やりたいことが見つからない本当の原因4選!最短3ステップの見つけ方

やりたいことが見つからないとずっと悩んでいませんか?この記事では、本当の原因と、最短の見つけ方を学ぶことができます。

ある日、この記事を読んだ方から次のようなメッセージが届きました。

大変感銘を受けました。さっそく試しているのですが、すごい効果で驚いています。目的がひとつ見つかりました!

彼は18年間、人生の目的が分からなくなっており、ずっと迷いの最中だったそうです。

あなたも仕事や人生で、やりたいことが見つからないと悩んでいませんか?

これから紹介する方法を実践すれば、男性であれ女性であれ、自分が本当にやりたいことを見つけることができます。そして、自分が本当にやりたいことに向かっていくようになり、毎日が楽しくなくなるでしょう。

やりたいことの見つけ方

やりたいことが見つからないのは、「やりたいことが見つからない本当の原因を知らないから」「やりたいことの見つけ方を知らないから」です。

つまり、知らないことが問題です。最短でやりたいことを見つけるには、学ぶことです。

そこで、仕事や転職、副業、起業、経営、人生など幅広く応用可能な独自に体系化した理論をベースに「やりたいことが見つからない本当の原因」「やりたいことを見つける3ステップ」を解説した動画(1時間4分)をメルマガ登録者に無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、やりたいことが見つからない人でも仕事や人生の目標を見つけることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

目次

やりたいことが見つからない理由

なぜ、やりたいことが見つからないのか理由を知っていますか?やりたいことが見つからない理由はシンプルです。

やりたいことを見つける方法を知らないからです。

やりたいことを見つける方法を学校では教えてくれませんし、大人になっても誰も教えてくれません。だから、就活や仕事、転職、副業、起業など、あらゆるシーンであなたは悩むわけです。

なので、やりたいことを見つける方法を学ばない限り、人生で何度も、やりたいことが見つからないと悩み続けてしまうのです。

やりたいことが見つからないタイプ診断

では、あなたがやりたいことが見つからない原因を診断してみましょう。全部でたった5項目です。これからご紹介する5項目について答えていくだけで、やりたいことが見つからない原因が分かります。

それでは、診断を始めてみていきましょう。

診断1:本当にやりたいことを見つけたいと思っている。

最初の診断は、「本当にやりたいことを見つけたいと思っているかどうか」です。あなたはどうでしょうか?

実は、やりたいことが見つからない人の多くが、「本当にやりたいことを見つけたい」と思っています。

それの何がいけないの?と思ってしまうかもしれませんが、実はこの考え方がやりたいことが見つからない原因になっていることがあります。

詳しくは、この記事で解説させて頂きますので、まずは診断を進めていきましょう。

診断2:どちらかというと自分に自信がない方だ。

次の診断は、「自分に自信があるかどうか」です。あなたはどうでしょうか?自分に自信があるでしょうか?ないでしょうか?

もし自分に自信がないのであれば、それがやりたいことが見つからない原因である可能性があります。

実は、「自信」と「やりたいこと」は関係しています。なので、この診断によって「自分に自信がない人と自覚した人は、ぜひここも解決して欲しいと思います。

こちらも詳細は、この記事で解説させて頂きますので、診断を進めていきましょう。

ちなみに、自分に自信がない人は、以下の記事もご参考下さい。

診断3:他人の目を気にしてしまうことがある。

続いての診断は、「他人の目が気になるかどうか」です。あなたはどうでしょうか?

他人の目が気になることと、やりたいことが見つからないことにどんな関係があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

ですが私がコーチングを行ってきた経験の中で、やりたいことが見つからないと言っている人の一定数が「他人の目が気になる」ということが分かっています。そして、その問題を解消することで、自分のやりたいことの方向性が鮮明になっていきました。

なので、他人の目が気になることと、やりたいことが見つからないことには関係があるのです。その理由についても、この記事でご紹介します。なので、まずは次の診断に進みましょう。

診断4:自分のことを聞かれたらすぐに答えられる。

続いての診断は、「自分のことをどれだけ理解しているか」です。あなたは自分のことをどれだけ理解しているでしょうか?

例えば、「あなたが大切にしていることは?」「あなたの良いところは?」「あなたの欠点は?」と聞かれたらすぐに答えられるでしょうか?

自分への理解が浅いと、やりたいことが見つからない原因になります。診断によって、自分への理解が浅いと感じた方は、自分を知ることも必要です。

詳しくは、この記事でご説明しますので、まずは最後の診断を行いましょう。

ちなみに、自分を知る方法については以下の記事もご参考下さい。

診断5:やりたいことが見つからないまま時間だけが過ぎている。

最後の診断は、「やりたいこと探しの道筋は見えているのか」を確かめるための項目です。やりたいことが見つからないという人のほぼ全員が、やりたいことの見つけ方を知りません

なので、何もできないまま時間だけが過ぎて行きます。1年、2年、3年、4年、5年と、「やりたいことが見つからない」と人生の貴重な時間を無駄にしてしまうのです。

そうなってしまう原因は、具体的なやり方を学ばずに、「いつか見つかるかもしれない…」と甘い期待を持って、偶然に身を任せてしまっているからです。

なので、この診断によってやりたいことの見つけ方が分かっていないことに気づいた方は、その方法を身につけて頂きたいと思います。

それでは、診断結果を観ていきましょう!

やりたいことが見つからない診断結果

ここまで次の5つの診断項目をご紹介してきました。

  1. 本当にやりたいことを見つけたいと思っている
  2. どちらかというと自分に自信がない方だ
  3. 他人の目が気になってしまうことがある
  4. 自分のことを聞かれたらすぐに答えられる。
  5. やりたいことが見つからないまま時間だけが過ぎている

やりたいことが見つからない人は、この5つの項目のどれかに当てはまるはずです。そして多くの人が、3つ~5つは当てはまるのでしょうか?

では、やりたいことが見つからない原因について診断の結果を出したいと思います。

やりたいことが見つからない原因として「シンキング」「ノイズ」「インサイト」「メソッド」の4つに分類します。

これらの用語については、次の章で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

診断結果は、次のようになります。

項目「1」に該当した人は、「シンキング」に原因があります。

項目「2」や「3」に該当した人は、「ノイズ」に原因があります。

項目「4」に該当した人は、「インサイト」に原因があります。

項目「5」に該当した人は、「メソッド」に原因があります。

それでは次の章でそれぞれの原因について詳しく解説します。

やりたいことの見つけ方

やりたいことが見つからないのは、「やりたいことが見つからない本当の原因を知らないから」「やりたいことの見つけ方を知らないから」です。

つまり、知らないことが問題です。最短でやりたいことを見つけるには、学ぶことです。

そこで、仕事や転職、副業、起業、経営、人生など幅広く応用可能な独自に体系化した理論をベースに「やりたいことが見つからない本当の原因」「やりたいことを見つける3ステップ」を解説した動画(1時間4分)をメルマガ登録者に無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、やりたいことが見つからない人でも仕事や人生の目標を見つけることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

やりたいことが見つからない本当の原因

やりたいことが見つからない原因は何なのでしょうか?ここでは、私のメソッドの中でお伝えしているやりたいことが見つからない原因を4つご紹介します。

(詳しく学びたい方は、この記事でもご案内している「無料オンライン講座」をご覧ください。)

やりたいことが見つからない原因1:シンキング

やりたいことが見つからない原因の1つ目がシンキングです。シンキングとは考え方のことです。思考のクセのようなものです。

やりたいことが見つからない人は、やりたいことが見つからない考え方をしてしまっているケースが多いです。なので、その考え方を変えない限り、ずっとやりたいことが見つかりません

実際に、私のコーチングにご相談に来る方の中にも、「やりたいことが見つからないまま3年も、5年も悶々と過ごしてきた」とお話しされる方が多くおられます。

もしあなたもそのような状態なのでしたら、以下の記事も参考にしてみて下さい。

やりたいことが見つからない原因2:ノイズ

やりたいことが見つからない原因の2つ目が、ノイズです。ノイズとは、あなたのやりたいことを分からなくする心の雑音のことを言います。

やりたいことが見つからない原因となる代表的なノイズは、「自分にはできない」「他人の目が気になる」といったものです。このノイズの影響を受けないようにしないと、やりたいことが見つかりません

実際、私のコーチングのクライアント様にも「他人の目が気になって自分らしくやりたいことができない。主張できない。」といった方も多いです。

やりたいことが見つからない原因3:インサイト

やりたいことが見つからない原因の3つ目が、インサイトです。インサイトとは、自分に対する気づきのことです。やりたいことを見つけるには、自分を知る必要があります。

なぜなら、「どうなりたいのか」「何が欲しいのか」「何がしたいのか」「どうありたいのか」といった自己欲求に気づけないことにはやりたいことを見つけることができないからです。

また選択や方向性が自分にとって合っているのかどうかも、自分の強みや弱み、性格、価値観などを理解が不足していると分からなくなってしまうからです。その結果、やはりやりたいことが見つかりません。

実際に、やりたいことが見つからない人は、自分の選択や方向性に悩むことを何年も繰り返しているケースも多いです。

もしそういった症状がある方は、次の記事も参考にして下さい。

やりたいことが見つからない原因4:メソッド

やりたいことが見つからない原因の4つ目は、メソッドです。メソッドとは、具体的な見つけ方のことです。

巷では「やりたいことをやりましょう」といったメッセージが発言されることがありますが、そもそも具体的にどうやってやりたいことを見つけるのかまでは教えられていないことが多いです。

なので、“そもそもやりたいことが分からないから困っている”という方が解決策を知らないまま、悶々とした毎日を繰り返してしまいます。

やはり、具体的なやり方と手順を知っていないと、やりたいことが見つからないのです。

やりたいことが見つからない原因を解消する方法

ここまでやりたいことが見つからない原因を4つご紹介してきました。そして、それらの原因をどのように解決するのか、最新のメソッドは無料オンライン講座で公開しています。

なので、メルマガ登録者にオンライン講座を収録した動画を無料プレゼントしておりますので、ぜひご参考ください。





※メルマガはいつでも解約できます。

 

その方法を実践すると、10年以上もやりたいことが見つからなかった人でも、最短でやりたいことを見つけることができます。もちろん、老若男女問いません。最短で1ヶ月、遅くても6ヶ月以内に、やりたいことが見つかります

オンライン講座『やりたいことを見つける学校』で教えるのは、やりたいことを見つけるだけでなく、いつでも自分でやりたいことを見つけられる一生もののスキルです。

なので、就活、仕事、転職、副業、起業などで、しっかりとやりたいことを明確にしたいという方は、『やりたいことを見つける学校』で学んでみてはいかがでしょうか。

そして、この記事では、私が昔にご紹介していた方法をご紹介します。もちろん、そちらも効果がありますのでご安心ください。

やりたいことが見つからない時の最短3ステップ

やりたいことが見つからないという人がすべきことは、次の3つです。

  1. 人生の棚卸し
  2. ゴール設定
  3. エフィカシー向上

やりたいことが見つからないという人は、上記3つを実践することで、やりたいことを見つけられるようになります。やりたいことが次第に明確になってきたら、毎日が楽しくなっていくでしょう。

やりたいことが見つからない時のSTEP1:人生の棚卸し

やりたいこが見つからない人が、まず、すべきことは人生の棚卸しです。人生の棚卸しが、自分の心に秘めたやりたいことに気づくキッカケとなります。

人生の棚卸しとは、自分自身に対して「何をしたいか?」「何が好きか?」と自問自答を重ねることです。

人生の棚卸しをする際には、以下の質問について考えてみて下さい。

  • これまでの人生で嬉しかったこと・楽しかったことは何だろう?
  • これまでの人生で熱中したことは何だろう?
  • これまでの人生では、どんな時が一番楽しいと感じただろう?
  • 自分は何が好きだろう?
  • 自分は何が嫌いだろう?
  • 人生において、もっと増やしたいと思う、喜ばしいことは何だろう?
  • 人生において、減らしたいと思う、嫌なことは何だろう?
  • 理想の自分とはどんな自分だろう?
  • なりたくない自分とはどんな自分だろう?
  • どんな人生を生きられたらなら最高だろう?
  • どんな人生だけは生きたくないだろう?
  • 人生で実現したいことは何だろう?
  • 絶対に失敗しないと分かっていたら何をするだろう?

まずは上記の質問について徹底的に考えてみて下さい。

1ヶ月くらい徹底的に考える期間を設けるといいでしょう。すると、次第に、自分の願望が明確になってきます。まずはここからです。

やりたいことが分かっている人というのは、上記のような質問に対して考えてきた人です。一方、やりたいことが見つからない人は、自分や人生に対して、考えを巡らせていないことが多いです。

自分のやりたいことというのは、”自分の心”が決めます。だから、”自分の外”に答えを求める前に、”自分の内”に答えを求めなければいけません

だから、まずはしっかりと自問自答を行ってみて下さい。

自問自答によって出た答えが、やりたいことのヒントになります。これだけでやりたいことが見つかる人もいるでしょう。この自分と自分の人生について考える作業を1ヶ月に1回くらいでいいから定期的に行うと、かなり効果があります。

早速、紙とペンを用意して、ブレインストーミングを行いながら書き出してみましょう!

やりたいことが見つからない時のSTEP2:ゴール設定

次にあなたがすべきことは、3年後~5年後くらいに達成したい暫定的ゴール(とりあえずのゴール)を設定して、それの達成を目指すことです。

STEP1の人生の棚卸しは1ヶ月くらい行ってほしいと書きましたが、実際にはSTEP2と同時並行で行ってもらっても構いません。

そうなると、「昨日は○○がゴールだったが、今日は△△がゴール。」というように日々、目指したいゴールが変わってしまうこともあるでしょう。

しかし、それが正解です!より良いゴールを求めていくうちに、本当にやりたいことが分かってきます

とりあえずのゴールを設定しなければいけない理由

暫定的ゴール(とりあえずのゴール)とは、「とりあえず、まずはこれの実現を目指して行動しよう!」という将来の暫定的な目標のことです。

人生の棚卸しをヒントに、3年後~5年後くらいに実現したら嬉しいと思う理想を、とりあえずのゴールとして設定して下さい。

どうして、とりあえずのゴールを設定するのかというと、現状から抜け出すためです。今、やりたいことが見つかっていないということは、現状には”やりたいことがない”という可能性もあるからです。少なくとも現状に視点が縛られていては見つかりません。

なので、現状の外に視点を向けることで、視野を広くすることが必要です。

そして、とりあえずのゴールを目指す過程で、現状(=今の生活環境、人間関係、自分の能力、考え方、習慣、興味など)が変わっていきます

現状が変わることで、自分が見えるもの、感じることが違ってきます。その結果、やりたいことも見えてくるようになるのです。

やりたいことが見つからない人のゴール設定のコツ

とりあえずのゴールを設定すると言っても、やりたいことが見つからないのに、ゴールを設定することはできないという人もいるかもしれません。

だからこそ、STEP1で人生の棚卸しをしてもらったのです。人生の棚卸しをすることで、願望が明確になったはずです。(まだ人生の棚卸しをしていないという方は、すぐにでも始めてくださいね。)

もちろん、人生の棚卸しによって願望が明確になったと言っても、”たぶんやりたいこと”(”なんとなくなりたいこと”)といった漠然とした願望しか出てこなかったという人も多いでしょう。

ですが、それでも構いません。自分が“なんとなくやりたい”と思ったことの中で、優先順位を決めて、“最もやりたいこと”をとりあえずのゴールとして設定すればいいのです。

もちろん、人生の棚卸しによって「コレだっ!」という願望が見つかった人は、それをゴールとして設定して下さい。とにかく、重要なことは「やりたいと思うこと」をゴールとして設定することです。

ゴールの設定において絶対に守るべき、たった2つの条件

ここでゴールの条件として絶対に守ってもらいことがあるので、紹介します。

  1. WANT TO(やりたいこと)であること
  2. 現状の外であること

上記の2つの条件を満たしたとりあえずのゴールを設定する必要があります。

ゴールがWANT TOでなければいけない理由

あなたが設定するとりあえずのゴールは、WANT TO(やりたいこと)でなければいけません。

なぜなら、人間はやりたいことをやることが最もパフォーマンスが高くなり、その結果、夢が実現しやすくなるからです。またやりたいことをすることで、人間は幸せを感じます。だから、成果と幸せを得るために、WANT TOのゴールを設定する必要があるのです。

さらに、やりたいことをすることで、「やる気が出ない」と言って悩むことがなくなります。なぜなら、自分が「やりたいこと」なんだから、そもそも「やる気」があって当然だからです。

とりあえずのゴールを設定して数ヶ月から長くて1年間は、それほど強烈なやる気は感じられないという人もかもしれません。

ですが、それでも“よりやりたいこと”を新しいゴールとして再設定することを繰り返す過程で、やる気が強く感じられるような魅力的なゴールに出会えるようになります。

ゴールが現状の外でないといけない理由

ゴールは現状の外に設定する必要があります。

現状の外にゴールを設定するとは、できるだけ大きな夢を設定して欲しいということです。

もちろん先ほども言った通り、ゴールは漠然としたやりたいことで構いません。ですが、できるだけ大きなやりたいことをゴールとして設定して欲しいのです。

その理由は、先ほども書いた通り、視野を広げるためです。

そして、コンフォートゾーンをずらすためでもあります。コンフォートゾーンがずれることで、今の自分では気づかなかったことに気づくことができるようになります。つまり、やりたいことが見つかるということです。

コンフォートゾーンとは、心理的に慣れ親しんだ空間のことです。人間はコンフォートゾーンの中にいると安心します。なぜなら、自分が日頃から慣れ親しんだ空間なので、”危険はない”と脳が判断するからです。

もしコンフォートゾーンから出てしまったなら、脳が危険と判断して、すぐにコンフォートゾーンに戻ろうとする力が働きます。これがやりたいことが見つからない状況を繰り返してしまうメカニズムでもあります。

例えば、学校のクラス替えの時や、新しい仕事先に新人として入る時に、ドキドキと緊張したことはないでしょうか?

また普段一緒にいる友達とならリラックスしているが、初対面の人といるときは緊張していないでしょうか?どちらの場合でも、できることなら早くこの場から立ち去りたいと少しでも思ったことはないでしょうか?

これはコンフォートゾーンという慣れた空間が乱されることで、元のコンフォートゾーンを維持しよう力が働いたからです。

そして、人間はコンフォートゾーンの内にある物事は認識できるが、コンフォートゾーンの外にある物事を認識することは難しいという性質があります。

なぜなら、コンフォートゾーンという慣れた空間を維持するために、コンフォートゾーン内での変化に敏感になる必要があるからです。そのため、コンフォートゾーンの外にあることは重要度が低く、認識することが難しくなるのです。

このように人間はコンフォートゾーン内にあることにしか、十分に認識ができないようになっています。

つまり、やりたいことが見つからないという人が、やりたいことを見つけるためには、今のコンフォートゾーンから別のコンフォートゾーンへとずらすことで、これまで認識できなかったことを認識できるようにする必要があるということです。

これまで認識することができなかったことを認識できるようになることで、本当にやりたいことが分かるようになっていきます。

なぜなら、現状でやりたいことが見つからないということは、今のコンフォートゾーン内にやりたいことが、そもそも存在しない可能性もあるからです。

なので、やりたいことがコンフォートゾーン内にあるなら、認識できるはずが、そもそも存在しないので認識できず、「見つからない」という状態になっているのです。

だからこそ、できるだけ大きなゴールを設定し、大きくコンフォートゾーンがずれるようにしてあげる必要があります。小さな目標といったレベルでは、なかなかコンフォートゾーンはずれません。それだけ、人間のコンフォートゾーンを維持しようとする力は強大なのです。

やりたいことが見つからない時のSTEP3:エフィカシー向上

やりたいことが見つからない人は、エフィカシーを高めることで、やりたいことが気づくようになっていきます。エフィカシーとは、簡単に言うと、「自信」のことです。

実はやりたくないことが見つからないと言う人の中には、本当はやりたいことがあるのだけれど、自分にはできそうにないから、無意識にやりたいことの候補から外してしてしまっているという人がいます。

この現象を心理学では、「否認」といいます。

否認とは、自分がその事実を認めてしまうと不安や不快を感じるような現実が生じるため、無意識に無視してしまう心の働きのことです。

だから、その無意識のロックを外してあげると、やりたいことが溢れ出してきます

つまり、やりたいことが見つからない人の中には、今、エフィカシーが低い状態になっていて、本当にやりたいことを否認してしまっている可能性があります。

と、ここで質問です!!

「ところで、あなたが否認していることって何だろう?」
「本当はやりたいことってなんだろう?」

自分が否認してしまっていると気づいただけで、心の奥底に眠っていた、本当はやりたいと思っていることに気づいたりすることがあります。なので、今、気づいた人はラッキー!

話を戻しましょう。

やりたいことが見つからない人は、エフィカシーを高める必要があります。ですが、どうやってエフィカシーを高めればいいのか?

コーチングでは、プロのコーチがエフィカシーを高めてくれます。また自分で自分にコーチングを行うセルフコーチングといった技術もあります。

ですが、ここでは専門的な技術ではなく、今から誰でも使える方法を紹介したいと思います。

心のブロックを外す方法

心のブロックを外すためにはエフィカシーを高めることです。その方法として、セルフトークのコントロールがあります。

セルフトークとは、心の中のつぶやきのことを言います。私たちは、セルフトークをコントロールすることで、エフィカシーを高めることができます。

セルフトークをコントロールする上で重要なことは、「徹底してネガティブなことは言わない」ということです。ネガティブなセルフトークはエフィカシーを下げてしまうからです。

人間は、無意識に1日の中で4万回~6万回、心の中で言葉をつぶやいていると言われています。もし、1日何万回もつぶやく言葉の内容が、ネガティブなものだったなら?あるいは、ポジティブなものだったなら?どのように私たちに影響を与えるでしょうか?

恐らく、あなたのお察しの通りです。

1日に何万回もつぶやくその内容がネガティブなものだった場合、私たちのエフィカシーはどんどん低くなっていきます。

その理由は、あなたがネガティブなセルフトークを使うことで、ネガティブなイメージ(内容)、ネガティブな感情、ネガティブな解釈が誘発されるからです。これはつまり、心の中でネガティブな体験を疑似体験しているということです。

例えば、仕事や試験などの大事な場面で失敗してしまった時、あなたはエフィカシーが上がるだろうか?恐らく、エフィカシーが下がるはずです。

それは、心の中での疑似体験でも同じことが言えます。そのため、ネガティブなセルフトークを使うことで、何度もネガティブな体験を疑似体験してしまい、あなたのエフィカシーがどんどん下がってしまうというわけです。

だから、徹底してネガティブなセルフトークは行ってはいけません。

これは、無理やりポジティブシンキングをしましょうというよりは、わざわざ自分の自信を、自分で落とすようなことは言わないということです。ポジティブになることは難しくても、わざわざ自分で自分をネガティブにしないようにすることであれば、比較的、簡単に行えると思います。

エフィカシーを上げるセルフトークの具体的な内容とは?

エフィカシーを上げるセルフトークは、ポジティブなセルフトークです。

自分ならデキる!
今日も良い日にするぞ!
この失敗から学べることは何か?
自分でも何かできることがあるはず!

といったセルフトークを使うことが大切です。

もしも失敗した時には、「本当の自分はこんな失敗はしないぞ。こんな失敗をするなんて、自分らしくない。次同じことが行ったなら、こうやって対処しよう」というセルフトークを使って下さい。そして、失敗したことはサラッと忘れてしまうことが大切です。

ここでダラダラと失敗したことについて考えてしまうと、再び心の中でネガティブな体験を疑似体験していることになります。心の中で何度もネガティブな体験を疑似体験をしてしまうと、エフィカシーが下がるから、失敗した時はサラッと忘れることが大切です。

徹底的にポジティブなセルフトークを使うようにするだけで、あなたのエフィカシーがどんどん上がっていきます。その結果、無意識のロックが外れて、これまで否認していた“本当にやりたいこと”に気づくようになります。その時には、ワクワクのスイッチが入ることでしょう。

もっと詳しくセルフトークについて学びたい方は、以下の記事も参考にしてください。

やりたいことが見つからない時の年代別対策

やりたいことが見つからない問題は、年代によっても内容や対策が違ってくることがあります。そこで、具体的なよくある悩みをピックアップして年代別対策をご紹介します。

10代でやりたいことが見つからない時の対策

10代でやりたいことが見つからない時はどうすればいいのでしょうか?

まず、10代でやりたいことが見つからないのは「問題ではない」ということを理解して下さい。なぜなら、やりたいことが見つかるには、ある程度の選択肢を知っている必要があるからです。

例えば、「食べてみたい果物は何?」と聞かれても、知っている果物の中からしか答えは出てきません。なので、そもそも知っている果物の数が少なければ、「食べてみたい果物と言われても…。だいたい思い付く果物は食べたことあるし…。」というようになってしまいます。

なので、10代で必要なことは、まずは“知っている選択肢”の数を増やすことです。将来の職業であれ、人生における活動であれ、「世の中にはどんな仕事があるのか?」「どんなことをして楽しんでいる人がいるのか?」といったことをテレビや本、Youtubeなどを通じて大量に知ることです。

20代でやりたいことが見つからない時の対策

20代でやりたいことが見つからない人は、今の仕事や働き方のままでいいのか悩んでいるケースが多いです。

20代のうちはまだまだ新しい道に進みやすい年代です。なので、今の仕事や働き方が違うなと思ったら、新しい業界や業種にチャレンジしてもいいでしょう。

ですが、そもそも「今の仕事や働き方のままでいいか分からない」「新しい業界や業種、仕事といっても、それが分からない」という20代の方も多いと思います。

そんな場合は、まずはこの記事でご紹介したやりたいことが見つからない原因が「シンキング」「メソッド」「ノイズ」「インサイト」のどこにあるのか分析してみて下さい。

そして、この記事でご紹介した3ステップ「人生の棚卸し」「ゴール設定」「エフィカシー向上」を行ってみて下さい。

それだけでも方向性が明確になってくるはずです。それでもダメなら、コーチングを受けることを検討してみて下さい。

やりたいことの見つけ方

やりたいことが見つからないのは、「やりたいことが見つからない本当の原因を知らないから」「やりたいことの見つけ方を知らないから」です。

つまり、知らないことが問題です。最短でやりたいことを見つけるには、学ぶことです。

そこで、仕事や転職、副業、起業、経営、人生など幅広く応用可能な独自に体系化した理論をベースに「やりたいことが見つからない本当の原因」「やりたいことを見つける3ステップ」を解説した動画(1時間4分)をメルマガ登録者に無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、やりたいことが見つからない人でも仕事や人生の目標を見つけることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

30代でやりたいことが見つからない時の対策

30代でやりたいことが見つからない人も、やはり仕事や働き方に悩んでいるケースが多いです。ですが20代とは違って、ある程度の社会人経験を積んでいるからこその悩みを抱えています。

例えば、「このまま今の会社にいてキャリアアップできるのだろうか?」「本当に今の仕事のままやっていけるのか?」「副業や独立を考えた方がいいのだろうか?」といった悩みを抱えていないでしょうか。

そして、「別の道を考えても、具体的にやりたいことが見つからない…」から余計に悩んでしまう状態ではないでしょうか。

なので、30代でやりたいことが見つからない時も、やはりこの記事でご紹介した方法を実践して頂くことから始めてみて下さい

やりたいことが見つからない原因が「シンキング」「メソッド」「ノイズ」「インサイト」のどこにあるのか分析してみる。

この記事でご紹介した3ステップ「人生の棚卸し」「ゴール設定」「エフィカシー向上」を行ってみて下さい。

それでもやりたいことが見つからない時は、コーチングを受けることを検討してみて下さい。

40代でやりたいことが見つからない時の対策

40代でやりたいことが見つからない人は、社会人経験の中で自分の可能性と限界が見えてきて、だからこそ「本当に今の仕事や働き方のままでいいのか?」「副業や起業に挑戦しなくていいのか?」と悩んでいるケースが多いです。

40代の方の場合は、20代や30代と比べて、経験やスキル、人脈を持っていることが多いです。また20代や30代よりも、経済的にも少し余裕がある人が多いはずです。

なので、やりたいことが見つからないというよりは、「やりたいことはあるんだけど、それを本当にやるべきかどうか悩んでいる」という状態の人も多いはずです。

なので、やりたいことが見つからないという人は、この記事でご紹介した方法を実践してみて下さい。そして、やりたいことはあるんだけど悩んでいるという人は、決断に関する記事をご参考下さい。

やりたいことの見つけ方

やりたいことが見つからないのは、「やりたいことが見つからない本当の原因を知らないから」「やりたいことの見つけ方を知らないから」です。

つまり、知らないことが問題です。最短でやりたいことを見つけるには、学ぶことです。

そこで、仕事や転職、副業、起業、経営、人生など幅広く応用可能な独自に体系化した理論をベースに「やりたいことが見つからない本当の原因」「やりたいことを見つける3ステップ」を解説した動画(1時間4分)をメルマガ登録者に無料プレゼントいたします。

この記事と合わせてご参考頂ければ、やりたいことが見つからない人でも仕事や人生の目標を見つけることができます。無料メルマガにご登録後、専用サイトにてご覧頂けます。





※メルマガはいつでも解約できます。

やりたいことが見つからない時にやった事【実体験】

とにかく、やりたいと思うゴールをできるだけ高く設定したなら、それの達成を目指して下さい。そうやって行動を起こしていくことで、コンフォートゾーンがずれていきます。

その過程で、生活環境、人間関係、自分の能力、考え方、習慣、興味などが変化し、見えること、感じることが変わってきます。その結果、あなたはより良い”やりたいこと”を発見することができます。

そうやってとりあえずのゴールの達成を目指す過程で、より”やりたいこと”が見つかったなら、新しいゴールとして再設定していくことを繰り返します。そうすれば、どんどん本当にやりたいことに近づいていくようになります。

ですが、とりあえずのゴールを設定したものの何をしたらいいのか分からないという人も多いことでしょう。そこで、とりあえずのゴールを設定したばかりの私が実際に行った方法を紹介したいと思います。

私がとった方法を実践することで、ゴールの達成に向けて、具体的な一歩を踏み出すことができるようになるでしょう。

やりたいことが見つからない時は○○で調べる

私も初めて大きなゴールを設定したとき、どうしていいか分かりませんでした。そこで私が取った行動は、本屋に行って調べるということでした。

実はこのご時世、本屋に行けば、ほぼすべてのことが分かります。

  • 理想の職業に就く方法
  • お金持ちになる方法
  • 理想の彼氏(彼女)を手に入れる方法
  • 健康になる方法
  • スポーツ選手になる方法
  • 歌手になる方法
  • より多くの人に貢献する方法

など。

本を読んだ人が実現できるかどうかは別として、ほとんどことは既に誰かが達成していて、それに関する本が出版されています。

だから、ゴールを設定したあなたは、まず本屋に行って情報収集をしてみて下さい。すでにあなたが実現したいことを実現している人が書いた体験記や、やり方が見つかるでしょう。

やりたいことを見つけて、仕事や人生において目標を設定したいという方は、無料オンライン講座もご参考ください。メルマガ登録者にオンライン講座を収録した動画を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけ、実現していくための体系化された独自メソッドを学ぶことができます。





※メルマガはいつでも解約できます。

学習することで、「何をしたらいいか分からない」ということはなくなります。情報が溢れている現代では、「何をしたらいいか分からないから、行動できない」という言い訳は言えなくなってしまうでしょう。

とは言うものの、インプットすることと、アウトプットすることには大きな隔たりがあります。だからこそ、心に火を灯し、行動を継続させるために私はコーチングをやっていると言えます。

やりたいことが見つからない人に真似して欲しい行動ルール

「何をしたらいいか分からない」という言い訳が解決されたなら、次は「とは言うものの、不安で一歩が踏み出せない」という言い訳が出てくるのではないでしょうか?

私もそうでした。

そこで当時の私がとった行動は、【デキる人の3つ「デ」】という行動原則に従って行動をしました。このネーミングは私が今になってつけた呼び方で、その具体的な内容は次の通りです。

  1. デキることからやる
  2. デキるところまでやる
  3. デキることはすべてやる

上記の3つの行動原則に従って実行すれば、デキないことはありません。

多くの人は、いきなり「ゴールまで走り切れるかどうか」を考えてしまいます。その場合、大抵が「無理だ」ということになり、諦めてしまうことになります。

ですが、諦めてしまうと何も達成できません。何もです!!

だから、私が考えたのは「デキることからやる」「デキるところまでやる」ということでした。

つまり、「今の私では最後(ゴール)まで走り切れるかどうかは分からないけれど、走れるところまで走ろう!自分が精いっぱい走って、もうこれ以上走れないというところまで走ったなら、きっと気持ちよく諦められるだろう。仮にそこで諦めても、一生懸命に頑張ったのだから、得られることもあるだろう」と考えたのです。

この考え方で行動すれば、あなたも始めの一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか?

そして、実際に走れなくなったらどうするつもりだったのか?

私は、ゴールに向かう行動を続けるために、さらに予防策を考えていました。

それが、「デキることはすべてやる」という考え方でした。

つまり、「精いっぱい走ってきたけれど、もう走ることは難しいかも!でも、ちょっと待てよ。別の道を走ることはできないか?」と考えようと決めていました。

これなら、あなたも諦めずに進み続けられるのではないでしょうか?

1つの道が走れなくても、すべての別の道を探し出して試せば、必ず突破口が開けます。

ここまで「情報収集すること」「デキる人の3つ「デ」に従って行動すること」を紹介しました。これであなたもゴールに向かって行動していくことができるようになるでしょう。

ゴールに向かって行動していけば、コンフォートゾーンがずれていきます。その結果、あなたはどんどん”よりやりたいこと”が見つかるでしょう。本当にやりたいことが見えてくればくるほど、毎日が心の底から楽しいと思えるようになります。是非、実践して下さい。

やりたいことが見つからない人が成功する方法

ところで、あなたはやりたいことで成功したいと思っていますか?やりたいことで成功で言うと、仕事なら、会社員として成功するのか、副業や起業で成功するといったことでしょうか。趣味であれば、何かを極めるということでしょうか。

やりたいことが見つからない人に決めて欲しい事

成功とは何か、答えられますか?成功は、自分で定義しなければいけません。なぜなら、仮に世間で言われる成功が「年収○○円が幸せ」であったとしても、自分が幸せを感じられなければ意味がないからです。

なので本当のことを言うと、成功ではなく、成幸を定義しなければいけません。成功は客観的なものですが、成幸は主観的なものです。本当の成功とは、成幸なのです。

無料オンライン講座では、成幸するためにWANT(ウォント)を明確にしましょうと教えています。つまり、「自分は何がしたいのか?」「自分はどうありたいのか?」「自分は何が欲しいのか?」を理解している必要があるということです。

メルマガ登録者に、オンライン講座を収録した動画を無料プレゼントしております。詳しくは動画をご参考ください。





※メルマガはいつでも解約できます。

やりたいことを見つけた後に成功するには?

あなたは仕事であれ、副業・起業であれ、成功したいのであれば、創造力と行動力が欠かせません。下図は、価値と収入の関係性を表したものです。

やりたいことを見つける学校 ウォント理論より抜粋

 

収入を増やしたければ、価値を生み出す必要があります。そして、価値を生み出すためには、創造力と行動力が必要です。そして、創造力と行動力には、WANT(ウォント)が欠かせません。

「自分は何がしたいのか?」「自分はどうありたいのか?」「自分は何が欲しいのか?」が明確になっていなければ、創造も行動もできないのです。つまり、価値を生み出せないので、仕事では成功できないということです。収入も増えません。

つまり、あなたが成功したいのであれば、まずはWANT(ウォント)を身に着ける必要があるということです。

WANT(ウォント)についてもっと学びたいという方は、『やりたいことを見つける学校のオンライン体験講座(無料)』で学べます。

やりたいことが見つからない人のための学校

ここまで、やりたいことが見つからない人向けに『やりたいことを見つける学校のオンライン体験講座』を無料でご受講いただけることをご紹介してきました。

講座では、次のような事を学ぶことができます。

  • やりたいことを見つからない原因とは
  • やりたいことを見つける3ステップ
  • 就活や転職の面接で説得力を高める方法
  • やりたいことでお金を生み出すメカニズム

やりたいことが見つからないという方は、この機会にぜひ学んでみて欲しいと思います。





※メルマガはいつでも解約できます。

まとめ

ここまで、やりたいことが見つからない人のために、やりたいことを見つける方法について解説してきました。

そのエッセンスをまとめておくと。

  • 人生の棚卸しを1ヶ月に1回は行おう!
  • とりあえずのゴールを設定して、それの達成を目指そう!
  • 本屋でゴールの達成方法を調べよう!
  • デキる人の3つの「デ」に従って行動しよう!
  • 徹底的にポジティブなセルフトークだけを使って、エフィカシーを高めていこう!
  • とりあえずのゴールの達成を目指す過程で、よりやりたいことが見つかったなら、それを新しいゴールとして再設定しよう。そして、そのゴールの達成を目指そう!(何度繰り返してもOK)

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ここで紹介した方法は、コーチングに基づく再現性のある方法です。だから、何度もここで紹介した方法を読み直し、根気よく実践して欲しいと思います。そうすれば、あなたもやりたいことを見つけ、ワクワクする人生を送ることができるようになります。

ここで紹介した情報が「なるほど!」「役立だった!」「面白い!」と少しでも感じて頂けたのなら、以下のいいねボタンをクリックしてください。あなたの応援が、次のコンテンツを作成する私にとっての励みになります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます





※メルマガはいつでも解約できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事