メンタルブロックとは?行動力を高めるメンタルブロック解除法11選

メンタルブロックとは、何かしようと思った時に、「自分にはできない」と行動を妨げてしまう考えや思い込みのことです。

目標達成、恋愛、仕事、転職、副業、起業など…、人生ではいかにメンタルブロックを外し、自分の行動力を高めることができるかが非常に重要です。

そこで、この記事では、

  1. 人の行動力を高める専門家であるプロコーチ(私)が
  2. メンタルブロックの仕組みと、外し方をまとめて解説することで
  3. あなたが自分で行動力を高められるように

していきます。

この記事の特徴は、すぐにメンタルブロックを外すことができる具体的な方法が分かりやすく学べるということです。

なので、もし行動できなくて悩んだ時は、すぐにこの記事を見て、メンタルブロックを外してほしいと思います。

あなたがメンタルブロックを外すことができるようになれば、今以上の行動力を手に入れることができます。

それではさっそく学んでいきましょう!

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

メンタルブロックとは

メンタルブロックとは、何かの行動をしようと思った時に、「自分にはできない」と行動を妨げてしまう考えや思い込みのことです。

代表的なメンタルブロックには次のようなものがあります。

できない
(不可能)
例)自分には彼女/彼氏はできるわけがない。
例)自分はやりたい仕事に就くことはできない。
例)自分が副業や起業してもきっと上手くいかない。
してはいけない
(禁止)
例)やりたいことをやってはいけない。
例)リスクのあることはしてはいけない。
しなければいけない(義務) 例)お金を稼がないといけない。
例)親を大切にしなければいけない。

こういった思い込みは、私たちの行動にブレーキをかけてしまいます。

そのため、メンタルブロックを外すことによって、行動できるようにしてあげる必要があります

では、そもそもどうしてメンタルブロックが生まれてしまうのでしょうか?メンタルブロックの原因について次章で解説したいと思います。

メンタルブロックが生まれる原因

なぜ、メンタルブロックが生まれるのでしょうか?その原因は、次のような人間の心理的原因にあります。

  1. 一貫性の原理
  2. 現状維持バイアス
  3. 心理的負担

1つずつ解説していきます。

メンタルブロックの原因1:一貫性の原理

メンタルブロックが生まれる原因の1つが、一貫性の原理です。一貫性の原理とは、価値観や信念、発言、態度、行動などに一貫性を持たせようとする、人間の心理的性質の1つです。

この一貫性の原理によって、自分の価値観や信念に合致する思い込みを持つようになってしまうことでメンタルブロックが発生してしまいます。

例えば、「人生では失敗をしてはいけない」という価値観を持っていたとしたら、「副業や起業なんてリスクの高いことをしてはいけない(禁止)」「自分のやりたいことではなく、安定的に生活できる仕事をすべきだ(義務)」といった思い込みを持つようになります。

また別の例を挙げるなら、「自分は頭が悪い」という信念を持っていれば、「自分は志望校に合格できない(不可能)」といった思い込みを持つようになってしまうというわけです。

このように一貫性の原理という人間の心理的特性によって、価値観や信念に合致した思い込みがメンタルブロックとして私たちの行動力を妨げてしまいます。

そのため、メンタルブロックを解除しようと思ったら、行動にブレーキをかけている価値観や信念を見つけ出し、書き換える必要があります

メンタルブロックの原因2:現状維持バイアス

メンタルブロックが生まれる原因の2つ目は、現状維持バイアスです。現状維持バイアスとは、現状を維持しようとする人間の心理的性質の1つです。

私たちは現状を維持することで、自分を守ろうとします。そのため、これまでとは違った行動をしようとすると、「傷つきたくない」「損したくない」「失敗したくない」 「恥をかきたくない」といった現状に引き戻そうとする心理が働きます。

そのため、これまでとは違った行動を起こそうとした時に、不安や恐怖という感情を感じせ、行動にブレーキをかけてしまいます

例えば、今の会社に満足していないけど、転職するとなると不安で言い出せないといったことが起こります。

なので、メンタルブロックを解除しようと思うと、現状維持バイアスをどのように克服するかが課題となります。

メンタルブロックの原因3:心理的負担

メンタルブロックが生まれる原因の3つ目は、心理的負担です。人は心理的に負担を感じると、「めんどくさいなぁ」「大変そうだなぁ」「やったことがないからよく分からないなぁ」と行動にブレーキがかかってしまいます。

例えば、大量の資料を渡されると、めんどくさいなぁと感じてしまい、なかなか行動できなくなってしまいます。

そのため、メンタルブロックを解除するには、いかに心理的負担を減らすのかということも重要になってきます

メンタルブロックと潜在意識の関係性

ところで、よくメンタルブロックと潜在意識について語られることがあります。では、この2つにはどのような関係があるのでしょうか?

潜在意識とは、自分では自覚できていない思考や思考様式すべてのことを言います。人間には、潜在意識という自覚できていない領域があるということです。

そして、この潜在意識の中に、メンタルブロックや、そのの原因が隠れています

なぜなら、多くの人が自分の持っているメンタルブロックや、その原因について気づいていないからです。

気づいていないということは、自覚できていないということです。すなわち、潜在意識という自覚できていない領域に、メンタルブロックとその原因が隠れているということです。

そのため、「メンタルブロックを解除するには潜在意識を変えなければいけません」というような言い方をされることがあります。

潜在意識を変えてメンタルブロックを解除するには?

メンタルブロックを解除するには潜在意識を変えなければいけないというと、なにかスピリチュアル的な話かなと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

ですが、そうではありません。

私は心理的に解説したいと思います。

潜在意識を変えてメンタルブロックを解除するというのは、

  1. 価値観や信念(=一貫性の原理)を変える
  2. 現状維持バイアスの影響を抑制する
  3. 心理的負担を減らす

といったことによって、行動にブレーキをかけている考えや思い込みを解消してあげることを意味します。

では、具体的に何をすればメンタルブロックを解除することができるのでしょうか?

すぐにできるメンタルブロック解除法11選

この章では、メンタルブロックを解除する方法についてご紹介していきます。どれも簡単で、すぐに実践できる方法ばかりです。

なので、思うように行動できないと感じた時は、この記事を読み返してチェックリストのように活用してください。そして、1つ1つメンタルブロックを解除する方法を実践してみて下さい。

そうすれば、行動できるようになっていきます。

それでは、1つずつご紹介していきます。

【1】自分のメンタルブロックを知る方法

まず行動できないと感じた時にやって欲しいことは、メンタルブロックの特定です。自分がどのようなメンタルブロックによって行動できなくなっているのかを知らないことには、対処のしようがありません。

なので、行動できないと感じた時には、まずは自分のメンタルブロックを特定しましょう。

やり方は、「なぜ、行動できないんだろう?」と問い続けることです。

例えば、副業に挑戦できないとします。

副業に挑戦できない。
↓ なぜ?
やったことがないし、怖いから。
↓ なぜ?
上手くいくわけがないと思っているから。
↓ なぜ?
自分にはスキルや強みがないと思っているから。
↓ なぜ?
・・・

このように「なぜ?」と問うことで、自分の潜在意識に隠れていた考えや信念に気づくことができるようになります。

行動できない時には、「なぜ?」と問う。これを覚えておきましょう!

【2】メンタルブロックを解除する逆転の発想法

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事