将来の不安を解消する12の方法!将来の不安を原動力に変える秘訣とは

将来の不安を感じている時は、本当に苦しいですよね?なので、もしあなたが将来に不安を感じているのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

なぜなら、この記事では、

  1. 人の能力を引き出す専門家であるコーチ(私)が
  2. お金、仕事、転職、家計、結婚、健康、目標達成などに感じる
  3. 将来の不安を解消する方法をたくさん解説している

からです。

この記事の特徴は、将来の不安を解消する具体的な方法について多数まとめていることです。

実は、将来の不安を害悪にするか、不安を有益なものにするかは、あなた次第です。ですが、不安を有益なものにできるかどうかは、その方法を知っているかいないか、それだけです。

だからこそ、この記事では、たくさんの不安解消法をご紹介していきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

将来の不安の正体とは?

まずは将来の不安の正体について説明させてください。原因を知っておくことで、対処法が理解しやすくなります

では、将来の不安の正体とは、何なのでしょうか?

その正体は、妄想です。

なぜなら、将来の不安は今起こっていないことだからです。悪い将来を想像するから、不安を感じるわけです。

仮に、何らかの方法で脳に影響を与え、あなたの想像力を奪ったとしたら、あなたは不安を感じなくなってしまいます。

将来の不安は遺伝的?

では、私たちに悪い妄想させて、将来に不安を感じさせる原因は何なのでしょうか?

その原因は3つあります。

  1. 性格(遺伝)
  2. 脳の性質(バイアス)
  3. 思考パターン(価値観・信念)

将来の不安を感じてしまう1つ目の原因として、性格が挙げられます。つまり、遺伝的に不安を感じやすい人がいるということです。

2つ目の原因が、私たちの持つ脳の性質です。私たち人間には、偏ったものの見方をしてしまう脳の性質が生まれつき備わっています。

その代表例が、現状維持バイアスと呼ばれる脳の性質です。人間は、現状維持を好み、現状の安定が脅かされそうになると不安を感じてしまう性質を持っています。

そして3つ目の原因が、思考パターンです。私たちは生まれてから成長の過程で、価値観や信念と呼ばれる思考パターンを形成していきます。その思考パターンによっては、将来の不安を感じさせてしまうものがあります。

例えば、「人生はつらいことばかりだ」という悲観的な信念を持っていたとしたら、将来の不安を感じてしまうのも無理はありません。

あなたが将来の不安を解消するには

では、将来の不安を解消するにはどうすればいいのでしょうか?

簡単です。

ちょっとしたコツを知るだけです。

無理に性格を変えようとする必要はありません。実は、将来の不安は“あること”をするだけで解消することができます。

その方法について、これからご紹介していきます。

将来の不安を解消する12の方法

この章から、将来の不安を解消するための方法をご紹介していきます。どれも難しいことではありません。ですが、やるかやらないかでまったく違ってきます。

なので、将来に不安を感じたら、この記事を読み返して、まだやってないことを1つずつやってみてください

複数の方法を組み合わせることで、不安解消効果が高まります。

それでは、1つずつご紹介していきます。

【1】将来の不安を原動力に変える方法

実は、将来に不安がある人の方が良い面もあります。なぜなら、将来の不安は、将来のリスクに備え、今行動するための原動力になるからです。

反対に、将来に不安のない人の方が危険だったりします。なぜなら、将来のリスクについて準備不足になりがちで、避けられたはずの不要な失敗をおかしてしまう可能性が高くなります。

このように、将来の不安を「ダメなこと」ではなく「良いことだ」というように、認識に変えることをリフレ―ミングと呼びます。このリフレ―ミングの効果は強力です。将来の不安も原動力に変えることができます。

リフレ―ミングのやり方は簡単です。「将来に不安を感じることのメリットは何か?」と考えるだけです。

例えば、将来の不安には次のようなメリットがあると言えるのではないでしょうか?

  • 不安は準備しておくべきことを教えてくれる。
  • 不安は行動力を高めてくれる。
  • 不安は挑戦や成長している証し。現状維持していれば不安は感じない。

これらをまとめると、やはり「将来への不安は、原動力」と言えます。なぜなら、未来への想像力と行動力を高め、成長をもたらすからです。

【2】将来の不安を止めるシンプルな方法

ずっと将来の不安を感じてしまっている。そんな人におすすめなのが、行動することです。なぜなら、行動をすると、目の前のことに集中するので、将来の不安を感じなくなるからです。

先ほど、将来の不安の正体は、妄想だと書きました。

なので、将来の不安をなくすには妄想を止めればいいわけです。妄想を止める最も簡単な方法が、目の前のことに集中してとにかく行動することです。

例えば、全力で100mを走っているところを想像してみて下さい。その走っている間は、将来の不安を感じている余裕はないですよね。マラソンでも同じです。疲れてくると走ることで精一杯です。このように妄想を止めるには、何かをすることです。

というわけで、将来の不安を止めたいと思う方は、不安を感じなくなるくらい、行動することに必死になってください。

でも、何をすればいいか分からない!」、そんな方はこれ以降にご紹介する方法も勉強してみて下さい。どんな行動をすればいいのか、具体的にする方法もご紹介していきます。

【3】無駄に悩まなくなる思考法

実は、将来の不安には、無意味なものと、意味のあるものがあります。無駄に悩み続けてしまうという方は、その区別ができるようになることです。

無意味な将来の不安の特徴は、次のようなものです。

  • 今、悩んでも準備や行動など自分には何もできることがない不安。
  • 具体的に何に不安を感じているのか言語化できない、なんとなくの不安。
  • 行動力を高めるなどのメリットがない不安。

このような将来の不安を感じているのであれば、もう妄想するを止めてしまいましょう。不安に思い続けても、できることはありませんし、メリットもありません

反対に、意味のある将来の不安には、次のような特徴があります。

  • 今、準備や行動など自分にできることがある不安。
  • 具体的に言語化できる不安。
  • 行動力を高めてくれるなどメリットのある不安。

こういった不安の場合は、不安と向き合うことに意味があります。その不安を利用して、将来のリスクに備え、行動力を高めることができます。

このように、今悩んでいる将来の不安が、意味があるのかないのかを仕分けしてみましょう。これが上手にできるようになれば、悩まない脳を作ることができるようになります。

【4】将来の不安を生み出す思考のクセを知る方法

将来の不安を生み出しているのは、思考のクセが原因かもしれません。思考のクセというのは、価値観や信念としった思考のパターンです。

将来の不安を生み出している思考のクセを知るために、やるべきことは「なぜ、そう思うのか?」を徹底的に深堀していくことです。

将来、結婚できなかったらどうしよう…。
↓なぜ、そう思うの?
良い出会いがないから…。
↓なぜ、そう思うの?
私(俺)はモテないから良い人に出会えない…。

・・・

このように何度も「なぜ?」と問うことで深堀していき、自分の中に眠っている価値観や信念を探っていくのです。

私たち人間は、教育や環境、経験などによって価値観や信念などの思考パターンを形成していきます。

例えば、「人生はうまくいかないものだ」「仕事や人生では絶対に失敗してはいけない」「自分には能力がない」「私(俺は)モテない」など…。

こういった価値観や信念が、仕事やお金、結婚などの人生における不安を生み出してしまうことがあります。

だからこそ、「なぜ?」を使って、将来の不安を生み出す思考のクセを特定してみましょう。思考のクセを知るだけでも、今、何をすべきかが見えてきます。

価値観や信念を変えたいという方は、以下のような記事も参考になります。

【5】将来の不安感を○○するだけで減らす方法

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事