計画を立てるテクニック20選!目標達成率の高い計画を立てる方法

計画を立てることで、勉強や仕事で目標達成率を高めたいとは思いませんか?もし、あなたが、勉強や仕事で目標を達成したいと思うのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

この記事の特徴は、勉強や仕事の目標達成率を上げるための計画のテクニックを数々を一挙公開しているところです。

この記事だけ読めば、それで十分というくらい計画を立てるためのテクニックをご紹介しています。

実際に、私が、人の能力を引き出し、目標を達成させるためにやっていることも多数、ご紹介しています。

なので、勉強や仕事の目標達成に1つでも活かして頂ければ、目標の達成率を上げることができるでしょう。

それでは、計画を立てるテクニックをご紹介していきます。

これだけで十分!計画を立てるテクニック20選

これから計画を立てるテクニックをご紹介していきます。すべての計画を立てるテクニックを実践するのが理想ですが、いきなり勉強や仕事に使うのは難しいと感じてしまう方もいるかもしれません。

なので、計画を立てるテクニックを1つずつでも取り入れていって下さい。それだけでも十分に効果があります。

それでは、解説していきます。

計画を立てるテクニック1:ワクワクする未来を定義する

計画を立てるテクニックの1つ目が、ワクワクする未来を定義することです。計画を立てる際に、多くの人が悩むのが、「計画を立てても行動できない」ということです。

その原因は、ワクワクする未来と計画が結びついていないからです。

人間はロボットではありません。なので、あなたの感情が動かない計画を立てても、ロボットのように計画通りに動くことができません。

なので、まずはワクワクする未来を定義することから始める必要があります。

難しいことではありません。

あなたがどうなりたいのかを想像するだけです。

  • なぜ、あなたは目標を達成したいのでしょうか?
  • 目標が達成できると何が得られるでしょうか?
  • もし目標が達成されるとあなたの人生はどう変わるでしょうか?
  • あなたの将来のワクワクと、目標はどのように関係しているでしょうか?

計画を立てるテクニック2:マインドセットを行う

計画を立てるテクニックの2つ目が、マインドセットを行うことです。マインドセットとは、自分の考え方や、取り組む姿勢を決めることです。

どのような考え方を持ち、どのような姿勢で取り組むのかが、目標達成に影響を与えます

例えば、「どうせ自分にはできない」と思っている人は、目標を達成するための方法を考えなくなり、行動も辞めてしまいます。一方、「頑張れば自分でもできるかもしれない」と思っている人は、目標を達成するための方法を考え、探し、行動します。

なので、計画を立てる上で、あなたがどのような考え方を持ち、どのような姿勢で取り組んで行きたいのかも明確にしておきましょう

「目標が達成できるかどうか分からなくても、全力を出す」
「トラブルが起こっても、必ず乗り越えて見せる」
「目標が達成できなくても、知識や経験を得ることで、成長する」

こういったマインドセットがあなたの目標達成率を高めてくれます。計画を立てる際は、心の計画を立てることもやっておこうということです。

計画を立てるテクニック3:失敗する原因を特定しておく

計画を立てるテクニックの3つ目が、失敗する原因を特定しておくことです。勉強でも、仕事でも「これをすると絶対に失敗する」「これをしないと絶対に失敗する」といった失敗するべくして失敗する原因があるはずです。

それは先人の失敗によって明らかになっていることが多いので、人から教えてもらうか、本やネットでも調べれば分かることだと思います。

こういった失敗するべくして失敗する原因を特定し、対策を考え、計画を立てることで、目標の達成率が上がります

目標を達成できない人は、失敗するべくして失敗する原因を知らず、まさにその原因によって失敗するべくして失敗しているケースも多々あります。

例えば、受験勉強であれば、最低限の英単語を覚えていないから、大事な英語のテストで得点できないといったケースです。仕事であれば、市場のリサーチを怠り、お金と時間をかけて商品を作っても売れなかったというケースです。

計画を立てる上で、必ず、失敗する原因を特定しておきましょう。

計画を立てるテクニック4:障害対策を計画する

計画を立てるテクニックの4つ目が、障害対策を計画することです。計画を立てるものの途中で挫折してしまう原因の1つが、目標達成のプロセスで障害が発生してしまったことがきっかけとなり、その先の計画が崩れてしまうことです。

例えば、受験勉強が順調に進んでいたものの、模試の合格判定が良くなかったことがきっかけに、やる気を失くしたり、落ち込んで、勉強が進まなくなってしまうというケースです。

仕事であれば、頑張って資料を作成していたものの、データが消えてしまうといったケースです。

計画を立てる際は、目標達成のプロセスで生じる可能性のある障害を可能な限り、事前に予測し、対策を考えておくべきです。そうすることで、事前に障害の発生を防ぐことができたり、本当に障害が生じてしまった時にスムーズに対処できます。

計画を立てるテクニック5:優先順位を決める

計画を立てるテクニックの5つ目が、優先順位を決めることです。目標を達成するためにすべきことや重要なことなど、すべての優先順位をつけておきましょう。

優先順位を付けることで、何が重要なことなのかを理解し、重要なことから手を付けることができます

また、締切などがある場合は、何をして、何をしないかの取捨選択ができるようになります。

計画を立てるものの目標が達成できない人は、優先順位を理解できておらず、重要なじゃないことに時間やお金を費やしているケースがあります。必ず、計画を立てる際は、あらゆることの優先順位を決めておきましょう。

計画を立てるテクニック6:睡眠を計画する

計画を立てるテクニックの6つ目は、睡眠を計画することです。計画を立てる際に、睡眠を考慮していない人も多いようです。

そのため、目標を達成するために、睡眠時間を削ろうとします。ですが、睡眠時間を削ると目標達成率が下がると考えておいた方がいいです。特に、長期的な目標であればあるほど、睡眠時間を削ると、目標達成が難しくなるでしょう。

人間は睡眠不足になると、脳の働きが悪くなります。そのため、やる気や集中力、思考力などが低下し、さらにストレスを感じやすくなります。そうなると、勉強や仕事でミスが増えたり、成果を出しづらくなって、余計にストレスを感じてしまいます。そうなると、ネガティブ思考や自己否定に陥ります。そして、挫折します。

実際に、上記のような負のスパイラルを経験した事がある人も多いのではないでしょうか?

なので、計画を立てる際は、自分のパフォーマンスを最大化できるように睡眠を計画するべきです。いつ寝るのか、いつ起きるのか、何時間寝るのか、睡眠の質を高めるために何をするかなど、睡眠についても考えておきましょう。

計画を立てるテクニック7:やらないことを決める

計画を立てるテクニックの7つ目が、やららないことを決めることです。計画を立てるものの、計画通りに進まなかったり、目標が達成できない人は、すべてをやろうとします。

ですが、期限がある場合は、ほとんどのケースで、すべてやろうとするのは不可能です。無理なものは無理です。だからこそ、計画を立てるわけです。

そして、計画を立てる際にやって欲しいことは、やらないことを決めることです。

そうすることで、成果に繋がる大事なことに集中するのです。そして、重要な部分が完了したのであれば、その後に重要じゃないことをすればいいです。

計画を立てる際に、ついつい何をするかと「加える」ことをしがちですが、大事なことは「削る」ことです。

最大の努力で達成する計画よりも、最小の努力でも達成できる計画の方が優れた計画と言えるのではないでしょうか。もちろん実際は、最小の努力でも達成できる計画を立てた上で、最大の努力をするわけですが。

というわけで、計画を立てる時は、やらないことを決めましょう。

計画を立てるテクニック8:さぼりを想定した計画を立てる

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
オンライン体験講座が無料!

就活仕事転職副業起業結婚目標人生など…。自分が何をやりたいのか分からなくなっていませんか?

やりたいことを見つける学校のオンライン体験講座では、

  • なぜ、やりたいことが見つからないのか?
  • やりたいことを見つける3ステップとは?
  • 就活や転職の面接で説得力を高めるには?
  • やりたいことでお金を生み出すメカニズムとは?

といったことが無料で学べます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事