集中力を高める方法20選!今すぐできる集中力を高めるテクニック集

あなたが集中力を高める方法についてお探しでしたら、必ずこの記事を最後まで読んで下さい。なぜなら、この記事で、集中力を高める方法をまとめて学ぶことができるからです。

この記事だからこそ学べることは、「導入段階」「維持段階」「休憩段階」といった3つのフェーズに合わせた集中力を高める方法です

  1. 導入段階は、いかに勉強や仕事に着手するか。
  2. 維持段階は、いかに勉強や仕事を集中してやり続けるか。
  3. 休憩段階は、いかに集中力を回復させるか。

各フェーズで適切な集中力を高める方法を実践することができれば、「実行→継続→回復」のサイクルを回しながら、1日の中でやるべきことを今以上にこなせるようになっていきます。

なぜ、この3つのフェーズに分けたのか?それは私自身が、集中力がないことに悩んでいた時期があったからです。だからこそ、3つのフェーズに合わせた集中力を高める方法をこの記事で紹介したいと思いました。

例えば、あなたにもこんな経験がありませんか?

勉強や仕事で目標を立てて、やる気はあるはずなのに、いざ、取り組もうとすると勉強や仕事に集中できない…

勉強や仕事に取り組んだものの、すぐに集中力が途切れてしまい、スマホや漫画でダラダラと時間を潰してしまう…

もし、あなたがこのような経験があるのであれば、この記事の集中力を高める方法について学び、実践して下さい。そうすれば、あなたは確実に行動量を増やすことができます。

そして、やる気に頼らなくても集中し、行動できるようになります。

勉強でも仕事でも集中力があるかないかは成功を左右します。それでは非常に非常に重要な集中力について一緒に学んでいきましょう。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

集中力を高めることができない理由

集中力を高めることができない理由は、単純に集中力について学んでいないからです。たったそれだけです。

実は、集中力を高める方法を知っているだけで、集中力を上げることができます。しかも、集中力を高める方法といっても、難しいことではありません。今すぐにでも取り入れることができるものです。

例えば、集中力が途切れてしまう原因の1つとして、スマホが挙げられます。勉強や仕事をしている時に「ピコン!」と音がなって、メッセージが届いたことが分かると、当然、そちらに注意が奪われてしまいます。

そして、それをきっかけにスマホでメッセージを返信して…、その後はYoutubeを見てしまったり…。というように集中力が途切れてしまう原因があるわけです。なので、スマホを遠くの離れたところに置いておくといったことをするだけで集中力を維持できるようになるというわけです。

このように知っているか知らないか、やるかやらないかの違いが、集中力があるかないかに違いを生み出します

なので、この記事で紹介する集中力を高める方法をすべて実践すれば、ほとんどの人が集中力を高めることができるでしょう。

もちろん、ADHD(注意欠如・多動症と呼ばれる発達障害の1つ)によって集中するのが難しいという方もいるかもしれません。

ですが、集中するための工夫やアイデアを多数紹介しているので、まずは取り組んでみて頂ければと思います。少しの工夫で集中力を高めることができますので。

なぜ、集中力を高めるとやる気が要らないのか?

集中力を高めるメリットは、やる気に頼らなくても行動できるようになることです。では、なぜ集中力を高めるとやる気に頼らなくてもよくなるのでしょうか?

その理由は、集中という対象に対して注意を集中させる能力によって、行動を起こせるようになるからです。

実は、人はやる気があるから動くわけではありません。やる気という感情は、あくまでも行動を促す1つの要因でしかありません。

例えば、人によっては、やりたくのに宿題をしますよね。やりたくないのに仕事をしますよね。この例から分かることは、やりたくなくても、人は行動するということです。

つまり、必ずしも「やる気(感情)=行動」ではないということです。

実は、やる気も行動も、何かしらの結果です。何かしらの要因があって、それが感情と行動に影響を与えています。その結果として、感情がやる気満々になったり、具体的な行動に駆り立てられたりするわけです。

なので、場合によっては、感情がやる気なしの状態なのに、具体的に行動を起こすこともあるわけです。それが先ほどの宿題や仕事の例です。

(ちなみに、“何かしらの要因”のことを心理学では、動機付けと呼びます。)

なので、集中力を高めることで、やる気に頼らなくても、集中という注意をコントロールする力を使うことによって行動できるようになるというわけです。

集中力を高める方法20選

それではここから集中力を高める方法をご紹介していきます。ここでは、集中力を高める方法を3つのフェーズに分けてご紹介します。

3つのフェーズとは、「導入段階」「維持段階」「休憩段階」です。

ズに合わせた集中力を高める方法です

  1. 導入段階は、いかに勉強や仕事に着手するか。
  2. 維持段階は、いかに勉強や仕事を集中してやり続けるか。
  3. 休憩段階は、いかに集中力を回復させるか。

この3つのフェーズに合わせて適切な集中力を高める方法を実践すれば、スムーズに勉強や仕事に着手し、集中力を維持することができるようになります。

それでは具体的に集中力を高める方法についてご紹介していきます。

集中力を高める方法1:エネルギーがある時にする ※導入

集中力を高める方法の1つ目は、エネルギーがある時にすることです。集中力を高める方法で重要なのは、いつやるかです

そもそも集中力を低下している時にやっても、集中できないのは当然です。人間は、動物なので疲れると、集中力がなくなっていくからです。

では、いつやればいいのかというと、「起床後すぐ」「仮眠後すぐ」です。

脳を休ませた後すぐが最もエネルギーがあるわけですから、この時にやる方が集中力が高まります。

なので、最も集中力が高い「起床後すぐ」「仮眠後すぐ」に、最も集中力が必要なタスクをもってきましょう。

集中力を高める方法2:脳に宣言する ※導入

集中力を高める方法の2つ目が、脳に宣言することです。人間は「~する」という断定的な言葉を発することによって、脳がその言葉を認識し、行動を起こしやすくなることが分かっています。

なので、「今から勉強する」「今から仕事する」と言葉として発することで、勉強や仕事に着手しやすくなります。

またもっと効果的なのは、「いつまでに、どれくらい、~する」のかを言葉にすることです。

例えば、「まずは30分間で、10ページ分を、勉強する」というように、期限とタスク量を設けて脳に宣言します。

ということで、今日から「いつまでに、どれくらい、~する」を断定的に脳に宣言する癖をつけていきましょう。

集中力を高める方法3:秒でできるようにする ※導入

集中力を高める方法の3つ目が、秒でできるようにすることです。なかなか勉強や仕事に着手できないという方は、この方法は必須です。

秒でできるようにするというのは、行動のハードルを低くして、すぐに行動できるようにするということです。

例えば、勉強であれば、机の上に教科書やノートを開きっぱなしにしておきます。そうすれば、椅子に座るだけで勉強に着手できます。

仕事であれば、本格的に仕事に着手する前に、まずはパソコンを起動させ、必要なアプリケーションなどを立ち上げておきます。そうすれば、いざ仕事をやろうと思った時に、準備する必要がなく、いきなり仕事に取り掛かれます。

このように、可能な限り手間を減らしたり、手間を細分化して、行動のハードルを低くしていきましょう。そうすれば勉強や仕事にスムーズに着手できるようになります。目標は、秒でできるようにあらゆる手間を極限まで省くことです。

集中力を高める方法4:条件づけをする ※導入

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事