決断とは、行動に移すことです。

例えば、経営者の仕事は決断すること。そのように言われています。ですが経営者に限らず、仕事をしていく上で、あるいは自分の人生をより良いものにしていくためには決断をして、行動していくことが欠かせません。

決断が出来ない人は、仕事も、ビジネスも、人生も、自分も変えられない人です。当然、変えられなければ、望む結果は得られません。

なので今回は、あなたが決断できるようになり、仕事も、ビジネスも、人生も変えていける人になる。そのために、決断のツールを9つにまとめてご紹介します。

決断力を高める9つのルール

どんな人でも決断できない時はあるものです。そんな時は、これからご紹介する9つのルールを1つ1つ読み返して、実践してみて下さい。今よりも楽に決断できるようになるでしょう。

ルール1:どうなりたいのかを明確にする!

まずはどうなりたいのかを明確にする必要があります。決断をする目的を明確にするということです。

目的が明確でなければ、質の高い決断はできません

決断というのは、望む結果を実現するためにするものだからです。

複数ある選択肢で迷った時、どうなりたいのかという目的と照らし合わせて考えてみることで、決断しやすくなります。つまりその選択肢は、目的の達成にどれだけ有効なのかを考えて、選択肢を検討するのです。

そのためにもまずは、どうなりたいのかを明確にしておきましょう。

決断のための質問|考えてみよう!
あなたは、どうなりたいんですか?

ルール2:他の選択肢を考えてみる!

次に行って欲しいことは、他の選択肢も考えてみることです。

すでに選択肢が出ていて、その選択肢のどれを選ぼうかで迷っているという方は特に、これをやって頂きたいと思います。もうこれ以上、選択肢なんてない!そう限界を感じている方にこそ、やって欲しいです。

なぜやって欲しいのかというと。

本当にその選択肢しかないの?他の選択肢は本当にないの?と、選択肢について疑って欲しいからです。もしかするとより良いアイデアが思い付くかもしれません。

実際、改めて考え直してみると、意外と他の選択肢があることに気づいたり、思いついたりします

なので他の選択肢について今一度、考えてみて欲しいと思います。

私がよくやる方法は、紙に選択肢をとにかく書き出すことです。10個、20個、30個と書き出してみて下さい。頭が整理されます。そして、あとあと選択肢を分析しやくすなり、決断しやすくなります。

決断のための質問|考えてみよう!
他の選択肢は本当にないんですか?

ルール3:メリット・デメリットを書き出す!

選択肢を考えたら、各選択肢案を分析していきます。選択肢案を考えただけで、決断しようとしてはいけません。それでは決断できません。

やり方は簡単です。それぞれの選択肢案のメリットとデメリットを書き出していくだけです。

思いつく限りメリットとデメリットを書き出してみて下さい。

可能ならば、他人にも考えてもらうことで、選択肢案の分析精度が上がります。

「こうなりたくて、そのためにこんな選択肢案を考えているんだけど、それぞれどんなメリットとデメリットがあると思う?」。こう聞けば、アイデアを出してくれたり、自分でも気づかなかったメリットやデメリットを教えてくれるかもしれません。

ただし他人に聞くことで、あなたの夢を、決断を妨げようとするドリームキラーが現れる可能性もあります。もしドリームキラーが出現する可能性があるなら、自分独りで考えた方がいいでしょう。ドリームキラーはあなたの成功の足を引っ張るので、慎重に考えて下さい

決断のための質問|考えてみよう!
その選択肢のメリットとデメリットは何ですか?

ルール4:未来をシミュレーションする!

次に未来をシミュレーションすることで、長期的な視点で各選択肢案を考える必要があります。メリット・デメリットを考えるとき、短期的な視点で考えてしまいがちです。短期的に考えれば良さそうな選択肢でも、長期的に考えれば悪い選択肢かもしれません。

未来をシミュレーションするとは、「その選択肢を選んだ場合の未来はどうなりそうか?そのメリットとデメリットは何のか?」を考えてみることです。

そして長期的な視点で考えた場合のメリットとデメリットも書き出してみましょう。ここまでの作業をするだけでも、かなり頭が整理されて、決断しやすい状態になっていると思います。

決断のための質問|考えてみよう!
その選択肢案を選んだ場合、1年後、3年後、5年後、10年後、30年後に起こりうるメリットとデメリットはありますか?

ルール5:選択基準を考える!

次は、選択基準を考えましょう。

ここまでの作業を終えると、かなり決断しやすくなっていると思います。ですが選択肢案が複数あって決断できないという人も多いでしょう。

その原因は、選択基準が定まっていないからです。

これまでの作業を行ってきて、選択肢案と、それぞれのメリットとデメリットが明らかになりました。ですがそれの選択肢案をどう判断していいのかが分からないから、決断できないのです。

なので、選択基準を考えてみて下さい。

選択基準を考えるヒントは、ルール1の「どうなりたいかを明確にする!」で考えた、決断の目的にあります。決断する目的、つまり、あなたが望んでいる結果を実現するためには、どのようなことに着眼して選択すればいいでしょうか?こういったことを考えてみて下さい。

あるいは、これまでメリットやデメリットを考えてきたからこそ、「このメリットは嬉しいな」とか「このデメリットは避けたいな」とか感じたことがあると思います。そういったことをヒントに選択基準を考えてみて下さい。

メリットの内容、デメリットの内容、コスト、時間、労力、人員、場所、リスクの大きさなど、人によって、状況によって判断基準は違ってくると思います。それらの判断基準を書き出してみて、優先度順に並び替えてみましょう。

決断のための質問|考えてみよう!
選択肢案の選択基準はどのようなものがあるでしょうか?そして、それらを重要だと思う順番で並び替えるとどうなるでしょうか?

 

ルール6:最後は、感情で決める!

ではいよいよ選択肢案を選ぶ段階、つまり決断する段階です。これまでメリットとデメリット、選択基準を考えてきました。そうやって論理的に考えて来たわけです。なのである程度、論理と感情からベストな選択肢を導き出すことができると思います。ですが最後の最後は、感情です。なので最後の最後は、感情で決めましょう!

論理だけで決断しようとしても決断できません。なぜなら人間はロボットではないからです。論理と感情では、感情の方が強いです。人間を動かすのは論理ではなく感情です。

冒頭でもお伝えしましたが、決断とは行動に移すことです。なので、論理で決めたけど、行動できない。これは決断できていないということです。それでは現状は変わりません。決断し行動に移すことが必要です。

行動の伴わない決断を、決断とは言えません。

そこで、決断し行動に移すために、エネルギーが必要になってきます。人間の場合、エネルギーがある、ないは感情で決まります。なので決断し行動に移すためには、高いエネルギーが発揮できる選択肢を選ぶことです。つまり、あなたの心が求めている選択肢案を選ぶことです。

決断のための質問|考えてみよう!
あなたの心が求めている選択肢はどれですか?

ルール7:恐怖に打ち勝ち、勇気を出す!

選択肢を選ぶことはできましたか?

次は、恐怖に打ち勝ち、勇気を出すことが必要です。先ほど、「行動が伴わない決断は、決断ではない」とお伝えしました。ですが選択肢を感情に従って決めたものの、いざ行動するとなると、一歩を踏み出せない人も多いです。

勇気を出せるかどうか。これができるかどうかで、人生に大きな違いが生まれます。

勇気が出せない人はいつまでも現状から抜け出せず、いつまでも成功できないし、本当の幸せも感じられません。ですが勇気がある人は、現状を抜け出せます。人生を変えていくことができます。成功するためにも、幸せになるためにも勇気は必要なのです。

例えば、働き方を変える、今の会社を辞める、転職する、独立する、新規事業に挑戦する、事業戦略を変える、夢を叶えるなど。どんな望みを叶えるにしても、恐怖に打ち勝ち、勇気を出すことが必須です。

では、どうすれば恐怖に打ち勝ち、勇気を出すことができるのでしょうか?

そのことについて語った動画がありますので、動画で学んで頂ければと思います。そちらを観て頂ければ、恐怖に打ち勝ち、勇気を出す方法が分かります。

私が無料で提供している動画6点セットのうちの6本目の動画で、勇気がどういったもので、どうすれば勇気を意図的に出すことができるのかを語っています。

勇気をコントロールする方法を知りたい方は、以下のぺージより詳細をご覧ください。

  1. 自分には勇気が足りないと感じる人。
  2. いつも決断しても行動できない人。
  3. 仕事や人生を変えていきたい人。

こういった人は、動画6点セットで勇気の出し方について学んで頂ければと思います。

決断のための質問|考えてみよう!
行動に移していますか?勇気を出して行動に移すにはどうすればいいと思いますか?

ルール8:決断を繰り返す!

勇気を出して、行動に移すことができましたか?

これまでは決断力を高めるための決断のやり方についてお伝えしてきました。ここからは決断力を高めるための考え方をお伝えします。

まずは覚えておいて欲しいことは、決断は繰り返すものだということです。

一度、決断したら終わりではありません。

決断し行動したからこそフィードバックが得られて、やっぱり別の方針に変更した方がいいかもしれないと分かることがあります。

そこでも決断が求められています。このまま進むか、進路変更をするか。決断をしなければいけないわけです。

そうやって決断を繰り返していくことで、望ましい結果に近づいていく。そのように考えて下さい。

決断して、まずはやってみて。フィードバックを得て、また決断してやってみて。結局はこれの繰り返しです。

なのでまだ勇気が出せずに立ち止まっているなら、まずは選択肢を1つ選んで、やってみてはいかがでしょうか?

決断してやってみる。これを心得ておきましょう。

ルール9:後悔はしない!

後悔したくない。そういう気持ちが決断を妨げているのかもしれません。

ですがそういう人こそ、「後悔しない!」と決めて下さい。そういうスタンスで生きて下さい。

だって後悔しても意味がないですから。

人間は、常にベストな選択をして生きています。その時はベストだと思って選択するんだけど、あとあとになって、あの時はこういう選択をしていれば良かったと思うことがあるだけです。別の選択をしていたからといって、100%上手くいっていたかというと、それは分かりません。「あの時はこういう選択をしていれば良かった。」というのは、あくまでも想像の話だからです。

実際は、未来がどうなるか分からないです。なので後悔はしても意味がありません。

後悔しない方法は、その時その時で自分の本音に従って決断すること。そして、常に決断し続け、前に進み続けること。これしかありません。

本音で決断したことなら、上手くいかなかったとしても、「だって、やりたかったもん。(仕方ないよね。)」という感じで後悔はしないでしょう。

一番辛いのは、本当はやりたかったのに、できなかった。そう思って死んでいくことです。それが一番、取り返しのつかないことです。

前を向いていきましょう。今日も本音で決断しましょう。自信を持って決断しましょう。

まとめ~決断できる人だけが人生を変えられる!~

いかがでしたでしょうか?

何度も言いますが、決断できる人だけが人生を変えられます。仕事でも、ビジネスでも現状を変えていくことができるでしょう。

そのためには次の9つのルールを身に着けて欲しいと思います。あなたの決断力が高まるはずです。

  • ルール1:どうなりたいのかを明確にする!
  • ルール2:他の選択肢を考えてみる!
  • ルール3:メリット・デメリットを書き出す!
  • ルール4:未来をシミュレーションする!
  • ルール5:選択基準を考える!
  • ルール6:最後は、感情で決める!
  • ルール7:恐怖に打ち勝ち、勇気を出す!
  • ルール8:決断を繰り返す!
  • ルール9:後悔はしない!

それではあなたが決断力を高め、仕事やビジネス、人生をより良いものに変えていくことを願っています。

最後にこの記事が役に立ったのなら「いいね」をお願いします。また勇気の出し方についても語っている動画6点セットでも学んで頂ければと思います。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事