うまくいかない時に使える思考法25選!うまくいかないが好転する方法

うまくいかない時は、本当に苦しいですよね。なので、もし、あなたがうまくいかないことで悩んでいるのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

なぜなら、この記事では、

  1. 普段、仕事や人生の相談を受けているコーチ(私)が
  2. 恋愛や仕事、人生を好転させたい人に向けて
  3. うまくいかない時に使いたい思考法を解説しているからです。

この記事の特徴は、チェックリストのように使うことで、うまくいかない原因や対処法に気づけるようになることです。

なので、もしあなたがうまくいかないことで悩んでいるのであれば、毎日この記事を眺めてチェックリストのように使ってください。

必ず、うまくいかない原因や対処法に気づいて、恋愛や仕事、人生を好転させることができます。

それでは、うまくいかない時に使いたい思考法をご紹介していきます。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

うまくいかない時に使いたい思考法一覧

うまくいかない時は、視野狭窄に陥りがちです。視野狭窄とは、視野が狭くなってしまって、うまくいかない原因や解決策に気づけない状態のことを言います。

だからこそ、この記事をチェックリストのように使うことで、視野を広げて欲しいと思います。

この記事をチェックリストとして使う→気づく→解決策が見えてくる→好転していく」、こういった変化を起こすことができるようになります。

それでは1つずつご紹介していきます。

【1】コントロール可能か、不可能か?

うまくいかない時に考えて欲しいことがあります。それは、コントロール可能か、不可能かということです。うまくいかない人は、コントロール不可能なことをどうにかしようとしがちです。

恋愛や仕事、人生の中には、自分がコントロール可能なことと、コントロール不可能なことがあります。

コントロール不可能はことをどうにかしようとすると、コントロールできないので、徒労に終わります。結局、何も変わらずに、ストレスを感じるだけです。

他人や制度などはコントロール不可能な部分が多いです。

うまくいかない時に私たちがやるべきことは、コントロール可能なことを見極めて、そこに集中することです。

あなたが今悩んでいること、どうにかしようとしていることは、コントロール可能なことですか?不可能なことですか?自分の選択や努力で変えられる部分はどこでしょうか?

【2】そもそも優先順位は正しい?

うまくいかない時には、そもそも優先順位は正しいのかを考えてみて下さい。恋愛や仕事、人生でうまくいかない人は、優先順位がズレていることがあります

あなたも他人の話を聞いていて、「大事なのは、そこじゃない!(笑)」と思ったことはありませんか?

例えば、恋愛で言えば、「こんなにアピールしてるのにうまくいかない。どうアピールしたらいいんだろう…」というケース。でも、大事なのはアピールどうこうといった自分目線の一方的なコミュニケーションではなくて、まずは相手の気持ちを考えた相手目線のコミュニケーションだったりするわけですよね。

恋愛でも仕事でも、人生において優先順位が間違っていると、うまくいきません。逆を言えば、常に正しい優先順位を心掛けるだけでうまくいきやすくなります

本当に重要なことは何でしょうか?最も影響を与える要因は何でしょうか?うまくいかない時には優先順位を見直してみましょう。

【3】そもそも計画(思い描いていたこと)に無理はないか?

うまくいかない時に確認して欲しいことが、そもそも計画や思い描いていた構想に無理はないかです。うまくいかない人は、ついつい計画や思い描く構想を膨らませて非現実的にしてしまいがちです。

時間には限りがありますし、人間も動物なので1日の活動限界があります。また目標によっては長期的に取り組むべきこともあります。

そのような現実的な制限やルールを無視した計画や構想は、どこかの段階で破綻します。うまくいかないことが起こったり、ストレスを感じるようになったり、挫折したりすることに繋がります。

うまくいかない時こそ、計画や構想を見直す時です。

そもそも計画や構想に無理はないでしょうか?現実的に考えて、どのような計画や構想を持つべきでしょうか?

【4】そもそも目的はないか?

うまくいかない時は、そもそも目的は何かを再確認してみて下さい。うまくいかない人は、目的を見失いがちです。

目的が明確でないと、優先順位を間違えてしまったり、選択を間違えてしまいます。その結果、うまくいかない状況が起こりやすくなります。

うまくいかない時こそ、本当の目的を思い返してみて下さい

その行動・作業の目的は何でしょうか?
そのプロジェクト・案件の目的は何でしょうか?
仕事の目的は何でしょうか?
人生の目的は何でしょうか?

【5】そもそも本当に望んでいることか?

うまくいかない時には、そもそも本当に望んでいることなのかを考えてみましょう。うまくいかない人は、見栄や世間体、親からの期待に応えるため頑張っているケースもあります。

他人のためにやろうとしているのであれば、うまくいかないのも当然です。なぜなら、自分が本当に望んでいることではないから、積極的になれない部分があるし、真剣に取り組めないでしょう。

そもそも本当に望んでいることでしょうか?あなたが本当に望んでいることはどんなことでしょうか?

うまくいかない時こそ、自分が本当に望んでいることに気づけるものです。

【6】本当に自分がやるべき?

うまくいかない時には、本当に自分がやるべきことかも考えてみましょう。うまくいかない人は、すべてを自分でやろうとしがちです。

「夫・妻のため」「友人のため」「彼氏・彼女のため」「親のため」「子供のため」「会社のため」「上司のため」「部下のため」「お客様のため」と頑張るのは、どこかで線引きを持っておくことです。

何もかもすべて自分がしなければいけないと思うと、心身が疲弊していきます。意外と、自分が頑張らなても良かったりする部分もあるものです。

「何もかも」を背負うのは止めましょう。「何をするか」だけではなく、「何をしないのか」も考えてみましょう

本当に何もかもすべてを自分がしなければいけないでしょうか?
やらなくてもいいことってないでしょうか?
誰かに任せる方法はないでしょうか?
やるとしても自分の負担を減らす方法はないでしょうか?

【7】第3、第4の選択肢は?

うまくいかない時には、第3、第4の選択肢についても考えてみましょう。うまくいかない人は、2択で考えがちです。

  • やりたいことをやるか、やりたくないことをするか
  • お金か、愛か
  • 転職するか、否か

2択だけで判断してしまうのは視野が狭くなっている証拠です。そして、2択で考えてしまうと、間違いやすくなります。なぜなら、AもBも良くない選択肢である可能性もあるからです。

なので、常に3択以上で考えるようにしましょう。そうやって、実は無数に存在している可能性について検討してみることです。

そうすれば、意外とより良い選択肢があることに気づいたりします。うまくいかない時こそ、無数の可能性を書き出してみましょう。

【8】原因をすべて列挙すると?

うまくいかない時には、考えられる原因をすべて列挙することをやってみて下さい。うまくいかない人は、なんとなく“うまくいなかい”と思いながらも、その原因や解決策に辿り着くための思考を行えていないことがあります。

目標を達成する基本的な考え方は、いかに理想と現状のギャップをゼロに近づけていくかです。

式にすると「理想-現状=原因→0」です。

理想に近づいていないということは、原因があるはずです。その原因は何でしょうか?まずは思いつく原因をすべて列挙してみましょう。

そこから優先順位を付けるのです。そうすると、本当の原因が見えていきます。そして、何をすればいいかが分かってきます。

科学者になったつもりで自分を分析し、原因を書き出してみましょう。

【9】事実と妄想を分けて考えると?

※今後、更新予定。お楽しみに!

あなたにお願い
この記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったと思ったら、FacebookやTwitterで「いいね」や「シェア」をして、「もっと知りたい」という気持ちを目に見える形で教えて下さい。反応が高い記事の更新スピードが早くなります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事