頑張っても報われないを突破する15の方法!やり抜く力が欲しい人必読

頑張っても報われないんじゃないか…。そんな不安を感じ、自分を信じられなくなっていませんか?

もし頑張っても報われない、そう感じたのであれば、この記事が参考になると思います。

なぜならこの記事では、頑張って報われないと感じた時に、「具体的に何をすればいいのか」が書かれているからです。

頑張っても報われないと感じている時は非常に危険な状態です。メンタルが弱くなっていて、自分を信じられず、努力が崩れ始めている時だからです。

ですが、安心ください。

この記事では、頑張っても報われないを突破するための方法をご紹介していきますので。

それではまずは、頑張っても報われない人の特徴からご紹介したいと思います。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

頑張っても報われない人の特徴

頑張っても報われない人にはどんな特徴があるのでしょうか?その特徴を理解しておくだけでも、頑張っても報われないといった状況を回避することができます。

1.継続が足りない。

頑張って報われない人の特徴として、継続が足りないというのが挙げられます。

目指す目標によってはどうしても時間がかかることがあります。例えば、1ヶ月で筋肉量を3倍に増やすというのは、普通に考えれば不可能です。

なので、頑張っても報われない原因は、単純に焦り過ぎなのかもしれません。

あなたの目標達成のイメージは非現実的になっていないでしょうか?この機会に現実的なイメージに調整してみて下さい。

2.努力がズレている。

頑張っても報われない人の特徴として、努力がズレていることが挙げられます。努力がズレているとは、成果に結びつかないことをしていたり、優先度の低いことばかりしているということです。

つまり、間違った努力をしているということです。このケースはどんなに頑張っても報われないので、なんとしても避けないものです。

ですが現実には努力がズレているから、頑張っても報われないという方が多くいます。この機会に自分の努力がズレたことをしていないか確認してみて下さい。

3.努力が足りない。

頑張っても報われない人の特徴として、努力が足りないというのが挙げられます。

成果が出るためには必要な努力の基準値みたいなものがあるはずです。

例えば、ブログ運営。素人は1週間に1記事がやっとかもしれませんが、プロは1日1記事投稿が当たり前だったりします。(もちろん時代や目的、手法によって違ってきます。)

つまり、成果が出ない人と、成果が出る人の努力の基準値(=当たり前)には違いがあるということです。

それを踏まえた上で、あなたは成果が出る人の努力の基準値(=当たり前)に達しているでしょうか?自分の努力値は、必要な努力の基準値に達しているか確認してみましょう。

4.学ばない。

頑張っても報われない人の特徴として、学ばないというのが挙げられます。

自分の能力レベルが低いまま努力しても、なかなか成果は出ません

例えば、マラソン。普段運動していない人がマラソンのタイムが縮まらないと悩んでも仕方がありません。

タイムを縮めたいなら、走るスピードを早くして、長い距離を走れるようなトレーニングをして、そもそもの走力を高める必要があります。

それと同じで、そもそも能力レベルが低いなら、勉強や練習によって、まずは能力レベルを上げる努力からする必要があります。

つまり、結果を出す努力以前に、結果を出せる自分づくりを努力しなければいけないということです。あなたは結果を出せる自分になっているでしょうか?

5.工夫や改善をしない。

頑張っても報われない人の特徴として、工夫や改善をしないことが挙げられます。

上手くいっていないことをやり続けても上手くいきません。ですが、頑張っても報われない人はなぜか同じことを続けてしまっています

これはスポーツの世界でも、仕事でも同じことが言えます。

継続することは大切ですが、工夫や改善のない継続はただの惰性になってしまいます。

継続することが大切なのは、成長していくためです。成長していくから、どんどん成果を出しやすくなっていきます。

つまり、1日1日ちょっとずつでもいいから、より良い変化を起こしていけば、1年後には大きな変化に繋がっているということです。

工夫や改善を行っているでしょうか?

6.客観性が欠けている。

頑張っても報われない人の特徴として、客観性が欠けていることが挙げられます。

客観性が欠けると、間違っていることに気づけません。なので、ズレた努力をし続けてしまいます。その結果、頑張っても報われないという状況に陥ってしまいます。

これはスポーツでも、仕事でも、人間関係でも同じことが言えます。

ですが自分のことを客観的に観るのは限界があります。なので、スポーツならビデオ撮影、仕事なら誰かにアドバイスをもらうなどを行って、客観的に自分を見る工夫が必要になってきます。

あなたは客観性を高めるための工夫や仕組みづくりを行っていますか?

7.そもそも勘違いをしている。

頑張っても報われない人の特徴として、そもそも勘違いしている場合があります。

どういう勘違いかというと、実は上手くいっている、あるいはまだ上手くいっているかどうか判断しづらいといった状況なのにも関わらず、頑張っても報われないと感じてしまっているというものです。

上手くいっていない部分にばかり目を向けていませんか?あるいは、記録をとり、数値をみて判断するのではなく、なんとなく上手くいっていないと思っていませんか?

まずは無駄な勘違いをして凹んでしまうことは避けたいものです。

頑張ったら報われる人になるには?

では、頑張ったら報われる人になるにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、正しい方法で、必要な努力基準を満たし、成功するまで改善し、継続し続けることです。

つまり、

  1. 正しい方法
  2. 必要な努力基準
  3. 改善
  4. 継続

が必要です。

逆に、頑張っても報われない人は、間違った方法で、努力が足りず、上手くいかないことをやり続けて、すぐに止めてしまっています

そうならないように意識するだけでも、頑張っても報われないといった状況には陥らないと思います。

ですが、この記事ではさらに具体的に、頑張っても報われないを突破する方法についてご紹介していきます。

頑張っても報われないを突破する15の方法

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて頂ければ嬉しいです。反応が高い記事の続きを優先的に書かせて頂きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事