自分探しとは?自分探しの旅は間違い?9つの効果的方法を解説

自分探しの方法には正しいやり方があります。自分探しの方法を正しく行うことができれば、時間を無駄にすることなく、最短で自分を知り、やりたいことを見つけることができます。

ですが、自分探しの方法を間違ってしまうと、結局、やりたいことが見つからないままで、時間とお金を無駄にしてしまう可能性が高くなります

例えば、自分探しの旅。後で詳しく解説しますが、ほとんどの人にとって自分探しの旅は不要です。

この記事では、世の中で行われている間違った自分探しの方法と、正しい自分探しの方法を解説します。

間違った方法と、正しい方法を知っておくことで、迷わずに正しい方向に進んで行くことができるようになります。

というわけで、自分探しとは何かについて知るところから始めたいと思います。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しと言えます。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

目次

自分探しとは

自分探しとは、自分らしい生き方をするために、自分を探求することです。簡単に言うと、自分探しとは、自分を知ることです。

人はそれぞれ性格や才能、価値観、願望が異なります。なので、自分に合った選択をする必要があります。

なぜなら、自分に合った選択をすることで、人生の満足度が高くなるからです。ですが一方で、自分に合わない選択をしてしまうと、ストレスを感じることが多くなってしまいます

そこで、自分を知ることが必要になってくるというわけです。

自分探しについては、以下の記事も参考にして下さい。

自分探しの旅は不要!その理由とは

自分探しと言えば、「自分探しの旅」という言葉を想起する人も多いはずです。それくらい自分探しにおいて旅が重要視されているのでしょうか。

ですが私は、自分探しの旅は不要だと思っています。その理由をご紹介します。

1.自分探しの旅より先に、自分と向き合うべき

まず自分探しの旅が不要だと思う最初の理由は、自分探しの旅に出る前に、自分と向き合うべきだからです。

自分とは、自分の外側の世界にあるのではなく、自分の内側の世界に存在します。

自分は「何がしたいのか」「どうありたいのか」といった自分の心の声が、自分の選択や行動を決定します。つまり、自分の内側の世界が、自分という人間を決定しているのです。

例えば、お金持ちになって豊かな生活をしたいという内側の世界を持っている人は、それに従って外側の世界で生きています。

なので、自分探しの旅に出るよりも先に、まずは自分の内側の世界(=心)を知るべきなのです。

特に、自分が何をやりたいのかを知ることができれば、自ずと自分の行動が変わり、現実も変わっていきます

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しと言えます。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

2.やり方を知らないなら、自分探しの旅も無駄になる

自分探しの旅が不要な2つ目の理由は、やり方を知らないと、自分探しの旅も無駄になるからです。

先ほど、自分探しの旅に出るよりも、自分の内側の世界(=心の声)を知るべきだと書きました。ですが、それが分からないから悩んでいるという人も多いかと思います。

そんな人に共通するのは、自分を知る方法を知らないということです。

自分自身と向き合う方法を知っておくべきです。そして、それらがしっかりとできれば、わざわざお金と時間を使って自分探しの旅に出る必要もなくなるのです。

自分探しの旅に出たところで、自分と向き合う術を持っていなければ、ただの旅をしていることと変わりがありません。それでは、自分探しの旅どころか、自分の外側の世界に目を向けて、自分と向き合うことから遠ざかってしまいます。

3.自分探しの旅はお金と時間の無駄になる

自分探しの旅が不要な3つ目の理由は、単純に自分探しの旅はお金と時間が無駄になる可能性が高いからです。

自分探しの旅をしようとしている人は、自分探しの旅のゴールとプロセスが明確になっていないことが多いです。

つまり、「自分探しの旅は、どうなったら目的を達成したと言えるのか?」「目的を達成するためにどのような自分探しの旅をするのか?」が明確になっていないのです。

なので、自分探しの旅が、ただの旅になってしまうのです。

そのため、1年、2年、3年…と経っても、「自分が分からない」「何をしたいのか分からない」となってしまう可能性があるのです。

そんな状態では、自分探しの旅が、お金と時間の無駄になっているとしか言いようがありません。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しと言えます。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

4.自分探しの旅をしても選択肢が広がらない

自分探しの旅が不要な4つ目の理由は、自分探しの旅よりもスキルにお金や時間を投資すべきだからです。

自分探しの旅に出ようとする人は、「自分のやりたいことが分からない」という人が多いはずです。

なので、自分のやりたいことが分からないのであれば、自分探しの旅に出るよりも、自分が興味のある物事を勉強し、練習することでスキルを身に着けるべきです。

その方が早く自分のやりたいことが明確になっていきます。

スキルを身に着けることができれば、選択肢が広がります。選択肢が広がると、やりたいことも見つかりやすくなります。

やりたいことが分からないのは、単純に選択肢がないケースも多いです。

例えば、飲食店でホットコーヒーしか選択肢がなかったらどうでしょうか?「自分はコーヒー苦手だし、今は夏だから冷たいものが飲みたい」と思っているのに、選択肢が限られているわけです。そんな状況だと、「飲みたいものがない」となるのは当然です。

仕事選びや、人生のやりたいことにおいても、これと同じ現象が起きているのです。

なので、自分探しの旅をしても選択肢が広がることはありません。選択肢を広げるには、スキルを身に着けることです。

5.自分探しの旅より、普通の旅の方がいい

自分探しの旅が不要な5つ目の理由が、自分探しの旅よりも普通の旅をする方がいいからです。

自分探しの旅をしようとする人は、ゴールやプロセスが曖昧です。自分探しの旅は、どうなったらゴールで、そのためにどんなプロセスが必要なのかが不明確である以上、意味がありません。

であれば、普通の旅をした方がいいです。

自分探しの旅ではなくて、単純に異文化に触れてみたいといった目的で旅に出かけるのです。

もし「単純に旅に出かけたい」と思えるのであれば、それが自分のやりたいことです。そのやりたいことを実現するためにはお金や時間が必要になります。

では、お金や時間を確保して旅に出かけるようになるには、何をすればいいでしょうか?

そういった発想で、仕事や働き方を考えれば、自ずと方向性が見えてくるのではないでしょうか?

このように、自分探しの旅をやろうとするよりも、普通の旅を楽しもうと考えた方が、具体的な方向性や、やるべき事が明確になっていきます

なので、自分探しの旅を目的にする必要はない、というのが私の考え方です。

自分探しで迷走してしまう理由

自分探しで迷走してしまう人も多いようです。その理由をご紹介します。

1.自分探しの目的が分かっていない

自分探しで迷走してしまう1つ目の理由が、自分探しの目的が分かっていないという理由です。あなたは自分探しの目的とは何か、答えることができますでしょうか。

自分探しの目的が分かっていないと、そのために何をすればいいかが明確になりません

なので、具体的な行動を起こせずに、モヤモヤし続けてしまうのです。

なので、まずは自分探しの目的を明確にする必要があります。この記事でも自分探しの目的について解説していますので、ぜひご参考下さい。

2.自分探しが目的になっている

自分探しで迷走してしまう人の2つ目の理由が、自分探しが目的になっているという理由です。

自分探しが目的になっている人は、自分探し自体が目的なので、行動に変化が起きず、あまり人生が変わっていかないケースがあります。

これは自己啓発でよく起こる現象です。自己啓発を学ぶこと自体が目的化してしまうと、学ぶことが楽しく、具体的に何か行動に移すといったことをしないのです。

自分探しのプロセスが楽しくて、エンタメとしてやるのであれば問題ありません。ですが、何かしらの変化を求めるのであれば、実際の行動を起こしていく必要があります。

3.自分探しの方法を知らない

自分探しで迷走してしまう人の3つ目の理由が、自分探しの方法を知らないという理由です。自分探しの方法なんて学校では教えてくれません。なので、自分探しについて方法を知らない人がほとんどなのです。

なので、いざ自分探しをし始めると、その方法が分からないので、自分探しをしているつもりになってしまいます。

ですが、正しい方法ではないので、何かを学んだり、何かを経験したりしているのですが、一向に自分や人生に意味のある変化が起きないことに悶々としてしまいます

なので、自分探しで迷走しないためには正しい方法を知っておく必要があるのです。

自分探しの方法の間違い5選

これから紹介する自分探しは、世の中の人がやりがちな間違った自分探しです。なので、絶対にやらないように注意してください。

それでは1つずつ解説していきます。

自分探しの間違い1.なんとなく自分探しをしている

やってはいけない自分探しの方法として、自分探しのゴールを設定していないケースがあります。なんとなく自分探しという言葉を使って、なんとなく思いついた行動を起こしているようなケースです。

ですが、自分探しのゴールを設定していないと、結局、時間を無駄にしてしまいます。

自分探しをした結果、どうなったら嬉しいのか?」をしっかりと考えておくべきです。

また、そもそも自分探しとは何をすることなのか?を理解しておく必要もあります。自分探しの目的について次章で解説するので、そちらをご覧ください。

自分探しの間違い2.自分探しの旅に出る

やってはいけない方法には、自分探しの旅に出るというのも挙げられます。旅に出ること自体は、新しい土地や文化を知ることができ、良い体験になるでしょう。

です自分探しの間違いが、自分探しという観点で考えるなら、自分探しの旅に出る必要はありません。

それよりもまず、「自分がどうなったら嬉しいのか?」というゴールを決めることや、「そのために何をすべきか?」を考えることです。

そして多くの場合、自分探しの旅によって答えを得ることはできません

なぜなら、自分探しの答えは自分の外側ではなく内側にあるからです。まずは自分が自分のことを深く知ること。そのために、わざわざ自分探しの旅をして時間とお金を使う必要はありません。

なので、自分探しの旅に出るより、自分と向き合うことです。自分以外に目を向けるのではなく、まずは自分に目を向けることです。

自分探しの間違い3.何でもやってみる

自分探しの方法でよく言われるアドバイスに、「何でもやってみろ」というものがあります。これは半分正解ですが、半分不正解です。

なぜなら、自分がどうなりたいのかというゴールと、自分はどんな人間で、何を求めているのかという自分への理解がないと、結局やりたいことが見つからないことが多いからです。

つまり、まずは自分の中でゴールや価値観などの判断基準を持っておかないと、いろんなことを経験したとしても、それが自分にとって良いのか悪いのか判断がつかないのです。

なので、ちょっと「違うな」と思ったら、感情的になってすぐに止めてしまいます。あるいは、いろんなことに手を出しているうちに、よく分からなくなって、年だけが過ぎていくといったことになります。

そうならないためには、闇雲に経験するだけではいけないということです。

自分探しの間違い4.とにかく目の前のことを頑張る

自分探しの方法で注意したいことが、とにかく目の前のことを頑張ってしまうことです。

目の前のことに頑張ることは正しいことではありますが、闇雲に頑張るだけだと、気づけば年齢を重ねていたということになってしまいます。

そしてこのケースでは、気づいた頃には「早くにやりたいことを見つけて、挑戦すれば良かった」と後悔してしまうことが多いようです。

なので、とにかく目の前のことを頑張るのではなく、正しい自分探しの方法を学び、実行に移すことが大切です。

自分探しの間違い5.人に会いに行く

自分探しの方法として、多くの人に会いに行くという人もいます。人は他人の影響を受けるので、自分探しの方法としては間違っていません。ヒントも得られるでしょう。

ですが、自分探しの方法としては、足りない部分があります。

それが、自分を知ることです。

人に会いに行くのはいいことですが、逆に他人に影響を受けて、振り回されてしまう可能性があります。他人は振り回しているつもりはないでしょうが、自分が勝手に影響されてしまうのです。

そして、「あれがいいんじゃないか」「やっぱりこっちがいいんじゃないか」といろんなことに手を出そうとしたり、止めたりと迷走してしまいます。

そうならないためには、自分の軸を持つこと、つまり自分を知ることが欠かせません。

自分探しの目的

自分探しの目的とは何なのでしょうか?ここまで読んで下さった方なら、もうお分かりだと思います。

自分探しの目的は、「自分を知ること」です。

このように自分探しの目的が明確になれば、やることも明確になってきます。

自分探しで迷走してしまう人は、そもそも自分探しの目的が不明確である場合があります。そのため、何をしていいか分からず、どこかで聞いたことのある“自分探しの旅”を選んでしまうのかもしれません。

では、どのように自分を知ればいいのでしょうか?詳しく解説していきます。

自分探しでやるべき3つの事

それでは、いよいよ自分探しの方法について解説していきます。

まず、自分探しでは何をすべきなのかを知っておく必要があります。それを知らないと間違った自分探しをしてしまうことになります。

自分探しですべき事は、次の3つです。

  1. 自分を知ること
  2. 自分の欲求を知ること
  3. 価値ある目標を見つけること

なぜ、この3つが自分探しでやる必要があるのでしょうか?

その理由は、(1)自分を知り、(2)自分が望むものを知るからこそ、(3)価値ある目標を持つことができるようになり、人生の充実感を感じられるようになるからです。

自分探しをしている人は、満たされない毎日に物足りなさや不満を感じていて、自分の人生を充実したものに変えたいと思っているはずです。

そのためには、「自分」「欲求」「目標」の3つを知ることです。そのために自分探しを行うのです。

自分探しでやる事1:自分を知ること

自分探しでやるべき事の1つは、自分を知ることです。これは何度も書いているので、すでにご理解頂けているかと思います。

自分の性格や価値観、得意不得意を知ることで、適切な選択ができるようになります。

例えるなら、自分を知ることは、車の性能や特性を知ることと同じです。車の性能や特性を理解していれば、適切なコースを選択し、適切な走り方をすることができます。

それと同じで、自分の特性を知ることで、自分に合った選択ができるようになるのです。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しです。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

自分探しでやる事2:自己欲求を知る

自分探しでやるべき事の2つ目は、自己欲求を知ることです。自己欲求とは、「どうなりたいのか?」「どうありたいのか?」「何を求めているのか?」といった自分の欲求です。

自分の欲求は、自分を動かすエネルギーそのものです。私たちは、「痛みを避けたい」「快楽が欲しい」といった感情に従って生きています。その感情が満たされていると、満足感を得られるわけです。

ですが、「~すべき」「~してはいけない」といった論理によって、その感情を押し殺してしまうようになると、自分の気持ちが分からなくなり悩むようになります。

例えるなら、自己欲求は、車を動かす原動力となるエンジンそのものです。エンジンのパワーが弱いと、車のパワーも弱くなります。

同じように、自分を動かす心のチカラが弱いと、自分を動かすことができなくなります。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しと言えます。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

自分探しでやる事3:目標を持つ

自分探しでやるべき事の3つ目は、目標を持つことです。

目標を持つことで、目指す方向性が明確になります。逆に、目標がないと、どこに向かって、今をどのように生き、人生をどのように歩んで行けばいいのか、分からなくなります。

目標を持つことは、車を目的地へと導くカーナビ(地図)の精度を高めることと同じです。車の向かうゴールが明確になっていればいるほど、車を走らせやすくなります。

それと同じで、目標を持つことで、自分が進みたい方向性が明確になります。

 

このように、車に例えて言うなら、車の特性(自分)を知らず、エンジン(欲求)も機能せず、カーナビ(目標)もないなら、どこにも辿り着けないということです。それと同じで自分探しで迷ってしまう人は、自分を知らず、欲求が分からず、目標を決めていないから、彷徨ってしまうのです。

自分探しの具体的方法9選

では、いよいよ自分探しのための自己診断方法について解説していきます。

これから紹介する自己診断方法で分かることは、

  • 性格的特徴
  • 自己欲求
  • やりたいこと
  • 目指すべき方向性
  • やるべきこと

といったことが分かります。

なので、これからお伝えする診断方法を実践して頂ければ、自分探しの旅に出る必要なんてありません。最短でやりたいことを見つけ、人生を充実させることができるでしょう。

それでは1つずつ解説していきます。

自分探しの方法1.性格を言語化する

自分探しの診断方法の1つは、自分の性格を知ることです。そのために、自分の性格を表すキーワードやフレーズを書き出してみましょう。

過去から今までを振り返って、自分の性格を言語化してみて下さい。

なぜ、自分の性格を知ることが大切なのかというと、自分探しの答えを見つけやすくなるからです。

結局、自分に合ったことを見つけるためには、自分の性格を知る必要があります。自分の性格を知らずに、自分に合ったことを見つけるのは難しいです。

本ブログでも別の記事で自分を知るための方法をご紹介しているので、そちらもご参考ください。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しです。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

自分探しの方法2.人生年表を書く

自分探しの自己診断方法として、おすすめなのは、自分の人生年表を書いてみることです。人生年表とは、年齢ごとに「どんな出来事があったか」「どんな一年だったか」を書いたものです。

この人生年表を書くことで、自分のことがよく分かります。例えば、「自分が熱中していたこと」「苦しかった時期と、その時に学んだこと」「身に着けたスキル」などです。

こういった自分の棚卸しによって、自分探しの旅をするよりも効率的に自分を知るためのヒントが得られるようになります。なので、人生年表は自分探しの自己診断方法として非常に有効です。

自分探しの方法3.成功や幸せを定義する

自分探しの自己診断方法として、自分にとっての「成功とは何なのか」「幸せとは何なのか」を明確にすることも効果があります。それらが明確になれば、自分のやるべきこと、進むべき方向性が見えてくるはずです。

お金を得ることなのか、豊かな人間関係を築くことなのか、仕事で成果を出すことなのか。人によって成功や幸せの定義は違うはずです。また、成功や幸せの基準は1つでないこともあります。

自分にとっての成功や幸せを考えるためにとても良い質問をご紹介します。それは「自分は人生に何を求めているのだろうか?」という質問です。

この診断方法で大切なのは、他人や世間の言う成功や幸せではなく、自分なりの成功や幸せを知ることです。

人生の目的についての記事も参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

参考:人生の目的の見つけ方10選!人生の目的とは?悪い例・良い例を紹介

自分探しの方法4.後悔したくないことを書く

自分探しの診断方法として、人生で後悔したくないことを書き出すことも効果があります。これをすると、自分の欲求が分かります。

そして、後悔しそうなことが分かると、それがそのまま目標になることもあります。また、事前に後悔しそうなことを知り、対策しておくことで、人生の満足度を高めることもできます

よくある後悔が「もっと勉強しておけばよかった」「やりたいことをやっておけばよかった」「仕事だけではなく家族との時間を大切すればよかった」といったことです。

自分探しは自分が満足できる人生を生きるために行うわけですから、この機会に人生で後悔しそうなことを書き出してみましょう。

自分探しの方法5.自分の欲求に気づく

自分探しの診断方法として、単純に自己欲求を書き出すことも有効です。「~したい」「~が欲しい」「~になりたい」「~でいたい」など自分の欲求を書き出してみて下さい。

自己欲求が、“自分探しの答えそのもの”になることもあります。

最近、あなたはどのような欲求を抱いたでしょうか?書き出してみましょう。

もし欲求が出てこないなら、それは大き過ぎることを考えているからかもしれません。どんな小さな小さなことでも構いません。

そして、自分探しの方法として日頃から欲求を書き出すことを習慣にしてみて下さい。1日1つでも構いません。

そうすると、自分の欲求を認識する力が鍛えられていきます。その結果、自分探しで迷走することがなくなっていきます。

自分探しの方法6.楽しいと感じるシーンを思い出す

自分探しの自己診断方法として、楽しいと感じる時を思い出すのもおすすめです。

過去に楽しいと感じた時は、何をしていた時ですか?どんな時に楽しいと感じましたか?

「新しいことを学ぶ」「1つの事に集中する」「チームで頑張る」など、自分にとって楽しいと感じる行為を知っておくことです。

自分探しを行う上で、自分が楽しいと感じる事を知ることによって、今後の方針を考えるヒントになるはずです。

やりたいことが見つからないという人は、以下の記事もご覧ください。

自分探しの方法7.思い込みに気づく

自分探しの自己診断方法として、「できない」と思っていることを書き出すのも有効です。

私は、○○ができないと思っている。」、この文章の「○○」に当てはまる言葉や文章を考えてみて下さい。これによって、自分が「できない」と思っていることに気づくことができます。

そしたら次は、できないと思っている事の中で、「できるようになったら嬉しい」と思っているものがあるか確認してみて下さい。

この診断方法によって、「できないと思っているけど、本当はやってみたいこと」が分かります。自分探しを行う上で、このような自分の本音を知ることは非常に大切です。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しです。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。j

自分探しの方法8.選択肢に気づく

自分探しの自己診断方法として、今ある選択肢を書き出してみることをおすすめします。

例えば、仕事選びで悩んでいるなら、「やりたいかどうか」といった感情的な話や、「給料が安いから」といった条件的な話は無視して、まずは選択肢だけを列挙してみることです。

そうすることで一度、選択肢を一覧にして見える化するのです。そしたら次は、自分にとって良いと思う選択肢を比較してランキングをつけて下さい。

この診断方法によって、自分の進むべき方向性や、すべき事が見えてくるはずです。

自分探しの方法9.価値観を知る

最後におすすめの自分探しの自己診断方法をご紹介します。それは、自分の価値観を書き出してみることです。

価値観は、自分の判断基準の根幹です。パッと書き出せない人は、これから自分がどのような価値観を持っているのかに気づいていくことです。

人は自分の価値観が満たされている時は充実感を感じ、満たされていないとストレスを感じます。なので、自分の価値観が分からない人は、自分にとって間違った判断をしてしまう可能性が高くなるのです。

自分の価値観を書き出してみる。シンプルな診断方法ですが、自分探しの方法として非常におすすめです。

仕事において、あるいは人生において、何を大切だと思っているでしょうか?

自分探しの注意点

自分探しをするにあたって、注意点をご紹介しておきます。これから紹介することを当てはまらないように注意して下さい。

自分探しの注意点1.ただの旅をしてしまう。

まず自分探しの旅が、ただの旅にならないようにしましょう。この記事では、自分探しの旅をする必要はないと記載しました。ですが、自分探しの旅をするのであれば、旅行か観光にならないようにしなければいけません。

  • なぜ、自分探しをするのか?
  • 自分探しのゴールは何なのか?

を明確にしておくことです。

この記事でも、様々な方法をご紹介していますので、必ず1つ1つ頭に入れて実践してみて下さい。

自分探しの注意点2.自分探しを目的にする。

自分探しが目的になってはいけません。自分探しはあくまでも自分らしい生き方をするための、自分を知るという活動の一環にしか過ぎません。

なので自分探しがどのように自分の人生に影響を与えているのかを振り返りながら、自分への理解を深めていくことが必要です。

つまり、自分を知っても、それを実生活で生かさないと意味がないということです。

自分探しの注意点3.自分探しに時間を使い過ぎる。

自分探しに時間を使い過ぎるのも注意が必要です。自分探しはある程度やったら、行動に移すことです。

この記事でご紹介している内容を実践すれば、自分探しにそれほど時間はかからないはずです。

なので、自分探しをさっさと終えて、趣味や仕事、人間関係などの実体験の中で自分への理解を深めていくことです。

自分探しの注意点4.自分探しの期限を設けない。

自分探しをする上では、自分探しの期限を設けることも重要です。なぜなら、期限を設けないと、なんとなく自分探しをダラダラと続けてしまうからです。

自分探しは、期限を決めて、できるだけ短期間で終えてしまうことです。その方が、時間を無駄にしなくて済みます。そして残った時間を次のアクションのために使うのです。

自分探しの期間は、1週間~6ヶ月くらいがいいでしょう。自分探しは何年もかけてやるようなことではありません。

この記事に書いてある内容であれば1週間くらいあれば実践でき、十分に自分への理解を深めることもできるはずです。

自分探しの最短法

自分探しの理想は、できるだけ早く自分のやりたいことを見つけることです。人はやりたいことが見つかれば、自ずとそこに向かって行動するようになります。

悩んでいる時間を最小に、やりたいことをする時間に最大に」を目指すのが正しい自分探しです。

そこでメルマガにご登録いただいた方に、やりたいことが見つからない本当の原因」「最短でやりたいことを見つける3ステップなどを解説したレッスン動画を無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、最短でやりたいことを見つけて、自分探しを終わらせることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

まとめ

いかがでしょうか?

ここまで自分探しの間違いや、正しい自分探しの方法について解説してきました。何か1つでも実践してみて欲しいと思います。

自分探しの旅に出るよりも、ずっと早くに簡単に、自分のやりたいこと、やるべきことが明確になるはずです。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます





※メルマガはいつでも解約できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事