習慣化を成功させる11の最短方法!意志力、やる気が不要の習慣化テク

習慣化を成功させる最短方法を知りたくはありませんか?もし、あなたが、自分のことを意志力がない、やる気がないと思っているなら、必ずこれからご紹介する習慣化のテクニックを身に着けて下さい。

なぜなら、習慣化のテクニックは、あなたの人生の武器になるからです。

習慣化できる人と、習慣化できない人とでは、人生に差が生まれます。それほど、習慣化というスキルは強力で、重要です。

あなたが、仕事、勉強、健康といったことで何か実現したいことがあるのなら、これからお伝えする習慣化のテクニックを1つでも実践してみて下さい。確実に実現可能性が高まります。

最新情報

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

 

習慣化を身に着けるメリット

なぜ、習慣化とうスキルは強力で、重要なのでしょうか?ここで、習慣化を身に着けるメリットをお伝えしたいと思います。まずは習慣化のメリットを理解することで、習慣化で何ができるのかをイメージを掴んで欲しいと思います。

習慣化のメリット①:モチベーションが不要になる

習慣化を身に着けるメリットは、モチベーションが不要になるということです。目標を設定しても、モチベーションが上がらずに、行動できないということはありませんか?あるいは、モチベーションが続かずに、途中で挫折してしまうということはありませんか?

もしあなたが上記のようなことを繰り返しているなら、習慣化のテクニックは最重要スキルです。

なぜなら、習慣化のテクニックを身に着けると、モチベーションに左右されづらくなるからです。

例えば、あなたは毎日の歯磨きをモチベーションがあるからやっているでしょうか?恐らく、そうではないはずです。モチベーションと関係なく、歯磨きをすると思います。

それと同じです。

英語の勉強であれば、歯を磨くように英単語を覚えられるようになる。仕事であれば、歯を磨くようにやるべき事を遂行していけるようになる。健康のためのダイエットであれば、歯を磨くように筋トレをできるようになる。

このようにモチベーションに左右されずに行動できるようにするのが、習慣化のメリットです。

習慣化のメリット②:意志力が不要になる

習慣化のメリットの2つ目は、意志力が不要になるということです。モチベーションが続かないという方の中には、意志力で頑張ろうとするタイプの方がいます。そして実際に、頑張れちゃう人がいます。

ですが、その頑張りってしんどくないですか?実際、ずっと続けていくことを考えると、どこかで折れてしまいそうになりませんか?

長期的に考えると、頑張らないといけないことは長続きしないものです。

そこで、習慣化が役立ちます。要は、頑張らなくてもできるようにすればいいということです。そうすれば、長続きします。

私たちが歯磨きを続けられるのも習慣化されているからです。

ということで、習慣化には、意志力に頼らずに、行動できるようになるというメリットがあります。

習慣化のメリット③:スキルアップできる

習慣化のメリットの3つ目は、スキルアップできるということです。英語学習など何かをスキルアップしたいと思ったら、続けることが欠かせません。ですが、意外と続けられないという人も多いのではないでしょうか?

ですが、習慣化ができるようになると、継続することができるので、スキルアップができます。

実際に、どんどん成長していく人というのは、継続して取り組んでいる人達です。習慣化を身に着ければ、あなたも成長していけるようになります。この習慣化のスキルを一度身に着けたら、あとは英語学習であれ、仕事に必要な知識であれ、習慣化のテクニックを使って習慣化していくだけです。

ということで、習慣化のメリットはスキルアップしていけるようになるということです。

習慣化のメリット④:目標達成率が上がる

習慣化のメリットの4つ目は、目標達成率が上がるということです。目標の達成には、継続して取り組まなければいけいないことがあるものです。

例えば、英語学習では、単語の暗記やリスニングのトレーニングです。単語の暗記も、リスニングのトレーニングも、1日だけやっても効果はありません。継続するからこそ、効果が発揮されます。

そこで、習慣化ができるようになると、1日、1週間、1ヶ月と一定期間内に、必ず一定の進歩があります。なので、確実に目標に近づいていくことができるということです。あとは、目標が達成されるまで、続けていくだけです。

習慣化によってそういう状態を作りだすことができれば、目標達成率がグンと上がります。ということで、習慣化のメリットは、目標達成率を上げることができるということです。

 

ここまでの習慣化のメリットをまとめると、モチベーションや意志力に左右されずに、スキルアップをし、確実に目標達成に近づけるようになるということです。

習慣化できる人と、習慣化できない人とでは、人生に差が生まれるというのはこういうことです。

習慣化できないと、スキルアップも中途半端で、目標達成もやり抜けないというわけです。一方、習慣ができる人は、スキルアップをし続けて、目標が達成されるまでやり抜けます。この差は非常に大きいですよね。

習慣化テクニック11の方法

それではいよいよ習慣化のテクニックをご紹介していきます。これから紹介する習慣化のテクニックを1つでもいいので実践していって下さい。必ずあなたの習慣化の成功率を上げてくれます。

習慣化テクニック1:目的を意識する。

習慣化がモチベーション不要だと言っても、さすがに習慣化するにあたっての目的は必要です。まずは脳に習慣化するメリットを覚えさせるためには、習慣化の目的を明確にしておきましょう。

  • 習慣化の目的は何ですか?
  • その目的はあなたにとってどんなメリットがありますか?

こういったことを明確にしておきましょう。特に、目的が達成させることで得られるメリットをたくさん書き出す作業はしっかりとやってみて下さい。脳に習慣化するメリットを覚えさせることができます。

習慣化テクニック2:スモールステップ目標を作る。

習慣化するにあたっては、スモールステップ目標を立てましょう。スモールステップ目標とは、目標を細分化し、ステップバイステップ形式で表したものです。

例えば、健康のための筋トレであれば、いきなり「腕立て伏せ100回」という目標を立てるのではなく、まずは「1日5回」、それができるようになったら「1日8回」というように設定します。

スモールステップ目標の例
・腕立て伏せ1日5回
・1日8回
・1日15回
・1日20回
・1日30回

そうすることで、小さなハードルを少しずつ越えていくようにします。そうすると、負担が少ないので、行動しやすく、続けやすくなります。

この方法を知っているという方も多いと思いますが、意外とやっていない人が多いです。簡単だけど効果がある、なのにやってない。これは非常に勿体無いです。

ぜひ、スモールステップ目標を作ってみましょう。習慣化が加速します。

習慣化テクニック3:週4回以上やる。

習慣化を加速するには、週に4回以上やりましょう。人間には、実行頻度が高いことほど習慣化されていく性質があることが分かっています。

いきなり週に4回以上やるのはしんどいという方も多いと思います。その場合は、ハードルを下げてでも、週4回以上やれるようにしましょう。

小さな小さなことでもいいので、週4回以上やれることをやる。習慣化はそこから始めて下さい。

習慣化テクニック4:時短化する。

習慣化を加速させるためには、行動するまでの負担をできるだけ減らしましょう。そのためには時短化することで、すぐに始められるようにすることです。

多くの人が習慣化できない原因の1つが、行動するまでの負担が多いからです。なので、いざ「やろう!」と思っても、あれとこれを準備して、それから…と考えいるうちに面倒くさくなってしまい、行動できなくなってしまいます。

であれば、面倒をいかに失くすかが習慣化のカギを握るということです。

例えば、健康のための筋トレで、「さぁ、やるぞ!」と思ってから、服を着替えて、マットを敷いて…とやるのではなく、部屋着は運動着、マットは常に敷いておく。こうすることで、行動するまでの負担を減らすことができます。

これはあくまで例ですが、どれだけ行動するまでの負担を減らし、さっと行動できるようにするかが重要です。できれば数秒~数十秒以内でできるように時短化していきましょう。

習慣化テクニック5:「~する」と言う。

習慣化するにあたって、最初はどうしても行動力を上げる必要があります。そこで、おすすめの習慣化テクニックが、「~する」と断定した言葉遣いをすることです。

人間は、断定的な言葉を使うことによって行動力が上がることが分かっています。

この現象は、脳に強い刺激が加わるからです。

「~できればいいな」と「~する」であれば、明らかに後者の方が強い言葉だということが分かるでしょう。それだけ脳に与える刺激も大きいことが分かります。

なので、行動力を上げるなら「~する」と決断することです。

習慣化テクニック6:if-then計画を使う。

if-then計画は習慣化テクニックの中で、かなり強力です。if-then計画とは、if(もし~であれば)、then(その時には~)というように、条件と行動をセットで計画しておく手法です。別名としては、条件型計画と呼ばれることもあります。

例えば、「歯を磨いた後には、英単語を10個覚える」「寝る前にできるだけ英単語を思い出す」というようにif-then計画を立てます。

ただし、「21時になったら英単語10個覚える」といった条件を時間にするのはおすすめしません。なぜなら、時間を条件にしてしまうと、どうしても前に行っていた行動に引っ張られてしまい、どうしても時間がズレていってしまうからです。

実際は、時間がズレるどころから、時間通りに実行できなかったという自己否定によって、やる気を失い、結局、何もせずに終わってしまうというパターンに繰り返すでしょう。

条件を時間にしない。これだけを踏まえて、まずはif-then計画を立ててみましょう。

習慣化テクニック7:習慣連鎖を作る。

さらにおすすめの習慣化テクニックをご紹介します。それば、習慣連鎖です。習慣連鎖とは、習慣を繋ぎ合わせていく手法です。この習慣連鎖によって、習慣化が強化されます。

難しいことはありません。実は私たちは普段からやっています。

例えば、朝の出勤前を思い出してみて下さい。朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、食事を用意して、食べながらスマホで情報収集して、服を着替えて・・・というように、毎日同じ一連の作業を繰り返しているのではないでしょうか?

これが、まさに習慣連鎖です。

このように自分が身に着けたい習慣があれば、すでに出来上がっている習慣と繋げていきます。

例えば、夜に歯を磨いた後に、英単語を10個覚える。英単語を10個覚えたら、読書して…。読書が終わったら、もう一度英単語を思い出して、それから寝る。

というような習慣連鎖を作るということです。

かなり強力なので、ぜひやってみて欲しいと思います。

習慣化テクニック8:記録する。

習慣化を行う上では、非常に重要だけど、意外と実行されていないテクニックが、記録です。

記録は非常に重要です。記録することで、習慣の実行を見える化していきます。そうすると、途中でサボろうと思ったとしても、「これまで頑張ってきたから、今日も頑張ろう!」というような心理が働きます。

また単純に記録をすることでモチベーションを維持できます。

なぜなら、前に進んでいる感覚がモチベーションを高めるからです。

なので、記録をしていくことで、努力が可視化されて、前に進んでいるという感覚を得られます。その結果、モチベーションも維持され、習慣が持続するというわけです。

というわけで、必ず記録をしてください。

習慣化テクニック9:環境を作る。

強制的に習慣化を行う方法があります。それが環境を作るという方法です。

習慣化しようと思っても、なかなか最初の行動ができないという人におすすめです。

最初の行動ができないと、習慣化はいつまで経ってもできません。そんな時には、強制的にやらざる負えない環境を作りましょう

具体的には、コワーキングスペースやレンタルオフィスを契約する。あるいは、同じ目標を目指しているコミュニティに入る。

こういった方法によって環境を作ることで、それだけに集中できる環境を作りましょう。それだけで行動力が上がります。

習慣化テクニック10:他人に宣言する。

他人に宣言するのも、習慣化のテクニックとして有効です。この方法も、やらざる負えない状況を作りだすことができるので、行動力が上がります

また習慣化の維持という観点でも、他人に宣言することで、習慣が続きやすくなります。

そして重要なポイントが、証拠を見せるようにすることです。

証拠を見せずに、口頭だけで「できた」「できてない」と伝えるだけでは、ごまかせてしまいます。ごまかせてしまうということは、自分に対して甘えてしまうようになるということです。その結果、行動しなくなります。

これでは他人に宣言するという効果が得られません。

だからこそ、「他人への宣言」と「証拠の提出」はセットで行ってください。

例えば、勉強後のノートを写メって送るや、問題集を解いている動画を撮影して、それを送るなど、アイデア次第で証拠をいろいろ残すことができます。

実際に最近では、Youtubeのライブ配信で、自分の勉強姿を映しながら勉強する学生もいるようです。

習慣化テクニック11:他人からフィードバックをもらう。

習慣化の敵は、「飽き」です。習慣化は同じことを繰り返し行うための技術ですが、その半面として、どこかのタイミングで飽きてきます。

飽きてしまうと、次第に行動しなくなっていきます。

その飽きの1つの原因が、刺激のなさです。特に、1人で何かに取り組んでいると、他者からのフィードバック、つまり刺激がありません。なので次第に、飽きてきてしまいます。

そこで、他人からのフィードバックによって飽きを対策することができます。

同じ目標を目指している仲間あるいは指導者、コーチといった人をつけることによって、フィードバックを得られるようにしましょう。

そうするだけで、習慣化が加速しますし、続きます。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。
いいね

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。
死ぬ前に人が最も後悔すること

人生で後悔しないためには、先人が何に後悔してきたのかを知っておくことです。コーネル大学の心理学者 トーマス・ギロビッチ氏の研究によると、人は「義務への後悔」より「理想への後悔」をすることが分かりました。

つまり、人は“やらなかったこと”に後悔するということです。「多くの人は目標に向けて一歩を踏み出すこともせず、何か偶然を待ち続けている。後悔をしたくないなら、行動を起こすことだ。」と心理学者のトーマス・ギロビッチ氏は言います。

もしあなたが「やりたいことが見つからない」「目標が定まっていない」「人生このままでいいのか悩んでいる」というのであれば、本当にやりたいことを見つけ、自分を突き動かす原動力を身に着けることです。

現在、その方法を無料オンライン体験講座で学ぶことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料で講義動画をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事