現在、コーチングは、コンサルティングでは解決しきれない企業の問題を解決するための手段として、有用性が高まってきていると考えられます。

 

これまで、コンサルティングが企業の問題を解決する手段として利用されてきました。ですが現在、多くの企業が抱える問題解決においては、コンサルティングよりもコーチングが有効であるケース(=問題)があります。

 

それは、

  • 低い労働生産性
  • 社員・組織全体の低いモチベーション

といった問題です。

 

私がお会いしたある企業の管理職の方も、社員のモチベーションが低いということで悩んでおられました。

 

これらの問題を、一言でまとめて言ってしまうと、「人間のパフォーマンスに関する問題」です。そのため、パフォーマンスを向上させる知識と技術そのものであるコーチングが、コンサルティングよりも、企業の問題を解決する有用性の高い手段であると言えます。

コーチングは企業の生産性UPを実現できる!

コーチングは、企業の生産性UPを実現し、売上アップに繋がる組織作りに貢献することができます。

企業が売上を上げるためには企業を構成するメンバー(※社長を含む。)のパフォーマンスの高さが求められます。

 

パフォーマンスを具体的に表現するなら、やる気、行動力、創造力、問題解決能力、学習能力、意思決定能力、感情コントロールといった脳と心の働きに関係する能力のことです。

 

これらの能力は、経営、マーケティング、集客、商品開発、営業、組織マネジメント、社員教育といった企業の売上を上げるためのあらゆる企業活動において、その目標を達成するために欠かせない能力であることは理解できるでしょう

 

そのため企業を構成するメンバー(※社長を含む。)1人1人がパフォーマンスを高めることができれば、大きな売上アップを実現することができる組織になることができます。

 

そして企業を構成するメンバー(※社長を含む。)1人1人のパフォーマンスを高めるのに有効なのがコーチングです。

コーチングが企業に与える影響とは?

実際に、コーチングを活用した場合、企業に対してどのような影響を与えるのでしょうか?

社長(経営者、起業家)がコーチングを活用した場合の影響

社長がコーチングを活用することで、社長の「経営する力」が向上します。「経営する力」を分かりやすく言うなら、ビジネス活動において、組織を率いて、売上を伸ばしていくことができる「達成能力」です。

 

つまり、社長がコーチングを活用することで、達成能力が向上し、結果、目標とする売上を達成することができるようになります

 

コーチングはパフォーマンスを高める知識と技術を使って、達成能力を高めます。企業のトップである社長にもパフォーマンスの高さが求められるのは当然です。

 

  • 企業の抱える問題は何か?企業の問題をどうやって解決するか?
  • これからどのようにビジネスを展開していくか?
  • どうやって売上を伸ばすのか?
  • どうやって優秀な人材を採用し、育てるのか?
  • 将来に対する不安や恐怖をどのように対処し、経営を続けていくのか?

など。

 

社長が企業経営を行う上では、やる気、行動力、創造力、問題解決能力、意思決定能力、学習能力、感情コントロールといった能力が欠かせません。つまり社長だからこそ、高いパフォーマンスが必要不可欠なのです。

 

そして、社長がコーチングによってパフォーマンスを高め、達成能力を高めることができれば、目標とする売上を達成することができるようになります。

社員がコーチングを活用した場合の影響

社員がコーチングを活用することで、その社員が関わる業務において、高い成果を出すことができるようになります。その理由は、コーチングが社員のパフォーマンスを高めることで、生産性を高めるからです。

 

仕事のありとあらゆる業務において、パフォーマンスの高さが求められることは当然です。仕事では、高いパフォーマンスを発揮できるかどうかが、高い成果を出せるかどうかを左右します。

 

仕事のありとあらゆる業務において、その業務を遂行するための最低限の知識を有していることは必要です。ですが、知識を活用する人のパフォーマンスが低ければ、知識を持っていても、仕事で高い成果を出すことはできません

 

実際、社員のパフォーマンスが低いために、ある程度の成果しか出せずに悩んでいる企業は多いのはないでしょうか?

 

社員のモチベーションが低いと悩んでいる企業は、パフォーマンスに問題があるため、組織全体の生産性が低くなってしまっています。

 

社員がコーチングを活用することで、パフォーマンスを高め、各業務において高い成果を出せるようになります。

企業がコーチングを活用するには?

企業がコーチングを活用するには、大きく2通りの方法があります。

企業の構成メンバー1人1人が独学でコーチングを学ぶ(社長を含む。)方法

コーチングはパフォーマンスを高めるための知識と技術です。そのため企業の構成メンバー1人1人が、独学でコーチングを学ぶことで、コーチングをビジネスの現場で活用することができます。

 

独学でコーチングを学ぶ場合は、書籍やプロコーチのブログなどの情報が参考になります。もちろん、当ブログも有益な情報を公開していきますので、参考にしていただければと思います。

 

日本のビジネス環境において、自分のパフォーマンスを上げるための知識と技術を学んだことがあるという人は少ないでしょう。ビジネス活動には、「パフォーマンスの高さは重要ではない」という誤った認識があるのかもしれません

 

なので、何も学んだことがない人が、独学でコーチングを学ぶだけでも、パフォーマンスを上げることは可能です。

プロコーチのサポートを受ける方法

企業の生産性を向上させ、売上に繋がる組織作りに最も効果があるのは、プロコーチのサポートを受けることです。

 

やはり独学には限界があります。また独学の場合は、間違った情報を学び、間違った使い方をしてしまう場合があります。どんな分野においても間違った学習では、結果を出すことはできません。独学は、間違った学習をしているのに気づかずに、「コーチングには効果がない」と思って、コーチングの活用を断念してしまうリスクがあります。

 

そのため、プロコーチのサポートを受けることが、独学における間違いを避け、短期間で高い効果を得るための最善の選択肢になります

 

プロコーチは当然のことながら、コーチングの専門家であり、パフォーマンス向上の専門家です。そのためプロコーチからサポートを受けることで、比較的早く企業の生産性を上げることができるようになります。その結果、より早く目標とする売上を達成することができるようになるでしょう。

まとめ

コーチングは、企業の低い生産性問題を解決するのに有益な解決策となります。

 

ビジネス活動において、社長も社員もパフォーマンスの高さが、成果を左右するのは明白です。そのため企業は、いち早くパフォーマンスを高めるための施策を講じる必要があります。そうでなければ、低いパフォーマンスであることによって、多大な損失を被っている可能性があります。

 

企業の生産性を高め、売上アップに繋がる組織作りをお考えの方は、コーチングを活用してみましょう。まずは独学からでも構いません。コーチングにもいろいろな流派がありますが、学ぶべきコーチングを間違えなければ、必ず結果は出ます。

 

最後に、ここで紹介した情報が「なるほど!」「役立だった!」「面白い!」と少しでも感じて頂けたのなら、以下のソーシャルボタンをクリックしてください。あなたの応援が、次のコンテンツを作成する私にとっての励みになります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事