何もかもうまくいかない時の正しい過ごし方25選!注意点は?

何もかもがうまくいかない時は、本当に苦しいですよね。なので、もし仕事や人生でうまくいかないことで悩んでいるのであれば、この記事を最後まで読んで下さい。

この記事では、恋愛や仕事、人生でうまくいかない時の対策を学ぶことができるからです。

また、この記事をチェックリストのように使うことで、人生がうまくいかない原因や対処法に気づけるようになります。

それでは、人生がうまくいかない時の原因や対策について学んでいきましょう。

目次

人生がうまくいかない時の原因

恋愛や仕事、人生がうまくいかない時には原因があるものです。では、どのような原因があるのでしょうか?ご紹介します。

うまくいかない時の原因1:原因が分からない

うまくいかない時の原因の1つ目が、人生がうまくいかない時はその原因に気づけていないことです。だからこそ、恋愛や仕事、人生がうまくいかないと悩み続けてしまいます。

そんな状態を抜け出すには、まずは恋愛や仕事などで、人生がうまくいかない原因に気づくことです。人生がうまくいかない原因に気づくだけでも「なぁ~んだ!そういうことか!」と解決してしまうこともあります。

実は、恋愛や仕事などで、人生がうまくいかない時の本当の原因とは、気づいていないことなのです。

まず、先ほども書いた通り「人生がうまくいかない時の原因」について気づいていません。そして、「人生がうまくいかない時の解決の糸口」にも気づいていません。

だからこそ、どんどん辛くなってしまい、最終的には絶望感を感じてしまうところまで追いつめられてしまうのです。

うまくいかない時の原因2:視野狭窄

人生がうまくいかない時の原因の2つ目が、視野狭窄です。視野狭窄とは、視野が狭くなっている状態のことを言います。視野が狭くなっているからこそ、うまくいかない時の原因や糸口に気づけないのです。

なので残念なことに、人生がうまくいかない時は、さらにうまくいかない事が起こったりします。つまり、人生がうまくいかない時は連鎖し、ずっと続くのです。恋愛や仕事などで、人生がうまくいかないことが続くことってありませんでしたか?

そうのようにうまくいかないことが続くのは、視野狭窄が原因です。

一度、人生がうまくいかない状態に陥って精神的に追い詰められてしまうと、視野狭窄という現象が起きるからです。

そこで視野狭窄を解消する簡単な方法は、原因や糸口を学ぶことです。自分でうまくいかない時の原因や糸口に気づくのは難しいので、外部から知識として気づきを得るのです。

なので、この記事を有効活用して頂ければと思います。「人生がうまくいかない時の原因」と「人生がうまくいかない時の対策」を同時に知ることができます

うまくいかない時の原因3:うまくいかない癖

うまくいかない時の原因の3つ目は、うまくいかない癖です。うまくいかない癖とは、考え方の癖や、選択の癖、行動の癖のことです。

例えば、何事もネガティブに考える癖であったり、いつも安易に物事を選択してしまう癖であったり、夜更かしすることで日中のパフォーマンスを下げてしまう癖であったりです。

人は考え方や選択、行動がパターン化されています。なので、そのパターンによっては、恋愛や仕事、人生でうまくいかないことが生じやすくなります

そのため、自分の癖を理解し、改善していくことが必要です。

ですが、自分のダメな癖に気づいて、改善するのは難しいです。そこでこの記事では、うまくいかない人の特徴もご紹介していますので、ぜひご参考ください。

何もかもうまくいかない人の特徴

うまくいかない人には、どのような特徴があるのでしょうか?ここからはうまくいかない人の特徴をご紹介します。

自分に当てはまっている特徴がないか確認してみて下さい。うまくいかない時のヒントになるはずです。

特徴1.重要じゃないことをする

うまくいかない人の特徴は、重要じゃないことをすることです。うまくいかない人は、あれもこれもと手を出してしまい、結局、何にも実にならないことが多いです。

私たち人間には限界があります。時間の限界、精神的なエネルギーの限界、身体的なエネルギーの限界など。なので、いかに限界を把握して、その限界の中で成果を出すかを考えなければいけません。

そう考えると、あれもこれもと手を出すと、資源が分散してしまい、成果が出にくくなります

実際、うまくいかない人は、重要じゃないことにも手を出してしまう傾向があります。一方、うまくいく人は、重要なことは何かを見極め、優先順位をつけ、重要なことに集中する傾向があります。

なので、うまくいかない時には、「あれもこれも」と考えるのではなく、「あれとこれ」というように集中することを絞ることです。

特徴2.諦めるのが早すぎる

うまくいかない人の特徴は、諦めるのが早すぎることです。うまくいかない人は、少し行動してうまくいかなかったら、すぐに諦めてしまいがちです。

何事も成果が出るまでには、ある程度の時間や量が必要です。なので、自分が取り組もうとしていることで成果を出すためには、どれくらいの時間や量が必要なのかを把握し、それを満たす必要があります。

ですが、うまくいかない人は、成果を出すために必要な時間や量を把握していないし、それを満たすための行動を積み重ねることなく、すぐに諦めてしまうのです。

一方、上手くいく人は、成果を出すために必要な時間や量を調べ、あるいは予測し、それを満たすために行動を積み重ねて、試します。その上で、諦めるかどうかの判断を下します。

なので、うまくいかない時には、成果を出すために必要な時間や量をこなしたかどうかを振返ってみることです。

特徴3.頑固

うまくいかない人の特徴は、頑固であることです。うまくいかない人は頑固で、新しい知識や考え方を吸収しない傾向があります。そのため、うまくいかない考え方や、やり方をずっと続けてしまいます。そして、ずっとうまくいきません。

うまくいかない時は、非常にシンプルです。

つまり、うまくいかない時には、うまくいかない考え方や、うまくいかない選択、うまくいかない行動、うまくいかないやり方をしているということです。

なので、そのうまくいかないことを変えていけばいいだけです。

実際、うまくいかない人は、他人からの助言を参考にしないし、本などから新しい知識を吸収していません。

一方、うまくいく人は、いろんな人からの助言を参考にし、いろんなところから新しい知識を吸収しています。

なので、うまくいかない時は、頑固になっていないか振返ってみることです。もし自分が頑固になっているのであれば、頑固なうちはずっとうまくいかないことに気づくことです。

人生では、頑固になって成長できない人ではなく、柔軟に成長していける人が成果を手にしてくものです。

特徴4.守破離を無視する

うまくいかない人の特徴は、守破離を無視することです。守破離とは、お茶や武道で修行の段階を表す言葉で、「守」が基本を守る、「破」が他の師や流派から良いところを取り入れる、「離」はオリジナルを生み出すという意味があります。

うまくいかない人は、基本を無視して、いきなり自分のオリジナル性を出そうとします。あるいは、基本を無視して、自分が思うがままにやってしまいます。

一方、うまくいく人は、しっかりと基本を守ります。

基本を学び、守ることで、無駄な失敗を防げるからです。今の時代、どんなことであっても、すでに先人が試行錯誤を繰り返して分かったコツを学ぶことができます。恋愛、仕事術、健康、転職、稼ぎ方など、書籍やネットで情報を簡単に手に入れられます。

なので、うまくいかない時には、改めて基本を守れているかを確認してみることです。うまくいかない時は、基本さえ守れていないことが多いですから。

特徴5.自分を変えない

うまくいかない人の特徴は、自分を変えないことです。うまくいかない時は、自分の何かが間違っているということです。なので、うまくいくためには、自分を変えないといけません。

ですが、うまくいかない人は、自分を変えようとしません。その代わり、他人や環境などの自分以外のことが変わることを望みます。

その結果、うまくいかないままの状態が続きます。

なぜなら、うまくいかない時は、自分を変えることでしか、仕事や人生を好転させることはできないからです。

自分が変わりたくないように、他人も変わりたくはありません。それが人間の心理です。そして、環境が変わって欲しいと思っても、自分の選択や行動を変えない限り、環境が変わることはありません。

つまり、結局は自分を変えることでしか、うまくいかない状況から抜け出すことはできないのです。

なので、うまくいかない時には、「自分を変えることができているか?」「考え方、選択、行動、習慣など、自分の何を変えなければいけないか?」を考えてみることです。

特徴6.他人の責任にする

うまくいかない人の特徴は、他人の責任にすることです。他人の責任にする癖がつくと、自分を変えることがなくなります。なので、自分は何も変わらずに、ずっと「あの人のせい」と言っているだけになります。

なので、いつまで経ってもうまくいかない状況が続きます。

すでに書いた通り、うまくいかない時にすべきなのは、自分を変えることです。自分の考え方、選択、行動、習慣などを変えて行く必要があります。

それなのに、「あの人のせい」「あの会社のせい」と他人に責任があると主張したところで、何の変化も起きることがありません

うまくいく人は、自分にも責任があると考えることで、自分の考え方、選択、行動、習慣を改めていきます。誰かが悪いなら接し方を変えるし、会社が悪いなら転職します。そうやって自分を変化させていきます。

なので、うまくいかない時には、他人の責任にしていないか振返ってみることです。そして、今の状況を作りだしているのはすべての自分の考え方、選択、行動、習慣であると自覚し、改めていくことです。

特徴7.考えていない

うまくいかない人の特徴は、考えていないことです。うまくいかない時には、「何が原因なのか?」「何を変えなければいけないのか?」「どんな新しいことを試したらいいだろうか?」と頭を使って考える必要があります。

うまくいかない時に、頭を使わずに「なぜかうまくいかない」「やっぱり自分には無理だったんだぁ」と思考停止に陥ってしまうと、現状を変えることができません。むしろ悪い方向に向かっていきます。

うまくいく人は、うまくいかない時に必死で考えます。考えるとは、自分にあらゆる質問を投げかけることです。自分に質問を投げかけ、必死で答えを考えるのです。そうすることで現状を打破するためのアイデアを生み出し、いろんなことを試します。これがうまくいく人の特徴です。

なので、うまくいかない時には、自分が思考停止になっていないか振返ってみて下さい。そして、紙に質問をリストアップしてみて下さい。そして、その質問について考えてみて下さい。

特徴8.プロセスより結果を重視する

うまくいかない人の特徴は、プロセスより結果を重視することです。うまくいかない人は、結果だけに目を向けて、うまくいかないとすぐに凹みます。

ですが、結果はプロセスによって生まれるものです。つまり、プロセスが悪ければ、結果も悪くなるのです。この重要な原理原則を分からずに、結果だけに目を向けても、プロセスが改善されない限り、うまくいかない状況が続くのです。

うまくいく人は、結果を観察しながら、プロセスを改善していきます。

スポーツや仕事では「結果がすべて」と言われますが、良い結果を出す人は、結果を見ながらプロセスを大切にしているのです。

この頭の使い方を理解しておかないと、「結果がすべて」という言葉を鵜呑みにして、結果だけに目を向けて一喜一憂しながら、うまくいかない日々を過ごすことになります。

なので、うまくいかない時には、結果を見ながらプロセスを改善していくことです。

人生がうまくいかない時の正しい過ごし方

人生がうまくいかない時は、視野狭窄に陥りがちです。視野狭窄とは、視野が狭くなってしまって、人生がうまくいかない原因や解決策に気づけない状態のことを言います。

だからこそ、この記事をチェックリストのように使うことで、視野を広げて欲しいと思います。

この記事をチェックリストとして使う→気づく→解決策が見えてくる→好転していく」、こういった変化を起こすことができるようになります。

それでは1つずつご紹介していきます。

過ごし方1.コントロール可能か見極める

人生がうまくいかない時に考えて欲しいことがあります。それは、コントロール可能か、不可能かということです。恋愛や仕事など人生がうまくいかない人は、コントロール不可能なことをどうにかしようとしがちです。

恋愛や仕事など、人生の中には、自分がコントロール可能なことと、コントロール不可能なことがあります。

コントロール不可能はことをどうにかしようとすると、コントロールできないので、徒労に終わります。結局、何も変わらずに、ストレスを感じるだけです。

他人や制度などはコントロール不可能な部分が多いです。

恋愛や仕事など人生がうまくいかない時に私たちがやるべきことは、コントロール可能なことを見極めて、そこに集中することです。

あなたが今悩んでいること、どうにかしようとしていることは、コントロール可能なことですか?不可能なことですか?自分の選択や努力で変えられる部分はどこでしょうか?

過ごし方2.優先順位を見極める

人生がうまくいかない時には、そもそも優先順位は正しいのかを考えてみて下さい。恋愛や仕事など、人生がうまくいかない時は、優先順位がズレていることがあります

あなたも他人の話を聞いていて、「大事なのは、そこじゃない!(笑)」と思ったことはありませんか?

例えば、恋愛で言えば、「こんなにアピールしてるのにうまくいかない。どうアピールしたらいいんだろう…」というケース。

でも、大事なのはアピールどうこうといった自分目線の一方的なコミュニケーションではなくて、まずは相手の気持ちを考えた相手目線のコミュニケーションだったりするわけですよね。

恋愛でも仕事でも、人生において優先順位が間違っていると、ずっとうまくいきません。逆を言えば、常に正しい優先順位を心掛けるだけでうまくいきやすくなります

本当に重要なことは何でしょうか?最も影響を与える要因は何でしょうか?人生がうまくいかない時には優先順位を見直してみましょう。

過ごし方3.計画を見直す

人生がうまくいかない時に確認して欲しいことが、そもそも計画や思い描いていた構想に無理はないかです。恋愛や仕事など人生がうまくいかない時は、ついつい計画や思い描く構想を膨らませて非現実的にしてしまいがちです。

時間には限りがありますし、人間も動物なので1日の活動限界があります。自分がコントロールできない外部要因もたくさん存在します。また目標によっては長期的に取り組むべきこともあります。

そのような現実の制限やルールを無視した計画や構想は、どこかの段階で破綻します。恋愛や仕事mなどで人生がうまくいかないことが起こったり、ストレスを感じるようになったり、挫折したりすることに繋がります。

恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時こそ、計画や構想を見直す時です。

そもそも計画や構想に無理はないでしょうか?現実的に考えて、どのような計画や構想を持つべきでしょうか?

自分の計画性について不安がある方は、以下の記事もご覧ください。

参考:計画性がない人の改善法11選と計画力を高めるツール3選を一挙紹介!

過ごし方4.目的を問い直す

人生がうまくいかない時は、そもそも目的は何かを再確認してみて下さい。人生がうまくいかない時は、目的を見失いがちです。

目的が明確でないと、優先順位を間違えてしまったり、選択を間違えてしまいます。その結果、ずっと人生がうまくいかない状況が続いてしまいます。

人生がうまくいかない時こそ、本当の目的を思い返してみて下さい

その行動・作業の目的は何でしょうか?
そのプロジェクト・案件の目的は何でしょうか?
仕事の目的は何でしょうか?
人生の目的は何でしょうか?

過ごし方5.本音と向き合う

人生がうまくいかない時には、そもそも本当に望んでいることなのかを自分の本音について考えてみましょう。ずっと人生がうまくいかない時は、見栄や世間体、親からの期待に応えるため頑張っているケースもあります。

他人のためにやろうとしているのであれば、人生がうまくいかないのも当然です。なぜなら、自分が本当に望んでいることではないから、積極的になれない部分があるし、真剣に取り組めないでしょう。

そもそも本当に望んでいることでしょうか?あなたが本当に望んでいることはどんなことでしょうか?自分に正直になって、自分自身に本音をさらけ出してみて下さい。

人生がうまくいかない時こそ、自分が本当に望んでいることに気づけるものです。

過ごし方6.“やらないこと”を決める

人生がうまくいかない時には、本当に自分がやるべきことかも考えてみましょう。人生がうまくいかない時は、すべてを自分でやろうとしがちです。

「夫・妻のため」「友人のため」「彼氏・彼女のため」「親のため」「子供のため」「会社のため」「上司のため」「部下のため」「お客様のため」と頑張るのは、どこかで線引きを持っておくことです。

何もかもすべて自分がしなければいけないと思うと、心身が疲弊していきます。意外と、自分が頑張らなくても良かったりする部分もあるものです。

「何もかも」を背負うのは止めましょう。「何をするか」だけではなく、「何をしないのか」も考えてみましょう

本当に何もかもすべてを自分がしなければいけないでしょうか?
やらなくてもいいことってないでしょうか?
誰かに任せる方法はないでしょうか?
やるとしても自分の負担を減らす方法はないでしょうか?

過ごし方7.第3の選択肢を考える

人生がうまくいかない時には、第3、第4の選択肢についても考えてみましょう。人生がうまくいかない時は、2択で考えてしまいがちです。

  • やりたいことをやるか、やりたくないことをするか
  • お金か、愛か
  • 転職するか、否か

2択だけで判断してしまうのは視野が狭くなっている証拠です。そして、2択で考えてしまうと、間違いやすくなります。なぜなら、AもBも良くない選択肢である可能性もあるからです。

なので、常に3択以上で考えるようにしましょう。そうやって、実は無数に存在している可能性について検討してみることです。

そうすれば、意外とより良い選択肢があることに気づいたりします。人生がうまくいかない時こそ、無数の可能性を書き出してみましょう。

過ごし方8.原因をすべて列挙する

人生がうまくいかない時には、考えられる原因をすべて列挙することをやってみて下さい。人生がうまくいかない時は、なんとなく“ずっと人生がうまくいなかい”と思いながらも、その原因や解決策に辿り着くための思考を行えていないことがあります。

目標を達成する基本的な考え方は、いかに理想と現状のギャップをゼロに近づけていくかです。

式にすると「理想-現状=原因→0」です。

理想に近づいていないということは、原因があるはずです。その原因は何でしょうか?まずは思いつく原因をすべて列挙してみましょう。

そこから優先順位を付けるのです。そうすると、本当の原因が見えていきます。そして、何をすればいいかが分かってきます。

科学者になったつもりで自分を分析し、原因を書き出してみましょう。

過ごし方9.事実と妄想を切り分ける

人生がうまくいかない時は、事実と妄想を分けて考えてみることです。人生がうまくいかない時には、ついつい事実と妄想を混同しがちです。

事実と妄想を分けて考えることで、頭の中を整理し、心の冷静さを取り戻すことができます。さらに、事実と妄想から「だったらどうすべきか?」という具体的なアクションも考えることができるようになります。

例えば、相手から返信が返ってこない場合。「返信がない」というのは事実ですが、「嫌われてしまった」と思うのは妄想です。

なぜなら、嫌われたかどうかを決定づける事実がないからです。返信がないのは、ただ忘れているだけかもしれません。相手は返信したつもりでもシステムのトラブルで届いていないのかもしれません。

別の例を挙げるなら、仕事でミスをした場合でも、ミスしたことは事実かもしれませんが、「これからもうまくいかない」と思っているならそれは妄想です。なぜなら、未来のことは分からないからです。分からないのにそう思っているということは、明らかに妄想です。

このように、恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時には事実と妄想を切り分けて考えることによって、無駄なストレスを減らし、適切な対処をできるようになります。

過ごし方10.十分な睡眠をとる

人生がうまくいかない時には、睡眠をしっかりと取れているかも確認しましょう

睡眠は非常に重要です。

睡眠が足りないと、脳機能が低下します。その結果、集中力が欠如し、ミスを起こしやすくなります。創造力もなくなるので、クリエイティブな発想ができなくなります。さらに、ストレスを感じやすくなります。

そのような状態では当然、成果を出しにくいです。さらに自分に余裕がないので、人間関係のトラブルも起こりやすくなります。

そうやって、睡眠不足は負のスパイラルによって、ずっと人生がうまくいかない状況が続いてしまいます

睡眠は、ずっと人生がうまくいかない状況を作りだしてしまう元凶になるので、甘く考えてはいけません。なので、恋愛や仕事、人間関係など、人生がうまくいかない時ほど、睡眠をしっかり取ることです。

過ごし方11.他人のせいにしない

人生がうまくいかない時には、自分にも原因はないか考えてみることです。

この発想で大事なことは、「誰が悪いか」ということではありません。「自分にも原因があるとしたらどういった点で、だったらどうするか?」を考えることが重要です。

要するに、「自分が変えられることに集中せよ」ということです。

何かミスやトラブルがあった時に「他人のせいだ」と考えてしまう人は、ずっと人生がうまくいかない状況が続きやすくなります

なぜなら、いつも他人のせいにしているので、主体的な選択、行動をしていないからです。

あの人のせいだだから自分は悪くないだから(自分は何もしないけど)あの人には責任を取って何とかして欲しい」といったことを考えても残念ながら、より良い方向に向かうことはありません。

「自分にも原因はないか?」「だったらどうするのか?」を主体的に考え動くことが、人生がうまくいかない時には必要です。

過ごし方12.何かを変える

人生がうまくいかない時には、今だからこそ学べることはないか考えてみることです。

人生がうまくいかない時というのは、「何かを変えよ」というメッセージであることが多いです。なぜなら、何も変えなくてもいいのなら、人生がうまくいっているはずだからです。

ですが、今やっていることが間違えているから、人生がうまくいかない状況に陥っている可能性が高いのです。

なので、人生がうまくいかない時こそ、成長のチャンスと言えます。何かを学ぶ機会です。

人生がうまくいかない今だからこそ学べることは何でしょうか?

過ごし方13.自己批判をやめる

人生がうまくいかない時に、自分を認められているでしょうか?そんな時こそ、自分を認めることです。

恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時は、「なんて自分はダメなんだ」と自己批判をしてしまいがちです。ですが、自己批判をすると、余計に心が苦しくなっていきます。自分で自分の首を絞めているようなものです。

人生がうまくいかない時にすべきことは、自分を認めることです。自分を認めるとは、今の自分から成長していくことを決心するということでもあります。

自分を認められない人は、今の自分から目を背けることで、改善や成長を避けてしまいます。それだと、ずっと人生がうまくいかないままです。

なので、人生がうまくいかない時こそ、今の自分を認めて、改善や成長に集中することです。

過ごし方14.運について考える

人生がうまくいかない時には、「もしかしするとただ運が悪かっただけなのかもしれない」と考えてみると良いケースもあります。

恋愛や仕事など人生には、どんなに頑張っても自分ではどうしようもない領域が存在しています。なので、人生がうまくいかない時には、運が悪かっただけなのか、自分に原因があったのかを切り分けて考えることも必要です。

ただ運が悪かっただけなのに、自分を責めてしまうのは避けるべきです。そのようなケースでは、「仕方なかった」と前向きに次のことを考えるべきです。

人生がうまくいかないのは、すべて“自分のせい”とは限らないのです。

そのことに気づかずに、自分を責めてしまったり、人生を悲観してしまったりすると、ずっと人生がうまくいかないと感じてしまうようになります。

人生がうまくいかないのは“運”のせいだと気づくことができれば、自分のやっていることは間違いないわけなので、幸運や成果が恵まれるまで頑張れるものです。

なので、恋愛や仕事などで人生でうまくいかない時には、冷静になって「運が悪かったのか、自分に原因があったのか」と分析する癖をつけることです。

過ごし方15.今の環境を見直す

人生がうまくいかない時は、そもそも今の環境は合っているのかを考えてみることです。

「きちんと評価されない」「能力を発揮できていない」といったことを感じているのであれば、それはあたなに原因があるのではなく、そもそも環境が合っていないのかもしれません

どのような環境で戦うかを非常に重要です。

環境を間違ってしまうと、評価されない、能力を発揮できないといったことが起こります。そのため、その環境にいる限り、ずっと人生がうまくいかないと感じ続けることになります。

なので、人生がうまくいかない時には環境についても見直すことです。

どうしても頑張っても報われない時には、以下の記事も参考にして下さい。

過ごし方16.経験者から学ぶ

人生がうまくいかない時には、本当に自分だけなのかを考えてみることです。

「会社で評価されない」「会社をクビになった」「学歴がない」「スキルがない」「お金がない」「ケガをした」など、自分の欠点や不幸を嘆きたくなることもあるでしょう。

ですが、人生がうまくいかない時こそ、「本当に自分だけか?」「同じような経験をしている人はいないか?」と考えてみることです。

そうすると同じような境遇や経験、状態の人がいることを再認識できます。その結果、無駄に落ち込んだり、悩んだりすることを減らせます。

なので、恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時には、他に自分と同じような人がいないかを探し、参考にすることです。現状を打破するためのヒントが得られるはずです。

過ごし方17.絶望するのをやめる

ずっと人生がうまくいかない時には、それは本当に変わらないことなのかを考えてみることです。

あらゆることは時間とともに変化します。自分も、環境もです。

「ずっと人生がうまくいかない」と悩んでいる時は、「もうどうしようもない」と絶望的に感じてしまうこともあるでしょう。ですが、その悩みでさえ、時間とともに変化します。

「仕事ができない」「仕事で評価されない」「成果が出せない」「今の職場が辛い」「収入が伸びない」「人間関係が辛い」など、れは本当に変わらないことかどうか、変える方法はないかを改めて考えてみることです。

人生がうまくいかない時ほど、ずっと同じ状況が続くと思い込みがちです。ですが現実は、時間とともに変化する可能性もあるのです。その可能性に気づくことです。

過ごし方18.10年後を考えてみる

人生がうまくいかない時には、そのことについて10年後も悩めるのかを考えてみることです。

ずっと人生がうまくいかない時は、それが重大なことだと感じ、悩んで苦しく感じていることでしょう。

ですが、そのことについて10年後も同じように悩めるでしょうか?本気で考えてみて下さい。

例えば、今でも10年以上も前のことを悩んでいるでしょうか?恐らく、悩んでいないはずです。

極端な話をすると、30年後にも悩んでいるでしょうか?悩んでいませんよね。30年も経てば、自分も含めて、ムカつく人だって、亡くなっている可能性がありますよね。

実は、多くの人が、ずっと悩み続けないし、悩み続けられないのです。

その事が分かると、意外とその悩みが重大なことではないことに気づけます。

今、「恥ずかしい」「辛い」と思っていても、時間とともにムカつく相手もいなくなってしまうし、自分もいなくなってしまうものです。そう考えると、本当にそのことについて悩むことは重要でしょうか?改めて考えてみることです。

過ごし方19.余裕を作る

人生がうまくいかない時こそ、本当に自分を大切にしているかを考えるべきです。

自分を大切にできないと、余裕がなくなります。余裕がないと、物事に集中したり、クリエイティブな発想をしたりすることができなくなります。余計にネガティブな状態から抜け出せなくなるのです。

自分を大切にするとは、余裕を作ることでもあります。余裕があるからこそ、能力を十分に発揮することができ、うまくいくようになります。

まずは自分を大切にして、余裕を作ることです。

よく寝る。自分を許す。無理をしない。

人生がうまくいかない時ほど、自分を大切にして余裕を作ることです。

過ごし方20.革命を起こす

人生がうまくいかない時には、革命を起こしているかどうかを振り返ってみて下さい。

うまくいかない事を繰り返し続けても、うまくいかないケースがほとんどです。うまくいかないということは、何かを変えなければいけないということです。

つまり、自分に、仕事に、人生に、何かしらの革命を起こさなければいけないということです。

革命を起こすとは、新しいことを始めるということです。これまでやっていなかったことをする。大胆なことをやってみる。

人生がうまくいかない時こそ、革命を起こす時です。あなたはどんな革命を起こしてきましたか?そして、これからどんな革命を起こしますか?

過ごし方21.素直さを武器にする

人生がうまくいかない時は、素直になっているかを確認してみることです。

素直は武器になります。なぜなら、ほとんどの人が、頑固になるからです。歳をとればとるほど、上手くいけばうまくいくほど、自分を守ろうとすればするほど、人は柔軟性を失いがちです。

素直さを保ち続けるだけで、人よりも吸収力が高くなります。素直さは、新しい知識や、新しい出会いを引き寄せることに繋がります。

恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時こそ、素直になって、新しい知識や知恵を取り入れるべき時です。

なので、ずっと人生がうまくいかないと感じている人は、この機会に素直を武器にしてみることです。

過ごし方22.自分をご機嫌にする

人生でうまくいかない時には、自分をご機嫌にできているかを問うてみましょう。

ご機嫌な人には、人が集まってきやすいです。いつもイライラしている人は、敬遠されがちです。それだけでチャンスを逃します。

ご機嫌な人は、パフォーマンスが高いです。いつもイライラしている人は、パフォーマンスが十分に発揮できません。

イライラするのは意外と脳に負荷をかけます。実際、イライラしていると疲れますよね。それだけパフォーマンスにブレーキが掛かってしまうということです。

大人になると、自分のご機嫌を自分でとることができるかどうかは、自己管理のスキルとして重要です。

恋愛や仕事などで人生でうまくいかない時こそ、自分をご機嫌にできるかどうかを常に確認することです。

ご機嫌であれば、高いパフォーマンスを発揮でき、周囲の人達からチャンスをもらいやすくなるからです。

過ごし方23.否定癖に気づく

人生がうまくいかない時は、自分が何を否定しているのかを分析してみて下さい。

「これもダメ、あれもダメ」と否定癖が染み付いてしまうと、可能性に気づけなくなってしまいます。そうなると、人生がうまくいかない状況を突破するための方法も見つかりにくくなります。

なぜ、そうなってしまうのか?その理由は、物事や他人を否定する癖がつくと、同じように自分の可能性も否定する癖がつくからです。

「~だからできない」「~だからやってはいけない」と自分の可能性を潰す発想が当たり前になるのです。

人生がうまくいかない時に、現状を打破できる人は、「だったらどうするか?」と可能性を考えられる人です。

人生がうまくいかない時こそ、自分が何を否定しているかを確認してみることです。

過ごし方24.とにかく続ける

人生がうまくいかない時には、続けるべきことは何かを確認してみて下さい。

人生がうまくいかない時には、これまでやってきたことを止めてしまうケースが多いです。ですが、継続しなければ成果に繋がらないことも多くあります。にもかかわらず、止めてしまったら、成果が出る可能性がゼロになってしまいます。

人生がうまくいかない時だからこそ、続けるべき事は何かを考えることです。そして、それを続けることです。続けることで、上手くいきはじめることもあります。

人生がうまくいかない時こそ、人生が好転するかどうかの分かれ道となっています。本当に諦めるべきかどうか、続けるべき事は何かを考えてみましょう。

過ごし方25.他人を気にしない

人生がうまくいかない時こそ、「自分は自分、他人は他人」と言い聞かせることです。

人は、人生がうまくいっている時は、他人と比較して、悦に入ります。そして、人生がうまくいかない時は、他人と比較して、劣等感を感じます。

ですが、そういった感情は無視するべきです。特に、人生がうまくいかない時には、「だったらどうするか?」という思考を働かせることの方が重要です。

そのためには、「自分は自分、他人は他人」という考え方を徹底することです。実際、他人の幸せが必ずしも、自分にとっての幸せであるとは限りません。

要するに、あなたの人生において、あなたが幸せを感じられているかどうかがすべてです。自分の正解は、自分で創るしかありません

なので、恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時ほど、他人に関係なく自分がどうしたいか、どうなりたいかを考えて動くことです。

人生がうまくいかない時におすすめの本

人生がうまくいかない時におすすめの本をご紹介します。

うまくいっている人の考え方

人生がうまくいかない時におすすめの本、1冊目は『うまくいっている人の考え方』です。2013年に出版された本ですが、未だに読まれ続けている本です。

うまくいっている人の考え方がシンプルにまとめられているので、とても読みやすいです。

かなりシンプルに書いているが故に、「そんなの当たり前」「内容が薄いなぁ」なんて思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、人生がうまくいっている人と、人生がうまくいかない人の違いとは、実はシンプルだと気づかされる一冊です。

また、人生がうまくいかない時は、難しい本なんて読む気が起こらないと思いますので、読みやすい点もおすすめです。

⇒Amazonでチェック

悩まなくなる考え方

人生がうまくいかない時におすすめの本、2冊目は『悩まなくなる考え方』です。

この本も、とても読みやすい本としておすすめです。

タイトルは『悩まないための考え方』ですが、この本の内容を読むと、うまくいかない時の対処法や、うまくいくための考え方などが分かります。

人生がうまくいかない時に、どのような頭の使い方をすればいいのかが分かりやすく学べる一冊です。

⇒Amazonでチェック

やり抜く力 GRIT(グリット)

人生がうまくいかない時におすすめの本、3冊目は『やり抜く力 GRIT(グリット)』です。心理系の本に興味がある人にとっては、とても有名な本なのですでに読まれた方も多くいるかと思います。

先に紹介した2冊とは違って、文字量が多くなります。また科学者が書いた本なので、専門的な内容に感じる箇所もあるかもしれません。ですが、専門書ではないので、一般の人にも非常に読みやすく、楽しめる一冊です。

人生がうまくいかない時に、正しい努力を学べる一冊です。

⇒Amazonでチェック

嫌われる勇気

人生がうまくいかない時におすすめの本、4冊目は『嫌われる勇気』です。非常に有名な本なので、すでに読まれている方も多いと思います。

こちらの本は、アドラー心理学について書かれた本です。少年と哲人の対話形式でストーリーが進んで行くので非常に読みやすい一冊です。

この本では、特に人間関係でうまくいかない時におすすめの一冊です。

⇒Amazonでチェック

人生がうまくいかない時に読みたい名言集

言葉には自分を、人生を変える力があります。そこで、人生がうまくいかない時に読みたい名言集についてご紹介します。

マンガでわかる! 10代に伝えたい名言集

人生がうまくいかない時に読みたい名言集、1冊目は『マンガでわかる! 10代に伝えたい名言集』です。名言だけではなく、漫画で表現されている部分もあって、頭に入ってきやすい一冊です。

人生がうまくいかない時には、こういった頭に入りやすい名言集がおすすめです。精神的に余裕がない時は、やさしい読み物から自分の心を整えていくことです。

⇒Amazonでチェック

人生を動かす 賢者の名言

人生がうまくいかない時に読みたい名言集、2冊目は『人生を動かす 賢人の名言』です。この本には、古今東西の偉人や、経営者、著名人、スポーツ選手などの名言が1200以上も収録されています。

また、名言の解説も書かれているので、とても分かりやすい一冊です。

人生がうまくいかない時に名言を読みたいと思ったら、この1冊があれば十分かもしれません。

⇒Amazonでチェック

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

人生がうまくいかない時に名言でありませんが、先人達から勇気やヒントを得られる1冊をご紹介します。

それが『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』という本です。

この本には、偉人達がどのような挑戦し、どのような失敗をやらかしてしまったのかが紹介されています。

漫画で表現されている部分もあって、とても読みやすい一冊です。人生がうまくいかない時に読みたい本としておすすめです。

⇒Amazonでチェック

まとめ

いかがでしたでしょうか?これまで恋愛や仕事などで人生がうまくいかない時に、どう考え、どう行動するかヒントをご紹介してきました。

人生がうまくいかないと感じた時には、ぜひこの記事を読みながら「だったらどうするか?」を考えてみてください。

必ずヒントが得られるはずです。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、メルマガ「やりたいことを見つける学校」にご登録いただいた方に、特典として動画「オンライン体験講座」を無料プレゼントいたします。

やりたいことを見つけて、行動を起こしていくためのエッセンスが凝縮されているので、短時間であなたに必要な学びが得られます





※メルマガはいつでも解約できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事