除するための7つの質問を公開します。すぐにでもメンタルブロックを特定し、解除できる強力な質問集をぜひご活用ください。

無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

メンタルブロックとは何か

メンタルブロックとは、行動を妨げてしまう考えや思い込みのことです。メンタルブロックの意味を「心のブレーキ」と表現することもあります。

代表的なメンタルブロックには次のようなものがあります。

できない
(不可能)
例)自分には彼女/彼氏はできるわけがない。
例)自分はやりたい仕事に就くことはできない。
例)自分が副業や起業してもきっと上手くいかない。
してはいけない
(禁止)
例)やりたいことをやってはいけない。
例)リスクのあることはしてはいけない。
しなければいけない(義務)例)お金を稼がないといけない。
例)親を大切にすべき。

こういった思い込みは、私たちの行動にブレーキをかけてしまいます。

そのため、メンタルブロックを外すことによって、行動できるようにしてあげる必要があります

では、そもそもどうしてメンタルブロックが生まれてしまうのでしょうか?メンタルブロックの原因について次章で解説したいと思います。

メンタルブロックが生まれる原因

なぜ、メンタルブロックが生まれるのでしょうか?その原因は様々ですが、ここでは主な原因として、次のような原因をご紹介します。

  1. 現状維持バイアス
  2. 損失回避
  3. 心理的負担
  4. 学習

1つずつ解説していきます。

メンタルブロックの原因1:現状維持バイアス

メンタルブロックが生まれる原因の1つ目は、現状維持バイアスです。バイアスとは、人間に元々備わっている心理特性のことを言います。

バイアスにはたくさんの種類がありますが、特にメンタルブロックを生み出す原因となっているのが現状維持バイアスです。

現状維持バイアスとは、現状を維持しようとする人間の心理的性質の1つです。

私たちは現状を維持することで、自分を守ろうとします。そのため、これまでとは違った行動をしようとすると、「傷つきたくない」「損したくない」「失敗したくない」 「恥をかきたくない」といった現状に引き戻そうとする心理が働きます。

そのため、これまでとは違った行動を起こそうとした時に、不安や恐怖などのネガティブな感情によって、行動にブレーキをかけてしまいます

例えば、今の会社に不満があるけど、転職するとなると不安を感じて、踏み出せないといったことが起こります。

なので、メンタルブロックを解除しようと思うと、現状維持バイアスをどのように克服するかが課題となります。

メンタルブロックの原因2:損失回避

メンタルブロックが生まれる原因の2つは、損失回避です。損失回避とは、得することよりも損を避けたいと思う人間の心理です。これもバイアスの1つです。

「~した方がいいことは分かっているんだけど、~できない」という、よくあるやつです。

例えば、「告白した方がいいんだけど、フラれるのが怖くてできない」「転職した方がいいんだけど、収入が下がるかもしれないからできない」「副業や起業をするのにお金をかけて広告した方がいいんだけど、失敗するのが怖くてできない」など。

損失を恐れ、回避しようとする心理が、メンタルブロックの原因となっていることがあります。

メンタルブロックの原因3:心理的負担

メンタルブロックが生まれる原因の3つ目は、心理的負担です。人間には、心身のエネルギー消費を抑えるために、楽を好む性質があります

そのため心理的に負担を感じると、「めんどくさいなぁ」「大変そうだなぁ」「やったことがないからよく分からないなぁ」と行動にブレーキがかかってしまいます。

例えば、大量の資料を渡されると、めんどくさいなぁと感じてしまい、なかなか行動できなくなってしまいます。

そのため、メンタルブロックを解除するには、いかに心理的負担を減らすのかということも重要になってきます

メンタルブロックの原因4:一貫性の原理

メンタルブロックが生まれる原因の4つ目は、一貫性の原理です。

一貫性の原理とは、価値観や信念、発言、態度、行動などに一貫性を持たせようとする、人間の心理的性質の1つです。

この一貫性の原理によって、自分の価値観や信念に合致する思い込みを持つようになってしまうことでメンタルブロックが発生してしまいます。

例えば、「お金を稼ぐことは卑しいことだ」という価値観を持っていたとしたら、お金を欲しいとは思っているんだけど、稼ごうとすることにブレーキがかかったり、自分を安売りしてしまったり、お金を稼ぐための勉強を怠ったりします。

このように一貫性の原理という人間の心理的特性によって、価値観や信念に合致した思い込みがメンタルブロックとして私たちの行動力を妨げてしまいます。

そのため、メンタルブロックを解除しようと思ったら、行動にブレーキをかけている価値観や信念を見つけ出し、書き換える必要があります

メンタルブロック解除術

メンタルブロックを解除するためには、①メンタルブロックの特定、②解除という2ステップが必要です

そこで、メンタルブロックを特定し、解除するための7つの質問を公開します。すぐにでもメンタルブロックを特定し、解除できる強力な質問集をぜひご活用ください。

無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

メンタルブロックの原因5:ネガティブ学習

メンタルブロックが生まれる原因の5つ目は、自分にとってネガティブな学習です。人は経験や、他人の発言から学習します。その学習を通じて形成された価値観や信念がメンタルブロックになっているケースがあります。

例えば、告白してフラれた経験がある人は、「自分はモテない人間だ」という信念が根付き、メンタルブロックになっていることがあります。

親や先生から「夢なんて見ずに、現実的に考えなさい」と言われてきた人は、「現実的に考えるべき」という信念が根付き、自分の感情よりも「すべきこと」を優先してしまう。その結果、生き苦しさを感じ、ストレスフルな日常を送ってしまうケースがあります。

特に、子供の頃の経験や、親や先生の発言から学習した価値観や信念がメンタルブロックになっていることがあります。

メンタルブロックと潜在意識の関係性

ところで、よくメンタルブロックと潜在意識について語られることがあります。では、この2つにはどのような関係があるのでしょうか?

潜在意識とは、自分では自覚できていない思考や思考様式すべてのことを言います。人間には、潜在意識という自覚できていない領域があるということです。

そして、この潜在意識の中に、メンタルブロックや、そのの原因が隠れています

なぜなら、多くの人が自分の持っているメンタルブロックや、その原因について気づいていないからです。

気づいていないということは、自覚できていないということです。すなわち、潜在意識という自覚できていない領域に、メンタルブロックとその原因が隠れているということです。

そのため、「メンタルブロックを解除するには潜在意識を変えなければいけません」というような言い方をされることがあります。

メンタルブロックを解除するには?

メンタルブロックを解除するには潜在意識を変えなければいけないというと、なにかスピリチュアル的な話かなと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

ですが、そうではありません。

私は心理的に解説したいと思います。

潜在意識を変えてメンタルブロックを解除するというのは、

  1. 価値観や信念(=一貫性の原理)を変える
  2. 現状維持バイアスの影響を抑制する
  3. 心理的負担を減らす

といったことによって、行動にブレーキをかけている考えや思い込みを解消してあげることを意味します。

では、具体的に何をすればメンタルブロックを解除することができるのでしょうか?

メンタルブロックの外し方11選

この章では、メンタルブロックを解除する方法についてご紹介していきます。どれも簡単で、すぐに実践できる方法ばかりです。

なので、思うように行動できないと感じた時は、この記事を読み返してチェックリストのように活用してください。そして、1つ1つメンタルブロックを解除する方法を実践してみて下さい。

そうすれば、行動できるようになっていきます。

それでは、1つずつご紹介していきます。

1.隠れたメンタルブロックを見つける質問技法

まず行動できないと感じた時にやって欲しいことは、メンタルブロックの特定です。自分がどのようなメンタルブロックによって行動できなくなっているのかを知らないことには、対処のしようがありません。

なので、行動できないと感じた時には、まずは自分のメンタルブロックを特定しましょう。

やり方は、「なぜ、行動できないんだろう?」と問い続けることです。

例えば、副業に挑戦できないとします。

副業に挑戦できない。
なぜ?
やったことがないし、怖いから。
なぜ?
上手くいくわけがないと思っているから。
なぜ?
自分にはスキルや強みがないと思っているから。
なぜ?
・・・

このように「なぜ?」と問うことで、自分の潜在意識に隠れていた考えや信念に気づくことができるようになります。

行動できない時には、「なぜ?」と問う。これを覚えておきましょう!

メンタルブロックを外すのに質問はとても有効です。そこで、メンタルブロックを特定し、解除するための質問集をメルマガ登録者様に無料プレゼントしております。ぜひ、ご活用ください。

メンタルブロック解除術

メンタルブロックを解除するためには、①メンタルブロックの特定、②解除という2ステップが必要です

そこで、メンタルブロックを特定し、解除するための7つの質問を公開します。すぐにでもメンタルブロックを特定し、解除できる強力な質問集をぜひご活用ください。

無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

2.メンタルブロックを解除する“逆転の発想”

メンタルブロックを外し方で、今すぐにできる方法があります。メンタルブロックを特定したら、まずはこの方法を試してみて下さい。それは、「逆に…」と考えることです。

メンタルブロックに制限されている状態というのは、1つの考え方に縛られている状態です。

イメージで言えば、糸が絡まって団子状態になっている状態です。メンタルブロックが外れるとは、糸の団子が解けた状態になるイメージです。

糸の団子を解きほぐしていくように、メンタルブロックを解きほぐしていく必要があります。簡単に言ってしまうと、視野を広げるということです。そして、その時に有効なのが、反対の視点を持つことです。

  • 逆にできるとしたら…。
  • 逆にやってもいいとしたら…。
  • 逆にやるべきだとしたら…。
  • 逆にしなくてもいいなら…。

そうやって「逆に」考えることで、メンタルブロックとして凝り固まっている考え方とは反対の視点で考えてみるのです。

そうすることで、メンタルブロックとして凝り固まっている考え方を解きほぐしていくのです。そうやって視野を広げるのです。

すると、「別に気にせずにやってもいいかもしれないなぁ。他の人もやってるし。」「意外とできるかもしれない」というようにメンタルブロックが解除されていきます。

メンタルブロックを解除したいと思ったら、まずは「逆に」と考えてみましょう。

3.メンタルブロックが外れる強い想いの見つけ方

強い想いは、メンタルブロックを解除します。自分にとってメンタルブロックとなっている考え方や感情よりも“強い想い”を持つことができれば、メンタルブロックが解除されます

例えば、子供のためであれば、自分が恥をかいてでも何でもしてあげよう思う親もいるでしょう。例えば、どうしても実現したいことがあるなら、失敗のリスクがあったとしても挑戦しようとする人もいるでしょう。

そこで、強い想いを見つけるために、「本当はどうしたいのか?」を考えてみることです。

欠点やリスクにばかりフォーカスし、気を取られてしまうと、メンタルブロックがかかります。それでも「やりたい!」「やるんだ!」という強い想いに意識を向けることです。

そんな強い想いに気づく方法が、「本当はどうしたいのか?」を考えてみることです。ポイントは、自分に素直になって直感的に出てきた想いを見逃さないことです。

4.メンタルブロックを解除する行動術

メンタルブロックがあるから行動できない。そんな状況でも、行動できるようにする方法があります。しかも、その行動をすることで、メンタルブロックも解除されます。

その方法が、行動を細分化するという方法です。

自分が「これならできそう」と思えるくらい行動のハードルを小さくするのです。

例えば、転職。今の会社を辞めたい、転職したいと思っても、やはり不安で行動できないものです。そこで、転職するために必要な行動を細分化するのです。「転職サイトに登録する」「転職エージェントに登録する」「転職エージェントに申し込む」「転職エージェントに相談する」「辞表だけ書いておく」…というように。

このように行動を細分化することで、メンタルブロックも解除されていきます。

最初は、そんな方法でメンタルブロックが外れるのか信じられない人もいるかと思います。ですが、何も行動を起こさないとメンタルブロックが解除されることはありません。なので、進めるところまで進むことをルールにしてください。

そして実際に、1つ1つクリアしていくと、メンタルブロックが外れていき、どんどん行動が加速していきます。

5.メンタルブロックを解除する瞬発力

手っ取り早くメンタルブロックが解除する方法があります。方法はこれしかありません。

「えいやっ!」とやってみる、飛び込んでみるという方法です。

この方法は、メンタルへの負担は大きいですが、無理やりやってみることで、いっきにメンタルブロックが解除されます。しかも、怖くても飛び込んでみることを癖づけることで、行動する瞬発力が劇的に高まります

なぜなら、やったことがないから不安や心配になってメンタルブロックが掛かっていることがほとんどなので、やってしまえば解除されてしまうのです。そして、やってみる体験をすればするほど、不安や心配になるけど「やってみたら大したことない」ということが分かってきます。

そうなると、メンタルブロックが外れるだけでなく、今後も不安や心配などのメンタルブロックに囚われる可能性が低くなります。そして、行動する瞬発力が高まります。

実際、やってみないことには分かりません。なので、やってみないことには、いつまでも不安や心配でモヤモヤし続けます。そして、不安や心配事はほとんど実際には起こらないものです。

6.メンタルブロックを力に変える方法

ネガティブな感情を逆に利用したメンタルブロックの外し方があります。その方法は、リフレーミングと呼ばれる心理テクニックです。

リフレーミングとは、簡単に言うと、捉え方を変える方法です。

例えば、「失敗するかもしれない不安で行動できない」という場合、「不安は、今のうちに備えておけ!」という自分からのメッセージだとリフレーミングすることができます。そして、実際に準備するという行動を起こすことに繋がります。

このようにネガティブな感情も使い方次第で、メンタルブロックを解除することができます。さらに、ネガティブな感情を利用することができます。

7.挑戦できる自分に変わるメンタルブロックの外し方

恋愛や仕事、ビジネスなどで挑戦したいけど行動できない時におすすめのメンタルブロックの外し方があります。

その方法は、「自分はどうありたいのか?」を考えることで、今の理想的な自分つまり“自分のあり方”を設定するという方法です。

多くの人が、「どうなりたいか?」という“未来の理想的な自分”や“なり方”を考えます。つまり、結果にフォーカスします。

そうすると現状と未来のギャップが大きいので、心の中で「やっぱり無理かも…」「失敗したらどうしよう…」といったメンタルブロックが生じます。

なので、「自分はどうありたいか?」という“今の理想的な自分”、つまり“あり方”を考えるのです。

  • 何事も挑戦する自分でいたい。
  • 諦めない自分でいたい。
  • 少しずつでも成長していく自分でいたい。
  • 何事もやってみる精神で取り込みたい。

など。

このように結果ではなく、プロセスにフォーカスすることで、メンタルブロックが外れ、行動できるようになります。

そして、今の理想的な自分に基づいて行動するようになることで、現状と未来のギャップを過度に意識しなくなるので、ストレスが減り、目の前のやるべきことに集中しやすくなります。

8.メンタルブロックがあっても動じない心の使い方

メンタルブロックに動じない心の使い方をご紹介します。メンタルブロックによって行動できなくなってしまう方におすすめの方法です。

その方法とは、ネガティブ思考の先延ばしです。

この方法は、「どうせ上手くいかない…」「失敗したらどうしよう…」「本当にこれでいいのだろうか?」といったネガティブな感情によって行動できなくなった時に特に有効です。

やり方は、感情的になってモヤモヤし始めたら、その感情をメモしておいて、「あとでたっぷり考えよう。だから今は、目の前のことに集中しよう。」と先延ばしして、目の前のことに集中し直すのです。

この方法はメンタルブロックが強い時には難しいかもしれませんが、ある程度のメンタルブロックには有効です。

悩んでしまって前に進めない人と、悩みながらも前に進める人の違いは、ネガティブ感情から目の前のことに意識を切り替えられるかどうかです。この違いによって、勉強や仕事、目標達におけるの成長スピードや生産性がまったく違ってきます。

シンプルな方法ですが、この方法は非常に重要ですので身に着けておくことをおすすめします

9.自信がない時のメンタルブロックの外し方

メンタルブロックの1つに「自信がない」が挙げられます。こんな時におすすめの方法が、事例をたくさん調べることです。

自分がやろうとしていることを先人達はどうやって実現してきたのかを調べるのです。

ただし、ここでの注意点は、今の先人達と自分を比べてはいけませ。すでに成功している人の今と、自分の今を比較すると、「自分には無理」と思ってしまいます。自信をなくすだけです。あくまでも、先人達がやってきた試行錯誤を調べるのです。

そうやってたくさん事例を集めることで、自分もこうやったらできるかもしれないという可能性を探るのです。そうすると、「できるかもしれない」という自信が育ちます。

その結果、「自分にはできない」というメンタルブロックが外れて、一歩を踏み出すことができるようになります。

実際、他人の成功体験を知ることで、「できるかもしれない」という自信が育つことが分かっています。なので、メンタルブロックで行動できない時は、他人の事例を調べてみることです。

また自分に自信がない人は、以下の記事もご参考ください。

参考:自分に自信がない人の本当の原因とは?目的別!解決策15選

10.強制的なメンタルブロックの外し方

メンタルブロックを外部の力を使って解除する方法があります。それが、環境を変えることです。

人は人に強く影響を受けます

例えば、ネガティブな人達に囲まれていると、自分もネガティブな考えをしがちになります。一方、ポジティブな人達に囲まれていると、自分もポジティブな考えをしやすくなります。

また、やらざる負えない環境にいると、やるしかないので行動するようになります。

なので、自分にとって相応しい環境を自ら作る、あるいは相応しい環境に身を置くということを意識的にやってみることです。

おすすめは、自分が目標とすることをすでに実現している人達との交流を増やすことです。それができる環境に身を置くことです。

メンタルブロック解除術

メンタルブロックを解除するためには、①メンタルブロックの特定、②解除という2ステップが必要です

そこで、メンタルブロックを特定し、解除するための7つの質問を公開します。すぐにでもメンタルブロックを特定し、解除できる強力な質問集をぜひご活用ください。

無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

11.メンタルブロックを解除する集中法

「面倒だな」「大変そうだな」「できなさそうだな」という感情がメンタルブロックになっていることもあります。

例えば、頭の中で「あれもしないと、これもしないと」「これもしないといけないけど、あれについてはどうしよう」と様々なことを考えてしまうと、だんだんと「面倒だな」「大変そう」といった感情が湧いて来て、行動できなくなってしまいます。

そんな時は、「たった1つのこと」に集中するのです。そして、それができたら、次のたった1つのことに集中するのです。

  • 1年以内にすべきたった1つのことは?
  • 半年以内にすべきたった1つのことは?
  • 今月すべきたった1つのことは?
  • 今週すべきたった1つのことは?
  • 今日すべきたった1つのことは?

あれもこれもやらないといけないと考えるからメンタルブロックがかかってしまいます。1つのことに絞ることでメンタルブロックを解除するのです。

メンタルブロックに関する注意点

ここからはメンタルブロックに関する注意点をご紹介します。

メンタルブロックについて学び始めると、間違った考え方や行動をしてしまう人がいます。その結果、本来得たかったはずの結果から遠のいてしまうことがあります。

なので、これからご紹介する注意点を必ず守って下さい。

注意1.何でもメンタルブロックのせいにする

メンタルブロックについて学び始めると、何でもメンタルブロックのせいにしてしまう人がいます。

たしかに上手くいかない時にはメンタルブロックを疑ってみるのは有効です。ですが、上手くいかない原因がすべてメンタルブロックであるとは限りません

例えば、仕事であれば「知識不足」「スキル不足」が原因であることも多いです。人間関係であれば、「話し方」「態度」に原因があるかもしれません。

それなのに、「上手くいかないのは、何かメンタルブロックがあるからに違いない」とメンタルブロック探しに躍起になってしまう人がいます

なので、メンタルブロックについて学ぶ上で、何でもメンタルブロックのせいにしないことを心がけて下さい。

注意2.メンタルブロックの二重縛りをする

メンタルブロックの二重縛りとは、「メンタルブロックを解除するまで行動できない。」「メンタルブロックを解除するまで上手くいかない。」と考えるようになってしまうことで、メンタルブロックそのもののと、メンタルブロックを完璧に解除しないと先に進めないという思い込みよって二重に縛られることを言います。

メンタルブロックについて学べば学ぶほど、このような二重縛りをするようになる人が多いので注意が必要です。

メンタルブロックを解除しなくても、行動できるケースもあるし、上手くいくケースもあります。メンタルブロックを外さないと先に進めないということはありません。別のやり方、別の道がありますから。

例えば、人前でプレゼンするのが怖かったとしても、怖がりながら経験を重ねるうちに、次第に恐怖心が薄れていくケースもあるわけです。

それなのにメンタルブロックを完璧に解除しないと先に進めないと考えてしまうようになると、メンタルブロックを外すことだけに縛られてしまい、前に進めなくなってしまいます。(実際にこういう人は多いので本当に注意が必要です。)

なので、メンタルブロックを完璧に解除しないとダメだという考え方は持たないように注意してください。

注意3.メンタルブロック解除に魔法のような効果を期待する

メンタルブロック解除に魔法のような効果を期待するのも注意が必要です。

もちろん、ハッとする気づきをきっかけに、瞬時にメンタルブロックが外れ、行動できるようになることもあります。ですが、メンタルブロック解除に時間をかけなければいけないケースもあります。

なので、「メンタルブロックさえ外せれば成功できる」みたいな過度な期待はしてはいけません

メンタルブロック解除に過度な期待をすることで、努力を怠るようになってしまう人がいるからです。

メンタルブロックを外せば、楽に成功できる。だけど今、苦しいということは何か別のメンタルブロックがあるからに違いない…。」と考えて、ずっとメンタルブロック外しに躍起になって、前に進めなくなってしまう人がいます。

メンタルブロックは魔法ではありません。なので実際は、メンタルブロックを外した後に、地道な努力が欠かせないものです。

なので、メンタルブロック解除に魔法のような効果を期待しないように注意して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メンタルブロックがあると、なかなか行動できずに自分を責めてしまうことがあるかもしれません。

ですが、それはメンタルロックのせいであり、自分を責める必要はありません。この記事を読んで、メンタルブロックの解除に取り組んでみて欲しいと思います。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます





※メルマガはいつでも解約できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事