将来に不安しかない人はすべき!将来の不安を解消する15の方法

将来の不安を感じている時は、本当に苦しいですよね?なので、もしあなたが将来の不安を感じているのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

この記事では、お金、仕事、転職、家計、結婚、健康、目標達成などに感じる将来の不安を解消する方法を学習できます。

この記事の特徴は、将来の不安を解消する具体的な方法について多数まとめていることです。

実は、将来の不安を害悪にするか、不安を有益なものにするかは、あなた次第です。ですが、不安の不安を有益なものにできるかどうかは、その方法を知っているかいないか、それだけです。

だからこそ、この記事では、将来の不安を解消する方法をいくつもご紹介していきます。それではさっそく、学習していきましょう!

将来の漠然とした不安の正体とは?

まずは将来の漠然とした不安の正体について説明させてください。将来の不安の正体を知っておくことで、対処法が理解しやすくなります

では、将来の不安の正体とは、何なのでしょうか?

将来の不安の正体は、妄想です。

なぜなら、将来の不安は今起こっていないことだからです。悪い将来を想像するから、不安を感じるのです。

実際、私たちの妄想と心はリンクしています。

例えば、不安や恐怖を感じる時は、大抵の場合が「失敗したらどうしよう」「怒られたらどうしよう」とネガティブな妄想をしています。

反対に、楽しさを感じている時は、「帰ったら、あの映画を観よう」「今度、○○に行ってみよう」「休日に○○を買いに行こう」とポジティブな妄想をしている時です。

なので、将来の不安を感じるのは、何かしらのネガティブな妄想をしてしまっているケースが多いと言えます。

将来に不安しかない人の原因

では、私たちに悪い妄想させて、将来の不安を感じさせる原因は何なのでしょうか?

その原因は3つあります。

  1. 性格(遺伝)
  2. 脳の性質(バイアス)
  3. 思考パターン(価値観・信念)

将来に不安しかない原因1:遺伝

将来に不安しかない原因の1つとして、性格が挙げられます。つまり、遺伝的に不安を感じやすい人がいるということです。

特に、日本人の場合は、ほとんどが不安を感じやすい遺伝子を持っていると言われています。遺伝が原因で、将来の不安を感じてしまう部分はどうしようもありません。

ですが、諦める必要はありません。

そういった性格的特徴を理解した上で、上手に不安と付き合っていく方法を身に着けることはできるからです。

将来に不安しかない原因2:バイアス

将来に不安しかない2つ目の原因が、私たちの持つ脳の性質です。私たち人間には、偏ったものの見方をしてしまう脳の性質が生まれつき備わっています。

その代表例が、現状維持バイアスと呼ばれる脳の性質です。一度くらい聞いたこともある人がいるのではないでしょうか。

人間は、現状維持を好み、現状の安定が脅かされそうになると不安を感じてしまう性質を持っています。

そのような脳の性質を現状維持バイアスと言います。

なので、人間には元々、不安になってしまう性質があるということです。

将来に不安しかない原因3:思考の癖

将来に不安しかない3つ目の原因が、思考の癖です。私たちは生まれてから成長の過程で、価値観や信念と呼ばれる思考パターンを形成していきます。その思考パターンによって、将来の不安を感じてしまうケースがあります。

例えば、「人生はつらいことばかりだ」という悲観的な信念を持っていたとしたら、将来の不安を感じてしまうのも無理はありません。

このようなケースでは、自分がどのような思考パターンを持っているかを理解し、より良い思考パターンへと改善していくことで、将来の不安と付き合っていくことが必要です。

将来に不安しかない人におすすめの解消法15選

この章から、将来に不安しかない人の解消法をご紹介していきます。これから紹介する方法をやるかやらないかでまったく違ってきます。

なので、将来に不安しかない方は、この記事を何度も読み返して、まだやってないことを1つずつやってみてください

複数の方法を組み合わせることで、不安解消効果が高まります。

それでは、1つずつご紹介していきます。

将来に不安しかない人の解消法1:不安の活用

実は、将来に不安しかない人の方が良い面もあります。なぜなら、将来の不安は、将来のリスクに備え、今行動するための原動力になるからです。

反対に、将来の不安がない人の方が危険だったりします。なぜなら、将来のリスクについて準備不足になりがちで、避けられたはずの不要な失敗をしてしまう可能性が高くなるからです。

「将来の不安があることは良いことだ」。

このように、将来の不安を「ダメなこと」ではなく「良いことだ」というように、認識に変えることをリフレ―ミングと呼びます。このリフレ―ミングの効果は強力です。将来の不安も原動力に変えることができます。

リフレ―ミングのやり方は簡単です。「将来の不安を感じることのメリットは何か?」と考えるだけです。

例えば、将来の不安には次のようなメリットがあると言えるのではないでしょうか?

  • 不安は準備しておくべきことを教えてくれる。
  • 不安は行動力を高めてくれる。
  • 不安は挑戦や成長している証し。現状維持していれば不安は感じない。

これらをまとめると、やはり「将来の不安は、原動力」と言えます。なぜなら、未来への想像力と行動力を高め、成長をもたらすからです。

将来に不安しかない人の解消法2:妄想の停止

将来に不安しかない。そんな人におすすめなのが、行動することです。なぜなら、行動をすると、目の前のことに集中するので、将来の不安を感じなくなるからです。

先ほど、将来の不安の正体は、妄想だと書きました。

なので、将来の不安をなくすには妄想を止めればいいわけです。そして、妄想を止める最も簡単な方法が、目の前のことに集中してとにかく行動することです。

例えば、全力で100mを走っているところを想像してみて下さい。

その走っている間は、将来の不安を感じている余裕はないですよね。マラソンでも同じです。疲れてくると走ることで精一杯です。このように妄想を止めるには、何かをすることです。

というわけで、将来の不安を止めたいと思う方は、将来の不安を感じなくなるくらい、目の前のことに集中して行動することに必死になることです。

でも、何をすればいいか分からない!」、そんな方はこれ以降にご紹介する方法も勉強してみて下さい。どんな行動をすればいいのか、アイデアが得られるはずです。

将来に不安しかない人の解消法3:不安の分類

実は、将来の不安には、無意味なものと、意味のあるものがあります。将来に不安しかないという方は、将来の不安を分類する癖をつけることです。

無意味な将来の不安とは、次のようなものです。

  • 今悩んでも準備や行動など自分にできることが何もない将来の不安。
  • 具体的に何に不安を感じているのか言語化できない、なんとなくの不安。
  • 不安を利用して行動力を高めるなどの活用ができない不安。

このような将来の不安を感じているのであれば、もう妄想するを止めてしまいましょう。そのような将来の不安に対して、自分の精神的エネルギーや時間を費やすのは時間の無駄です

反対に、意味のある将来の不安は、次のようなものです。

  • 今、準備や行動など自分にできることがある将来の不安。
  • 具体的に言語化できる将来の不安。
  • 行動力を高めてくれるなどメリットのある不安。

こういった将来の不安の場合は、意味があります。その将来の不安を利用して、将来のリスクに備え、行動力を高めることができるからです。

このように、今悩んでいる将来の不安が、意味があるのかないのかを仕分けしてみましょう。これが上手にできるようになれば、ムダに悩まない脳を作ることができるようになります。

将来に不安しかない人の解消法4:思考の改善

将来の不安を生み出しているのは、思考のクセが原因かもしれません。思考のクセというのは、価値観や信念としった思考のパターンです。

まずは、将来の不安を生み出している思考のクセを知ることです。そのためにやるべきことは「なぜ、そう思うのか?」を徹底的に深堀していくことです。

将来、結婚できなかったらどうしよう…。
↓なぜ、そう思うの?
良い出会いがないから…。
↓なぜ、そう思うの?
私(俺)はモテないから良い人に出会えない…。

上記の例の場合、「私(俺)はモテない」という信念を持っていることが分かります。

このように何度も「なぜ?」と問うことで深堀していき、自分の中に眠っている価値観や信念を探っていくのです。

私たち人間は、教育や環境、経験などによって価値観や信念などの思考パターンを形成していきます。

例えば、「人生はうまくいかないものだ」「仕事や人生では絶対に失敗してはいけない」「自分には能力がない」「私(俺は)モテない」など…。

こういった価値観や信念が、仕事やお金、結婚などの人生における不安を生み出してしまうことがあります。

だからこそ、「なぜ?」を使って、将来の不安を生み出す思考のクセを特定してみましょう。思考のクセを知るだけでも、今、何をすべきかが見えてきます。

価値観や信念を変えたいという方は、以下のような記事も参考になります。

人生がうまくいかないと悩んでいる方は、以下の記事もご参考ください。

参考:人生がうまくいかない時の対策25選!ずっと損する原因とは

将来に不安しかない人の解消法5:不安のアウトプット

将来に不安しかない人におすすめの解消法が、不安のアウトプットです。紙とペンを用意して、将来の不安をすべて書き出すのです。

この方法の良いところは、①なんとなくの将来の不安を言語化できるところ、②文章として書くことで将来の不安が軽減されるところです。

将来に不安しかない状態の時、なんとなくの不安を感じていることも多いです。なので、なんとなくの将来の不安を言語化することによって、具体化することが必要です。

そうすると意外と、将来の不安の数が少ないことに気づいたりします。

そして、さらに文章として書くことで、感情の暴走を抑えることができます。なぜなら、文章を書こうと思うと論理的思考を使わないと書けないからです。文章を書くことで、感情優位から思考優位に切り替わるのです。

なので、将来に不安しかない人は、まずは不安をアウトプットする癖をつけましょう。強い不安を感じた時には、思いつく限り、紙に書き出すことです。

将来に不安しかない人の解消法6:時間の制限

将来に不安しかない人は、悩む時間を制限することです。将来の不安を感じてしまって、目の前のことに集中できなくなると、仕事や日常生活に支障が出ます。また、単純に不安を感じている時間は良い気分ではないでしょう。

人生は楽しい気分でいられる瞬間をどれだけ積み重ねるかです。どれだけお金を持っていても、どれだけ成功していたとしても、楽しいと思える時間がないと辛くなるのです。

なので、将来の不安を感じている時間は、できるだけ短い方がいいのです。

そこで、悩む時間を制限することをおすすめします。

例えば、将来の不安を感じ始めたら、10分間タイマーで計測します。その10分間の間に思いっきり悩むのです。そして10分間が終わったらスパッと悩むのを止めるのです。

将来の不安を紙に書き出すとより効果的です。

ですが、また将来の不安を感じたらどうすればいいのでしょうか?

また時間を測って思いっきり悩んで下さい

そんなことを繰り返していると、1日の中で将来の不安を感じた時間の総量が見える化できます。そうなると、「1日の中で1時間も将来の不安を感じてたんだぁ!勿体無い!」という気持ちが芽生えるでしょう。
ということで、将来に不安しかない人は、悩む時間を計測するようにしてみて下さい。

将来に不安しかない人の解消法7:不安と期待の調整

将来に不安しかない人は、不安と期待の調整をすることをおすすめします。不安と期待の調整とは、将来の不安を感じるだけでなく、将来の期待もしましょうということです。

未来は分かりません。将来の不安が現実化しないことも多いのが実際です。むしろ、災害、疫病などをはじめ、想定外のことが起こるのが人生です。

なので、将来の不安ばかりを考えて、ストレスを感じるのは現状における人生の質を下げてしまうので良くありません。

そこで、「将来、これが不安…。」という将来の不安を書き出すこと、「将来こうなったら嬉しい」という将来の期待を書き出すのです。

具体的なやり方は、紙を2枚用意して下さい。それぞれの紙を縦に半分に折ってください。

そして1枚目の左側に、将来の不安を書き、右側に対策を書きます。2枚目の左側には、将来の期待を書き、右側に期待を現実化させるためにやる事を書きます。

こうやって将来の不安と期待を調整し、さらには具体的な行動プランを書き出すことで、ストレスを軽減することができます。

なので、将来に不安しかない人は必ずやってみて下さい。

将来に不安しかない人の解消法8:リスクヘッジ

将来に不安しかない人は、リスクヘッジすることです。リスクヘッジとは、将来の危険を予測し、事前に対策しておくことです。

ポイントは、複数のプランを用意しておくことです。

「~になる前に、~しておく。」という事前の対策を考えることはもちろん、「もし~になった時は、~する。」という予備の対策も準備しておくのです。

そうすれば、かなり安心できるのではないでしょうか。

やり方は、紙を用意して将来の不安を書き出します。そして、その1つ1つの不安に対して、「~になる前に、~しておく。」「もし~になった時は、~する。」といった対策を書き出します。

あとはそのプランに従って行動するだけです。

将来に不安しかない人は、そのような対策プランシートを作成しておくだけでもストレスが軽減されるはずです。なので、必ず作ってみて下さい。

将来に不安しかない人の解消法9:知識の武装

将来に不安しかない人は、知識を身に着けることです。「知らないこと」「できないこと」が多いと、将来の不安を感じてしまうものです。

例えば、様々な知識を持っていて、どんな時代でも食っていけるスキルを持っているという自信があればどうでしょうか?恐らく、今よりも将来の不安は感じなくなるのではないでしょうか。

そのためには、知識やスキルを身に着けることです。

世界の学術分野やビジネス分野で活躍し、優秀な人が多いと言われているユダヤ人。彼らは、なによりも教育を大事にしています。なぜなら、知識こそが誰にも奪い取れない財産だと考えているからです。

その背景には、ユダヤ人が迫害されてきた歴史があります。将来に不安しかないどころか、直近の命があるかどうかも危ぶまれる状況です。彼らは、住む場所を追われ、財産を奪われてきた歴史の中で、奪われない財産を築く必要があったのです。

それが、知識です。

知識という財産を持っていれば、どこに行っても生き残ることができると考えたのです。

自分の命、家族の命、一族の命を守るために、教育に投資し、必死に生き残るための知性を身に着けたのです。

私たちも彼らから学ぶ必要があります。

将来に不安しかないのであれば、必死に知性に投資しましょう。その知識とスキルは誰にも奪い取ることができません。

自分に自信がない人は、以下の記事もご参考下さい。

参考:自分に自信がない人の本当の原因とは?目的別!解決策15選

将来に不安しかない人の解消法10:最悪の想定

将来に不安しかない人は、最悪のケースを想定することです。最悪のケースを考えると、逆に将来の不安が増大するのではと心配になる人もいるかもしれません。

ですが、逆です。最悪のケースを考えることで、将来の不安が軽減されます。

なぜなら、最悪のケースを考えることで、許容力が高まるからです。

やり方は、最悪のケースを考えて、その対処法を考えるだけです。そうすることで、意外と最悪のケースになっても対応できることに気づいたりします。

また、最悪のケースに比べれば、自分が思っていた将来の不安は大したことないなと許容できるようになったりします。

実際、最悪のケースを想定し、対策を考えておけば、それ以下のトラブルが生じたとしても対応できるはずです。

仮に、対策が見つからなかったとしても、具体的にどんな将来の不安に対して、対策が見つかっていないのかが明確になります。あとは、その対策を見つけるために勉強したり、行動するだけです。

そうなれば漠然とした将来に不安しかない状況は改善されていきます。

なので、将来に不安しかない人は、最悪のケースと対策を考えておきましょう。最終的には「こうして対応しよう!」と逃げ道を持っておくことができれば、将来の不安も軽減されるでしょう。

将来に不安しかない人の解消法11:逆算計画

将来に不安しかない人は、理想の状態から逆算して計画を立てることです。

一般的に多くの人が計画を立てる時は、「4月に○○して…。5月に○○をして…。」と現在から未来に向かって計画を立てます

逆算して計画を立てる場合は、逆です。

「70代くらいには、こうなっていたい。だから、65歳くらいまでにこうなっていて…」と、理想の状態から逆算で計画していくのです。

このように逆算計画をすると、将来の不安が軽減されます。

その理由は、①理想の状態から現在までの全体像が明確になるから、②現在から未来までのプロセスにおいて重要なポイントを把握し対策できるようになるからです。

将来に不安しかないのは、現状から未来までの全体像がイメージできないからです。そして、現状から未来までのプロセスにおいて、「何がどうなっていると大丈夫なのか」という重要なポイントと、その状態が分からないからです。

なので、逆算計画をすることによって、「この年代までに貯金はこれくらいあれば大丈夫」「この年代までにこういったスキルを身に着けていたら大丈夫」といった方針が定まるので、将来の不安も軽減されていきます。

ということで、将来に不安しかない人は、理想の状態から逆算して人生計画を立ててみることです。

計画を立てるには、人生の目的が明確になっている必要があります。そこで、人生の目的について書いた記事もご参考ください。

参考:人生の目的の見つけ方10選!人生の目的とは?悪い例・良い例を紹介

将来に不安しかない人の解消法12:他者視点で思考

将来に不安しかない人は、「もし○○さんだったらどうするか?」と他者視点で考えてみることです。

特に、自分が憧れている有名人や偉人になったつもりで考えてみるのがおすすめです。そして、できれば複数人の視点で考えてみましょう。

この方法をやる理由は、視野を広げて、柔軟に考えられるようにするためです。

将来に不安しかない状態では、ストレスによって視野が狭まっている可能性が非常に高いです。なので、何でもネガティブに考えてしまったり、人生を悲観的に見てしまったりしてしまいます。

そういった状態のままでは、将来に不安しかない状態が続きます。

なので、他人の視点で考えてみることで、自分の気持ちや考えを一旦置いておき、視野を広げるのです。

逆境を乗り越えてきた先人はたくさんいます。それどころか私たちの先祖が逆境を乗り越えてきたからこそ、今の私たちの命や文明があると言えます。

将来の不安を乗り越えるための知恵を先人から得るのです。

ということで、将来に不安しかない人は、「もし○○さんだったらどうするか?」を考えてみて下さい。きっと将来の不安を解消するヒントが見つかるはずです。

将来に不安しかない人の解消法13:環境の再選択

将来に不安しかない人は、環境の再選択を考えてみることです。現状維持をしているからこそ、将来に不安しかないのかもしれません

例えば、今の仕事や職場、業界に限界を感じているのであれば、将来の不安を感じてしまうもの無理はありません。将来に不安を感じて当然です。であれば、今の環境から、新しい環境に行くことを考えてみることです。

人は、環境の影響を強く受けます。環境に支配されると言っても過言ではありません。メンタル、ライフスタイル、収入、日々の満足度、人間関係など、ほとんどのことが今いる環境の影響を受けるのです。

なので、環境を再選択するという発想が重要になってきます。

昔のように「一度勤めた会社で定年まで勤める」という時代ではなくなっています。経済や社会が目まぐるしく変化していきます。なので、自分自身も変化していくことが求められています。

というわけで、将来に不安しかない人は、新しい環境についても検討してみることです。ただし、いきなり今の環境を捨てて、新しい環境に飛び込むのはリスクがあります。そのリスクを恐れて、行動できなくなる人もいるでしょう。

なので、今の環境にいながら、少しずつ別の環境を試し、移行していくのがおすすめです。

メンタルが弱いと思う方は、以下の記事もご参考ください。

参考:メンタルを強くする方法18選!本気でメンタルを強くする習慣とは

将来に不安しかない人の解消法14:自分軸で判断

将来に不安しかない人は、改めて自分軸で判断することを心掛けることです。

将来に不安しかない人は、世間や著名人の影響を受けがちです。「AIに仕事が奪われるから」「これからの時代は~すべき」「将来は~になる」といったメッセージに翻弄されがちです。

たしかにそのような未来予測を知り、事前に準備しておくことも大切です。

ですが、それ以上に大切なことは「だったら自分はどうするか?」です。つまり、自分の心と頭を使って、自分なりの答えを出すことです。自分軸で判断することです。

自分軸で判断できず、他人軸で判断が歪められてしまっていると、「自分はどうしたらいいんだろう?だれか答えを教えて欲しい!でも、答えが見つからない…。どうしよう…。」と将来に不安を感じるようになるのです。

将来の不安を感じたら、世間や著名人の意見も取り入れつつ、まずは「だったら自分はどうするか?」と心と頭を使って自分なりの意見を明確にしてみることです。そうすれば今、何をすべきかヒントが得られるはずです。

自分軸がない方は、自分を知る方法について書いた記事もご参考ください。

参考:自分を知る方法10選【診断質問18個付き】自分を知るなら必読!

将来に不安しかない人の解消法15:不安の受容

将来に不安しかない人は、不安を受け入れることです。

人間は、不安を感じる生き物です。それが普通です。それなのに、将来に不安を感じる自分のことを「メンタルが弱いヤツだ」「臆病な人間だ」「能力の低い人間だ」なんて思っていないでしょうか?

もしそう思っているなら、「人間なんだから不安を感じるのが普通」と不安を受け入れることです。

将来の不安を感じる自分のことを自己否定すると、余計に不安を感じやすい精神状態に陥ってしまいます。自分を卑下しても良い事なんてありません。そもそも卑下する必要もありません。

何度も言うように、将来の不安を感じて当然なんですから。

なので、将来に不安しかない時は、「みんなも将来の不安を感じている。そんな中で皆も、頑張っているんだ。」と不安を受け入れることです。

将来に不安しかない人がすべき3つの事

将来に不安しかない人がすべき3つの事をご紹介します。ここまで不安の原因や、解消法について学んで頂きました。この章では、改めてすべきことをまとめておきます。

1.将来の不安はテクニックで消す

人間は将来の不安を感じるものです。それが普通です。ですが、将来の不安を強く感じ過ぎるあまり、ストレスで日常や仕事に支障が出ると良くありません

なので、将来の不安を上手に解消してあげる必要があります。そこで、すべき事がテクニックを学び、実践することです。

将来の不安はテクニックで減らすことができます。なので、この記事でご紹介した将来の不安を解消するための方法を1つでも多く実践してみて下さい。

そうするだけで将来の不安は減少するはずです。

将来の不安を感じた時に、この記事を開いて、チェックリストのように活用して下さい。そして、その時に使えそうな解消法を実践するのです。

学ぶだけで満足せずに、学んだことを日常生活や仕事に使うことが大切です。

2.将来の不安を原動力に

将来の不安を解消するテクニックを使っても、完璧に将来の不安が消滅するわけではありません。一時的には将来の不安がゼロになることもあるかもしれませんが、再び不安に襲われることもあるでしょう。

その時は、この記事を見返すことです。

そして、それでも解消し切れない将来の不安を原動力に変えることです。

不安をゼロにしようと完璧主義になってはいけません。人間である以上、将来の不安をゼロにするのは難しいからです。であれば、将来の不安を逆に利用してしまいましょう。

「不安だから怖い」ではなく「不安だからもっと知恵を絞って、一所懸命に頑張る」というように不安との付き合い方を変えるのです。

不安を上手に活用できるかどうかが、不安で動けなくなる人と、不安でも成長していける人の違いです。

将来の不安を原動力に

3.将来の不安は行動で掻き消す

将来の不安を解消する最後の最後は、行動で掻き消すことです。私たち人間が不安を感じるのは、将来について妄想している時です。

将来について悪いことを妄想しているから、将来の不安を感じるのです。であれば、妄想するのを止めると、将来の不安を感じなくなります

例えば、全力で400mを走っているところを想像してみてください。ほとんどの人が400mを走っている時、そして走り終わった直後は、将来の不安を感じていないはずです。将来の不安なんて感じる余裕がないからです。

これは極端な例ですが、目の前のやるべきことに一所懸命になっている時は妄想が止まるので、将来の不安を感じないということをご理解いただけたのではないでしょうか。

ということで、将来の不安を感じる時は、行動で掻き消してしまいましょう。不安だからと悩んでいても得することはありません。ですが、行動に起こすことで自分や現状が変わっていきます。

まとめ

将来に不安しかない時は、何をすべきか?この記事を読むことで学習できたのではないでしょうか?

将来に不安しかない時は、「この記事でご紹介したテクニックで解消する」「不安を原動力に変える」「不安を行動で掻き消す」をまずは思い出してみて下さい。

そして、この記事をもう一度読み返して、学んだことを実践してみて下さい。将来の不安が解消されるはずです。

変えることです。

 

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます





※メルマガはいつでも解約できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事