メンタルブロック外し方11選!メンタルブロックとは?意味と解除法

メンタルブロックとは、何かしようと思った時に、「自分にはできない」と行動を妨げてしまう考えや思い込みのことです。

目標達成、恋愛、仕事、転職、副業、起業など…、人生ではいかにメンタルブロックを外し、自分の行動力を高めることができるかが非常に重要です。

そこで、この記事では、

  1. 人の行動力を高める専門家であるプロコーチ(私)が
  2. メンタルブロックの仕組みと、外し方をまとめて解説することで
  3. あなたが自分で行動力を高められるように

していきます。

この記事の特徴は、すぐにメンタルブロックを外すことができる具体的な方法が分かりやすく学べるということです。

なので、もし行動できなくて悩んだ時は、すぐにこの記事を見て、メンタルブロックを外してほしいと思います。

あなたがメンタルブロックを外すことができるようになれば、今以上の行動力を手に入れることができます。

それではさっそく学んでいきましょう!

メンタルブロック解除術

悩んで動けないを解決するには、感情・思考・行動を同時に変容させることです

そこで、メンタルブロックを外し、自分を動かすことができる独自開発したセルフコーチングノート術のやり方を公開します。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

メンタルブロックとは何か

メンタルブロックとは、何かの行動をしようと思った時に、「自分にはできない」と行動を妨げてしまう考えや思い込みのことです。メンタルブロックの意味を「心のブレーキ」と表現することもあります。

代表的なメンタルブロックには次のようなものがあります。

できない
(不可能)
例)自分には彼女/彼氏はできるわけがない。
例)自分はやりたい仕事に就くことはできない。
例)自分が副業や起業してもきっと上手くいかない。
してはいけない
(禁止)
例)やりたいことをやってはいけない。
例)リスクのあることはしてはいけない。
しなければいけない(義務)例)お金を稼がないといけない。
例)親を大切にしなければいけない。

こういった思い込みは、私たちの行動にブレーキをかけてしまいます。

そのため、メンタルブロックを外すことによって、行動できるようにしてあげる必要があります

では、そもそもどうしてメンタルブロックが生まれてしまうのでしょうか?メンタルブロックの原因について次章で解説したいと思います。

メンタルブロックが生まれる原因

なぜ、メンタルブロックが生まれるのでしょうか?その原因は、次のような人間の心理的原因にあります。

  1. 一貫性の原理
  2. 現状維持バイアス
  3. 心理的負担

1つずつ解説していきます。

メンタルブロックの原因1:一貫性の原理

メンタルブロックが生まれる原因の1つが、一貫性の原理です。一貫性の原理とは、価値観や信念、発言、態度、行動などに一貫性を持たせようとする、人間の心理的性質の1つです。

この一貫性の原理によって、自分の価値観や信念に合致する思い込みを持つようになってしまうことでメンタルブロックが発生してしまいます。

例えば、「人生では失敗をしてはいけない」という価値観を持っていたとしたら、「副業や起業なんてリスクの高いことをしてはいけない(禁止)」「自分のやりたいことではなく、安定的に生活できる仕事をすべきだ(義務)」といった思い込みを持つようになります。

また別の例を挙げるなら、「自分は頭が悪い」という信念を持っていれば、「自分は志望校に合格できない(不可能)」といった思い込みを持つようになってしまうというわけです。

このように一貫性の原理という人間の心理的特性によって、価値観や信念に合致した思い込みがメンタルブロックとして私たちの行動力を妨げてしまいます。

そのため、メンタルブロックを解除しようと思ったら、行動にブレーキをかけている価値観や信念を見つけ出し、書き換える必要があります

メンタルブロックの原因2:現状維持バイアス

メンタルブロックが生まれる原因の2つ目は、現状維持バイアスです。現状維持バイアスとは、現状を維持しようとする人間の心理的性質の1つです。

私たちは現状を維持することで、自分を守ろうとします。そのため、これまでとは違った行動をしようとすると、「傷つきたくない」「損したくない」「失敗したくない」 「恥をかきたくない」といった現状に引き戻そうとする心理が働きます。

そのため、これまでとは違った行動を起こそうとした時に、不安や恐怖という感情を感じせ、行動にブレーキをかけてしまいます

例えば、今の会社に満足していないけど、転職するとなると不安で言い出せないといったことが起こります。

なので、メンタルブロックを解除しようと思うと、現状維持バイアスをどのように克服するかが課題となります。

メンタルブロックの原因3:心理的負担

メンタルブロックが生まれる原因の3つ目は、心理的負担です。人は心理的に負担を感じると、「めんどくさいなぁ」「大変そうだなぁ」「やったことがないからよく分からないなぁ」と行動にブレーキがかかってしまいます。

例えば、大量の資料を渡されると、めんどくさいなぁと感じてしまい、なかなか行動できなくなってしまいます。

そのため、メンタルブロックを解除するには、いかに心理的負担を減らすのかということも重要になってきます

メンタルブロックと潜在意識の関係性

ところで、よくメンタルブロックと潜在意識について語られることがあります。では、この2つにはどのような関係があるのでしょうか?

潜在意識とは、自分では自覚できていない思考や思考様式すべてのことを言います。人間には、潜在意識という自覚できていない領域があるということです。

そして、この潜在意識の中に、メンタルブロックや、そのの原因が隠れています

なぜなら、多くの人が自分の持っているメンタルブロックや、その原因について気づいていないからです。

気づいていないということは、自覚できていないということです。すなわち、潜在意識という自覚できていない領域に、メンタルブロックとその原因が隠れているということです。

そのため、「メンタルブロックを解除するには潜在意識を変えなければいけません」というような言い方をされることがあります。

メンタルブロックを解除するには?

メンタルブロックを解除するには潜在意識を変えなければいけないというと、なにかスピリチュアル的な話かなと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

ですが、そうではありません。

私は心理的に解説したいと思います。

潜在意識を変えてメンタルブロックを解除するというのは、

  1. 価値観や信念(=一貫性の原理)を変える
  2. 現状維持バイアスの影響を抑制する
  3. 心理的負担を減らす

といったことによって、行動にブレーキをかけている考えや思い込みを解消してあげることを意味します。

では、具体的に何をすればメンタルブロックを解除することができるのでしょうか?

メンタルブロック外し方11選

この章では、メンタルブロックを解除する方法についてご紹介していきます。どれも簡単で、すぐに実践できる方法ばかりです。

なので、思うように行動できないと感じた時は、この記事を読み返してチェックリストのように活用してください。そして、1つ1つメンタルブロックを解除する方法を実践してみて下さい。

そうすれば、行動できるようになっていきます。

それでは、1つずつご紹介していきます。

【1】自分のメンタルブロックを知る方法

まず行動できないと感じた時にやって欲しいことは、メンタルブロックの特定です。自分がどのようなメンタルブロックによって行動できなくなっているのかを知らないことには、対処のしようがありません。

なので、行動できないと感じた時には、まずは自分のメンタルブロックを特定しましょう。

やり方は、「なぜ、行動できないんだろう?」と問い続けることです。

例えば、副業に挑戦できないとします。

副業に挑戦できない。
↓ なぜ?
やったことがないし、怖いから。
↓ なぜ?
上手くいくわけがないと思っているから。
↓ なぜ?
自分にはスキルや強みがないと思っているから。
↓ なぜ?
・・・

このように「なぜ?」と問うことで、自分の潜在意識に隠れていた考えや信念に気づくことができるようになります。

行動できない時には、「なぜ?」と問う。これを覚えておきましょう!

メンタルブロック解除術

悩んで動けないを解決するには、感情・思考・行動を同時に変容させることです

そこで、メンタルブロックを外し、自分を動かすことができる独自開発したセルフコーチングノート術のやり方を公開します。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧いただけます。



※メルマガはいつでも解除可能です。

【2】メンタルブロックを解除する逆転の発想法

メンタルブロックを外し方で今すぐにできる方法があります。それは、「逆に…」と考えることです。

 

逆にできるとしたら…。

逆にやってもいいとしたら…。

逆にやるべきだとしたら…。

逆にしなくてもいいなら…。

 

こうやって「逆に」と考えることで、メンタルブロックがかかっている考え方とは反対の視点で考えてみるのです。

そうすることで、メンタルブロックがかかっている考え方を解きほぐしていくことができます。

メンタルブロックを解除したいと思ったら、「逆に」と考えてみましょう。

【3】メンタルブロックを解除する強い想いの見つけ方

人の強い想いは、メンタルブロックを解除します。強い想いを見つけるためには、「本当はどうしたいのか?」を考えてみることです。

欠点やリスクにばかり気を取られてしまって、メンタルブロックが掛かっていることがあります。

それでも「やりたい!やるんだ!」と思えるような強い想いが心の奥底で眠っていることがあります。

そんな強い想いに気づく方法が、「本当はどうしたいのか?」を考えてみることです。ポイントは、自分に素直になって直感的に出てきた想いを見逃さないことです。

【4】メンタルブロックも解除してしまう行動術

メンタルブロックがあるから行動できない。そんな状況でも、行動できるようにする方法があります。しかも、その行動をすることで、メンタルブロックも解除されます。

その方法が、行動を細分化するという方法です。

自分が「これならできそう」と思えるくらい行動のハードルを小さくするのです。

例えば、新しい資格勉強を始めるとします。いきなり「参考書の1章を終わらせる」と考えるのではなく、「毎日10秒だけ勉強してみる」といったところから始めるのです。

このように行動をスモールステップに刻むことで、メンタルブロックも解除されていきます。『急がば回れ』です。

【5】一撃でメンタルブロックを解除する方法

一撃でメンタルブロックが解除されてしまうこともあります。それを意図的に行うなら、方法はこれしかありません。

「えいやっ!」とやってみる、飛び込んでみるという方法です。

この方法は、メンタルへの負担は大きいですが、無理やりやってみることで、いっきにメンタルブロックが解除されます。

なぜなら、やったことがないから不安や心配になってメンタルブロックが掛かっていることがほとんどなので、やってしまえば解除されてしまうのです。

実際、やってみないことには分かりません。なので、やってみないことには、いつまでも不安や心配でモヤモヤし続けます。そして不安や心配事はほとんど実際には起こらないものです。

【6】ネガティブな感情を利用したメンタルブロックの外し方

ネガティブな感情を逆に利用したメンタルブロックの外し方があります。その方法は、リフレ―ミングと呼ばれる心理テクニックです。

リフレ―ミングとは、簡単に言うと、見方を変えるという方法です。

例えば、「将来の不安でモヤモヤして行動できない」という場合、「将来の不安は、今のうちに備えておけ!」という自分からのメッセージだとリフレ―ミングすることができます。

このようにネガティブな感情も使い方次第では、メンタルブロックを解除することができます。

【7】自分を根底から変えるメンタルブロックの外し方

自分を根底から変えることで、メンタルブロックの外し方があります。

その方法は、「自分はどうありたいのか?」を考えることで、今の理想的な自分、つまり“自分のあり方”を設定するという方法です。

多くの人が、「どうなりたいか?」、“未来の”理想的な自分、“なり方”を考えます。そうすると現状と未来のギャップが大きいので、心の中で「やっぱり無理かも…」「失敗したらどうしよう…」といったメンタルブロックが掛かります。

なので、「自分はどうありたいか?」、“今の”理想的な自分、つまり“あり方”を考えるのです。

・何事も挑戦する自分でいたい。
・諦めない自分でいたい。

など。

“今の”理想的な自分であれば、現実的で実現しやすくなります。現状と未来のギャップも小さいので、メンタルブロックも解除されます。

【8】メンタルブロックに動じない心の鍛え方

メンタルブロックによって行動できなくなってしまう方には、感情を先延ばしするという方法もおすすめです。

この方法は、「どうせ上手くいかない…」「失敗したらどうしよう…」といった感情的になって行動できなくなった時に有効です。

やり方は、感情的になってモヤモヤし始めたら、その感情をメモしておいて、「あとで考えよう」と先延ばしして、目の前のことに集中し直すのです。

この方法はメンタルブロックが強い時には難しいかもしれませんが、ある程度のメンタルブロックには有効です。ぜひやってみて下さい。

【9】自信をつけてメンタルブロックを克服する方法

メンタルブロックの1つに「自信がない」が挙げられます。こんな時におすすめの方法が、事例をたくさん調べることです。

自分がやろうとしていることを先人達はどうやって実現してきたのかを調べるのです。

ただし、ここでの注意点は、今の先人達と自分を比べてはいけません。それは、自信をなくすだけです。あくまでも、先人達がやってきた試行錯誤を調べるのです。

そうやってたくさん事例を集めれば、自分もこうやったらできるかもしれないという可能性を探るのです。

そうやって自信が高まれば、メンタルブロックを克服して、一歩を踏み出すことができるようになります。

【10】メンタルブロックの強制的な外し方

メンタルブロックを外部の力を使って解除する方法があります。それが、環境を変えることです。

人は人に強く影響を受けます

例えば、ネガティブなな人達に囲まれていると、自分もネガティブな考えをしがちになります。一方、ポジティブな人達に囲まれていると、自分もポジティブな考えをしやすくなります。

なので、自分にとって良い環境を自ら作る、あるいは良い環境に身を置くということを意識的にやってみることです。

おすすめは、自分が目標とすることをすでに実現している人達との交流を増やすことです。それができる環境に身を置くことです。

【11】一点突破でメンタルブロックを解除する方法

メンタルブロックとしてやるべきことが多かったり、頭の中が整理されていなくて、なぜか行動できないといったあります。

やるべきことが多くて「面倒だな」「大変そうだな」「できなさそうだな」というメンタルブロックが掛かっているのです。

そんな時は、「たった1つのこと」を決めることです。

  • 1年以内にすべきたった1つのことは?
  • 半年以内にすべきたった1つのことは?
  • 今月すべきたった1つのことは?
  • 今週すべきたった1つのことは?
  • 今日すべきたった1つのことは?

あれもこれもやらないといけないと考えるからメンタルブロックがかかってしまいます。1つのことに絞ることでメンタルブロックを解除するのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メンタルブロックがあると、なかなか行動できずに自分を責めてしまうことがあるかもしれません。

ですが、それはメンタルロックのせいであり、自分を責める必要はありません。この記事を読んで、メンタルブロックの解除に取り組んでみて欲しいと思います。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事