コーチング料金が高いのには理由があります。この記事ではコーチングの料金が決定される基準について、8つをピックアップしてご紹介します。

 

コーチングの料金が決定される8つの基準を知ることで、これから受けようと思っているコーチングの料金が、自分にとって納得できる料金かどうかを判断することができるようになります

 

「コーチングの料金が決定される基準」という判断材料を持つことで、自分にとって価値の高いコーチングを見極めることができるようになります。

コーチングの料金が決定される8つの基準

コーチングにはいろいろな流派があります。またコーチもいろいろな人がいます。そのため、コーチング流派や、コーチが違えば、提供するサービスや、もたらされる価値が違ってきます

 

そのため、「そのコーチのコーチングによってどんな価値がもたらされるのか?」「自分にとってそのコーチング料金は妥当なのか?」を見極め、判断する必要があります。

 

そこで、その判断材料となる「コーチングの料金が決定される8つの基準」をご紹介します。

コーチング料金の決定基準1:価値の大きさ

コーチングの料金が決定される基準の1つが「価値の大きさ」です。

 

そのコーチングを受けることで、どれだけの価値を得られるのかが、コーチング料金に影響してきます。

 

例えば、コーチング料金が半年100万円だとします。

 

そして、「恋愛成就」のためにコーチングを受けたい人と、「ビジネスの売上アップ」のためにコーチングを受けたい人で、100万円に対する感覚は違ってきます。

 

「恋愛成就」のためにコーチングを受けたい人という人にとっては100万円は高いでしょうが、「ビジネスの売上アップ」のためにコーチングを受けたい人にとっては妥当な価格だと認識されることが多いでしょう。ビジネスの場合は、コンサルタントを雇うと100万円どころではない何倍、何十倍の高額な報酬を請求される場合がありますから。

 

なので、「そのコーチングを受けることで、どんな価値が得られるのか?」を考えてみれば、そのコーチング料金の妥当性が分かります。

コーチング料金の決定基準2:効果の永続性

コーチングの料金が決定される基準の1つが「効果の永続性」です。

 

そのコーチングを受けたことで、どれくらいの期間において効果を得られるのかが、コーチング料金に影響してきます。

 

例えば、コーチングの効果を1年間得られる場合と、コーチングの効果を一生得られる場合では、「コーチングの効果を一生得られる場合」の方が、「コーチングの効果を1年間得られる場合」よりも高額になります。一生役立つほどのものであれば、それだけ価値があるということであり、高額なのは当然です。

 

なので、「そのコーチングを受けることで、どれだけ今後の人生に役立つか?」を考えてみれば、そのコーチング料金の妥当性が分かります。

コーチング料金の決定基準3:価値の多様性

コーチングの料金が決定される基準の1つが「効果の多様性」です。

 

そのコーチングを受けたことで、どれくらい多様な効果が得られるのかが、コーチング料金に影響します。

 

例えば、ビジネスにしか効果を発揮しない場合と、ビジネス以外にも趣味、恋愛、夫婦関係、健康などにも効果を発揮する場合なら、後述した場合の方が高額になります。効果の多様性が高いということは、それだけ価値が高いということです。

 

なので、「そのコーチングを受けることで、どれくらい多様な効果を得られるのか?」を考えてみれば、そのコーチング料金の妥当性が分かります。

コーチング料金の決定基準4:コーチがクライアントにかける時間

コーチングの料金が決定される基準の1つが「コーチがクライアントにかける時間」です。

 

コーチはクライアントにかける時間が多ければ多いほど、料金が上がる傾向があります。

 

例えば、コーチングの動画教材よりも、コーチがマンツーマンでコーチングする方が、高額になります。それはコーチの時間をクライアントに使っているからです。これはどのサービスでも言えることです。

コーチング料金の決定基準5:コーチング流派

コーチングの料金が決定される基準の1つが「コーチング流派」です。

 

コーチがどこのコーチング流派で学んだかによっても料金が違ってきます。

 

コンサルティングで言うなら、どこぞのフリーのコンサルタントを雇うよりも、マッキンゼーやボストンコンサルティングのコンサルタントを雇う、あるいはその出身者のコンサルタントを雇った方が圧倒的に高額になるのと同じです。

 

コーチングにも流派があり、コーチング流派によって、設定している基準料金が異なります。

 

なので、「そのコーチがどこのコーチング流派の出身なのか?」を確認することで、コーチング料金の妥当性が分かります。

 

コーチの出身流派を確認せずに「高い!」と思うのは、マッキンゼーのコンサルタントだと確認せずに「高い!」と言ってるのと同じです。マッキンゼーのコンサルタントを雇う場合、数千万~数億円という高額なのが当たり前なのです。それと同じようにコーチの出身流派によって当たり前の料金があります。

コーチング料金の決定基準6:コーチ自身の投資量

コーチングの料金が決定される基準の1つが「コーチ自身の投資量」です。

 

コーチがコーチングを修得するのに、どれだけのお金と時間、労力を投資してきたかが、コーチング料金に反映されます。

 

多額のお金、膨大な時間と労力、が投資されていればいるほど、コーチング料金が高額になります。これはどの分野でも同じことが言えます。

 

例えば、あるコンサルタントが多額のお金、膨大な時間と労力を費やして身に着けたノウハウを低価格で公開することはないでしょう。コーチングでも同じことが言えます。

コーチング料金の決定基準7:コーチの自信

コーチングの料金が決定される基準の1つが「コーチの自信」です。

 

「自分が提供するコーチングにはこれだけの価値がある!」というコーチの自信が、コーチング料金に影響します。

 

コーチングが低価格である場合、一見クライアントにとっては嬉しいことかもしれません。ですが、そのコーチが自分のコーチングで提供できる価値に自信がないために低価格にしている場合があります。

 

そのような自信のないコーチにコーチングしてもらいたいでしょうか?自分のコーチングに高い価値を感じていないコーチにコーチングしてもらいたいでしょうか?

 

なので、「そのコーチがなぜそのコーチング料金を設定しているのか?」を理解する必要があります。

コーチング料金の決定基準8:求めるお客さん

コーチングの料金が決定される基準の1つが「求めるお客さん」です。

 

「コーチがどんな人をお客さんとして求めているか?」がコーチング料金に影響します。

 

一般的に、「支払う金額」と「その支払う人の本気度」は比例します。支払う金額が大きい人ほど、「なんとしても自分・人生を変えたい!」「どうしても目標を達成したい!」というように本気度が高いです。当然、本気度が違えば、行動も違う。行動も違えば、得られる結果も違ってきます。

 

そのため、そのコーチが設定しているコーチング料金が高額である場合は、「本気度の高い人を求めている」可能性が高くなります。

 

コーチを選ぶ際は、「本気度の高い人を求めているコーチ」なのか、「安くするから、とにかく誰でも来て欲しいと思っているコーチ」なのかを見極める必要があります

まとめ

料金というのは、あらゆる要素によって決定されます。そして簡単に言うと、「どれくらいの価値が得られるものに対して、いくらなら妥当だと考えるか?」が高いと感じるか、安いと感じるかを決定します。

 

これからコーチングを受けたいと思われる方は、「コーチングの料金が決定される8つの基準」を参考に、そのコーチ、コーチングによって得られる価値は何で、それだけの料金を支払う価値があるのかを見極めて下さい。

 

  1. 価値の大きさ
  2. 効果の永続性
  3. 価値の多様性
  4. コーチがクライアントにかける時間
  5. コーチング流派
  6. コーチ自身の投資量
  7. コーチの自信
  8. 求めるお客さん

 

最後に、ここで紹介した情報が「なるほど!」「役立だった!」「面白い!」と少しでも感じて頂けたのなら、以下のソーシャルボタンをクリックしてください。あなたの応援が、次のコンテンツを作成する私にとっての励みになります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事