自分探しを最速で終わらせる9つの方法!間違った自分探しに注意!

自分探しには正しいやり方があります。自分探しを正しく行うことができれば、時間を無駄にすることなく、最短で自分のやりたいことを見つけることができます。

ですが、自分探しのやり方を間違ってしまうと、結局、やりたいことが見つからないままで、時間とお金を無駄にしてしまう可能性が高くなります

そこで、この記事では、

  1. 普段、仕事や人生の相談を受けているコーチが
  2. 最短でやりたいことを見つけるための
  3. 自分探しの正しいやり方を

解説します。

この記事だからこそ学べることは、世の中で行われている間違った自分探しのやり方と、正しい自分探しのやり方です。

間違ったいる方法と、正しい方法を知っておくことで、迷わずに正しい方向に進んで行くことができるようになります。

というわけで、間違った自分探しについて解説するところから始めたいと思います。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

間違った自分探し5選

これから紹介する自分探しは、世の中の人がやりがちな間違った自分探しです。なので、絶対にやらないように注意してください。

それでは1つずつ解説していきます。

NGな自分探し1:自分探しのゴールを設定していない

やってはいけない自分探しとして、自分探しのゴールを設定していないケースがあります。なんとなく自分探しという言葉を使って、なんとなく思いついた行動を起こしているようなケースです。

ですが、自分探しのゴールを設定していないと、結局、時間を無駄にしてしまいます。

自分探しをした結果、どうなったら嬉しいのか?」をしっかりと考えておくべきです。

また、そもそも自分探しとは何をすることなのか?を理解しておく必要もあります。自分探しの目的について次章で解説するので、そちらをご覧ください。

NGな自分探し2:旅に出る

やってはいけない自分探しに、旅に出るというのが挙げられます。旅に出ること自体は、新しい土地や文化を知ることができ、良い体験になるでしょう。

ですが、自分探しという観点で考えるなら、旅に出るよりもやることがあります。

それが、先ほども書いた通り「自分がどうなったら嬉しいのか?」というゴールを決めることと、「そのために何をすべきか?」を考えることです。

多くの場合、自分探しの答えは、自分の外側にはありません。自分の内側にあります。なぜなら、どれだけ多くのことを見たり、体験したりしても、結局はあなたの心が動かないことには自分探しの答えにはならないからです。

なので、旅に出るより、自分と向き合うことです。自分以外に目を向けるのではなく、まずは自分に目を向けることです。

NGな自分探し3:何でもやってみる

自分探しでよく言われるアドレスに、「何でもやってみろ」というものがあります。これは半分正解ですが、半分不正解です。

なぜなら、自分がどうなりたいのかというゴールと、自分はどんな人間で、何を求めているのかという自分への理解がないと、結局やりたいことが見つからないことが多いからです。

つまり、まずは自分の中で答えを持っておかないと、いろんなことを経験したとしても、それが自分が求めていることなのかどうかの判断がつかないのです。

なので、ちょっと「違うな」と思ったら、すぐに止めてしまいます。あるいは、いろんなことに手を出しているうちに、よく分からなくなって、年だけが過ぎていくといったことになります。

そうならないためには、経験に加えて、自分を知ることが欠かせないということです。

NGな自分探し4:とにかく目の前のことに頑張る

自分探しで注意したいことが、とにかく目の前のことを頑張ってしまうことです。

目の前のことに頑張ることは正しいことではありますが、はやり自分を知ることを怠ってしまうと、気づけば年齢を重ねていたということになってしまいます。

このケースは、あとあとになってもっと早くにやりたいことを見つけて、挑戦すれば良かったと思ってしまいます。

なので、「やりたいことが分からない」と感じた時点で、自分を知ることを始めてみて下さい。

NGな自分探し5:人に会いに行く

自分探しということで、多くの人に会いに行くという人もいます。人は他人の影響を受けるので、自分探しのやり方としては間違っていません。ヒントも得られるでしょう。

ですが、やはり自分探しという観点で考えると、足りないことがあります。

それが先ほどから書いている、自分を知ることです。

人に会いに行くのはいいことですが、逆に他人に影響を受けて、振り回されてしまう可能性があります。他人は振り回しているつもりはないでしょうが、自分が勝手に影響されてしまうのです。

ですが、どこかの段階で、「あれ、何か違う…」と気づく時が来る可能性があります。

そうならないためには、自分の軸を持つこと、つまり自分を知ることが欠かせません。

 

いかがでしたでしょうか?世の中で自分探しの方法として一般的に言われているものも含まれていたかと思います。この中で自分がやってしまっていたこともあるでしょう。

ここまで読んで分かったと思います。

自分探しは、「自分探しの目的を明確にすること」「自分を知ること」が大切だということです。

それでは、自分探しの目的とはどのようなものなのでしょうか?次章で詳しく解説します。

自分探しの目的とは

自分探しの目的を知っていますか?自分探しの目的を知っておかないと、結局、時間やお金を無駄にしてしまいます。

自分探しの目的は、次の3つです。

  1. 自分を知ること
  2. 自分の欲求を知ること
  3. 価値ある目標を見つけること

この3つです。

なぜ、この3つが自分探しの目的と言えるのか?

その理由は、自分を知り、自分が望むものを知るからこそ、価値ある目標を持つことができるようになり、人生の充実感を感じられるようになるからです。

自分探しをしている人は、満たされない毎日に物足りなさや不満を感じていて、自分の人生を充実したものに変えたいと思っているはずです。

そのためには、この3つが欠かせない要素だということです。

車に例えると…

ちなみに、「自分を知る」「自己欲求を知る」「価値ある目標を持つ」というのを車に例えると次のようになります。

自分を知ることは、車の性能や特性を知ることと同じです。

そして、自己欲求を知ることは、カーナビの地図の精度を高めることと同じです。つまり、自分が望むものに向かう道かどうかを明確にしてくれます。

そして目標を持つことは、ドライブの最終的なゴール地点と同じです。

つまり、車の性能を知らず、カーナビもなく、行く当てもないなら、どこにも辿り着けないということです。

それと同じで自分探しをしてしまう人は、自分を知らず、自己欲求が分からず、行先を決めていないから、彷徨ってしまうのです。

最速の自分探し9つの方法

では、いよいよ自分探しの方法について解説していきます。これからお伝えする方法を実践して頂ければ、最短でやりたいことを見つけ、人生を充実させることができるでしょう。

それでは1つずつ解説していきます。

自分探しの方法1:自分の性格を書き出してみる。

まずは、自分の性格を知ることです。そのために、自分の性格を表すキーワードやフレーズを書き出してみましょう。

過去から今までを振り返って、自分の性格を言語化してみて下さい。

なぜ、自分の性格を知ることが大切なのかというと、自分探しの答えを見つけやすくなるからです。

結局、自分に合ったことを見つけるためには、自分の性格を知る必要があります。自分の性格を知らずに、自分に合ったことを見つけるのは難しいです。

自分探しの方法2:自分の人生年表を書き出してみる。

自分探しの方法として、おすすめなのは、自分の人生年表を書いてみることです。人生年表とは、年齢ごとに「どんな出来事があったか」「どんな一年だったか」を書いたものです。

この人生年表を書くことで、自分のことがよく分かります。例えば、「自分が熱中していたこと」「苦しかった時期と、その時に学んだこと」「身に着けたスキル」などです。

こういった自分の棚卸しによって、自分探しを行っていくためのヒントが得られるようになります。つまり、人生年表は自分探しの指針になるというわけです。

自分探しの方法3:自分にとっての成功を定義してみる。

自分探しをするには、そのゴールを明確にしておく必要があります。つまり、自分にとっての成功とは何なのかを明確にしておくということです。そこで明確になれば、自分のやるべきこと、進むべき方向性が見えてくるはずです。

お金を得ることなのか、豊かな人間関係を築くことなのか、仕事で成果を出すことなのか。人によって、成功の定義は違うはずです。また、成功の基準は1つでないこともあります。

自分にとっての成功を考えるためにとても良い質問をご紹介します。それは「自分は人生に何を求めているのだろうか?」という質問です。

自分探しの方法4:人生で後悔したくないことを書き出してみる。

自分探しの方法としてやっておいて欲しいことは、人生で後悔したくないことを書き出してみることです。

事前に後悔しそうなことを知り、対策しておけば、人生の満足度を高めることができます

よくある後悔が「もっと勉強しておけばよかった」「やりたいことをやっておけばよかった」「仕事だけではなく家族との時間を大切すればよかった」といったことです。

自分探しは自分が満足できる人生を生きるために行うわけですから、この機会に人生で後悔しそうなことを書き出してみましょう。

自分探しの方法5:自己欲求をメモし続ける。

自分探しとして日頃から行って欲しい習慣があります。それが、自己欲求をメモし続けることです。「~したい」「~が欲しい」「~になりたい」「~でいたい」など自分の欲求をメモしておくことは、自分を知ることに直結しています。

自己欲求が、“自分探しの答えそのもの”であることもあります。

さて、最近あなたはどのような欲求を抱いたでしょうか?書き出してみましょう。この自己欲求を書き出すという習慣を身に着けておくと、自分探しで迷走することがなくなっていきます。ぜひ、やってみて下さい。

自分探しの方法6:選択肢を書き出す。

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事