自分が嫌いを卒業する13の方法!自分が嫌いな人の特徴と原因とは

自分が嫌い…。そんな自分も嫌い…。あなたはそう思っていませんか?ですが、安心して下さい。自分が嫌いを卒業するための方法を、この記事でご紹介します。

この記事を最後まで読んで頂ければ分かって頂けると思いますが、自分が嫌いは治すことができます

自分の脳と心の使い方を変えるだけで、自分が嫌いを卒業することができるのです。

というわけで、この記事では

  1. 普段、仕事や人生の相談を受けているコーチが
  2. 自分が嫌いを卒業して
  3. もっと自分らしく、充実した毎日を過ごせるようになる方法

について解説します。

この記事だからこそ学べることは、自分が嫌いを卒業するための心理術です。

自分が嫌いというのは心のお話しです。なので、心のテクニックを学ぶことで、自分が嫌いを克服することができるようになります。

それでは、まずは自分が嫌いな人の特徴や原因について解説し、その後に自分が嫌いを卒業するための方法についてご紹介していきます。

早く、自分が嫌いを卒業する方法について知りたい方は、そこまで読み飛ばしてください。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

自分が嫌いな人の7つの特徴

自分が嫌いな人は、どういった特徴があるのでしょうか?ここでは自分が嫌いな人の特徴と、その特徴別のヒントをご紹介します。

まずは自分が該当する特徴を見つけて下さい。そして、自分が嫌いを克服するヒントを得て欲しいと思います。

自分が嫌いな人の特徴1:見た目が嫌い

自分が嫌いな人には、自分の見た目が嫌いという人がいます。例えば、鼻や目、口、体形など。また見た目ではありませんが、自分の声が嫌いという方もいます。

体形であればダイエットや筋トレなどでなんとかなるでしょう。ですが、顔の特徴などは整形などをしないと変わらないでしょう。

自分の見た目が嫌いな人にとって大切なことは、見た目に固執しないことです。「見た目がダメだから…恋愛が上手くいかない。仕事が上手くいかない。」という固定概念を捨てることです。

たしかに見た目が重要なシーンもあるでしょう。ですが、誰しもが見た目で上手くいっているかと言えばそうとは言い切れません。

そして、私たちが人間という生き物である以上、見た目は年齢を重ねるに従って、変化していきます。なので、顔が嫌いとか、体形が嫌いとか見た目に固執しても仕方がありません。

それよりは、見た目にこだわるよりは、自分が持っている良い部分を見つけ、育てることです。それこそが、あなたの本当の強みになります。

自分が嫌いな人の特徴2:性格が嫌い

自分が嫌いな人の特徴として、性格が嫌いというのが挙げられます。ネガティブ思考、すぐに怒ってしまう、断れない、内向的など。

ですが、こういった性格は、ある程度は変えられることが心理学的に分かっています。それどころから性格を変えなくても、その性格があなたの才能に変えられることも分かっています。

例えば、ネガティブ思考。ネガティブ思考は良くないと思われがちです。ですが、ネガティブに考えることで未来のリスクを想定し、備えておくことができるという良い面があります。

つまり、性格というのは“使い様”によって良くも悪くもなるということです。

なので、自分の性格が嫌いという方は、安心して下さい。自分を性格を変えられるし、強みに変えられます。その方法をこの記事でも書いているので参考にして下さい。

自分が嫌いな人の特徴3:行動が嫌い

自分が嫌いな人の特徴には、自分の行動が嫌いというのも挙げられます。

例えば、イライラしたらモノに当たってしまう、自己中心的な行動をしてしまう、相手を傷つけるような行動をしてしまう、やるべきことをきちんとできない、遅刻してしまう、朝早く起きれないなど。

ですが、行動は学習と工夫によって改善していくことができます。なので、自分の行動で嫌いなところがあったとしても、それは改善していくことができるので安心して下さい。

どんな行動を改善するかによって方法は変わってきますので、ここでは個別具体的にお伝えすることはできませんが、あらゆる行動改善に効果的な心理テクニックを1つご紹介します。

それが「if-then計画」です。if-then計画とは、「もし~になったら、~する」というよに条件と行動をセットで計画しておく計画法のことです。

これを使えば、例えば、「イライラしたら一旦その場から立ち去る」「イライラしたらとにかく深呼吸を1分間する」など、「イライラしたら」という条件と、「~する」という行動を計画しておきます。

そうやって行動の条件付けを行うことによって、行動を改善することができます。自分にとってベストな行動の条件付けつまりif-then計画を試行錯誤して見つけてみて下さい。

それだけでも自分の行動が嫌いというのを卒業できます。

自分が嫌いな人の特徴4:発言が嫌い

自分が嫌いな人の特徴として、発言が嫌いというのも挙げられます。

例えば、ついつい余計な事を言ってしまう、相手を傷つけることを言ってしまう、話し方が嫌いなど。

ですが、自分の発言は改善することができます。なので、自分の発言が嫌いという方は安心して下さい。

この発言の治し方は、先ほど紹介した「if-then計画」が有効です。

例えば、「何かを言いたいなったら、それは言うべきかどうか考えて、5分間待ってみる」というふうに自分を条件付けしておきます。

そうすれば、自分の発言が嫌いというのも改善されていくでしょう。

自分が嫌いな人の特徴5:能力のなさが嫌い

自分が嫌いな人の特徴として、能力のなさが嫌いというのも挙げられます。例えば、集中力がない、仕事ができない、話が下手など。

何かができない自分を嫌いに思っている人もいます。

ですが、能力のなさも改善していくことができます

もちろん、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など病気や生まれつきの理由で、集中できないといったケースはあります。

ですが、そういった場合にでも、自分にできること、向いていることがあります。それを見つけて、伸ばしていくことができます。

何かができない自分が嫌いな場合は、(1)その能力を身に着けるために勉強と練習を続けるか(2)別の能力で補うかです。もちろん、自分の欠点を克服しつつ、自分の強みを伸ばすのもいいです。

いずれにせよ、能力は伸ばすことができるので、何かができない自分を嫌いに思う必要はないということです。誰しもはじめからできたわけではないし、誰しもできないことはあるものです。

自分が嫌いな人の特徴6:ステータスが嫌い

自分が嫌いな人の特徴として、ステータスが嫌いというものが挙げられます。例えば、お金がない、学歴がない、良い会社に入っていないなど。

自分のステータス(社会的な地位)にコンプレックスを感じて、そんな自分が嫌いだという人がいます。

ですが、ステータスはなんとかなります。それどころかコンプレックスを力に変えることができます。

まずステータスがなんとかなる理由は、仕事の場合、年齢を重ねるほど、学歴よりもスキルや実績で評価されるようになるからです。さらに、人生の幸福という大きな視点で考えると、お金がたくさんある、良い会社に勤めているということが必ずしも幸せとは限らないからです。

そう考えると、ステータスに固執するよりも、能力を磨く、一生懸命に実績を残すといった今目の前のやるべきことに集中した方がいいということです。あるいは、自分の人生の成功とは何なのか、自分なりの幸せを再確認した方がいいということです。

それでもステータスが気になるという方は、そのコンプレックスを力に変えましょう。お金がない、学歴がない、その渇望感を原動力として、勉強に仕事に一生懸命に取り組むんです。

とはいうものの、渇望感はストレスを感じさせてしまう側面もあるので、この記事で紹介する心理術についても学んで欲しいと思います。

自分が嫌いな人の特徴7:過去が嫌い

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事